FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

家族がバラバラになる家-住宅設計カウンセリング

私は専門学校で建築の勉強をして、
新卒時は大手ゼネコンの設計室で設計デザインの仕事をさせていただき、
2級建築士資格も持っています。

元々建築物が好きなのですが、
この仕事を始めてから改めて住宅見学へ行くと、
そこに住むご家族の関係性や将来像が見えてくるのです。

***********
良い設計プランを作るために

・自分にとっての「家」のイメージをはっきりさせる
人それぞれ、「普通の家」のイメージは様々です。
北欧風、昭和風、古民家風、平屋、2階建て、四角い家、三角屋根の家…
まずはご家族それぞれのイメージを知って、
その中から建てる家のイメージを固めていきましょう。

・テーマカラーを決める
好きな色合いも人それぞれ。
その中で「この家族として」どんな色をテーマカラーにするのか?
外観、1階内部、2階内部それぞれの色を
ある程度決めておくと壁紙やカーテンなどを決めやすいです。

・どんな風に生活を送りたいかを決める
「家を建てたら〇〇するんだ」という方が多いのですが、
今やっていない事は長続きしません。
日常をどう送りたいか?イメージをはっきりさせておきましょう。

・誰がどれだけ稼ぎ、その家を建てるのか?
最近は家長という考え方を封建主義的だとする人もいますが、
「お金を稼ぐ人が尊重され、家の中を取り仕切る人も尊敬される」
これが無いと、
「お金も稼がないし、なんでもしてもらって当たり前」というメッセージを
無言のうちに子どもたちに伝えているのと同じ
です。
大人はお金を稼ぐもの。それは尊い事。
家で見せる大人像は、子どもに大きな影響を与えます。

男女平等と言われる世の中でも、
未だに「妻は奴隷か召使い」的な人も、
「夫のお金は自分がもらえて当たり前」的人もいます。
どちらも人として未成熟だと私は思います。

*************
家族がバラバラになる家

・夫が帰って来なくなる家
最近は奥様の事を考えた水回りや家事室等が充実していますが、
「え?この家を建てるお金は誰が出すの?」
と、疑問を感じる家が多いように思います。
お父さん、旦那さんの居場所がない家が殆どです。
なので、長風呂をするか、トイレにこもる。

私のお勧めはご主人の居場所を狭くてもいいから確保してあげること。
書斎でも、ゲームコーナーでも、専用ソファでも良いのです。
「ここに行ったら絶対お父さんがいる」
という場所が無いと、お金を出したのはお父さんでも、
帰る場所がない家になってしまいます。

・子どもが独立しない家
最近は子どもファーストな家が多く、
何でも子ども中心で、お父さんの書斎もないのに、
広い子ども部屋にウォークインクローゼットに、
趣味のための部屋に…、という家。
そのまま成長したら、居心地が好すぎて、
いつまでも家にいて独立しなくなるでしょう。
必要最低限のプライバシーと、機能性は必要ですが、
子どもに媚びるような家は子どもにとって毒としかなりません。

・子どもが帰って来なくなる家
上記と真逆で、子どもの居心地が悪い家もあります。
日当たりや風通しが悪く、機能性が悪いとか、
プライバシーが守られないとか。
吹き抜けを好む方がいらっしゃいますが、
吹き抜けに面した部屋は音が筒抜けで落ち着かない場合もあります。
誰でも、「そこにいてほっとできる場所」が必要です。
勿論これは、家族との関係性もあります。
子どもや他者に対する思いやりより、
自分の主義主張ばかりを大事にして欲しがる大人は多いもの。
それも、設計プランを見ると判ります。

・奥さんが家事をしなくなる家
最近はキッチン等の機能性が良いのに、
「これは使いにくいよね」と、
言いたくなるプランの家もあります。
料理、掃除、洗濯、子どもの世話の動線がやたらと長いとか、
おしゃれだけど、入り組んでいるとか。

私はウォークインクローゼット、トイレ、洗面・洗濯・脱衣室、浴室を一直線に並べ、
キッチンはそれに垂直にぶつかるようにしたので、
動線が短くてとっても楽です。

・無駄な廊下が多い家
大邸宅なら多少廊下が多いのは仕方ないにしても、
小さな家でも廊下がやたらとあるプランも実は多いです。
廊下は寝起きも、着替えも、食事も、団らんもできない無駄なスペース。
それは、動線に無理がある、良くないプランだという事です。
廊下が長くなると、その分部屋のスペースが狭くなり、
家族全員でいるのが窮屈になります。

**********

家族崩壊や、
ニート、引きこもりの原因が家にある
よね、
と、思う家もあります。

勿論ご家族の関係性も影響しますが、
その関係性がプランに現れます。

それと、大前提として、
現代の家は化学物質だらけです。
それが原因でアトピー、アレルギー、
昼夜逆転、帰宅拒否、働かない、病気になる
等します。

家に一番大事なのは安全性です。
耐震、防火、防犯だけではなく、身体に害がないことが大事。

これは十勝ブログに書いた記事です。
アスファルト舗装の駐車場になりました

あるアパートを生体エネルギーで改装したら、
トラブルだらけの住人たちが、
働くようになり、喧嘩がなくなり、夜も騒がなくなり、
ゴミも散らかさなくなり、
家賃未納が無くなり、入居率も格段に上がり、
赤字経営が黒字になったという実例です。

「お金がないから」と、お金ばかり大事にすると、
大事なものを失う家になってしまいます。

健康で笑って暮らせる家なら、
お金は後からついてきます。

不健康で、家族仲が悪くなって、
無駄なお金ばかりかかる家を建てたいかどうか、

今一度よくお考えになるようお勧めいたします。


住宅プランに関するご相談もお受けいたします。
(設計ではなくアドバイス)
ご家族の意見がまとまらない時も、
客観的にお聞きして考えを整頓するお手伝いをさせていただきます。
わたもりの初回カウンセリングをお申し込みください。
2時間12,000円 暫定価格


メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP
メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook
予防、健康、旅行、料理等お役立ち情報
わたもり個人Facebookページ
日々の「これ素敵」やHSP等へのお役立ち情報
わたもりのインスタ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | 住宅 | コメント:1
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>