「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

災害時のHSP・エンパス・マインズアイ

北海道は8月末の台風10号によって甚大な被害をこうむりました。

メンタルコンサルティングTerraのある帯広市周辺地域を十勝地方と言いますが、十勝地方は河川の氾濫により道路、橋、線路、家などが流され、水道・電話回線なども寸断されました。
道内で壊れた橋だけで50か所弱。

北海道十勝地方の情報を伝え続けている「十勝毎日新聞電子版」に、被害の状況が掲載されていますので、よろしければご覧になってください。
見ると精神的ダメージを受けそうだという方は見ない方が良いと思います。

こういう台風被害は北海道では珍しい事なのです。
今も重要な道路、線路の復旧はめどが立ちません。

Terraの周辺はニュース映像が嘘のように被害がありませんでした。
ご心配いただいた皆様ありがとうございました。


HSPの中でも過激に過敏なASPと診断されている私は日頃からTVのニュース画像などはあまり見ないようにしています。
それはHSPが生きる上での知恵と言えます。
HSPはショッキングな出来事、映像等に影響を受けやすいからです。

今回の台風被害はTVをみなくても普通にFBを見ているだけで画像が多数あげられていました。

かつて住んでいた町や、何度も通った道などの変わり果てた画像を見て、ショックを受けました。
色々な方が苦しんでいる様子を記事で読み、胸がつぶれる思いでした。

多分、私と同じように今回の災害で自分には直接被害が無くても、
ショックを受けているHSPの方も多いと思います。

今回は災害時のHSP、エンパス、マインズアイなど超感覚的特性の症状について書いてみようと思います。


**********
災害時のHSP、エンパス、マインズアイ


HSPに、エンパス、マインズアイも重なると、ダメージは深刻になります。

エンパス=他者の感情を無意識のうちに受け取り自分の感情のように錯覚し、それに合わせて行動してしまう

マインズアイ=物質のある部分を見ると見えていない箇所まで立体的にリアルに映像化して見えたり、聞いたりしてしまう



HSP、エンパス、マインズアイを「特殊能力」のように勘違いして、羨ましがったり、それを公表している私を自慢しているとおっしゃる方もいるのですが、それは実際にお困りではない方だからこそ言える言葉だと思います。
これらはどちらかと言うと「障害」です。

医師などは「病気ではなく体質だ」という方が多いのですが、
それも当事者ではないからなのでしょう。
日常生活を送れない方もいるので、私は障害と言っていいと思います。

私は障害のままにしないでそれに合わせた生き方をしているので平気なように見えるかもしれません。

そうしない場合は二次障害で精神疾患を発症される方も多く、
本来は精神科医に診断される類のものです。


例えば、今回の災害を例にとると、

HSPにより、TVなどのニュースを見るとショックを受けます。
そこに映し出された人達の気持ちが伝わってきて、共感し悲しくつらくなります。
その他様々な情報を過敏に受け取り、いたたまれない気持ちになります。
特徴の一つである「良心的」な部分から、
何もできなかった自分、今現在何もしていない自分を責める気持ちも起こります。

それらが全て精神的疲労となって極度の疲れを感じ動けなくなる場合もあります。

HSPだと自覚のない場合は、自分が苦しんでいる状態が
どうしてなのか自分でもわからないでしょう。

「自分はHSPで災害の被害を目にしてショックを受けているんだな」
と、自覚出来ればまだいい方で、
無自覚なまま、無意識の範囲で情報を受け取り、
精神的ダメージを受けてしまいます。


エンパスがある場合、
そういう大きな災害があった時は、
町中の人がその被害に対し何らかの感情を抱いていますので、
驚き、不安、恐怖、悲しみ、怒り、辛さなどが大気中に満ちていて、
それらの感情の塊に共鳴し、
いたたまれない気持ちになります。

自分の心が何故ざわざわと騒いでいるのか判らないままそれらの感情を抱えてしまいます。

マインズアイがあると、
映像に映し出されていない部分までリアルに想像してしまい、
まるで目の前で見ているかのような錯覚に陥ります。

河の流れ、道路や橋が壊れ行く音、降り続ける雨粒、匂い、湿った空気の感触など、
自分の周囲には無い筈のものを脳が勝手に映像化してその場にいるかのようです。

考えないようにしても、頭の中で映像が勝手に展開されて行き、
止めることが出来なくなります。


私は一見して平気なように見えるかもしれませんが、
私の内部では、こういう事が起こっています。

私は自分にHSP、エンパス、マインズアイがあると自覚しているので、
「これは今、私が体験していることではない。
自分の特性でそう感じてしまっていることだ」
と、自分に言い聞かせることができます。




ですが、判らない方は自分の感覚がどこから来るのか判らないでしょう。
これらはどんなに言葉を尽くしても、
当事者じゃない方には想像がつかないでしょう。

それを妄想、幻聴、幻覚とされてしまう場合もあるのではないかと思います。

HSP・エンパス・マインズアイは精神科医でも知らない人が多く、
統合失調症などに誤診されてしまう恐れがあると思います。


************
単純に「そうだ」と言うだけ


これらの症状を非当事者の方は「おかしい」「異常」と思うでしょう。

何故なら、その感覚がさっぱりわからないでしょうから。
それは良い事でも悪い事でもありません。
単純に判らないというだけです。


それと同じように、
HSP、エンパス、マインズアイの感覚も、良い事でも悪い事でもありません。
判る事が判り、
見えることを見て、
感じることを感じ取っているだけです。
単純にそういう性質だというだけです。


「判る事」も「判らない事」も、
それぞれ性質が違うからであり、
他方を非難したり、おかしいと決めつけたりする必要はありません。


もし非難するとしたら、それは生まれつきの性質に関係なく、
他者への思いやりの有無など性格の問題だと言えるでしょう。


HSP、エンパス、マインズアイの感覚は、異常ではありません。

感じて、判って当たり前のことを、
正常に感じ取っているだけです。

自分は頭がおかしいと考える必要はありません。


*************
精神的ダメージを受けた時は


もし、精神的ダメージを受けたとしたら・・・

それは異常ではなく、「ただそういう性質なのだ」と認めましょう。

心がざわざわと波立つように不安を感じる時は、誰かの感情に共感しているのかもしれません。

出来れば、そういう映像や場面を見ないように情報から遠ざかるのも良いでしょう。

そして、最終的に大事なのは、
「自分はそういう性質に振り回されない」と心を決めることです。

ダメージは受けても、出来るだけ日常生活を送りましょう。

心の弱さに、心だけで打ち勝つのは難しいので、
身体を動かし、身体から日常を体感させましょう。

人は弱い部分もありますが、
強い部分も必ず持っています。

行動が等身大の自分を思い出させてくれます。
肥大した超感覚の世界に飲み込まれている自分ではなく、
「今ここ」に生きている自分を感じ取れるようになります。

HSPなどに限らず、自分の特性に振り回され無いようにするためには、
自立(=自分の足で立とうとする)と自律(=自分をコントロールする)が必要です。



どういう行動を選択するのが自分にとっての幸せにつながるのかよく考えましょう。

この点について、Web雑誌Trinityに記事を書きました。
「人生の明暗を分ける稀有な才能―わたもりのHSP講座」

もしHSP、エンパス、マインズアイがあるとしても、
(あるいは霊感も含みます)
その性質は治りません。
そのまま受け入れて生きて行くしかありません。

けれど、
その特性に翻弄されて生きて行くのかどうかはご自分で決めることができます。

ご自分が幸せになれる選択をなさるようお勧めいたします。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | HSP | コメント:2
∧top | under∨
<<最近は霊障や憑依のご相談が増えています。 | 「私の中の森」 | フード(風土)ヒーリング料理講座開講!!>>

この記事のコメント:

私は生まれてからずっと、
とても苦しんで生きています。
何か前世とか親の行いの因縁のせいではと思い…。
ずっと死にたい思いにかられて生きています。
自殺は絶対にいかなあと思っているので、なんとか自分を振るいたたせ、今日まで生きて来ました。
子供の頃から男性からの暴力は当たり前の事で怒らせるお前が悪いと母からは教わって来ました。
今は、その呪縛からはやっと解かれましたが…。
私を見下し、人間扱いしない人ばかりが集まってきて、私をいつも騙し、利用し、価値がなくなればアッサリ捨てられます。
人から人間扱いといいますか、人として敬われたことがあまりありません。
常に人からは、虫以下の扱いで、馬鹿にされ罵られ生きて来ました。
親もそうですし、知人、友人、彼氏、夫、とにかく、私に集まってくる人たちは、初めは優しく、次第に本当に酷く私を騙し、利用し虐待し、私の心はもう、本当ボロボロでしんどいです。
子供の頃、友達が死ぬのを目の前で見たことがあります。その子は私をかばい亡くなりました。
原因は託児所の先生の暴力です。
その後、先生らは捕まらず…事故死として片付けられました。(大人になってから、真実を親御さんに伝えたく調べました)
私も親に虐待されていました。
生まれて来なければ良い、
ずーと要らない邪魔な子でした。
親も歳をとり、病気を患い、長女なので、最近は私から歩み寄り関係はだいぶ良くなっては来ていますが、やはり会うたび我慢しているのか苦しくて辛いです。
幼少期の辛い苦しい思い出や、フラッシュバックや夫やまた男達からDVを受けていたフラッシュバックなどが、頻繁に起きて毎日、本当にしんどく苦しいです。

私の父は女遊びが激しく、私の子守をしてくれていた18歳の女の子を三度も孕ませ、いずれも中絶させ捨てました。
その後彼女がどうなったのか、生きているのか、幸せなのか?赤ちゃんを作れる体なのかをわたしは、知りません。
母も父から毎日DVを受けていました。
その子の三度の中絶も母から聞き、最近知りました。
その子以外にも、水子は沢山いるのかもしれません。
親に離婚を悲願してもしてくれませんでした。
母は幼い父の面倒を見る為だと、わたしを置き去りにし、弟だけを連れ2週間家を出だことがあります。
我が親ながら、何から何まで、本当に身勝手な親でした。
母も私の前に1人中絶しています。
私も中絶するはずの子供でした。
男の子しか入らないと言う父は、わたしが生まれた後も長い間、女のわたしを産んだ事をなじり、なんで降ろさなかったのか!と責め立てて暴力を毎日していました。髪を引っ張られ顔は赤青く腫れ上がる母を引きずり歩く父の姿と、母の姿はいつも頭に浮かび上がります。
血だまりを見る事もしょっちゅうありました。わたしは、私に助けを求めすがる弟を押入れに入れて守る事で精一杯でした。いつも、母と弟を守る役目は私でした。私の親代わりの祖母を蹴り倒した事もありました。毎日が暴力の日々でした。それが当たり前なんだと親からは、常に父を許す事を強要されていました。
男性は単パラだから怒らせる私やあんたが悪いのだと…。
何処の男性も暴力振るうのが当たり前だと、言い聞かされて生きて来ました。

そして愚かな私も、2度中絶しました。
1度目は、親の暴力や喧嘩の毎日が辛く自分だけが逃げて、家を出て不良に助けられ、暮らした10代初めの若かれし罪です。
2度目は結婚を相手から約束され、私と暮らすために新居も建てていた相手に、1人で暮らす家を建てる事が不動産屋に恥ずかしいので、妻になる人として、利用されただけでした。
後で知った事ですが、その人は初めから私を捨てる予定だったようです。
無料で用を済ませられる、安いソープ嬢代わりに使われてたただけだったようで…わたしは、知らずに信じてしまい。
身も心もお金も全てを捧げました。
意図的に騙され、その時産ませてとすがりましたが『どこかに俺の子供が存在する事自体許せない、絶対にダメだ!嫌だ』と何も求めないから遠くで1人で産む事も許されず、2人で供養して暮らそう、今はその時じゃない、一緒に暮らして木が熟したら籍を入れ子供なんかたま作ればいい、お前と離れるわけじゃないと、まっ、それも中絶させる為の騙し文句、嘘だったのですが、私は、ずるい悪意の元に中絶を迫られました。中絶してくれたら、安心しろ、一生ずっとそばにいる、お前の心のフォローもする、供養もする、と言う嘘にわたしは流されてしまいました。
手術の後も『どうせまだ人間じゃないんだし、単なる魚かなんかなんだし、そんなに落ち込むなってー笑』とか術後の私に『ちょっと泣くとかやめてね、そーゆーの迷惑だから』という具合で、すぐに中絶の後、疲れたとあっさり捨てられました。初めの優しさは私をいいように利用する為の手段だったようです。
相手の言葉は、全て嘘で単なる遊び、私はそんな人を深く信頼し、愛し尽くし心の全てを失いました。
今まで真面目に生きて来ましたが、因果応報などはなく、私ばかりが前世や親、自分、他人の因果や因縁を吸収し、罰は全て私が受けているようです。別れる前から赤ちゃんの供養に2人で行く約束すら守ってもらえず、お金がかかるからなどケチられてしまい。赤ちゃんの命を値切るようなあの人をわたしは許せません。だからもう、供養して頂かなくても結構!と思い私は昔から、毎年1人でしています。彼は恐らくしていません。そして、彼はわたしの他にもう1人中絶させていたようです。他にもいるのかもしれませんが…。
人を見ぬく力が無い自分にもうんざりです。

わたしの罪は自分で償う事は当たり前だと思い親身に受け入れております。
けれど…あまりにも過酷すぎて…。
生きているのが、地獄です。
楽しい事や嬉しい事もあるだろうに、わたしにはいま、何も感じられないのです。
いつの間にか、ここに来て、幸せに気づいても感じられなくなってしまった。
地獄の苦しみしか感じられないのです。

誰かに私の人生を見て欲しい、この痛みと悲しみと苦しみしかった人生を誰かに知って欲しいのです。


もしも遠隔で
なんとなくでも見てもらえたら幸いです。
やはり、私は生まれてはいけなかった、生きててはいけない命なのでしょうか?
生まれて来てはいけなかった命なのでしょうか?
それともわたしは人の罪も背負い、受け止めわたしが全て罰を受け入れて受け止めることがわたしの使命なのわでしょうか…
あまりにも…酷いことがあり過ぎて、人と触れ合うことができなくなりました。
触れ合うその人の真実の負の感情を全て吸い取るかのように、手に取るように子供の頃から分かるのです。
人の嘘は感じ取れるのですが、相手の口車に乗ってしまい、信じない=罪深いと言う感じでしょうか、不安だけれども、信じてしまう。
自分の感じ取る感覚が1番正しいのだと最近は気づ来ました。

そうしたら、世の中の人たちの負の感情がとぐろを巻く蛇のように見えて来て(直接見えるわけではなくて感じるのです)わたしには伝わってくるのです。

信じてもいい人なんていないんだ、
なんて意地悪な人ばかりなんだ
と最近初めて知りました。


私にはたくさんの悪い、因縁や因果
何かがついているのでしょうか…
わたしをめがけいつもやってくるのでしょうか?
この先も耐えなければならないのでしょうか、
出来れば、自分の罪は、わたしが身代わりになるのではなくその人に受けて欲しいです。
相談事に乗ると、必ず…私には同じ苦しみがきます。
とても苦しいのですが、相手の人はいつも心が軽くなったと帰って行きます。
私に会いたいと言ってくる人は、常にとぐろを巻いた負の感情を持ち寄ってきます。
そしてわたしがいつもそれを吸い取り苦しみもがいています。
だから、人の相談に乗るのも聞くのも、付き合うのも、正直もう、しんどくて辛くて苦しいです。

たまに、稀に、全く黒いものが無い人が居ます。その人は本当に愛され幸せを歓喜しておられる人です。わたしはそうゆう人といると心が安らぎ安心します。
滅多におられないのですが、全く負の気を感じない方が稀におられるのです。
その人はわたしの負を背負ってくれるわけでは無いのですが、そう言う人とならお互い気楽に付き合えます。
まだ、1人にしか会ったことがありませんが…。

遠隔透視とかできなかったとしてもいいです。
私に対して、この文章から何か伝わるイメージでもなんでも構いません。
どうか人助けだと思って…
とても図々しいお願いなのですが、どうかお許しください。

もしも許されるなら、早く、心が軽くなりたいです。


わたしは酷い霊媒体質だと言われて居ます。
それから、磁場に恐ろしいほど弱く体調を崩します。

霊能者の友人に昔助けてもらったことがありますが、今はその人が何処に居てるのかわからず…。

霊能者の方、もしくは何か感じれる方

お願いです。

わたしを助けてください。

そして…エンパスの方、
わたしのこれを読み体調崩してしまったらごめんなさい。

吐き出す場所がなく、わたしの話を小馬鹿にせず聞いてくれる人が居ません。
真実なのに馬鹿にせず聞いてくれる人も信頼し、言える人も居ません。


助けてください。
自分からもう、抱え込まず、自分からとぐろを巻いたものが常に出ているのをずっと感じてどうにもできず、離れてくれないのです。

この黒いものに自分がもうそろそろ食われてしまいそうです。
2017-03-25 Sat 18:03 | URL | 助けて!自分が何者なのかもうわからない #-[ 内容変更] | top↑
助けて!自分が何者なのかもうわからない 様

こんにちは(*^^*)
コメントありがとうございます。

お辛い人生を送られたのですね。
遠隔を、と言う事でしたが、私は遠方の方にもお電話やスカイプでご相談を有料で承っております。
ご希望でしたら、メンタルコンサルティングTerraのHPよりお申し込みくださいませ。
http://terra-watamori.jimdo.com/

お電話やスカイプでのご相談でも、お話をお伺いし、
必要があればスピリチュアルな視点からの分析をお伝えさせていただいています。

また、本日(2017.3.25)掲載の記事もご参照いただければと思います。
ありがとうございました。
2017-03-25 Sat 18:27 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |