「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

固まっていく身体と心 さなぎの時

連載が終わりひと段落。
明日は次女三女の小学校の運動会
良い天気のようでよかったです

5月中は連載した文章を書きながら、過去の自分の感情に影響を受け、
鬱になったり、改めて気づきを得られたり。
まあ、そういう性質だと自覚しているので鬱になっても動揺しなくなりましたが。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」→「">HP「私の中の森」→「私の中の森」→「森の奥」)

5月はそれだけじゃなく、ほかにも新たな気づきとなる出来事が色々。
そういう時期なんですね、私

色々な本(新しい医療方法や、ヒーリング関係)との出会いもあり、
今は「インプット」の時期でもあるらしいです。

でも、これが完全に消化不良おこしています
難しくて理解できないというより、
理解したくないのです。
落ち込んだり、考え込んでしまったり。

心がどんどんかたくなっていく感じがします。

そうすると体も、固まってくるんですね~

肩、首、腰、背中、足、脚、胸などとにかくあちこちガチガチに固まって痛い。

そういう時はヨガをするといいのですが、
気力まで奪われていてできない
やっても体がほぐれない

心と体って本当につながっているんだ~~~!
と改めて実感した出来事でした。

そういう時、皆さんならどうしますか?
向かい合って考える?
何かで気を紛らわせる?
みてみない振り?問題先送り?


今は「心身医療」の本を読んでいます。
知っていますか?
私は初めて知りました。

↑消化不良の原因は実はこれ

後日詳しく書きますが、
この世で一番難しい治療法だと、
「私は」思います。

カンタンに書くと、
深層心理に隠された自分の感情が身体の症状となって現れるという考え方です。
つまり「考え方ひとつで病気は治っちゃうのよ~」って感じ。

でも!
それができれば苦労はしないのよ~~~

しかし、「ここは自分と向かい合わねば!」と思い、
(↑こういうのが「思い癖」で、病気の原因らしいです

・・・・で、消化不良→落ち込み→体かたまる
の繰り返し。


さて、この状態で私が何を選択したかと言うと、
やっぱり、自分と向かい合って考えることを選びました。

逃げても浮かび上がった問題は追いかけてくるんですよね。
もっとハードな内容になって
経験上、そうでした。
今まで嫌と言うほど逃げまくって、
課題山積みにしてきた私だからこその選択です。

(すべての人に向かい合うことをお勧めはしません)

身体がガチガチで苦しいのですが、
過去の経験上、そういう時も必要なんだなと思います。

こういう時って、
「さなぎの時」なんでしょう。

さなぎも固まってますもんね。

さなぎの中で次の自分になるための時を過ごす。

でも、ただ待っているだけではないと私は思いますけど。


そういうお勉強(スピリチュアル的に言うと学び)もしつつ、
以前からお知らせしていた
「ホリスティック医療ガイド」も掲載していきたいと思います。


これからも自分にしか書けない情報をモットーに書いていこうと思います。
どうぞよろしくお願いいたします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

別窓 | 身体 | コメント:0
∧top | under∨

ヨガ的立ち方と腰痛

HPhttp://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="「私の中の森」">「私の中の森」に2日にリンク集をUPし、
昨日、綿本ヨーガスタジオ様を加えました。
綿本彰氏のDVDや本はほんとわかりやすくてお勧めです。
私は昨年の2月からずっとやっています。
あまりに体調が悪くてできない期間もありましたが、
ヨガorパワーヨガは私の体調を整える大事なものです。

今日、腰(背中の下のほう)が痛くて鍼灸治療に行って来たのですが、
「気が付けばおなかを突き出して立っているんだよね。
それが今の腰痛の原因だって気が付いたんだけど、
なかなか改善できない」と、言うと先生は
「体の中心線に力を入れないで立つ、
つまり内またで骨盤を緩めるように立つとおなかが出るんだよ」と教えてくれました。

そこで、あっ!思い出しました。
一年前にも同じことに気が付いていたのです。
それは綿本氏の瞑想の本を読んだ時です。

綿本氏の瞑想の本は精神的なものだけではなく、
身体の各部の整え方、立ち方、力の入れ方や抜き方、
呼吸をする時の骨や筋肉の状態まで解説されていて、
どちらかというとスポーツの本に近いと思います。
その本に
「体の中心線、
具体的に言えば足の内側を引き締めるように立ち、
下腹に力を入れ、お尻の筋肉は力を抜く。
それが腰痛にもならない立ち方」
と、おおざっぱに言えばそのようなことが書いてありました。

これは結構カルチャーショックでした。
私はお腹とお尻を引っ込めて
お尻は常に引き締めるのが正しい立ち方だと思っていのですが、
これが腰痛の原因になっていたようです。

そこでしばらくの間正しい立ち方をして、
腰痛も改善されていたのに
いつしか忘れていました。

わかっていても毎日の習慣を変えるって難しいです・・・。


話は変わりますが、
最近鍼灸治療を受けると、
黒砂糖が食べたくて仕方ないのですが、
どうしてなんでしょう?
わかる方教えてくださーい!

最後まで読んでくださってありがとうございます。
↓ブログ村ランキング、押して下さったらうれしいです。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

拍手も押してくださったらもおおおっとうれしいです。
コメントも・・・、は欲張りすぎですね。反省・・・。

別窓 | 身体 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

冷え性です。

昨日は小学生の娘の運動会でした。
寒かった~・・・(泣)
でも雨にならず、良かった(^^)
新しい校長先生の日ごろの行い、まあまあらしいです(笑)
(行事に雨が降るのは校長先生の日ごろの行いって言いません?)

昨日のうちに書こうと思っていたのですが、
夕食を食べているうちにめまいがひどくなり、
しばらく台所の床で転がって休んでいたのですが、
回復せずそのまま寝てしまいました。

昨日は家族に体調の悪い者がいたので、
夕飯後にまた仕事場へ行くつもりだったのですが、
ダメでした。

メニエル病は完全に治ったと思うし、
明らかにメニエルのめまいとは違いました。
たぶん、疲れと
(前日からの買い物や弁当の下ごしらえ他沢山!)
甘いものその他の食べ過ぎと
(だって見ている間ついつい食べちゃうんだもん)
冷えたせいでしょう。
この季節に腰にカイロ貼ってたんですけどね~。

そうです。
文章群(HPhttp://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="「私の中の森」→「森歩き」">「私の中の森」→「森歩き」参照)にはないけど、
超冷え性です。
冷えると腰痛がひどくなるのは勿論、
身体は固くなるし、頭痛はするし、
顔は真っ赤だし、熟睡できないし・・・、
と、あちこちに支障が出ます。
昨夜も顔がほてってひどかったし、
何度も目が覚めました。

え?冷えが腰痛や頭痛、睡眠に関係するの?と思うでしょ?
するんですよぉ~。

足が冷えると、足の血管がきゅっとしまって、
そこにあった血は上のほうに行きます。
上った血は腰で凝りになったり、
腹部で痛みになったり、肩こりになったり、
顔を赤くしたり、最後は頭に上って、
ぼーっとさせます。
頭の中は血流が多いので寝ていても休まりません。
当然全体の血流は悪くなります。
血流が悪くなると、
本来体中に運ばれるはずの酸素や栄養がいきわたりません。
行きわたらないと・・・、
病気になってもおかしくないと思いません?

だから上半身はともかく、
下半身は冷やさないようにとにかく気を付けているのですが、
元々の体質ってなかなか変わらないです。

とはいえ、代替療法のおかげでずいぶんよくなったんですけどね。
だからって何にもしないで、
と言うより、体に悪い状態にしていて
健康でいられるわけないんですよね。

今日はやっと自由時間が取れたので、
お灸して寝ます。
もうちょっと時間があればヨガもしたいのですが、
身体休めるのを優先しなくちゃ。

なーんて言いつつ、
さっき一人でお風呂に入っていたら、
(いつものは娘と一緒)
はっと気が付いたらお風呂の壁の汚れ落とししてたんですよね(^^;)

そうです。
私は病気だらけですが、
気が付けば仕事をせずにはいられない人。
きっと子供や家族がいなかったら、
ワーカホリックになって病気になっていたかもです。
日ごろは振り回されてばっかりの家族ですが、
きっと私にはぴったりなんですね。
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村



別窓 | 身体 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

関節の痛みと甘いもの

先日鍼灸院に行ってきました。
腰痛・肩こり・消化器系の不調など、
相変わらず不調だらけですが、
今回一番困ったのは股関節の痛み。
身体を曲げると股関節が痛い(泣)

で、鍼灸治療を受けていると、
「あれ?甘いもの食べてる?
食べれなくなったんじゃなかったっけ?」
と先生。
はい、そうです。乳製品がダメになったので、
今まで食べていたチョコレートやクッキー類は全くダメ。
でも、ここの所妙に黒砂糖が食べたくて、
かりんとうばかりかじってました。
しどろもどろに白状すると、
「でしょう?関節痛くなるのは甘いもの食べるからよ」
ああ、お見通しですね。
と、言うか体に表れているんですね。はあ~、そうだったんだあ。
じゃあ、今まで食べてないって言ってても、
嘘だってバレバレだったんですね(^^;)
この先生は脈診も見れる先生です。
昔のお医者様って手首で脈を診てましたよね。
(年代が違う?)
あれは心拍数だけでなく、どの経絡が悪いのか見てるんだそうです。

ということで股関節の治療をしていただいて、
今日はすっかり大丈夫になりました。

私は薬剤過敏症で病院の治療が受けられませんが、
そのおかげで様々な代替療法に出会えました。

人の体は一つの治療法だけで治るほど単純なものではありません。
また、西洋医学という一つの視点からだけ見ても、
人間の一部しか見えないと思います。
一概に代替療法は時間がかかるとは思えません。
鍼灸治療でいえばあっという間に治るものもあります。
(特に副鼻腔炎の治療はお勧めです)
すぐに治らないということは、
身体が長い時間をかけて変調をきたしてきたということ。

鍼灸治療をはじめとして代替療法、
自分を知る手立てとしてお勧めです。
別窓 | 身体 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |