「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

負の恒常性

恒常性ってご存知ですか?

「恒常性(こうじょうせい)ないしはホメオスタシスとは、生物および鉱物において、その内部環境を一定の状態に保ちつづけようとする傾向のことである」(ウィキペディアより)

体温や血糖値、血中カルシウム濃度などはこの恒常性の働きにより常に一定に保たれています。

以前、身体の酸性・アルカリ性のバランスもこの恒常性の働きにより常に弱アルカリ性に保たれていると書いたことがあります。
「『身体・心・魂』を健やかに保つ食事法=フードヒーリング」参照

先日ご紹介させていただいた本にはこの辺りのことが少し詳しく書かれています。
「気にしすぎ人間へ」参照
この恒常性は一般的には生体の状態を保つために働くと言われていますが、
私は最近様々なことを通して、
「負、マイナス」の働きもするのではないかと考えています。

あ~、だから、中々病気が治らないのね。
とか、
いつまでも社会復帰できないのね。
とか。

今回はこの「負の恒常性」について書きます。
(こういう言葉、あるのかな?無かったらTerraの造語と言う事で)

************
「身体に良い食事を始めて、続けていると無性に悪いものが食べたくなる」

久恵先生のフードヒーリングの食事法に切り替えてから1年あまり。
身体はかなり正常な状態に近づきつつあります。

でも!時々無性に体に悪いもの、合わないものを食べたくなるのです。
化学調味料で身体が痺れたり、肉で内臓が腫れて、
その度にかなり苦しむとわかっているのにもかかわらず。

意思の力で「ダメ!」って思っても負けてしまう。
で、痛い目にあって(笑)深く反省。
久恵先生や流輝先生に「でしょ?」って言われる(TT)

実はこれ「負の恒常性」によるものです。

久恵先生によると、細胞が新陳代謝により作り変えられるとき、
元の細胞がつくられたのと同じ材料で作ろうとするのだそうです。

だから、お肉や化学調味料などを材料に作られた細胞は、
新しくなる時に肉や化学調味を欲するのだとか。

その時に過去の自分のように食べ放題に肉や化学調味料を取るのではなく、
ほんの少しにしておくと、
身体はそれで満足し、
次に細胞を作る時には更に少ない量で済むようになっていくのだそうです。

こんな風に「健全じゃない状態」が普通だった人が、
なんとか健全にしようと努力しても
「揺り戻し」があるのは、
この負の恒常性によるものだと私は考えています。


*~*~*~*~*~*
「朝寝て夜起きる、とか、病気の期間が長かった場合の話」

生活習慣を変えるのって難しくないですか?

私は元々朝起きるのが苦手でした。
OLをしていた時はいつも遅刻ギリギリ。
ホント社会人失格状態。

最初の妊娠、出産をしたころは更に生活がめちゃくちゃになり、
起きるのは昼ごろと言う生活。
どんどん体調も崩れ、「自律神経失調症」の診断も受けました。
(実はうつ病・対人恐怖症にもなっていたのですが当時はわかりませんでした)

ある日、昼ごろ起きて子どもに授乳をしている時、ひらめくように思いました。
「こんな生活をしていちゃだめだ!
家事も何もかも半日分しかできない。
午前中がもったいない。
朝ちゃんと起きることにする!」

次の日から朝7時に起きるようにしました。
起きてしばらくは動けなくても、それでも起きました。
それから少しずつ活動時間が長くなって行きました。

今思えば、それがうつ病や対人恐怖症を克服する最初の行動だったと思います。
生活を生き物である人間として当たり前の時間にする。
それは「自分の怠け癖を克服する」と言う事です。

これは病気の人たちが怠けていると言う事を言いたいのではありません。
誰にでも、この怠け癖ってあると思うのです。
そういう怠けたい自分をねじ伏せ、健全に保とうと努力することが大事、
と言う話です。

怠け癖を自分に許して「病気だから仕方ない」と言い訳にする人もいるようですが、
私はその逆のことをしてきて、ここまで健康になってきました。
―あなたはどうしたいですか?

それでもね、
「あ~、掃除、めんどい」
「お化粧したくない」
なんて思う日もありますよ、人間ですもの
でも、出来る限りさぼらない。

「健全な状態を自分の『普通』にする」ためです。
昔の私は「健全じゃない状態が普通」だったのですね。

これを病気治療に当てはめると、
長い間病気の状態だった方は、
「病気が普通」の状態になっています。

だから病気を治そうとしても、
社会復帰しようとしても、最初は気力で頑張っていても、
「負の恒常性」が働いてしまって健康な状態になかなか戻れないのだと思います。


だいたい、「もう大丈夫だろう」と油断したころ(半年くらい?)かなと思います。

*:::*:::*:::*:::*
「負の恒常性を断ち切る」

これはまず、
自分が普通じゃない、
あるいは健全じゃない状態が普通になってしまっていると自覚する
ところから始まると思います。

「仕事を始めたら、やるのが当たり前だからその時になったらやるよ」
なんて言い訳をせずに、
自分の今の健全じゃない状態を認める事です。

そしてその後に、
毎日を健全で健康な状態へ向けてコツコツと積み重ねると言う事。
負の恒常性が働きそうな期間は厳密にやる必要があります。

余裕が出てきたら、少し怠け癖が出ても戻せますが、
怠け癖が普通の状態の時には自分に厳しくした方が良いと思います。


Terraでも食事法やホメオパシー、
鍼灸治療などを勧めてもたいていの方が半年くらいで挫折しそうになります。
それはこの負の恒常性が働くころだと思い、
その度に「何故それを始めたのか?」を思い出していただきます。

そんな風に客観的に見てくれる第三者も必要だと思います。

*+*+*+*+*+*+*
「気を付けていただきたい事」

これは絶対に強制しないでください。
強制したら、「負の恒常性」が強く出て、かえって逆効果です。
この記事を当事者の方にお読みいただくよう勧めても良いのですが、
「怠けているからダメなんだよ!」とは言わないでください。

その人が、健康で健全な状態になるかどうかはその人が決めることです。
健全じゃない状態が良いと言うなら、それもあり。

但し、その人とこれからどのように付き合っていくかを決める権利は
ご自分にあることを忘れないでください。
そして、ご自分の中にも怠け癖がないかよく考えてみてください。

***************

最近、ブログや「Trinity」などに書いている記事を自分で読み返していて思うのですが、
これって、昔の日本人が当たり前にやっていたことだと思うのですよ。

人として恥ずかしいことをしない。
毎日を真面目に、マメにコツコツとやる。
それが当たり前。


近年精神疾患や、ニート、引きこもりが増えたのは、
他にもさまざまな要因があると思いますが、
この「日本人が当たり前にやっていた事」を軽視しているのもあるのではないかと思います。


私は学生時代から同性に一方的にライバル視され、
様々な嫌がらせを受けてきました。
最近も一方的にデマや悪口をブログなどに書かれています。
よくそういうことを思いつくなと言うような内容ですが、
自分の汚い心をさらしているような行為だと思います。
(「何を言っても人は信じたいものを信じる」参照)

でも、そんな私にも負けたくないとずっと思ってきた人がいます。
それは「弱い自分」です。

だから、ここにもよく書きます。
「弱い自分に負けないで」

それは、弱い自分に負けそうになる方の気持ちがよくわかるからです。

怠けたり、ずるいこと、卑怯なことをしたくなる気持ちは誰にだってあります。
でも、それをしちゃ、おしまいです。

自分が嫌いになるからです。

だから、しちゃ、ダメなんです。

私も日々、弱い自分と戦っています。
一緒にがんばりましょう。

病気でも、うまくいかなくても、ボロボロでも、
昔の日本人が普通にしていた「美しい生き方」を選んで行きましょう。
そして、それを自分の普通にして、正常な恒常性を持ちませんか?

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

負の恒常性…の続きを読む
別窓 | 病気 | コメント:6
∧top | under∨

治療経過と「闇の中の光」

心身の極度な疲労(と、医師は言った)で休養中のわたもりです。
明日、自宅へ戻ります。

本日整体治療がひと段落しました。

いや~~~~、本当にびっくりするほど体が動くようになりました

鞭打ち、捻挫などの影響で異常のあった筋肉を正常な状態に戻すと、
その影響で筋肉は一時期腫れてしまうようです。
これは好転反応ですね。

治療師さんによると正常な状態に戻った筋肉を動かして、
体になじませることによって完全に正常な状態になるようです。
また異常だった状態で動いていて正常な位置につくべき筋肉がついていないので、
それをつけるため、そして好転反応による筋肉の腫れを取るためにも、
動くことが必要だそうです。

知らなかった~~。
またひとつ勉強になりました

と、いうことで無理をしない範囲で動いています。
すぐ頭痛くなっちゃうんですけどね


病院の検査では異常なしだった私ですが、
実は血圧の上が80代と低く、
自律神経がやられていることがはっきりわかります。

自律神経失調症は西洋医学では治療できない、
もしくは治療の苦手な病気。
これはホリスティック医療の出番です。

これについては後日
「自律神経失調症のホリスティック医療ケア」として書きたいと思います。


こちらでしか受けられない整体治療もひと段落したので、
帰ります・・・・・。

でも、不安・・・・・


で、ふとなにげに見た自分のHP「私の中の森」
そのメインコンテンツ「私の中の森」

時々自分の立ち位置がわからなくなった時とか読み返すのです。

今回読み返したのは「闇の中の光」

そっか~~。
そうだったね。
そうだった、そうだった。
思い出した。

まだまけちゃいけないね。
弱い自分に。
いろいろなものに。

今は自分の体験が病気が治らなくて困っている人の
何かの参考になればと思って
ホリスティック医療について書いていますが、
私の原点はこれでした。


次はいつ書けるかな~。
とりあえず、21日に発達障害専門の医師の予約が、
奇跡的に取れたのでその報告でも書けたらいいな。


これからは時々愚痴っぽくなっちゃうかも。
そういう時は皆様寛容にお許しくださいませね。
では、また(o・・o)/~

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 病気 | コメント:0
∧top | under∨

「心身の極度の疲労」で寝込んでいました 2

昨日久々に更新しました。
今日はその続きです。

今日は2週間ぶりに車を運転し、買い物へ行きました。
途中少々立ちくらみがしましたし、
頭も重くなってきましたが、なんとか帰って来れました。


昨日の続きを書きます。
私がここまで回復するのに必要だったものです。


少しずつ体の方は回復してきたのですが、
気力はほとんど回復してきませんでした。

ずっと体は限界に来ていたのに、
気力で引っ張り続け、心身ともにボロボロだったのだと思います。
その私を打ちのめす出来事があったのも気力が回復しない要因だったとおもいます。

魂が何処かへ行ってしまったようでした。


実は今年の春くらいから、
人生の変化の時が来ているのを感じていました。
それは漠然としたもので、はっきりとは言葉にできないようなものでした。

「新しい自分を生み出すとき」
もしくは
「本当の自分になる時」
と、言う感じですが、どうしたらいいのかわからず、
忙しさにかまけて自分をごまかし続けていたのです。

今回心療内科への受信をすすめられ、
いつもなら「すぐに精神的な問題にするなんて!」と腹を立てるところですが、
今回はこれをきっかけに自分を見つめ直すべきだと思い、
カウンセリングを受けるためにこちらからお願いして紹介状を書いていただきました。


私は「何か」を感じた時は帯広神社へお参りすることにしています。
帯広神社はとても清涼な気の流れる行くだけで身を清めてくれるような神社です。

お参り後、必ずおみくじを引くのですが、そこに書かれたメッセージは、
今まで私を励まし、導いてくださっていました。

今回書かれていた言葉は
「改めかえて良い運勢」

「改めかえる」・・・・・・・?

私はこのブログに自分の体験談やホリスティック医療に対する考え方を書くことで、
病気が治らなくて困っている方のお役に、ほんの少しでもいいからたてたらと考えています。

それをやめろということなのか・・・・?

それは受け入れ難く、自分から目を背けていた一因にもなりました。
けれど「改めかえる」が何なのかずっと気になって考え続けていました。


体が回復してくると気力の無さや、無力感がはっきりと感じられ、
意識を失うように眠っていた時期が過ぎると、
今度は余計なことを考えてばかりの眠れない夜がやってきました。

子供たちが親戚の家に泊まりに行ってしまい、一人になった夜、
私はいつしかヨガでいつもやるような深い呼吸をし始めました。

突然それまで忘れていたアメジストの握り石の存在を思い出し、
手に取り、再び呼吸をしました。

それは「瞑想」と言ってもいいものかもしれません。


心に浮かんがのは
「私はアスペルガーやHSP、薬剤過敏症や、
根本的にとても弱い体質を理解してくれる人が欲しい、
ホリスティック医療について話し合える人が欲しい、
スピリチュアルなものごとについても当たり前のように話せる相手が欲しい」
と、いうことでした。

全くいないというわけではありませんが、もっと多くの理解者を私は必要としていたし、
そういう考えが少しでも世に広まってくれたらと感じました。

けれどそこで私は気がついたのです。
実は自分がそれらの物事すべてを完全に肯定しているわけではな方ことに。

私はホリスティック医療と言い、
スピリチュアルな物事を受け入れ肯定しながらも、
スピリチュアルな物事の絡むセラピーを完全には受け入れられずにいた事に気がつきました。
私自身そういうった治療を受けたことがないために、
「否定はしないけど自分には必要ない」と思っていたし、
読んだ方に「なんとなく怪しい感じ」と受け取られるのも恐れていたのだと思います。

また、なんでも心の問題にして体の痛みや病気を見つめようとしない人々に反発するあまり、
治療において心からのアプローチを後回しにしがちだったことにも気がつきました。


「人は心と体と魂からできている」

知識として知っていた言葉を本当の意味で認め、
受け入れきれずにいたのだとおもいます。

今まで体からの治療中心の文章ばかり書いていたような気がします。

けれど「心」と「魂」の治療を私が心から認めなければ、
本当の意味でのホリスティック医療にはならないのだと思いました。

「改めかえる」とはしている物事をかえるのではなく、
それを行おうとする私の心を改めなさいということなのだとはっきりわかったのです。


そう気がついたとたん、
どこかへ行っていた魂がすとんと身のうちに収まったように、
気力が体のうちから湧き出し、
明かりをつけていない部屋の中が明るくなったように感じました。

そう認めてはじめて私は「新しい私」を作っていけるのだと思いました。

だから、私はこれからとことんカウンセリングを受け、
スピリチュアルなセラピーも受けようと思っています。



そう思えたのはこれをお読みくださっている皆さんのおかげでもあるとおもっています。

このブログを通して出会えた方々のブログを拝読させていただいて、
それが特にスピリチュアルやメンタルな内容ではないにしても、
おそらく本人が何気なく書いた一行だったとしても、
皆さんの書いた文章が私の中に入り、
私の細胞の一部となって、
私にそれらの物事を肯定させてくれたのだと思います。

そしてこのブログを訪れてくださる方々の存在も、
私に変化を受け入れる勇気を与えてくれたのだと思います。


だから、これをお読みくださっていて、
私に出会ってくださった皆さんに、
本当に、
心から、
ありがとうございます。

あなたがそこにいてくださって良かった。
本当にありがとうございます。


これをどうしても書きたくてブログを再開したのに、
やっと今日書けました。

書けるくらい元気になって良かった


明日もまた2時間かけて整体治療に行ってきます。
気力がもどると
自分が本当に体と自律神経をひどく痛めつけてしまったことがわかります。
こちらの回復にはしばらくかかりそうです。

でも大丈夫。
私にはホリスティック医療があります。

これからまたこに治療についても細々と書いていこうと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

お読みくださってありがとう
では、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
「心身の極度の疲労」で寝込んでいました 2…の続きを読む
別窓 | 病気 | コメント:4
∧top | under∨

「心身の極度の疲労」で寝込んでいました

お久しぶりです。

7月27日朝に牛舎で立てなくなり、
自宅まで運ばれたものの動けず、
2日間ほどほぼ寝たきりの状態でした。

なんとか立ち上がりかろうじてトイレには行けるけれど、
立つとすぐに目の前が暗くなり、頭が重くなり、
頭痛と耳鳴りがして体を支えることができませんでした。

自覚としては「体と心の限界が来た」
東洋医学でいう「気血両虚」のひどい状態で、
体を維持するのに必要な心と体のエネルギーが枯渇した状態だと感じました。

それでもその時点ではまだ本当の事態をわかっていませんでした。

29日総合病院の総合診療内科で胸部レントゲン、血液検査。
歩けず車椅子での受信でした。
結果異常なし。
「心身の極度な疲労」という診断で、
心療内科の受信を勧められ、紹介状をいただきました。

長男が九州の大学から帰省していたので娘の送り迎えなどやってくれはするのですが、
普段やり慣れていない大家族の家事全部をこなすには私の指示が必要なのです。
私は考えることも言葉を話すこともやっとという状態でできません。

さらに動けず寝たきりの私を打ちのめすようなことがあり、
そのまま家にいたのでは「生命の危険がある」と判断し、
実家へ下二人の子供と共に療養に来ています。

家は麦わらを縛るという2番目くらいの農繁期で、
長女も骨折している上に就職活動で大変な時期だということは十分わかっているし、
その時期に家を離れることが何を意味するのか十分わかっていても、
死なないために家を離れることが私には必要でした。

実家はオホーツク海沿いの地方自治体にあります。
3時間の移動はとても辛かったです。

1日休み、実家の家族が信頼して通っている整体へ。
そこへは車で2時間ほどかかります。
それもとても体にこたえる移動でしたが、
結果的には正解だったと思っています。

状況を話し、過去の病院の検査結果を伝えると(全て西洋医学の治療範囲外)
整体師さんは少しの間私の筋肉のあちこちを調べました。
「左首のむちうち」「右肩の捻挫」「右腰骨捻挫」で、
いずれもいつからそうだったのかわからないほど古いケガであるとの見立てでした。
治療はとても痛いけれど、体の状態を的確に捉え、
またとても勉強しているけれどおごらず、「陽」の気の強い方で、
治療後は確実に体が変わっているのがわかる、
とても腕のいい治療師さんでした。

はじめは毎日通い、3回目の治療をうけた5日月曜日、
やっと普通に歩けるようになり、
4回目の治療を受けた6日体を起こしていられるようになりました。
立ちくらみがまだあり、8日の治療後やっと簡単な家事をできるまでに回復しました。

そのほかには7日にホメオパシーの相談会を受けました。
レメディは手元に持ってきていましたが、
とてもレメディを調べて選ぶ気力がなく、
思いつくレメディ(主に心のケア)を少しだけとっている状態でした。
当日突然ホメオパスの先生の事を思い出したのです。

相談会では状況を話しながら沢山泣きました。
ホメオパスの先生からはレメディのアドバイスをいただくだけでなく、
「言葉のレメディ」を沢山いただきました。

9日にはやっと病院の待合室で待つ体力ができたことから耳鼻科を受診。
様々な検査の結果全く異常なし。

さらに実家の近くに住む私のいとこは指圧をしているので、指圧も受けていました。

それが今の状況です。


いいえ、これを書くまでに回復するにはもう一つ必要なことがありました。
けれど体力的に今日はこれで限界です。
とりあえず状況報告だけとします。


ブログはやはり私の心に必要なものだったんだとこれを書いて思いました。
さらに気力が回復したのを感じます。
でも体力が限界。
寝ます。おやすみなさい。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

別窓 | 病気 | コメント:2
∧top | under∨

こころあたり

本日はあんこを作っていまーす。
小豆を1升半分鍋で炊いて、今冷ましているところです。
今回のは生餡として冷凍し(正月にお汁粉にします)、
後日半升くらい練り餡を作ります。

と言ってもすっかり元気というわけじゃなく、
腰も痛いし、めまいも時々するし、
それでも牛舎仕事もするし、
年末年始準備もするという感じです。

11月の「何なの?」と言うくらいの体調不良、
実は心当たりがあります。

10月から私はある健康法(食事法)を試していました。
それは数年前にベストセラーになったこの本の健康法です。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
(2005/07/08)
新谷 弘実

商品詳細を見る


この著者は世界で初めて内視鏡手術をした、
胃腸専門のお医者様で、
手術したガン患者は100%治した(と言っている)方です。
その方の薦める食事法ならいいのでは?と思ったのです。

具体的には胃腸内の健康には酵素が不可欠なので、
酵素を体に取り込み、それを生かすというものです。

簡単に言うとまず水を飲む(500mlくらい)。
30分くらいしてから果物など「生」のものを食べ酵素を取り込む。
更に時間をおいてから食事をする。
その食事も「動物性食品は取らない」「牛乳は飲まない」など色々ルールがありますが、
肝心なのは「酵素を取り込むこと」らしいです。

で、10月の初めからこの食事法に切り替え、
すぐに下痢とまではいかなくても軟便になりました。
ホメオのレメディでいえばチャイナの状態。

更に2週間後、今度は下痢+ガス腹に。
ホメオでいうカーボベジ状態。

そのころからめまいがし始め、
更に2週間後脳貧血で倒れる。
・・・あとはこれまで書いた通りです。
2012,11,17「また脳貧血×2 更にぎっくり腰に」参照


病院の検査では異常が見つからず
(とはいえ、検査の時期に問題があったのかも)
「疲れですね」と言われましたが、
鍼灸院の先生とホメオパシーの先生は
私の今回の不調について同じ見解を示したのです。

消化不良により食物の消化吸収ができず、
栄養不足となり血が十分に作られなかったために起きる不調。

東洋医学でいう「心血不足」です。
心臓から体中に送られる血液が足りないために貧血を起こすし、
心臓は足りないものを一生懸命送ろうとするので、
動悸などが起こるし(簡単な心電図検査で引っかかったのはこれが原因か?)
めまいもする。

そういえば倒れる前、物忘れをしたり、
頭がうまく働かなくなっていました。
脳に送られる血液も不足していたんですね。

栄養がいきわたらないから免疫力も落ちて
風邪もひくということなのでしょう。

(ぎっくり腰は倒れた時腰を強打したのが原因と思われます)

上記の健康法、某有名アスリートがお勧めしていたのを
何かで読んだので本を読み試してみたのですが、
私には合わなかったみたいです。

私は冷え性なので生物を食べると内臓が冷えます。
内臓が冷えるとうまく働かなくなると言うことなのでしょう。

食事法をやめてすぐに腸の状態は元に戻ったのですが、
時々誘惑に駆られてリンゴやミカンを食べると、
また・・・・・

うーん、何とかならないかな~。
今サプリメント界では「野草酵素」が流行だし、
試してみようかな~。

と、自由時間のほとんどを健康のために費やし、
バカみたいだな~と自分でも思いつつ、
それでも健康になりたい私なのです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 病気 | コメント:2
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>