「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

暗闇から抜け出るご相談、未来へ向かうご相談

ラポカフェ
↑Terraの近くにあるカフェで久恵先生と打合せ
今年4月からの毒出し期間を経て、
久恵先生も、流輝先生も、私もバージョンアップ中です(笑)


私は食事相談のテキストをスタート時に見たくらいでしたが、
今のテキストは随分バージョンアップされていて、

えええええ?!
Aコース(第1段階、ご相談2回)で、こんなに教えてもらえるの?
安すぎだよ!
10倍の価値があるよ!


と、驚きました。

でも、
ほとんどのフード(風土)ヒーリング初心者の方は、
この価値が判らないだろうと思います(^-^;

長年実践して、効果を体感して、色々学んで、
これをこんなに親切丁寧に教えてくれるなんて、すごいんだよ!!
と、判るのです。

これから食事相談を始められる方が羨ましいです。


*************
人生の迷子

Terraに初めていらっしゃるクライアント様は、
苦しまれている理由は人それぞれですが、
ご自分がどういう地点にいるかわかっていない方がほとんど。

なので私の最初のご相談は全体像をお伺いすることから。

その方の抱える問題の根本が身体、心、魂それぞれどこにあり、
それを改善するためにはどうしたらいいか?
を分析し、お伝えいたします。

(はい、面倒なご提案内容です(^-^;)

その先、繰り返しTerraにいらっしゃるかはご本人様次第。
こちらから次回の日にちを指定することは一切ありません。
(アチューメント2回目の日にちはお伝えしますがそれも強制ではありません)

深く掘り下げるご相談が必要な場合は2回目以降となります。


・1回のご相談ですっと楽になられる方
・自分が何故苦しいのか、生きにくいのか判らない方
・どうして迷子になっているか?どうやったら抜け出られるか?をお伝えするだけで充分な方
・ここから先、どう進んだらいいか判らない方
等々、色々な方がいらっしゃいます。

そこから考えるとご相談は大まかに言って、
二種類あると思います。


*************
暗闇から抜け出るご相談

お仕事をしたい、夢をつかみたい、結婚したい、
幸せになりたいと願っていても、

ご病気や、心の状態、環境など、
今のあなたの状態じゃ無理ですよね?
と言う場合があります。


焦って仕事や何かをすればするほど、
人生がうまくいかなくなるのです。


何をどうするの前に、
まずは±0のフラットな状態を目指します。

身体、心、魂が健康で幸せである状態。
もしくは、問題が無い状態。

そうなって初めて、未来へ向かえるのです。

勿論日々の糧(お金)は必要ですが、
それがある程度確保されているなら、
暗闇の中で無理にもがくのではなく、
まずは身体・心・魂を整えて、
暗闇から抜け出ることをお勧めします。


皆さん、悩みを聞いてもらってスッキリと言うレベルじゃない方です。

他のカウンセリングへ行かれても、たぶん解決しないか、
もてあまされるでしょう。
逆切れされ、説教された方も少なからずいるようです。


まずは問題の根本がどこにあるかを見極める必要があります。

「本当はこれが原因で悩んでいるんですよ」
と、私達がお伝えして初めて判る方も多いのです。

勿論、そこから先、暗闇を抜け出るために、
ご自分でこちらのご提提案を実践・継続される必要があります。

自分の一番痛い心の傷とも向き合い、
地道に治療したり、食事を変えたり、
自分の体質に合った生き方に変え、
思い癖を変えたりする必要があります。
(むやみにやってもだめですよ。
適切な方法じゃなきゃ効果は無いです)

そのままじゃダメだから、人生がうまくいっていないのだから。

だから、人生を変えたいなら、自分が変わる必要があるのです。
小手先や表面をどうにかしたってどうにもなりません。


中には治そうとする振りだけの方もいます。
こちらのご提案を一応やってはいるけれど、
理解しようとしない、
言い訳ばかり、
誰かのせいにしたい人達。

実は治っちゃったら困る人たちです。
働かなくちゃいけない。
子育てしなきゃいけない。
常識的に生きなきゃいけない。
言い訳の材料がなくなる・・・からです。

あと、どちらに転ぶか微妙な方もいらっしゃいます。


**************
未来へ向かうご相談

最初にいた暗闇から抜け出て、
±0の地点に立たれて、

「ここから先、どういう生き方をしたらいいだろう?」
と、
未来へ向かうご相談に変わる方も多いです。

継続されているご相談の中で、
その方に合ったお仕事や生き方、
お似合いの相手、環境など、
色々お話しさせていただいて、

暗闇から抜け出る間も、
未来への希望がどんどん膨らんでいる
からです。

それまでは、
何をやってもうまくいかず、
病気や発達障害、HSPがあって大変で、
嫌な人にばかり巡りあったりして

とにかく生きるので精いっぱいだった方が、
未来を選べるようになるのです。


未来へ向かうご相談は、
実は胸がいっぱいになります。

「え~~?これがあの暗い顔をしていた方なの?」

本当に同じ人?と言うくらい変わっていて感慨深いのです。

その先、

ご自分で無理と諦めていた未来へ進まれる方。

新天地へ行かれる方。

普通に働けるようになる方。

就労支援も無理だったのに、一般就職出来る方もいらっしゃいます。


************

本当は、私達にご縁が無いのが一番なのです。

Terraに辿り着かれるという事は、
何処へ行っても問題が解決しなくて、
何をやっても治らなくて、
ずっと苦しい思いをしてこられたという事だからです。

(あ、そこまで大変じゃない方のご相談も承っていますからご安心ください(^^ゞ)


カウンセラーに用が無い人生を送る方が良いに決まっています。

それでも、必要だからこそご縁が出来るのだと思います。
どうしても、私達じゃなければならないご相談があるのだと思っています。

このブログをお読みくださって、
「今は必要ないけれど、いつか必要になったら是非わたもりさんとお話ししたいです」
と、おっしゃってくださる方も多いのですが、
―必要がない事を祈ります。
読むだけで問題が解決できていることを願って書いています。

どうか、読者の方含め、ご縁のあった皆様、幸せでいてください。

そう願ってお仕事をしている私達3人です。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | メンタルヘルス | コメント:0
∧top | under∨

あの時、死ななくて良かったと思う「瞬間」の話

梅酢ソーダ
↑梅酢のソーダ割
暑い時の水分補給にお勧めします。
糖分の入っていない炭酸水で割ってください。
糖分は、余計に喉が渇くから。
炭酸の入っていないミネラルウォーターでも良いですよ。

梅酢は梅、自然海水塩、シソだけで漬けた梅干しから出た汁のことで、
身体に必要なミネラルなどを補給してくれます。
身体を温める作用があるので、冷やし過ぎず、元気にしてくれます。

****************


先日、クライアント様とのやり取りの中で、
「あ、私、あの時死ななくて良かった」
と、思う瞬間があった。

時々、その瞬間が訪れる。


「わたもりさんがいてくれて良かった」
と、言われることは、

大変恐縮で、

とても多いのだけれど、

そういう時には何故か、そうは思わない。

それが、私の仕事で、
もっと言えば、役割で、
その時、その悩みや苦しみを受け止め、
前に進めるよう背を押す、
あるいは手助けする役目と言う、
見えない世界の筋書きの中に、
私がいて当たり前だと思っているからかもしれない。

もうずっと前から、決まっていた事、のような感じ。

この人は、私でなければだめ、当たり前の事、というような。


それとはちょっと、違う。


その時、その人の言葉を受け止める先である、
「存在」としての私が、
今、この瞬間にいて良かった。

そんな感覚。


役に立つとか、そんなのはどうでもよくて。

役に立つという事で、
他者におんぶに抱っこをして、
自分の存在感を確かめる趣味は私にはないし、

役に立ったかどうかなんて、
もっと長期的な視点で見なければ判らないことだと思うから。


そうじゃなくて、
ただ、この瞬間に私がいて良かった。
あの時、死ななくて良かった。
そう思う時の事。

例えば、
暑い夜中に、はだけて眠る人のお腹にタオルケットをかける自分がいて良かった。

誰かの笑顔を受け止める自分がいて良かった。

通りすがりの誰かとあいさつを交す自分がいて良かった。

今日、この料理を作って、
美味しいねって笑顔で言い合える自分がいて良かった。

その延長線上に、
深い悲しみを、孤独を、不安を、迷いを、
ただ、受けとめる自分がいて良かったと思う瞬間がある。

多分、その瞬間のその人は、
私じゃないと受け止められなかったから。

誰かが投げたボールを受け止める自分がいる。
そんな感じ。

それが役に立つかどうかなんて、関係ない瞬間。

そう、ただ、
自分が「存在」すること自体を、
良かったと認められる瞬間の事。

ただ、いる。
ただ、在る。

それだけが重要。

だから、持っている能力や、役割なんて関係なく、
ただ、「その人」のその瞬間に立ち会えたことが良かったという事。

それは、私の場合、
たぶん、限りなく、
「死」に近い場所にいたからこそ。

「死」とは「個体・身体」の「無」に過ぎないけれど、
その「個体・身体」の重要性を、
とても強く感じる瞬間なのかもしれない。



だから、役に立たなくて、
ダメダメでも、
お金を稼げなくても、
迷惑かけても、
その瞬間の「誰か」にとっては、
私は、
そして、あなたは、
そこにいていい存在なのだと思う。


・・・・かつての、
「私には生きる資格がない」
と毎日考えていた私に、
時をさかのぼり、
この言葉を伝えたい。

私は、そこにいていいんだよ。

沢山失敗して、
迷惑かけて、
ダメダメで、
全くいいお母さんでも、
いい妻でも、
良い娘でもなかったけれど、

それでも、

私は、
そして、あなたは、
そこにいていいんだよ。

この言葉を、今、書ける、
この瞬間の私がいて良かった。

この文章を、
今、読んでくれる、
あなたがそこにいて良かった。

この言葉を受け止めてくれる、
あなたがそこにいて良かった。

だから、ありがとう。
そこにいてくれて、ありがとう。

あの時、死なないでいてくれた私、ありがとう。

今、身体を持って、そこにいる、あなたに、ありがとう。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | メンタルヘルス | コメント:4
∧top | under∨

自分で自分を苦しくしている人

ホメオハーブティ
↑今月はホメオパシーセンターさんの講座に参加してきました。
ホメオパシーセンター様系列「豊受自然農」さんで作られている
このホーリーバジル入りのハーブティはエネルギーフィールドを浄化する力が強いです。
今はTerra店舗にいらしてくださったクライアント様に日替わりでお出ししています。
夏は陰性のハーブティが美味しく感じます。

*************

今月(2017年6月)の1日。
浅い眠りしか訪れない上に北海道の夜明けは早く、
3時過ぎに諦めて起きだしたときに、
頭に次々に言葉が浮かんで来ました。

それを書き留めたメモを元にTrinity記事を書きました。

「幸せをつかみ取れ—ライトワーカーさん達へ〜光の仕事をする魂に向けて」

私はベタなスピリチュアル用語を使うのも、
それについて語るのも嫌いなので、
ライトワーカーという言葉が出てきたとき、
「私にしては珍しいな」と思いつつメモしていました。


おかげさまでたくさんのいいね!をいただいています。
多くの方にお読みいただきたい内容です。

気が付けば今月はこの「幸せをつかみ取る」で記事を書き続けていた気がします。

今回は「幸せになる」の逆の行為、
「自分で自分を苦しくしてしまう人」について書いてみますね。


****************
自分で自分を苦しくしている人あれこれ

・自然、天然、健康にこだわりすぎる不自然な人
私は過敏なHSPですし、ずっと体調不良に悩まされていたので、
出来るだけ自分が健康を保てるように、食事や行動、
使う化粧品などにも必要に迫られて気を使っています。
だから、FBなどでそういう情報も集め、
わたもり(曽我部小百合)の個人ページでも健康情報をシェアしています。

が、見ていると、
天然、自然にこだわり過ぎて、そうじゃない物や人を攻撃し、
自分の心も、他者の心も苦しくしてしまっている人
を良く見かけます。

人は身体、心、魂からなる生き物なのに、
身体のためにとこだわり過ぎて、
そうじゃない人々を攻撃したり、
ゆるくやっている人を馬鹿にしたり、
厳密にできない自分を責めたりして、
心を苦しくしてしまっている方。

どんなに厳密にやったとしても、
心が苦しくては、自分で心に毒を入れているのと一緒だと私は思います。


・他者をやたらと攻撃、批判している人
自分が攻撃するから、自分も攻撃されるんじゃないかと、
本当はびくびくしているくせに虚勢を張っている人、良く見かけます。

喧嘩を売るから喧嘩を売られるんですよ。

ちなみに冒頭のTrinity記事では、
一般的なお花畑的スピリチュアル大好きな方々に喧嘩を売っているような内容ですが(^-^;
「まあ、そりゃムッとするだろうね」
くらいに思っています(笑)
考え方や見える世界が違うだけなのですけどね。

考え方が違うだけなのと、批判非難は違います。


・自己顕示に一生懸命になっている人
ブログアクセス数や、FBなどのいいね!をやたらと集めたり、
「見て見て~!私の事!」
という方、SNSの普及によりよく見かけるようになりましたね。

気持ちは判ります。
認められたいって。
私もいらない子だったこと、ありますし。
が、何にもなっていませんよね、それ。

一人の人間として地に足をつけて生きる方が大事ですよ。
収入があっても無くても、自分の仕事や役割を地道に真摯にやって、
自分で自分を認められれば、誰かの承認なんて必要ない
はずです。

沢山の人に見られるからって、認められているわけじゃありませんし。


・嘘をつく人
これは先日も記事にしました。
「息を吐くように嘘をつく人」

一つ書き忘れたことがあるとしたら、
「嘘をつく人は、ばれちゃうって判っていないのが不思議」
というくらいですかね。
自分の視点からしかものを見ていないからかな?
360度から見られていて、見る人の視点も色々だってわかっていないのでしょうね。

当然ですが、信用されません。
まあ、一番の痛手は、
「こいつが嘘をついていようが、どうでもいい」と思われることかもしれませんけど。


・「~~で、なければならない」に合わせて生きている人
・「No」と言えない人

これらでお悩みのクライアント様は、Terraには本当に多いです。
私も昔こうでした(^-^;

大雑把に言うと、理屈に合わせて生きているので、
自分の本当の心の声を無視している人。
もしくは自分の本音を「わがまま」と思い込んでいる人。

他者を非難することなく「自分の気持ちを伝える事」は
罪悪ではない
と私は思います。
「私はこう思います。
あなたはどうですか?」って。

「こうしなければいけない」と、自分の本心をないがしろにするのは、
ある意味、自分で自分に呪いをかけているようなもの
だと思います。


・欲に負けて、健康を損なう人
心を大切にするのと、欲に負けるのは違うと思うのですが、
口で「自分の心を大切にするの」と言って、欲望に振り回されているのは、
やっぱり身体も心も、霊的な部分も不健康になるので、
自分を不幸にする行為だと私は思います。

スピリチュアル好きの方々は見えない世界を扱う割に、
欲望を自分たちの都合に良いなんちゃってスピリチュアル理論にして、
「大丈夫だって思えば大丈夫」とか言っている方いますね。

大丈夫にはなっていないですけどね。
身心魂が不健康になっています。
身体が不健康なのに、心も霊的な部分も健康だったらおかしいでしょ?
・・・判らないのかな?

気・エネルギーがコタコタかカスカスで、
導き手の代わりに魑魅魍魎がくっついていても、
そうういうの全く分からない方が多いのが不思議です。


***************

他にも色々あると思いますが、

全体的に言って、

理屈や欲望優先で、自分をないがしろにしているよね?って思う行為ですね。

勿論、
「自分は自分を痛めつけるんだ!」と心に決めてするなら、
それはそれ。
その人の人生だから他者が口を出すところではありません。

ただ、上記Trinity記事にも書きましたが、
身体と心と魂が健康で幸せであること。
これはとても大切です。

特に健康はね、
なかなかすぐには元に戻せません。(経験者談)


自分を大切に、
と、言ってもどうしたらいいか判らないという方が多い
のですが、

自分を大切にする前に、
苦しくしないのも大切
だと思います。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | メンタルヘルス | コメント:0
∧top | under∨

落ち込んだ時の立ち直り方

窓辺

↑私の相談室の窓辺の植物たち


「あ~、私って発達障害あったんだった・・・」

とか、

「そういえば、HSPってこういう事も苦手だったんだ」

とか、

年に何回かは(もっと?)
落ち込むことがある。

そういう性質を受け入れ、
特徴を知って、生きる工夫をして、
治療したり、予防策を取ったり、練習したり、
またやっちゃった!って笑い飛ばしたり、
あきらめるところは諦めたりしていても。

例えば「右左が判らなくなる脳」とか、
「数字をいろいろ言われるとパニくる事がある」から、
人の何倍も(?)努力したり、練習したり、繰り返したり、
頭と身体に叩き込んだのに、上手くいかない時とかは、

さすがに落ち込む。

お仕事じゃなく、プライベートで。
(お仕事はお仕事モード脳で、きっちり対処)

そういう事が起こる時に限って、
ちゃんとフード(風土)ヒーリング出来てなくて、
身体も私に味方してくれない状態。
(肉食すると、落ち込みやすいと思う)


そういえば年齢的に脳も鈍くなっていたんだ。

そう言う時の私の立ち直り方。


*************

直後はまだ受け止めきれないから、
美味しいものを食べたり、
いつもは行かないお店へ行ったり、
関係ないおしゃべりをしたり、
漫画読んで何も考えない状態にしたり。

初めて行ったお店がイマイチで、
「ここは私達に向いてなかったね」なんて、
ちょっとだけ八つ当たりしちゃったり。

着ていた服は洗濯しちゃう。
服にも念がこもるからお塩を少しだけ入れて。
(↑クライアント様に教えてもらったの)

お風呂入って、全身きれいに洗って、寝て、起きたら、

落ち込み気味な時はパンツかタイトスカート、
シャツでカッコイイ系の服を着る。
(※注 そういう服装の時が落ち込んでいるとは限りません)

色は元気にしてくれそうなカナリアイエローとか、
ペパーミントグリーンとか。
〆色にはビシッと黒。

お化粧はいつもより丁寧にしたり、
アイシャドーを変えたり、
アイラインで釣り目気味にメイクして気分を変える。

髪の毛はポニーテールとか、
きゅっとまとめて、髪飾りもカッコイイ系か、きれい系。

「センタリング」と言うアロマブレンドを下着の胸のところに1滴。

うん、ホメオパシーのレメディも私を助けてくれる。

ブレスも身に着けよう。
お仕事ブレスか、私の人生を運ぶブレス。

心に消化しきれないことがあるから、
身体の消化を助けるリンゴをよく噛んで食べて
身体からもアプローチ。


「やっぱりダメだ」って思いかけても、

「違う!!発達障害(or HSPなど)のせいじゃない。
私の努力不足。実力不足。経験不足。
次は絶対上手くできるようになってやる!!」

ネガティブな言葉で自分に呪いをかけないように。

「大丈夫、出来る。絶対できる」

「(自分に)負けてたまるか!」

言葉の力で自分に魔法をかける。


「なんのために今までの自分がいたんだ」

「意地でも前に進んでやる」
「前に進め!」


うん、勿論、迷惑をかけた人には素直に謝る。
そうしたら、相手はそれ程気にしてなかったりして。
「そおんなこと、気にしなくていいよ!」って。

「今度は失敗しないように、頑張るしかないんだよ。
次こそがんばって」
経験から出る励ましの言葉で、
勝ってないけど、兜の緒を締めなおしたり


ありがたい(人)


*************

そうしていると、
クライアント様から嬉しいメールやお手紙が届く。

ぐっときて涙が出そうになる。

落ち込んでいる時は、
人からの感謝の言葉や、優しさが、
より深く心に入る気がする。



以前は私を責め立てる人や、
馬鹿にする人ばかりだったけど、

今は、

私を笑わせようとしてくれる人や、
関係ない話で和ませてくれる人、
美味しいお茶やコーヒーを淹れてくれる人、
黙って話を聞いてくれる人がいる。

本当は以前もいたはずなのに、
私は励ましてくれる人が見えていなかったんだね。
自分まで、自分を責めちゃってたから。


うん、頑張って今の自分を手に入れたんでしょ。

だから、大丈夫だよ。
本当はダメダメで、ドジで、弱っちい私。

でも、あきらめなかった私。
人のせいにしないで頑張った私。


自分のしてきたことを信じて、

負けるな、弱っちくて、でも、生き残ってきた私

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | メンタルヘルス | コメント:0
∧top | under∨

息を吐くように嘘をつく人の話

2017ハーブ
↑流輝先生が育てている今年のハーブ
植物は手入れをした通りに育って、嘘が無くていいですね(^_-)-☆


人間生きていれば嘘をつくこともあります。

馬鹿正直に言わない方がいい場合や、
説明が面倒で適当にごまかす場合、
社交辞令など適当に言ったら結果的に嘘になっちゃったとか。

White Lieとか、良い嘘悪い嘘とか色々言うけど、
嘘は「本当じゃない」というだけで、
良いも悪いも無いと私は思っています。
何故それを言ったか?の方が重要
だと。

「私は絶対嘘をつきません」
という人がいたらその人はものすごく嘘つきじゃない?って思っちゃう。

これから書こうとすることは、
そういう「良くない事だけど、気持ちは判る」とうなずける、
どこか人間臭い嘘とは違って、
精神異常と言っても良いような、
理解しがたい嘘をつく人々の事です。

私は色々な(大変な)体験をさせていただいていますが、
この「息を吐くように嘘をつく人」にも、
沢山出くわし、困るというレベルを超えて傷つけられてきました。

きっとここをお読みの方の中には「嘘」についてお悩みの方もいると思い、
書かせていただきますね。


***********
虚言癖のある人

20代前半で深くかかわりあった人は、
虚言癖のある人でした。

その人の場合は、
毎日何度も「どうでもいいようなこと」で嘘をつき、
それが私にバレるよう、わざと仕向け
私が怒ったり悲しんだりすると、
自分は愛されていると安心していたのだと思います。

それが数年に渡って続き、私は精神のバランスを崩し、
その後何年も苦しむ事になりました。

けれど、それをきっかけに心やアダルトチルドレンなどについて学び、
人を客観的に分析する癖などが付き、
今の私を形成するのに重要な出来事だったと思っています。

その人は母親が共働きと言うだけではなく、
「子どもなんて嫌いだし面倒くさい」
と言ってはばからない人だったので、
そうやって気を引く癖がついたのでしょう。

もう20年以上会っていませんが、
知人から漏れ聞くところによると、
「口で言う言葉はきれいで立派だけれど、
実際の行動は伴わず、嘘だと判る人には判る」
と、その人は今もさして変わらないようです。


**************
自己顕示欲の強い社交家

学生時代の友人で、
とても社交家で知り合いが多く、
誰とでも仲良くなれる子がいました。

彼女は私だけじゃなく、
沢山いる女友達のほとんどの彼氏や夫に手を出していながら、
素知らぬ顔で友達づきあいをしている人でした。

本人はうまく嘘をついているつもりだったようですが、
自己顕示欲が強く、普通に会話をしながらも、
時々脈絡なく馬鹿にしたように噴き出して笑ったりしていました。

「私はこの女の彼氏(夫)を奪っている。私の方が勝っている」
と自己満足にひたっていたそうです。(本人談)

だから彼女と突然縁切りする人も多かったのです。

彼女は、今でも私が彼女の嘘に気付いていたと判っていないと思います。
彼氏側から「あの子本当に君の友達なんだよね?」なんてバラされるとは思っていなかったのでしょう。
嘘をつく人は、自分が嘘をつかれる側だとは思わないようです。

彼女はコンプレックスが強く、それを払しょくするために特別になりたがる、どこをとっても普通の子でした。
今は地方議員の秘書をやっているそうです。
それはある意味、彼女らしいなと思います。


*************
嘘をついているつもりなんて全くない人

「○○されたくなかったら、××さんに次のものを私によこすよう伝えろ」
と、その人から不当な金品請求を含む恐喝の内容が伝えられたのは、
冗談だと思うかもしれませんが、
FBメッセンジャーでした。

それまで匿名で色々嫌がらせされてきて、
「たぶん、あの人だよね」と思っていても確証がなかったのですが、
いきなり写真付きのメッセージが送られてきて、

「え?この人、今までしてしてきたことがばれちゃうって思わないのかな?」
と、脅されている側ながら「この人、大丈夫か?」と心配になりました。

当時の私はまだ「人は話し合えば分かりあえるはずだ」と思っていたので、
(さんざん騙され、傷つけられ、良いように使われてきたにも関わらず)
彼女の気持ちに寄り添う事で説得できるのではと試みたのです。
そこから1ヶ月以上にわたり、
メッセンジャーでのやり取りを続けました。

双方とも就業時間中だろうと、真夜中だろうと長文のメッセージが送られてきて、
私は出来るだけ対応し、理解しようと努めました。

が、「あれ?」「あれれ?」と思う事が増えました。

最初の頃にAと言っていたことが次週にはBに変わり、
「~~~~なんです!」と言っていたことが、
「====です」に変わり二転三転するのです。

初めは私の勘違いかと思い、メッセンジャーを読み返すと、
やはり矛盾している。

そこで「ああ、この人は嘘をついているつもりは全くないんだ。
結果的に『自分は嘘をついていると暴露している』と気が付いていない
んだな」
と、思ったのです。

その都度自分に都合のいいように書いているから、
自分でも事実が何だったか判らなくなっているようなのです。
だから、まともにやり取りすることが無理な相手でした。

この時の事は私にとってとてもしんどいものでしたが、
今となっては人を理解するいい経験になったと思っています。


************
何故「息を吐くように嘘をつく人」に出会ってしまうのか?


上記3人は沢山いた中の一部なのですが、
この記事を書こうと色々考えていて、
流輝先生に「何故私はこういう人に出会ってしまうのでしょう?」と聞いてみたところ、

「あまりにも馬鹿正直だからじゃないの?」
と言われました。

誠心誠意が通用しない人や、
まともに相手をしちゃいけない人もいると知る必要がある
し、
また、私の中にある、
全て良い人だと「思わなければいけない」という思い込みに気付かせるためだろう、と。

私の場合はかなりお人好しで、
ちょっとやそっとでは「良くない人」と思えないだろうから、
そういうとんでもない人に出会うんだと言われました。

確かにその通りだと納得しました。
他にもかなりとんでもない人に出会ってきましたから。

だから、自己啓発本にあるような「机上の空論」やきれいな理想論じゃ解決できないと身をもって体験しています。
「異常なのは精神に異常をきたす人ではなくそこへ追い込む人の方だと思う件について1」参照

Terraのクライアント様も、私と同じようにとんでもない人に出会い、
相談したカウンセラーや占い師などに
「考えすぎ」「努力や愛が足りない」と言われて来た人が多いです。

私は今、おかげさまで何とか順調に仕事をさせていただいていますが、
そういうとんでもない人達のおかげでもあると思う今日この頃です。


・・・え?じゃあ、そういう人はそのままでいいの?
野放しなの?と思った方、いらっしゃるかもしれません(;^ω^)

先日掲載した十勝ブログの記事がそういう方への答えになるかもしれません。
良かったらご一読くださいませ。

「お天道様はちゃんと見ていますね、と言う話」

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

別窓 | メンタルヘルス | コメント:4
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>