「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

アスペルガーなつぶやき

このブログにこんなコーナーがあったって、知っていましたか?(笑)
私は忘れかけていました(爆)←嘘ですよっ!

アスペルガー症候群など神経発達症(旧発達障害)のある私が
神経発達症ならではの感覚でつぶやくコーナーです。

とはいえ、私はアスペルガーだけじゃなく、
ADD、HSP、解離性障害、愛着障害、エンパス、マインズアイなど、
色々な症状が重なっているので
はっきり言うと、どの特性からそう思うのかわからないデス☆

その辺をお含みおきくださいまして、お読みくださいませ

************

新学期って、

超、超、超ニガテだった



新しい環境が苦手なのはHSP?アスペ?

予測のつかない状況が苦手なのは確かアスペ。

周囲の人たちも緊張してたりしてドギマギしているから、
そういう不安な気持ちとか、
ヤル気とか、いろんな感情が渦巻く教室にいるのって、

もお、いや、本当に、

メッチャ、嫌でした。

1年かけてやっと慣れた環境からまた新しい環境になる。
新しいことを覚えなくちゃならない。

当時はアスペだとかそういうの知らないし、
無自覚に影響受けまくっていました。

で、どうなるかと言うと、

意識をシャットダウン
(眠っているだけのように見えるかもしれませんが、
起きたくても起きれない) 

記憶がとぶ
(心などを守るために意識を自分から離す「解離」というやつですね)

挙動不審
(新しい友達と会話って・・・・・無理。
でも、頑張ろうとしちゃうので、より変な人になっちゃってたと思う)

ぼーーーーーっとする
(起きているように見えますが、
意識はそこには無いので、話なんて聞いていないから忘れ物ばかり)

病気にすらなれない
(常に緊張状態なので、火事場の馬鹿力状態?
体調崩すのは少し慣れたG.W.あけくらいからかな)



一番ひどかったのは高校に入学したとき。
入学式~5月の中間テストまでの記憶がない。
(部活とかは大丈夫だったかな)

授業が始まったらテストが配られて、
「何のテスト?」ってきいたら、
「中間テストだよ」ってきいてびっくり

「聞いてないよ~
いや、ホントにきいてなかったんですけどね

後にも先にも赤点とったのはその時だけ。
(勉強さえすればできたのです。
耳から聞くのは苦手だったから、自宅学習すればだけど。
「発達障害な私の勉強法」参照

授業も頭に入るはずがありません。
だって、意識ないんだから。

一年中そうだったけど、
特に新学期はひどかったし、
いつも嫌でした。

*:::*:::*:::*:::*

きっと、同じような思いしている神経発達症(旧発達障害)の方、
いるんだろうな~~~。

今は不登校も割とポピュラーだし(?)
支援学級的なものとか、保健室登校とかあるから少しはましになっているかな。

なっていると良いなと祈るような気持ちです。


学生さんだけじゃなく新社会人の皆さんも、
なんか変だな?うまくいかないな?って思ったら、
それはご自分の性質を知らないだけかも知れませんよ。


神経発達症はあるデータによると
20%存在すると言われているようです。

つまり、5人に1人。

だから、頭がおかしいとか、そういうのじゃないのです。

脳に人とはちょっと違った特徴があるだけ。

ご自分の特徴を知り、
何故そうなのか理解し、
ご自分との付き合い方を見つけられれば、
今より楽に生きられるようになります。


それは、支援される、とは、ちょっと違います。

無理に障害者になる必要なんてありません。
無理やり薬を飲む必要もないのです。


もし必要なら、私・わたもりが自分の経験を生かしてご相談をお受けします。
少なくとも、一人で苦しむ必要は無いですよ。

お辛い時は、どうか、私を思い出してくださいませ。

いつでも、ここで、お待ちしています

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | アスペなつぶやき | コメント:2
∧top | under∨

アスペルガーなつぶやき

久~しぶりのこのコーナー
アスペな私がアスペならではの感じたことをつぶやく、
タイトルそのまんまの「アスペなつぶやき」(カテゴリ名)です。

アスペってちょっと人とは違うことを思いつくらしいです。
(そうなの?)

今日はアスペとして多くの発達障害の方に接してきて、
・・・あるいは、発達障害にかかわる方、
ご家族、支援者などの方々の発言で
あれ?
っと思ったことです。

***************

「発達障害のある自分をそのまま受け入れましょう」
「前向きに考えていきましょう」
「発達障害を個性として考えましょう」
「ポジティブシンキングで!」


・・・・・と、言いながら、

どうして、

「ネガティブさ」は否定するの?


*~*~*~*~*~*~*

発達障害を前向きにとか、受け入れるとか言いつつ、
それでも辛い時って多いと思うんです。

それなのに、無理やり血を吐くようにポジティブシンキングしている人をときどき見かけるので、

「そんなに無理して前向きにならなくていいんじゃない?」
って、思っちゃいます。

特に自助グループとか、勉強会に積極的に参加している人に多く、
ネガティブに考える自分を戒めたりしてて、

大変そうって思うのです。

まあ、これを本人は痛くもかゆくもない支援者の方が、

「前向きに考えましょうよ」
とか言ったら、

「あんたは黙ってて

って、言いたくなりますけど(笑)

*::::*::::*::::*::::*

正直、しんどい時ってあると思うんです。

ずーっと「自分は人と違うのかも?」って思っていて、
でも、どうして苦しいのかわからなくて、

それが発達障害だからってわかっても、症状がなくなるわけではなく・・・・。
(判らないよりはいいですけどね

私は壁にぶつかりまくって、様々な症状への対策をたてて工夫して、
その後ホメオパシーで治療して、ほとんどの症状が消えてかなり楽になって、
発達障害関係の方の相談をお伺いしてしますが、

あ~あ・・・・

と、言う日はたま~にあります。



でも、じゃあ、発達障害じゃない方に
あ~あ、と言う日がないかと言うとそうではなく
相談をお受けしていても、

問題は発達障害ではなく、生い立ちや、考え方にある場合がほとんどです。

*=*=*=*=*=*=*

でもね、
ネガティブさは悪いことではないのですよ。


良い・悪いに分けて否定する必要はないのです。

それは心と体の状態が表面にあらわれただけなのです。

そうやって、
「今、自分はこんな感じですよ~!気がついてくださ~い!」
って、教えてくれているのです。


ネガティブさは心だけの問題だって思っています?

実は体からのメッセージである場合もあります。

・血流が悪い
・冷え
・内臓の働きが弱っている
・体に悪い食べ物を食べまくっている
・食べたものを消化できない


心の問題だとしても、身体が心に働きかける場合もあります。

心の問題でも、

・発達障害関係なく、人間関係に問題がある
・自分にあっていない職場にいる
・自分にあっていない土地に住んでいる


などなどが関係する場合もあります。

また、魂にあっていない生き方をしている場合も
むやみにネガティブになったりします。

全てはつながっているので

身体・心・魂、全ての面から見る必要があります。


*~:~*~:~*~:~*~:~*

私のやっている
「身体とこころと魂の健康相談」のお店
メンタルコンサルティングTerraでは、

全ての面から見て(=ホリスティック)ご相談をお伺いしています。

そして、様々な代替療法などの知識から
「その気になりさえすれば」すぐにでも実践できるアドバイスをさせていただいています。

発達障害の治療法についてもご案内しています。

そして、二次障害的な「ネガティブさ」についても詳しくお話をおうかがいし、
「これからどうしたら良いのか?」
を一緒に考えさせていただきます。


「ホリスティック健康相談」でお伺いしています。

対面だけではなく、メール・お電話でもお受けしています。

詳しくはHPをご覧くださいませ。



晴れた日もあれば、雨の日もある。

大雨、大風が続く日もありますが、

ずーっとそのままなんてこと、絶対にありません
(これを仏教では「無常=常ならず」と言うのです)

だから、大丈夫(*^^*)

ネガティブでも、そのままのご自分を感じてください。
そして、しんどかったらいつでもご連絡くださいね。

お待ちしています

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アスペルガーなつぶやき…の続きを読む
別窓 | アスペなつぶやき | コメント:0
∧top | under∨

アスペルガーなつぶやき

久しぶりのアスペなつぶやきです。

アスペルガー症候群関係は、ここの所全く記事を書いていませんでした。
一つには発達障害関係は近年情報がとても増えてきているので私が書く必要性を感じなかったからです。

けれど、そろそろ私にしか書けない発達障害の記事を書こうという気持ちに、
やっとなりました。

これはそのウォーミングアップです。

今日のつぶやきです。

発達障害のサイトとか本とか勉強会とかでは
当事者の分類とその傾向とか、
専門用語の解説とかいっぱいされているけど、
それって、当事者の何かの役に立つの?



私はそういうところに一切顔を出さないし、
勉強するのもやめました。

役に立つと思えないからです。

発達障害の人たちが本当に知りたいのは、
「原因」と、「治療法」のはずです。

当事者を理解したところで、
その苦しみが消えるわけではありません。

それなのに「原因」や「治療法」が示されると、
一斉にインチキ扱いか無視されるのは何故ですか?

治ると何か都合の悪いことがあるのですか?

この世の治療法は西洋医学だけではありません。
その「思い込み」を外さなければ本当のことは見えてきません。

医療方法はどれも私たちに必要だから与えられた神の御業の一つ一つです。
本当に治りたいなら、西洋医学にこだわる必要などどこにもないはずです。

西洋医学にかかわる人も、
発達障害の分類や研究をしている人も、
本当に心からの「善」でやっていると思います。
だからそれはそれで否定はしません。
とても尊い研究であり学びです。

けれど学ぶ側は、もっと広い目で見てもいいと思いませんか?

何があなたをその場所にとどめているのですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アスペルガーなつぶやき…の続きを読む
別窓 | アスペなつぶやき | コメント:0
∧top | under∨

アスペルガーなつぶやき

いきなりですが、アスペなつぶやきです。

友達はたくさんいたほうが良い、とか、
常に沢山の人に囲まれている方が幸せって、本当?



これは、一般的によく言われることですよね。

昔は私もそう思っていました。
だから無理に友達を作ろうとしたりしました。
でも、アスペの私はどうやったらいいのかわからなかったです。

それでも、
それなりに仲の良い友達がいていつも学校などでは一緒にいました。

そう思い込んでいるから長男・長女にも友達がたくさんできることを望みました。


アスペルガー症候群だとわかってその特徴を知り、
自分を振り返ってみると、
気が付いたのです。

私はそれほどたくさんの友達を必要としていないし、
常に人といると疲れるということに。

そういえば、学生時代の女子に良くありがちな、
「トイレ付き合って~」とか、
いつもべったり一緒にとか、
ニガテだったんですよね~

そういう自分に罪悪感を感じたりしていたんですが、
今になれば、
人それぞれだよね、と、思えます。

今は時々友達にあってたくさんおしゃべりもするし、
それはそれで楽しいけど、
一人の時間も楽しいし、
自分にとってはどちらも必要だと思えます。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「私の中の森」→「KEEP・一人の時間」「KEEP・おしゃべり」参照)


「自分には友達がいない」
「自分は性格が悪いから友達ができないのか?」と、
悩んでいる人を見かけると、
「あなたは本当に友達を必要としているの?」と、きいてみたくなります。


あなたは沢山の友達、必要ですか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | アスペなつぶやき | コメント:2
∧top | under∨

アスペルガーなつぶやき&HP更新情報

久しぶりのアスペなつぶやきデス☆

でも、その前にhttp://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP">HP更新情報を。

まず、カウンターを右サイドバーに移動しました。
今までTOPページのカウントしかできませんでしたが、
全ページのカウントが可能になりました。
まあ、これは見ている方にはどうでもいいかもしれないんだけど、
どのくらいの方が見ているのかわからないから
全ページにカウンターを設置しようかと悩んでいたら、
「おお!右サイドバーがあるじゃないの!」と今朝気が付きました
↑はよ気が付けよ

それと、
先日までブログにUPしていた
「ホリスティック医療ガイド 西洋医学」をUPしました。
もしかしたら、人によっては受け入れがたい内容かもしれません。
今は受け入れられなくても、いつか必要となった時に、
思い出して読み返していただけたらと思います。

リンク集に
「私はアスペルガー症候群でしーた♪」様
「発達障害総合情報ポータルサイト でこぼこ生活研究所」様
を加えました。

にほんブログ村「アスペ―ルガー症候群」カテゴリでランキングご近所さんの
あすぺ当事者、しーたさんのブログとサイトです。

しーたさんのブログは2冊の本になっていて、
当事者なら「うんうん」とうなずくこと請け合い。
私は200回はうなずいたと思います。
かえって「専門家」の大学教授の解説のほうが、
「的外れ」な感じがします。
4コマ漫画もかわいくて、
「アスペは才能」と、前向きになれる本です。
当事者ならではの生きる知恵が満載ですよ。

サイトの方はしーたさんの記事だけではなく、
色々な方のコーナーがあります。
わたしのお勧めはひろせみほさんの漫画「デ・キ・バ・カ」


では、アスペルガーなつぶやきです。

「発達障害=人として問題がある」
と、言うことにはならないけれど、
その人の人間性を無視して
「発達障害=人として問題がある」と言う人は、
当事者である・なしにかかわらず、
人として問題があると思う。


私は明治生まれの祖父と大正生まれの祖母と一緒に住んでいましたが、
その時代の方々は「人として恥ずかしいことはしない」
と言う意識が強かったように思います。
まあ、何が人として恥ずかしいかは今の時代、
多様化しすぎているようにも思いますけどね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
アスペルガーなつぶやき&HP更新情報…の続きを読む
別窓 | アスペなつぶやき | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>