「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

夫婦間恋愛、不倫、年配の方、LGBTの恋愛相談と若い方への恋愛指南

昨年くらいから20代の若い方のご相談が増えました。
早いうちから自分と向かい合う必要に迫られている方や、
HSPとしての生き方に悩まれる方、
これからの生き方について、
職業含め悩まれている方など色々ですが、

若い方はさとり世代だからなのか、
ご自分と向かい合われて、
Terraのご提案を真摯に実践され、
すーっと変わっていかれる方が多いです。

ステップアップして人生の課題が難しくなっても、
私がお伝えした自他の境界に当てはめて考え、
ご自分の足でご自分の人生を歩もうとされます。

素晴しい!

その中でやはり気になるお年頃?
恋愛相談をお受けすることも多いです。

今回は十勝ブログに書いた記事をきっかけに、
珍しく(笑)
恋愛について書いてみようと思います。


*************
わたもりの恋愛相談


私が日頃お受しているような、
発達障害やHSP、アダルトチルドレン、
鬱、統合失調症、DID、パニック障害など、
長年治らなかった精神疾患や、身体の病気、
とっっっても大変な人生の度重なる苦難など、
どちらかと言うとヘビーなご相談と、

恋愛相談は少し毛色が違うように思われるかもしれません。

でも、恋愛も人生においては、
「自分を成長させる課題」として重要なのです
よ。

恋愛にも自他の境界が関係します。
いえ、むしろ重要です。
それまでは一人で安定していた人だとしても、
恋愛関係になると、
途端に自他の境界のもろさが顕著に表れる
からです。

そう、その人の世界を揺さぶるのが恋愛です。

だからこそ、ご自分を成長させるチャンスなのです。

昨年Trinityに書いた恋愛に関する自他の境界の記事をご参照ください。
「恋愛・婚姻関係に見る自他の境界―わたもりのメンタルケア講座」


***********
夫婦間恋愛、不倫、年配の方の恋愛相談


若い方に限らず、
年配の方からも恋愛相談をお受けすることは実は多いです。

夫婦間も恋愛ですし、
不倫も恋愛です。

キュンとするのに、年齢は関係ありません。

年齢がどうとか、
法的にどうとか、
正しいとか正しくないなんて言っても問題は解決しません。
これは裁く心の解放が関係します。

その恋愛が自分にとってどんな意味があるのか?
の、問題です。

人が苦しんだり、悩んだりするには、
それなりの理由があり、
それは、相手とか環境とかだけじゃなく、
一番はご自身の問題なのです。


それを相手や環境のせいにして、
「相手が悪かった」と思っているうちは、
いつまでも良い恋愛なんてできません。
←体験を伴う実感(^^;)

いくつになっても心を揺さぶり、
キュンとしたり、いてもたってもいられなくなったり。
誰かを特別に大切に愛しく思うって素敵じゃないですか。


私は独身の方には、たとえ何歳であっても
「無理に結婚する必要はないけど、
恋はしたほうが良いですよ。
健康のためにも」

と、お伝えしています。
(ホルモンバランスに関係するので)


今、47歳で、バツ2で、
あれこれ経験させていただいた私だからこそ
お受けできる恋愛相談かもしれません。


************
LGBTの方の恋愛相談


LGBTの方のご相談をお受けすることもあります。
レズ、ゲイ、バイ、トランスジェンダーの方達ですね。

性的思考は実はそんなに関係ないのです。

自分がどんな人間であるか?と言う事だけ。
性的思考は、その人の人間性の特徴の一つであって、
マイナス要因ではありません。

無理に男女間恋愛じゃないとダメとか思う必要はありません。

「普通じゃないからうまく行かないんだ」
と、いう考えは「逃げ」ではありませんか?

ご自分の抱える状況、
ご自分のお気持ちや状態などを整理整頓し、
これからどうするか?を考えればいいだけ
です。

アメブロに書いた記事をご参照ください。
「成宮寛貴さんとLGBT・セクシャル問題」

上記記事にもありますが、私は男女どちらからも告白されることが多いです。
未だに(笑)
でも、偏見なんて持ちませんよ。
ご相談の中でもダメ出しなんてしませんからご安心ください。

クライアント様が健康で幸せになるための道案内をさせていただくだけです。


************
わたもりの恋愛つぶやき


このFC2ブログは真面目な事を書いていますが、
十勝ブログやアメブロには、
わりとゆるめの記事を書いています。
(十勝=Terraのある北海道帯広市を含む地域名です)

十勝ブログは地元の方向けの情報を中心に、
「安心して食べられるお店」シリーズや、
私のつたない夢解析など。

アメブロ
「思いついた適当な事を好きなように書く」と言う方針で、
月1くらいのペースで記事をあげています。

でも、読者の利益になる情報をと言う方針は変わらないのですが。

とかちブログやアメブロではたま~に恋愛の事も書いたりします。

先日はバレンタインも近い事だし、
十勝ブログに「恋愛つぶやき」を書いてみました。

たまにはどうでも良いこと・・・と、恋愛の極意

これらの情報はメンタルコンサルティングTerraのFBページで記事のお知らせをしてます。
「いいね!」や「フォロー」していただければ、
情報を確認しやすくなりますよ。


では、ここでも恋愛つぶやきを。

「彼にプロポーズさせる方法!!」
と言う特集がよく雑誌で組まれているけれど、
何故プロポーズされないかの方が不思議。



・・・・すみません(^^;)
喧嘩売ってますか?

私はお付き合いした方全員からだけじゃなく、
お付き合いしていない方からもプロポーズされるので、
そう思っちゃうのです。

・・・ま、結婚すりゃいいってもんじゃないですけどね(笑)
↑身を切ったっっ!



どんなに痛い思いをしてもね、
無駄にはなりません。
前に進む気さえあれば、
それらは全て「宝」となります。


どんなに手痛い失恋も、
悲しい思い出も、
あなたがそれを活かして、
今後どう生きて行くか?だけですよ。

手痛い思いをしたなら、
その分、素敵になって、
幸せにならなきゃ!

前にも書いたことありますが、
新しい恋の前には、
女性は新しい口紅と下着を買って、
男性は靴を買って理容室or美容室へ行きましょう。


2月4日は立春で、「春」です。

ほんの一瞬でも世界が桜色に染まるような、
そんな恋をしてみませんか?

今パートナーさんがいらっしゃるなら、
その方と改めてラブラブな恋をしましょうよ。

世界は明日終わる訳じゃないんだから。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

別窓 | 恋愛バナシ | コメント:0
∧top | under∨

ホリスティックな恋愛バナシ☆

この季節になるとイモやカボチャが無性に食べたくなり、
ああ、私もオバサン化してるな~と思う今日この頃、
みなさんいかがお過ごしですか?

うちには高校生の娘がいて、
毎日のように周辺であった「恋バナ」をしています。

いいね~♪青春

きいていて、ええ
と、驚くのは
仲のいい子には割と気軽に
「自分はレズ(またはゲイ、バイ)だよ」と、
カミングアウトしてしまう点。

後はだいたい、
付き合った、別れた、モテない、三角関係だ、
浮気した、飽きた、あきらめないなど、
昔とほとんど変わりません。

高校生でももうすでに恋愛グセってあるみたいです。

そこで思いついた新コーナー!

ホリスティックな視点から恋愛についてのあれこれを書いてみようと思いました。

評判が良くても悪くても、
不定期に書いていきますのでよろしくね~

今回は失恋をきっかけに病気になってしまう人。
お酒、たばこ、過食or拒食、など自分で自分を壊してしまう人です。

ホメオパシーのレメディは症状によって細かく分かれています。
レメディによって精神的特徴、
身体的特徴など面白いくらいにぴったりと当てはまるものがあります。

上記の状態には「イグネシア」が合います。
私は「悲しみのイグネシア」と呼んでいます。

失恋の「屈辱」からいつまでも立ち直れない人です。
急性の悲しみがいつまでも続きます。
失恋の他にも死別(配偶者や家族、ペット、友人)、
離婚、失望による悲しみなどにもあいます。

悲しみをきっかけに病気を発症してしまいます。
吐くと楽になる頭痛、不眠、下痢、月経困難、無月経、
脱毛、痙攣、麻痺、のどの違和感など。

心理的には繊細で傷つきやすく、ヒステリック。
理想家で完璧主義。ロマンティック。
感情をため込みやすく時々爆発させるなどの特徴があります。

また、東洋医学では悲しみが多すぎると、
肺を痛めると言います。
「肺は悲しみの臓器」です。
そのため病気の前兆がないのに突発的な咳が出ます。

私も大切な人を亡くした時、
一ヶ月以上肺から振り絞るような咳が出て止まりませんでした。

ホメオの咳のレメディをいろいろとってもダメでしたが、
「イグネシア」をとると咳が楽になり、
今度は大量の鼻水が滝のように出ました。
「慢性の悲しみ」と言う意味のあるレメディ
「ネイチュミュア」を取ると2~3日で鼻水が止まり、
咳も止まるころには思い出すたびに号泣していた悲しみは癒えていました。

悲しみを癒すにはホメオパシーのほか、
アロマセラピーやフラワーエッセンスがあります。

アロマはラベンダーが一番手に入りやすく
万能なので持っていると便利です。
抑うつに効果があります。

他には「ローズウッド」「マンダリン」
「クラリセージ」「ゼラニウム」「イランイラン」など。
甘い香りが苦手なら「ベルガモット」がお勧めです。

フラワーエッセンスは各社で悲しみにあうエッセンスを
調合したものを発売しています。
それらが一番手軽でしょう。

これらはセルフケアで単品を購入して使えます。
けれどその場合は必ずセルフケアの本を一冊購入して、
ある程度お勉強してから使ってください。
だから用量、用法はここには記入しません。
悲しみが内臓まで傷つけてしまった場合は、
ホメオパシーの専門家に相談することをお勧めします。

そしてもう一つ、悲しいときのケアには、
泣くのが一番です。
たくさん泣きましょう。
だってあなたの心が傷ついたのですもの、
身体も付き合って涙をたくさん流してくれるのですから。
以前も書きましたが、
心にも自然治癒力があると私は思います。
(HP「私の中の森」TOP→「森歩き」→「春よ、来い」参照)

そしてある程度落ち着いたら、
女性は新しい口紅と下着を買って、
男性は新しい靴を買って理髪店や美容院でさっぱりして、
新しい恋をしましょう。
その前に、おいしいご飯を食べるのを忘れずにね。

大丈夫、一つ経験値が増えたのだから、
以前より素敵になっています。

ため込まないで吐き出しましょう。
・・・と、これは心理カウンセリングの手法ですね。


新コーナー、
こんな感じでどうでしょう?
次回も書きますのでよろしくね。
拍手してくれるとうれしいです。
いや、なくても書くけどね~
(このブログ、拍手が少ないので開き直ってきました)

↓クリックしてくれるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 恋愛バナシ | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |