「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

骨折のホリスティック医療ケア 3

「骨折のホリスティック医療ケア 2」の続きです。
前回は「ホメオパシー」と、「食養生」について書きました。

11日に病院へ行ってきました。
結果から言えば、悪化していました。

8日にレントゲンを撮った時には良好な状態だったのですが、
その時にはきれいにくっついていた部分が割れてきていて、
かろうじてぶらさがっている状態。

そこが外れると手術です。

更に後遺症が残る可能性が出てきました。

薬指に力が入らなくなり、
手を使っての力仕事などができなくなるかもしれないそうです。

長女は希望していた職種があったのですが、
それがまさしく手を使う力仕事を伴う職種。

就職活動は骨折が治って状態がわかるまで白紙となりました。


悪化の原因として考えられるのははっきりしています。
長女は医師が「やってはダメ」と言うことをすべてやっていました。

私は初診時にいっしょに行けず、話を直接聞けなかったので、
どこまでがやってよくて、ダメなのか今一つわからず、
長女に注意をしても本人は「大丈夫」と言うばかり。

実際は「手を使うなとは言わないけれど、安静に」と言う意味だったらしいです。


もしこのブログをご覧いただいている方で、
魔法のように早く病気やけがを治す方法を求めてお読みいただいている方がいらっしゃたら、
申し訳ありませんが、そのような方法を私は知りません。


確かに代替療法では西洋医学の治療範囲に入らず、
「原因不明」「治療法が確立されていない」病気を治療することができます。
私はそれまで治療できずに途方に暮れるしかなかった病気を代替療法で治療し、
かなり健康に近づいてきたと思います。

けれど、健康になってきたのは、
治療法だけの問題ではないのです。

長女の担当医は言いました。

「治療すれば治ると思わないでほしい」

「安静にするかどうかは自分でよく考えること。
それは後遺症が残ってもいいのか?力仕事をできなくてもいいのかと言った、
自分がどのような人生を送りたいかを考えることでもある」

これは私がこのブログでも繰り返し言ってきたことと同じです。

叱るというよりは冷静に事実を伝える医師の言葉に、
長女はかなりショックを受け落ち込んでいました。

でも、私は言われて当然のことを言っていただいたと思い、
とてもありがたいと感じました。

また一人、信頼できる医師に出会ったと思っています。

私は先日「ホリスティック医療ガイド 病気治療の5段階」と言うのをUPしましたが、
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド 病気治療の5段階」参照)
長女は「検査」「治療」の段階で止まっていました。
自分で積極的に調べることもせず、
「生活習慣」を変えることもしませんでした。

そしてそれ以前の問題として、
本気で治そうという気持ちがなかったと思います。

それは私がこのブログで一番伝えたいことの一つです。

病気もけがも、本気で治そうと思わなければ治りません。
健康はただなんとなくで手に入るものではないのです。

治療法に頼り、自分の健康を人任せにしていてはだめなのです。



そうなった原因は私たち親にもあると思っています。

まず、私は骨折をしたばかりの長女に、
「大丈夫。必ず治るからね」と、励ましました。

この不用意な励ましが長女に勘違いさせてしまったかもしれません。

それと、私たち牛屋は怪我をしても病気をしても、
動ける限りは仕事を休みません。
骨折していてもです。

それは毎日の丁寧な仕事の積み重ねが、
扱っている牛の命に直結するからです。

けれどそれが子どもたちの悪い見本となっていたのかもしれません。
これは大いに反省し、対策を立てなければと思います。


そして、とても大切なこと。

就職活動が本格化するこの時期に、
このような怪我をして、さらに悪化するというのは一見とても最悪な事に思えます。

でも、私は本当に絶妙なタイミングで、
長女にとって重要な学びのチャンスが来たのだと思いました。

具体的には書きませんが、
今回のことには長女の性格の短所のすべてがあらわれています。
今まで長女は何度もそれらを改めるチャンスがありながら、
そのままにしてきました。

来年には私たちの手を離れるのに、
このままで大丈夫だろうかと焦る気持ちも私にはありました。

今回、この骨折から学んでほしいと、
親として切に願っています。

難しいかもしれません。
大人でもこういったことを、
「他者」「運・不運」「天中殺」「ホロスコープ」
「悪霊」「たたり」などのせいにして
自分を顧みない人がたくさんいるのですから。

きっと、私にもここから学ぶことがたくさんあるはずです。
私も逃げずにしっかりと学ぼうと思います。


ケアとしては病院では骨折した薬指と小指にギプスをして、
2本だけ包帯で固定していましたが、
「骨折のホリスティック医療ケア 1」でお伝えしたように3本で固定しました。
不自由になったぶん、お世話のために私の負担は増えますが、
治るまでの辛抱です。

次回はいつごろ続きをお伝え出来るでしょうか。

どうか皆様も、ご自愛くださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
骨折のホリスティック医療ケア 3…の続きを読む
別窓 | 骨折 | コメント:0
∧top | under∨

骨折のホリスティック医療ケア 2

今回はほぼリアルタイムでお送りしていますホリスティック医療ケア。
今回は長女の骨折です。
(「長女が骨折しました」2013.7.5参照)
「骨折のホリスティック医療ケア 1」2013.7.9の続きです。

前回は「怪我発生と応急処置」「西洋医学」のケアについて書きました。



ホメオパシー

病院での検査が終わったところでやっと私が旅行から帰宅。

病院後も高校へ戻り部活へ行った娘を迎えに行くときレメディバックを持参し、
すぐにレメディを取らせました。
(「長女が骨折しました」2013.7.5参照


すると次の日(5日)折れていないはずの中指がパンパンになるくらい腫れ上がりました。

・・・と、言うことを高校から帰ってきた午後7時過ぎに言う長女。
早く言え~~~!病院しまってるしっ

病院へ電話で確認するも、
レントゲン写真を見ると折れていないので
自宅で様子を見るようにと指示されました。
手をひたすら冷やしました。

レメディをとると好転反応と言って、
一見悪化したように見えることがあるので、
もしかしたらそうかもしれません。
症状がすべてできらないと治らないのです。


翌6日、腫れも痛みもひきました。

ホメオパスの先生に連絡しレメディのアドバイスをもらい、
それを参考にレメディを変更しました。

「アーニカ」「マグフォス」(この二つは同じ)
「TS-21」骨のサポート。これをとると個体の最大限まで大きくなるそうです。
「シンファタム6C」骨折、軟骨や骨膜の損傷にあうレメディ。

シンファタムは6Cが無かったので手元にあった30Cで代用しました。

あわててシンファタム6Cをネットショップで買いました。

今回私が利用したのは
レメディ.com
(7月17日まで15%ポイント還元中です♪)
電磁波に弱いレメディを電磁波を防ぐ工夫をして送ってくれるサイトで、
とても気に入っています。 


食養生

骨折をすると良く「カルシウムをとりなさい」と言いますが、
実はそれでは十分ではありません。

多く食べればそれでいいとは限らないのです。
また、食べればそれで吸収されるとは限らないのです。

カルシウムは体内で、
リン、マグネシウムと一定のバランスをとって存在しています。

特にリンは食品添加物として多くの食品に含まれているため過剰摂取になりやすく、
バランスをとるため骨からカルシウムをとかしてバランスをとろうとするそうです。

そこでリンを多く含む食品(清涼飲料水、甘いもの、インスタント食品、コンビニ弁当など)をなるべく食べないように長女に言いました。
これは我が家で日ごろから気を付けていることですが、
年頃の娘には誘惑も多く・・・・
特に反抗期の娘は食べたがっているので回復遅いかも。

http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「リンク集」→「ビタミン・ミネラルの泉」様参照)
更にバランスの悪い食べ方をすると
特定の栄養素・ビタミン・ミネラルの過剰摂取で
体調をかえって崩してしまうことも。

カルシウムの吸収にはビタミンKとビタミンDも重要です。
そう、いくらとっても「吸収」されて、
骨にならなければ意味がないのです。


上記のホメオのレメディ「TS-21」は
必要なカルシウムなどを吸収しやすい体に変えてくれる、
もしくは多すぎるものは排泄してくれるレメディです。

カルシウムの吸収には乳製品が一番効率が良いようです。

ホメオで治療すると細胞が急激に作り替えられるためか、
特定の食品を無性に食べたくなることがあります。
今回長女は普段あまり飲みたがらない牛乳を飲みたがっています。

まあ、それは、売るほどあるので・・・(笑)



経過

週明け月曜(8日)、
体育の時間は水泳。
怪我をして泳げない長女は気温33度の中、
プールサイドで掃除をさせられたそうです。
プールはビニールハウスの中にあり、
中の気温は44度。

先生、もう少し配慮してほしいものです。

当然のことながら、軽度(?)の熱中症に
頭痛、吐き気などの症状のほかに、
骨折した部分が急激に痛みしびれてきたそうです。

そこであわてて病院へ行くと、
「温まったために血流がよくなりすぎて痛み、しびれているのだと思われる」とのこと。

とりあえずひと安心。

で、その時、レントゲンを撮ったので、
私も見せてもらったのですが・・・・。

4日にとったレントゲンは確かにぱっきり割れているのが素人の私でもわかります。

でも、8日のレントゲンは、
「・・・・もしかして、くっついてるかも?」
と、私も長女も心の中で思ったのですが、
医師が
「こんなに早くくっつくはずがないからくっついているように見えるだけ」
と、言うので黙っていました


まあ、ホメオパシーの本には1週間で治った治療例なども載っていましたが、
私は「まさかねぇ」「それは無理でしょ」くらいに思っていたのですが・・・。

今回も、「まさかねぇ・・・」と思ってはいます。

次の検査は7月11日。
続きはその時に。
(この記事は予約投稿しています。UPされるころは病院にいます)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 骨折 | コメント:0
∧top | under∨

骨折のホリスティック医療ケア 1

いつもは治療が終了してから書いている「○○のホリスティック医療ケア」ですが、
今回はLIVE(?)でお送りします。

「長女が骨折しました」2013.7.5の続きです。


怪我発生と応急処置

7月3日に高校3年生の長女が廊下で体育祭の練習中、
転倒し右手を強打したそうです。

すぐに保健室に行ったそうですが、先生は特に何もしてくれず、
追い返されそうになったので
「冷やしたいので保冷剤下さい」と自分から言って冷やしたそうです。

応急処置としては「怪我をしたらまず冷やす」が大原則です。


その後痛みがひどいので固定する必要があると感じた長女は再び保健室へ。

長女は昔剣道をやっていて(実は剣道初段)、
剣道の先生から、指を固定するときは3本一緒にと教えられていたので、
中指・薬指・小指を一緒に固定してもらったそうです。

その日は私が旅行中だったのと、
以前指の靭帯を痛めた時より痛くないとのことから
病院へは行かなかったそうです。

娘は自分でホメオのレメディ「アーニカ」を繰り返しとったそうです。

「アーニカ」は「とにかくけがにはアーニカ」と言うレメディです。
私も経験上、治りが早くなると思います。



次の日、痛みはそれほどひどくないものの、腫れ上がってきたので、
友人や担任の先生に病院へ行くよう説得され早退して病院へ。
私がまだ旅行中だったので夫が連れて行きました。

(長女の通う高校はとても厳しく3年間で5日以上休むと就職を紹介して
もらえなくなったりします。早退3回=休み1日に換算。
そのおかげか評判がよく昨年度は就職率100%)


西洋医学

西洋医学と言えば検査機器による検査が得意技。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド」→「西洋医学」参照)

レントゲンを撮ると薬指付け根の関節の骨が
折れると言うよりはかけそうになっていたそうです。

治療としてギプスをしてもらいました。

全治1ヶ月半と言う診断。

折れた部分がほんの少しだけくっついていますが、
完全に分離してしまうと手術の必要があるとのこと。

1週間に1回病院へ行って確認するひつようがあるそうです。

注意点としては
「ぶつけない」「温めない」「冷やす」「風呂はシャワーのみ」
「ぶつけたらすぐに病院へ」

医師は痛みどめが必要か長女にきいたそうですが、
「副作用が出やすいので」と断ったそうです。

すると医師は
「正直な話、痛みどめは治りを遅くするから飲まない方が良い」
と、本当に正直におっしゃったそうです。

先生、正直すぎです。
良いんでしょうか


西洋医学では骨折したらギプスなどで固定し、
それ以上はどうしようもない、としています。

つまり、西洋医学では治せないということです。
自然治癒力に頼るしかありません。

けれど、いつも言っているようにこの世に医療方法は一つだけではありません。

ホリスティック医療でのケア、
どのような効果があるか私も長女本人も興味津々です。

続きはまた次回に。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 骨折 | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |