「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

その後のソウル・ナビゲーション

ソウル・ナビゲーションをこちらでご紹介させていただいてから約半年。
その後は記事にすることもなくいたのですが、
地味~にご要望があります。

月に1~2回ほどだったのが、
ここへきて何故かご要望が多く、
週1ペースでさせていただいています。

遠方から受けに来てくださる方もいらっしゃいます。
時にはその日のうちに2回連続で受けられる方も。
短期間でリピートされる方もいらっしゃいます。

確かに他のご提供サービスでは解決できないことも多く、
開発して良かったな~と思います。

今回はソウル・ナビのその後についてご紹介させていただきます。

**************
簡単なソウルナビのご説明

ソウル・ナビゲーションは私と流輝先生の二人で行うヒーリング法です。

2人でエネルギーを送りつつ、
USPT(タッピング)と催眠誘導により、
クライアント様をご自分の潜在意識(あるいは無意識)の世界へ導き、
意識を失うことなくご自分で問題の答えを見つけていただきます。

見えない世界の良くないものの影響から守り、
自分の内側を見て行くものです。
そこには過去世なども含まれます。

私達が見えない世界に安全に守られた道を作り、
そこをご自分で歩いていただくようなイメージです。

見えたもの、感じたことを否定せず、
どんなことが見えたか起こったかをクライアント様に
お伝えいただきます。
そうして導き手である私たちと会話をしていきながら、
過去の記憶や過去世などの世界を進んでいただきます。

そう、ソウル・ナビでは過去世もご自分で見ていただくことが可能です。
但し、見る必要があれば、ですが。

それらはたいていの場合、
ご自分で見るのが怖い、
あるいは抵抗がある事柄でもありますので、
最初は本気で見ようと言う覚悟が必要になります。
恐怖故に、進めなくなってしまう方もいらっしゃいます。

まあ、それらはもう終わったことか、
今の自分に影響を与えていて、
解決した方が良い問題ばかりで、
ただのイメージですから怖がる必要はありません。

はじめに1時間ほど私と流輝先生の二人でお話をお伺いします。
そこでソウル・ナビの必要がないと判断した時は、
2人分のカウンセリング料をお支払いいただき、
ソウル・ナビをしない場合もあります。
(と、言うか、クライアント様の方から
話しを二人に聞いてもらえただけで満足とおっしゃる場合です)

私達がご自分で見えるように
各チャクラなどに必要なエネルギーを流しますので、
これだけで元気が回復される方もいらっしゃいます。
(時にはTerraの空間にいるだけで元気になられる方も)

ご自分の足で進んでいただくと言う感じなので、
興味本位や、自分で解決する気のない他力本願な方にはお勧めしません。


*~*~*~*~*~*~*
今までの解決事例

今までお受けいただき、解決した事例を、
ものすごく大雑把に書いて行きます。
ここに書かれたことだけではなく、
ソウル・ナビにはもっと広い可能性があると私たちは思っています。

・多重人格の人格統合と調整
・恐怖で思い出せない事件時の記憶を復元し、被害届を出せた
・どうしても治らない身体の痛みが、
数千年前の過去世に原因があったとわかった

・過去世でやり残した仕事があり、
それが現在思うように行動できない原因だとわかった

・間違って伝わっていた先祖についての真実が判った
・自殺させようとする憑依霊を取り除いた
・PTSDの原因となった相手との過去世での関係が判った
・消えないトラウマの解消
・亡くなったご家族と話しトラウマを解消
・繰り返す恋愛トラブルの原因が過去世にあったとわかった
・扱いきれない霊力の源を知った
・自分を攻撃したがる人物との因縁がわかった
・過去の恋愛への執着を取り除くことが出来た

今、パッと思いつくものだけでこれだけありますが、
他にもさまざまな事例があります。

ほとんどの方が多くても4~5回で
今まで解決できずに困り果てていた問題を解決できています。

*:::*:::*:::*:::*

毎回ソウル・ナビ後にたいていの方が、
「自分で色々見えるのが不思議な感じでした」
と、おっしゃいます。

私達もそう思います(笑)
そして、本当に面白いです。

人間と言うのは身体と心と魂に、
これだけの記憶や感情や痛み等を
時間を超えて抱えているものなのだなと思うからです。


ソウル・ナビをする時は今抱えている問題に焦点を当ててナビをしていくと、
現世のトラウマが出てくることもあれば、
過去世が出てきてびっくりと言う事もあります。
無理に過去世を見ているのではないのです。

クライアント様の魂や導き手たちが、
必要に応じて見せてくれている感じです。

私は過去世を無理に知る必要はないと思います。
知らなくても過去世でやり残したことを、
今世でやり直せるような出来事が起こるからです。
それを今度は投げ出さすに取り組むことが大事だと思います。


一人で難しい場合は、
私達でよろしければいくらでもお手伝いさせていただきます。
と、言っても「道案内」ですが。

自分の人生は自分で選び、掴み取って、作り上げて行くものです。

その上で私たちがソウル・ナビをするのは、
ソウル・ナビも特別なものではなく、
カウンセリングやそのほかの手段と何ら変わらない、
人生の扉をあけるカギの一つにすぎないと思っているからです。

その方の抱える問題に適した方法をご提供しているだけです。


過去世のことは私たちもソウル・ナビで知ったことが多くて、
深くて複雑で、
今、一般的に言われている過去世の情報だけでは不十分だと知りました。
過去世についてはいつか「Trinity」の記事にでも書こうかと思っています。

一つ言えることは、
過去世は自慢するようなことではなく、
自分がどこで生まれ、どんな生い立ちか?と同じような、
ただの情報にすぎません。

だから、むやみにうらやましがる必要も、
妬む必要もないと思います。

単純に「過去世を知りたい」と言う
物見遊山的理由でソウル・ナビをするのはお勧めしません。


これはあくまで現在抱えている
カウンセリングでも、
医療ケアでも解決できない問題を解決するためのものです。

**~~**~~**~~**

興味を持たれた方はTerraのHPや、
このブログのカテゴリ「ソウル・ナビ」にある記事をご覧ください。

さて、このソウル・ナビで必ず問題が解決するのかどうか?ですが・・・。

それはクライアント様次第です。
これは他のご提供サービスと同じです。

もちろん私たちが出来る限りのことをするのは当たり前なので、
言うまでもありません。

重要なのは自分に本気で問題を解決する気があるのかどうか?
病気を治したり、自分と折り合いをつける気があるのか?


何故なら、その人生はその人だけのものだから。
私達は道案内をするだけです。


それこそが、ソウル・ナビの本質であり、
人生の本質なのかもしれません。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
その後のソウル・ナビゲーション…の続きを読む
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:0
∧top | under∨

人としての学び、魂の仕事

前回は当店で開発した「ソウル・ナビゲーション」と言うヒーリング法で見えた私の前世が、
自分の行動を自分で無意識に制限してしまう行動癖の一因だったことを書きました。
「自分を制限してしまう行動癖になった前世トラウマ 2015.3.27」

けれど、その次の日、その時見えた前世が、
それまで私が知っていた前世につながることを知りました。
そこにかかわっていた人々とのつながりについても。


よく、人は魂の学びのためにこの世に生まれてくると言われます。

それは確かにそうです。

けれど、それだけではなく、
魂には一つの人としての人生だけではなく、
長いスパンから見た遠い未来の目的へ向け、
それぞれに魂の仕事や役割をおっているようです。


何百年、何千年の計画をもとに、綿密な筋書きがあり、
それぞれが役割を担い、必要な動きをします。

それには以前から気が付いていましたが、
この梅紅さんの話はそれを説明するのにとてもわかりやすいと思いUPすることにしました。

**************
(私の前世「梅紅」の続き)

次の日、料理を作りながら、色々なことが頭に浮かび、一気につながった。
料理をしている時は、瞑想に近いと個人的に思う。


過去に思い出した同じように遊女だった時の前世。
その時も関西の遊郭だと思ったが、太夫なのか、ただの遊女なのかはっきりしなかった。

遊女つながりでその前世のことを回想しだした。

そこで私はある侍と恋仲になる。
その侍は私を買い上げ、夫婦になると約束した。
店の主人にも話をつけ、郷元に帰り、金を用意してくると言ってかえった。
だが、それきり二度と来なかった。

私はそれをずっと恨んでいた。だが、逢いたかった。

今の時点からその侍を見ると、通りがかりの喧嘩に巻き込まれ、左目を刺されて死んだというのがわかる。
当時の私(梅紅)にそれがわかるはずもなく、
約束を反故にされたと怨んだ。

そこまでを再び頭の中で巡らせていたら、色々なことが一気にわかった。

私の名前が梅紅になったのは
「春の夜の闇はあやなし鞍馬山、色は見えねど香やはかくるる」
と言う歌からつけられたと思い出した。

あまり話さないけれど、その色香は隠せないと言う事からだった。
太夫になる時、黒地に紅梅の柄の着物を作ってもらってその名をつけられた。

その遊女は太夫になる前の私。

太夫になる前、侍と恋仲になり買い上げられると知った旦那は人を雇って侍を喧嘩に見せかけて殺した。

その後、なにくわぬ顔で私を太夫にする後ろ盾となり、1年ほどで買い上げた。

自分が人からとったものだから、とられるのではないかと恐れて、竹林の奥に隠したのだ。

それまでも梅紅は無口な遊女だったが、
侍が迎えに来ないとあきらめてからはさらに無口になり、
愁いを帯びた表情をするようになった。

皮肉なことにそれが評判をあげ、人気が一気に高まった。

そこからの人生は太夫になろうが、妾になろうが、どうでもいいと思って生きていた。
だから、何の変哲もない人生に見えたのだ。

私は今世で、恋仲だった侍、それを殺した侍、旦那の転生した3人の人物に出会っている。

*~*~*~*~*~*~*

この話は一見悲恋で、旦那はひどい人だし、
恋人を殺した侍は深い罪を犯したように思えます。

人間的学びをみればそうなのですが、でも、それだけではないのです。

私とその恋人の魂はのちの世で出会い、2人ともに魂としての重要な役割を担う必要がありました。

そこで成就しないことで、
「次の世では必ず出会いたい」
と言う思いが魂に刻み込まれます。

そうするために、二人の仲を裂く役割の人物が必要になります。

旦那と、殺した侍はその重要な役割を引き受けた魂なのです。

2人とも、そのような「深い業」を背負ってまでその役割を果たしたのです。
それはあちらの世界では「深い愛」と言われるようです。

もちろん、のちの世で、その業を自分で解消しなければなりません。
そうなってでもその役割を引き受けてくれたのです。

そして、彼らはのちの世でも再び重要な役割を背負ってくれました。

*:::*:::*:::*:::*:::*

まあ、そうまでする必要があったのは、
のちの世でどうしても私とその侍の魂が出会う必要があったというのと、

・・・・その前の人生で、何度も出会い、
その度に喧嘩別れをして、
(私がひどい目にあわされることが多かった、と、私は思っています)
そうでもしなきゃ「もう一度会いたい」なんて思わず、
逢ったとしてもまた喧嘩別れすると予想されたからのようです(爆)

あちらの世界の人たちも焦ったようです
「出会ってもらわなきゃ困る!」

「ソウルメイト」「ツインソウル」と言われる縁の深い魂は、
出会ったらすぐにわかるとか、
恋人や夫婦、親友など、素晴らしい関係になれるように一般的には思われているようです。
また、一度出会ったら離れることはないと。

でも、そんなことはないようです。

縁の深い魂だからといって、仲が良いとは限らないのです。
よく出会うからこそ、喧嘩ばかり、傷つけあってばかりと言うこともあるのです。

まあ、私はまんまとあちらの世界の方々の「トラップ」に引っかかった訳ですね(笑)

ただ、私たちが重要な魂だからと言うことではありませんよ!

私達を中心に見ればそう見えるだけで、
同時に私が誰かの悪役を引き受けているということもあるのです。

そんな風に魂の役割りや仕事は網の目のようにつながり合っているようです。
生きているだけで、自分が誰かのキーパーソンになっているのだと思います。

だから、輪廻転生は「業・カルマ」「学び」だけでは語れないようです。


だからと言って、魂の仕事だけが重要と言うのではありません。

当店にいらっしゃるクライアント様の中には、
魂の仕事を真面目にやっていたけれど、
人間としての自分を大切にせずに辛い人生ばかりを選んでいた人がいらっしゃいます。


そこで、
「今世は魂の仕事は良いから、人間としての人生をしっかり生きなさい」
と言わんばかりの人生を用意されます。

そりゃあ、前世の魂の仕事をしていた時に比べたらましかもしれませんが、
(大抵、早死にとか、殺されるとか、その他、派手に大変です)
今世はスピリチュアルな力なんてあっても役に立たないどころか、
かえって苦しむ原因になっています。
「楽しんで自分を幸せにする人生を生きる」と言う課題がとっても難しいのです。

で、前世で人間としてちゃんと生きてこなかったから、
生きるのが不器用で、うまくいかなくて・・・
「普通の人生をおくる」と言う課題が苦手な人たちもいるのです。

*:::*:::*:::*:::*:::*

今、あなたが生きているだけで、誰かの役に立っているのかもしれません。
それは意識に登らず、誰にも知られず、
それでも必要な魂としての仕事なのです。

いま、どんなに業の深い生き方をしていて、
誰かを傷つけ、だまし、ひどいことをしていても、
それが誰かの人としての学びのために必要だったり、
魂の仕事としてそれを選んでいるのかもしれません。


前回「良い人じゃない人がいい人になることはない」と書いたのは、
この辺りに根拠があります。
(「異常なのは精神に異常をきたす人じゃなく、そこへ追い込む人の方だと思う件について 2」参照)

人は、人間として体を持ってこの世界に生きているだけで素晴らしいのだと私は思っています。
あちらの世界で生きている「神様」とか言われている人たちは、
人間として生きる勇気を持たない腰抜けだとすら思っています。
「何エラそうなこと言ってんのよ!」って。

今、こうして書いている一行が、
誰かの人生を動かすものになるかもしれない。
あなたが誰かを傷つけることが最終的には誰かの救いになるかもしれない。
誰かの人生に与える見えないけれど大きな影響はあなたのとった小さな何気ない行動なのかもしれません。

それは魂と言う視点から見れば
「良い・悪い」で裁けるほど簡単なものではないのだと私は思っています。

これらを理解した私は、
私を傷つける役割を担ってくれた魂たちに深く感謝しています。


大事なのは常に、
これからの人生をどうやって生きて行きたいのか?

何を望み、どう行動するのか?

魂としての役割を知る必要なんてありません。
ずっと、「良い人」でいる必要も「ひどい人」でいる必要もありません。

ただ、生きる。
一生懸命に、生きる。

それが誰かの人生に繋がっていく。

特別である必要なんてない。


この世界にこの不自由で傷つきやすい心と体を持って「人間として」生まれただけで素晴らしい。
それだけで、勇敢なのです。
泣いていても、苦しんでいても、傷つけていても、傷ついていても、
その「命」を生きているだけですごいことだと私は心から思います。



あなたがそこにいてくれてありがとう。
この私の言葉に出会ってくれてありがとう。
読んでくれる人がいたから、書き続けてこられました。
そして、それを仕事にして、新たな出会いを得ることが出来ました。

私はこれからも不器用に、でも必死に生きて行きます。
逃げたくなることもあるけど、でも、逃げずに人として生きて行きます。
それが私の魂の仕事だと思っています。

同じ時代に生まれ、生きている皆さんに、感謝をこめて。

メンタルコンサルティングTerra、開店1周年のこの日に、この記事をかけて良かった。

お読みいただきありがとうございます

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

当店のある北海道十勝の方にむけた
「メンタルコンサルティングTerra 十勝ブログ」
1周年のお礼の言葉や新たにした決意について書きました。
ぜひお読みくださいませ♪
「1周年、ありがとうございます(^^)」
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:2
∧top | under∨

自分を制限してしまう行動癖になった前世トラウマ

誰に強制されたわけでもないのに、
自分で自分の行動を制限してしまう行動癖、思い癖
はありませんか?

私にはありました。
別に監禁されているわけではないけれど、
買い物、外出、友達と会うなどの普通に「しても問題のない行動」を制限してしまう。

心が軟禁状態になっているようなもの。

私の行動にいろいろ言う人がいたとしても、
「私はこうしたい!」と断って自分の好きなように行動していいはずなのに、
何故かそう言えない。
するとしたら「○○だから」と色々理屈をつけなければ出来ない。

これ、原因は色々考えられると思います。
アダルトチルドレンの問題、それまでの交際によるトラウマ等々。
私もそうだと思っていました。
また、私の行動を制限する人がいるからだと。

でも、先日師匠にソウルナビをしてもらっているときに前世で受けたトラウマも原因だとわかりました。

「心の問題だからと言って心だけが原因だとは限らない」
いつもそう書いていますが、今回は魂の傷も関係していたというお話です。

**********

私の遊女だった時代の前世トラウマ

日時 2015年2月12日
性別 女性
年齢 10代後半~老人
場所 関西地方
年代 江戸時代?
生前 遊女・太夫→妾

ソウルナビを開始して出てきたのは男性。
細く貧相。出っ歯。お調子者な感じ。明石屋さんまさんに似ている。
彼は十手持ち。黄色い縞の着物。

「来るのまってたで」
私に嬉しそうに笑う。

次に見えて来たのは立派なお座敷。遊郭。おそらく関西。

建物の二階。きれいな屏風。並ぶ御馳走や酒。
きれいな遊女・太夫。これが私の前世。
黒地に赤い刺繍の着物。
きれいなふの入らない鼈甲の簪。
とてもきれい。かむろが二人くらいいる。

遊郭の入り口から正面に大階段。
その奥にある広い板の間。
階段の上が吹き抜けになっていて、回廊が取り囲んでいる。
その周囲に大小の御座敷。
回廊に取り付けられた朱塗りのぼんぼりに明かりがともされ、とてもきれい。はなやか。

それに重なるようにその場の昼間のしんとした、どこかうすら寒いような情景も見える。

男は太夫が遊郭の外へ出た時に、何か困ったことがあった時に助けたらしく、呼ばれてもてなされている。
遊郭の男主人も礼を述べている。

そこまで出てきたところで師匠がきいた。
「名前は?」

はじめ、梅、という字が浮かんだ。
「小梅・・・・?」
だが、違う。
それは、私の名前ではない、と思う。

そこで着物が頭をかすめ、名前を思い出す。
「・・・・ばいこう・・・・・梅に紅で、梅紅」
小梅はおそらく、かむろ時代か、その前の名前。
黒地に見えた赤い刺繍は赤い梅の柄。

私はほとんど話をしない。
三味線や歌、踊りなど芸事が得意なのと、その美貌で売れっ妓だった。
あまり笑わないからこそ、笑わせたい、笑顔を見たい、
声を聴きたいと言う遊びなれた金持ちの旦那衆に人気で太夫になった。

「それからどうなった?」

次に見えて来たのは竹林の中に続く細い土の道。
その奥にぽっかり空いた場所にこぎれいな囲いのある家。
そこを歩いて行く白髪交じりの中年~初老の男。
私を買い上げ、旦那になった男。
どこかの大店の主人。
息子も嫁を貰い、あとを継いでいるが、この旦那が今でも取り仕切っている。
私は妾となったようだ。

そんなところに私を囲ったのは私を誰の目にも触れさせたくないから。
家事をする女中が独り。若い女。
私はずっと家の中にいて三味線を弾いている。ほとんど外へは出ない。

相変わらずほとんど話さない。女中にはやさしい。
女中以外に庭仕事などをする老人がひとり。
部屋からは庭も見える。灯篭や小さな池。竹垣にそわせた生垣。

最初に出てきた若い男が囲いの向こうから私を見ている。
私はそれに気が付いている。
が、そちらは向かない。静かに三味線を弾くだけ。

場面が飛んで、その男が数人の男に竹林の近くに流れる川の石の河原に連れて行かれ殴られている。
その男たちを雇ったのは旦那。
顔中が腫れあがり、立てなくなっている。
だが、死んだわけではない。
しばらくしたら立ち上がり、二度と私のところへは来なかった。

その男が私を勝手に見つけて追いかけて来ただけなのだが、旦那は嫉妬して腹を立てたのだ。

私は旦那にひもで縛られてつるされ、ササラで叩かれ、折檻された。

私はそれから自分の意思で外へ出ることはなかった。
それまでもそうだったが、なおさらに。
軟禁状態と言っていいだろう。

次に見えたのはそれから数年後。
頭巾をかぶり、女中をともにして、竹林の奥にある寺へお参りに行く姿。

旦那は死んだようだ。
家屋敷と、手切れ金をもらったようだ。
毎日のように寺へ行く。
誰に言われたわけでもないのに、寺へしか行かない生活。

そのまま何事もなく、年を取っていく。
白髪の老婆になっても上品できれい。
そのまま静かに死んだ。

特に大きなことの無い静かな人生のように思えた。
私の前世にしては普通だと思った。
「何のために出て来たのか?」と師匠と二人で話していた。

*~*~*~*~*~*

はじめは取り立てて珍しくもない、普通の人生のように思えました。
まあ、誰でも前世でそれくらいの苦労はしているだろうと。

でも、後から考えると、
それが私の行動を制限する癖に繋がっているんだなと気が付きました。

遊女の時も、妾になってからも自由に行動できるわけではない。
更に、自分が原因で他の誰かがひどく傷つけられ、
自分もひどく折檻される。

だから、自分の思った通りに行動してはいけない。
前世の出来事が、そう、魂に刻み込まれてしまったようです。

そんな風に、今世の思い癖だけではなく、
魂レベルの思い癖があったのだと気が付きました。


これはおそらく、カウンセリングしてもとりきれない行動癖かもしれないと思います。

前世のトラウマを克服するために起こったような出来事が今世にも起きます。
理屈だけで言えば今世でそのトラウマを「えいやっ!!」と乗り越えてしまえばいいのです。

でも、なかなかそれは難しいもの。
何故か、なおせない。変えられない。

そんな時は前世の魂の傷が関係しているかもしれません。

私達は前世でトラウマを受けると、その度に魂をちぎって置いてきていると考えています。
大きな魂の人ほど、前世ではそれなりに苦労の多い人生を送っているからです。
今世は魂が穴だらけの不完全な状態で生きなければならないので、
人生でダメージを受ける前の子ども時代からエネルギーが低下している方が多いです。


不完全な魂を元に戻すのに、何かいい方法はないだろうかと昨年から師匠と二人で話していました。

今回ソウル・ナビゲーションと言うヒーリング法を開発した理由の一つがそれなのです。

*~*~*~*~*~*

一見、この前世トラウマは、私たちに行動癖について教えてくれるために出てきたのかと思いました。

けれど、それだけではありませんでした。
もっと重要なことを教えてくれました。

梅紅さんが出てきた次の日、
私が以前から知っている前世と梅紅さんの話がつながりました。

ああ、だから、そうだったんだ、と。

人は人間として、魂として「学ぶために生まれてくる」と言われます。
それは確かにそうだと思います。

でも、それだけではないようです。

「人間としての学び」のほかに、
「魂としての計画と仕事」があると私たちは考えます。


次回は梅紅時代の話の続きとともに、
それについて書きます。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:2
∧top | under∨

人格統合と黒い龍 2

当店で開発した新しいヒーリング「ソウル・ナビゲーション」をお受けいただいた方の体験記をUPしています。
「人格統合と黒い龍 1」参照

解離性同一性障害(DID)の方の人格統合です。
が、前世トラウマやスピリチュアルガイドの黒龍さんも絡んでくる内容です。

前回はソウル・ナビゲーションに入る前の
「事前カウンセリング」の内容をお伝えしました。

今回は本格的に人格統合の内容をお伝えします。
日常生活をおくるための人格もいることから完全に統合はせず、
各自を成長させてチームとしてまとめるという方針にしました。

***********
<ソウルナビと人格統合>

この日は私がナビ、師匠がクライアント様にエネルギーを送ったり、
見えない世界の方で危険がないか監視し守る役目で始めました。
導入時間をたっぷりとり、深く呼吸をしていただきました。

通常はレイキをかけ始めると、その方の姿が光って見えたり、
イメージの中にその方がいると思われる世界が見えたり、
色が見えたりするのですが、その日は何も見えません。

真っ黒。不自然なくらいの黒。

あれ~?と、思いつつ、

「何が見えますか?」(私・以下ピンク文字)と、きくと、

「黒い龍。いつも見える龍」(Aさん・以下赤文字)
「何をしていますか?」
「ぐったりしていて寝ている。疲れているみたい」
「そこはどんな場所ですか?」
「暗い・・・、・・・・・洞窟の中?」
どおりで黒しか見えなかったわけだと思いつつ、
ゆっくりとその場所の状況をお聞きしました。

その黒龍はスピリチュアルガイドのおじいさん。
黒龍さんは洞窟の奥で眠っていらっしゃるように見えるそうです。
黒龍さんがいるその洞窟で人格統合に入りました。

まず、中心の人格となっていただくのんちゃんさんを呼び出してもらいました。
「のんちゃんさんを呼んでいただけますか?」
「・・・・呼びました」
自己紹介をして今の状況を説明してからお話しします。
「のんちゃんさん、いつもAさんを助けてくださってありがとうございます。
のんちゃんさんのおかげで、Aさんは本当に助かっていると思います」

私にものんちゃんさんのあたたかく、やわらかな気が感じられる。
そこでふと気が付く。
「ああ、のんちゃんさんの『のん』は『観音さん』の『のん』なんですね」
「そう。そうです」
のんちゃんさんにこれからしようとしていることを伝え、皆さんをまとめる役になっていただきたいとおねがいすると、快くお引き受けくださいました。
のんちゃんさんには黒龍さんの前に座っていただきました。

そこから一人ずつ呼んでいただき、一人一人とお話ししました。
(それぞれお名前もありますが、省略させていただきます)

最初の子は「喜び」で1歳の時に解離し、1歳のままです。
「○○ちゃん、初めまして。私はわたもりといいます。
もう一人の人は師匠です。よろしくお願いします。
○○ちゃんはいつからそこにいらっしゃるのですか?」

「はしゃぎすぎてお母さんに怒られた時だもんね。怒られて、怖くて飛び出ちゃったんだよね」

Aさんはまるでその子のお母さんのように言葉を取り次いでくださいます。
そのやり取りから、Aさんがとても良いお母さんだとわかります。

「○○ちゃんがいてくれて、Aさんはとっても助かったと思うの。
困っているときや嫌なことがあった時に○○ちゃんが代わりにはしゃいでくれたから、
Aさんはとても楽しい人ってみんなから思われているとおもうよ。
本当にありがとうね。
でもね、Aさんに時々怒られるでしょ?」

「うん、そうだよね。やりすぎって怒られるもんね。・・・ね、そうだね。
はしゃぎすぎちゃうんだもんね。」

「それはね、Aさんは困っちゃうみたい」
「まだ小っちゃいからわかんないんだもんね。
小さい時に思うようにはしゃげなかったから、今はしゃいじゃうんだもんね。
ね、悪いことしているとはわかっていないもんね」

「うん、そうだよね。まだ小さいから仕方ないよね。
でもね、はしゃぎすぎちゃうのはAさんが困るの。
もうちょっと大きく、お姉さんになってみない?
お姉さんになったらはしゃぎすぎちゃってAさんが困ることも減ると思うんだけど。
どうかな?」

「お姉さんになってみる?どうする?
・・・・・うん、お姉さんになる?・・・・・なるそうです」

「ありがとう、○○ちゃん。じゃあ、何歳くらいになる?
まず、小学生くらいになってみる?」

「・・・・・・・・・なりました」
「お姉さんになったの、すごいね。
どうする?もっとお姉さんになる?」

「うん、そうだね、大丈夫だもんね。なれるよね」
「じゃあ、もう少し大きくなってみましょうか?」
そんなやり取りを繰り返し、最終的に「喜び」の人格さんはのんちゃんさんと同じ年くらいになってくれました。
そして、黒龍さんの前、のんちゃんさんのところへ行ってもらいます。

「のんちゃんさん、これから○○ちゃんをよろしくお願いします」

そんな感じで次々に人格を統合していきました。
1人あらわれるごとにご挨拶と自己紹介をし、丁寧に交渉します。

次に2歳の時に解離した「悲しみ」の人格さんが出てくると、
それまで明るくお母さんのように話していたAさんの言葉がとまりました。
涙を流すAさんにティッシュを渡しました。

言葉少なに、その子のことを伝えてくださいます。
その子は悲しくて、ずっと布団にもぐっているそうです。
そこからはAさんは言葉を発せず、ただうなずくだけになりました。
その子が抱え込んできた深い悲しみがつたわってきて、私も涙ぐんでしまうほどでした。
その子にも大きくなることを提案しましたが、
大きくなる前に、のんちゃんさんのところへいって抱っこしてもうように促しました。
のんちゃんさんに抱っこされて少し安心したその子は大きくなってくれました。

それから弟さんが生まれた時に解離した2歳の「恐れ」
大きくなる前に、
「もう大丈夫だもんね。もう、お母さんは良いんだもんね」
とAさんが言い、大きくならずに統合されていきました。

次は「嫌悪」で16歳の女子高生。
高1の時、担任男性から触られたことで解離しました。
それ以来男性が苦手になりました。
今はAさんも男の子のお母さんだから、嫌な男性ばかりじゃないことを知っているから大丈夫だと言うと、成長してくださいました。

最後の人格は「怒り」で19歳の男性です。
暴れたり怒鳴ったりする、一見一番困った人格さんのように思えますが、
「Aは俺が守る」
と、今まで誰かを怒ったり、憎んだりするのができないAさんの代わりに、
Aさんを守ってきてくださった方です。
今まで何度統合しようとしても再かい離してきたようです。

「どうして暴れるのですか?」
「うそつきばかりだから」
Aさんの口調や声が男性のようになっています。

それはおそらく前世の問題も関係します。
Aさんは人のために良かれと思っていろいろしてきたのに、その度に傷つけられ、ひどいことをされてきました。
現世ではHSPで必要以上に様々なものを感じ取ってしまうAさんには、
人の言葉の裏がわかってしまい、偽善や裏切りの度に傷つき、
代わりに彼が「怒り」を爆発させてきたのです。

ひどいことをされたのだから、怒るのは当たり前です。
怒りは人を守る大事な感情です。
ですが、爆発的に怒り、暴れるのはAさんが困るので、人間的に成長することを提案しました。
30歳くらいまで成長し、怒ってもぐっとおさえて、理論的に相手に怒りをあらわすようにお願いしました。
その方が理論的に相手をやり込めるでしょう?と。
すると納得してくれた様子。
統合はせずに、のんちゃんさんを中心にこれからもAさんを守っていただくようにお願いしました。

Aさんが統合した人格もあるので人格統合はそこまでですが、
最後に黒龍さんをお呼びしました。
Aさんを守り導いてくださっていることや、
当店へご縁を繋いでくださったことへの感謝を伝えたかったからです。
色々お話をさせていただくとAさんが取り次いでくださる形でお答えくださいました。

最後に「人とはどういうもだと思いますか?」と問うてみました。
魂レベルでの人間不信が深いAさんのそばにいる方は人間をどう思っているか気になったからです。

すると、そこからは黒龍さんの声で話してくださいました。
「・・・・・・人とはひどいことやずるいこと、悪いこともするが・・・・・」
そこからの間が私には長く感じられました。
「・・・・・・・・・・・・・・・面白く、見ていて飽きない」

その答えに、光を見出したように思えて、深く感動し、涙が出ました。
「あなたのような人がAさんのそばにいてくださってよかった」
と心から思ってお伝えしました。

最後にどうしても理屈で割り切れない不要な感情などを
全部まとめて師匠に浄化してもらって終わりました。

<後カウンセリングから>

Aさんは今まで何度も転生してきて、そのたびに傷つき
「人間を信じようとしたけれど、またダメだった(だまされた)」
と言って人生を終わるの繰り返して来られたことが、
それぞれの人格に影響しているようだとお話くださいました。

それまで何度も当店に来てくださったAさんですが、
私と向かい合っていても、全てを見せてはくださらない方だと感じていました。
たとえて言うなら、いつもドアの向こうにいて、少しだけご自分を見せてくださっても、
すぐにその向こうに隠れてしまうようでした。
今回、やっとありのままを見せてくださったように感じました。

それも、今までの過去世での人間不信があったから、
嫌なのではなく、怖かったのだなと、
改めてAさんを理解できた気がしました。

*~*~*~*~*~*

このように人格統合は精神疾患ではありますが、
スピリチュアルな内容もかかわってくる場合があります。
そういう時にはやはり「ソウル・ナビゲーション」が必要なのだと改めて感じました。

その後、Aさんは精神科の担当医から、
「わたもりさんがいるから大丈夫」と言われ、通院しなくていいと言われたそうです。
Aさんから
「お医者さんを超えましたよ(笑)」とメッセージをいただきました

いえいえ!それはとんでもない話で
今までのAさんの努力があったからこそだと思っています。

その後、Aさんからは夢解析のご依頼をいただきました。

「今までのように魂の仕事をして、人間としての人生をないがしろにするのではなく、
今世は人間として『生きる喜び』を感じる生き方をして」


と言うメッセージが伝えられていました。

当店のこともとても気にかけてくださって、
ソウルナビのこのレポートもご自分から言い出してくださいました。

「ソウルナビのことも、夢解析のことも、アロマのことも全部使っていいですよ。
そうすればわたもりさんがいろんな方法を使って、
いろんな角度から先を導いていることが伝わるし、
読んでいる人も選択肢と具体例ができて楽しいと思う」

と、アドバイスいただきました。
本当にありがたいです

(最近は常連さんたちに気遣われることが多く、恐縮するやら嬉しいやらの私です

最後に、私がとても感動したAさんの言葉を書こうと思います。
何年もうつ病やDIDで苦しみ、一時期は薬を一度に30錠飲んでいた方の言葉です。
本当にすごい方だと思います。

「悩みや、迷いを『楽しめる』、楽しめるって言うのは、『これ、どう、乗りきっちゃう?私』って。
ワクワクしながら生きられたらいいな、って思います。
わたもりさんが導いている光を明るく考えて。」

「生きるということは、誰でも『悩み、迷う』ということです。
だったら、下を向いて、魂がカチカチになって生きるよりは、
魂に空気を入れて、わたあめみたいに柔らかく、悩みもとらえられたら、
それを乗り越えたとき、生きることを『楽しめる』と思うから」


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:2
∧top | under∨

人格統合と黒い龍 1

当店で始めた新しいヒーリング法
「ソウル・ナビゲーション」がどんな感じか知っていただくために、
「ソウル・ナビで見えてきたもの」と言うテーマで書いています。

今までは私が練習中に見えた憑依霊浄化について書いてきました。
「発達障害に関係していた憑依霊」
「オネエな憑依霊」

今回はクライアント様のご厚意で、
ソウル・ナビゲーションで体験していただいたことをUPさせていただきます。

お名前を仮にAさんとさせていただきます。
(Aさん、ありがとうございます

Aさんのソウル・ナビは多重人格の人格統合にスピが絡む内容でした。

***********
日時 2015.2.某日
性別 女性
場所 当店
既往症等  発達障害、HSP、愛着障害、解離性同一性障害(DID)その他

<事前カウンセリングから>

当店には何度もいらしていただいて、
アロマやご相談、ブレス制作などをしていただいていました。
依存と言うわけではなく、ご自分を分析するツールとして
上手に当店をお使いいただいているという印象です。
師匠ともレイキやカードなどで面識があります。

ですが、DIDについて詳しくお伺いしたのは初めてでした。

スピリチャルな力も普通にある方で、今までの前世の記憶もたくさんあります。
そのどれもがおつらい記憶とのこと。
簡単にお話しいただきましたが、
それをきくだけで、なんてひどい人生だろうと思わずにいられないものでした。

人間としての人生より、魂の役割りとしてのお仕事を真面目にされてきた方なのだと思います。
人間のために自分を犠牲にされることを選び、
その度に裏切られ、傷つけられてきたようです。
それによる魂レベルでの人間不信がとても深い方です。

今世は今までに比べれば平和なはずですが、
その時々にお辛い体験をして、過去世の思い癖なども重なり、
解離性同一性障害と言う重い病気を抱えられました。

スピリチュアルガイドと思われる「頑固じーさん」の存在についても話されていました。
Aさんには黒い龍と水の龍さんと言う守りがいらっしゃいますが、
頑固じーさん=黒い龍さんだそうです。

そのやり取りはまるで夫婦漫才のよう(^^;)
「いっつも説教ばっかりするんですよ!」
「ほんっと、口うるさいの!」
「あんまりうるさいから喧嘩ばっかりしているんです」(Aさん 以下赤文字)
とのこと。
そういいつつも、黒龍さんに対する家族的な愛情が感じられました。

「AさんのDIDの特徴とナビの方針」

DIDは通常は辛い時に心を逃がすために解離がおこり、
苦しい、悲しいなどを個別に引き受ける人格が前に出て、
その間は記憶がなくなるのが普通です。

Aさんの特徴としては辛い時なども解離は起こりますが、
妻や母親として日常生活をきちんとこなすための人格もいらっしゃいます。
ご本人に記憶は全くないのですが、ご飯を作ったり、会話をしたりしているそうです。
自覚あるだけで人格は20ほど(?)あるとのこと。

意識の中でそれぞれの人格を集めて会議もなさるそうです。
「あなた、やりすぎ!」「反省して」等々・・・。

精神科担当医から色々な本を進められ、解離についてかなり勉強していらっしゃいます。
また、自分にはどういう特徴があって、その原因は何で、いつからそうなって・・・など、
自分掘り起し作業もかなり進んでいるようでした。

今回のソウル・ナビはそれが功を奏したと思っています。
私たちの力と言うより、Aさんの今までの努力のたまものだと思っています。

今までも、本などを参考にご自分で人格統合などを試みていらっしゃったそうですが、
何か大変な出来事があるごとに人格が再かい離してしまっていたそうです。

一通りお話をお聞きしたところで師匠の提案で人格をノートに書き出してもらいました。
日常生活を送るための人格もいらっしゃることから、
30歳くらいの「のんちゃん」と言う一番安定した人格を中心に
別人格をそれぞれ同年齢までに成長させ完全に統合するのではなく、
それぞれが大人になって、Aさんのためにいい働きをしてもらえるように
全員をまとめることを師匠が提案しました。

解離は無理に治す必要はないと言う方針です。

これをきいたら精神科医の方などは驚くかもしれません。
私たちは「その人にとって、その時の最良・最善」を選ぶのであって、
「こうでなければならない」と言う枠にクライアント様をはめるわけではないからです。

私たちは「解離は必要があってなっている」と考えています。
だから、その必要があるうちはその症状を無くすのは無理があると思うのです。

それにはこれからさらなるカウンセリングや生活改善など様々なことを試みて、
心身・内外の環境を整えていくことも必要になります。
「多重人格(解離性同一性障害)のホリスティック医療ケア」参照

人格さえ統合すればいいというものではないと思います。

最終的にナビはそれぞれの人格と話し合い、まとめるという方針で始めることにしました。

*~*~*~*~*~*~*

<ソウル・ナビ開始>

まずは導入時間を5分ほどとりました。
これにはそれまで私たちがやっていた瞑想WSのイメージワークなどを応用出来ることがわかりました。

私と師匠がそれぞれレイキをかけ、Aさんのイメージの世界に繋がります。
浄化などをしつつAさんのスピリチュアルガイドさんにご挨拶します。
「はじめまして」とごあいさつし、私の名を告げ、
Aさんにソウル・ナビをして人格統合を試みることをご報告します。
すると・・・・

「おそいわ!」と言うつっこみ

「ええ?!」と思っていると、

「ここには昨年早くから来させていると言うのに、
あんたたちがぐずぐずしていつまでも始めんから、まったく!!」
「本当にもう、ギリギリなんじゃ!!」
「かなりまいっておるのじゃ!!」
と、怒られてしまいました。

「ご、ごめんなさい
「遅くなってしまいましたが、これからAさんのためにできる限りのことをさせていただきます」

どうやら、黒龍さんには私たちが、こういったソウル・ナビのようなことをするとわかっていた様子。

そういえば、夢でもカードでも「本来の仕事をしろ」的なことをよく言われていたような・・・。
「やってるじゃん!!」と思っていたのですが、
あちらの世界の方々的には「違う!」ってことだったのかもしれません。

さて、ここから本格的にソウル・ナビに入っていくわけですが、
長くなってしまったので、続きは次回に。

心に深く感じるところがあり、2度ほど涙しそうになりました。

申し訳ありませんが、少々お待ちくださいませ。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:2
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>