「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

「気にしすぎ人間へ」

気にしすぎ人間へ

「気にしすぎ人間へ クヨクヨすることが成長のもとになる」
このブログでも時々ご紹介する
北海道立緑ヶ丘病院 精神科医長 長沼睦雄氏の著書です。
青春出版社 1300円(税別)
9月10日発売予定です。

この中で当店=メンタルコンサルティングTerraも取材を受け、
紹介されています。

出版社の方からお送りいただき、
一足先に読ませていただきました。

今回はこの本のご紹介をさせてくださいね。

************

この本は「小さなことにクヨクヨしてしまいがちな人」をテーマに書かれています。


・何故クヨクヨするのか?
・その原因はどこにあるのか?
・クヨクヨしないためにはどうしたら良いのか?
・その癖を治すにはどうしたら良いのか?


等について、精神科医と言う立場からわかりやすく書かれています。

特徴的なのは、長沼先生は、初めは脳外科や神経内科を学ばれたことから、
脳の働きや神経細胞など医学的な面から書かれていることです。

・自律神経について
・ドーパミン神経とセロトニン神経について
・脳とマイナス思考について

等々、難しくなく書かれています。

また、神経発達症やHSP、愛着障害などの患者さんを数多く診ていらっしゃる長沼先生。
実は、そんなに様々な視点をお持ちの精神科のお医者様は珍しいのです。

そんな長沼先生ならではの、

・愛着障害について
・トラウマについて
・HSPについて
・自己愛性パーソナリティについて
・衝動性について
・内向性について


など、幅広い内容となっています。

更に、ヒプノセラピーやEMDRなどを治療に取り入れていらっしゃることから、
その手法を活かした「くよくよする癖」を改善する方法や、
対策などについても書かれています。
ホ・オポノポノが登場するあたり、長沼先生らしいと思います(笑)

その対策の中に今回はTerraがお伝えしている「食の大切さ」が採用されています。
私と久恵先生の名前も出ています。
(あ、ほんの数ページです 

このブログをお読みいただいている方にはおなじみの内容なのですが

更に、その性質を活かして生きて行くことについても言及されています。
その内容がとっても具体的でわかりやすいと思います。

この本は全編HSPの本と言うわけではなく、
もっと幅広い方に向け書かれていますので、
どんな方にも生きるヒントになる内容だと思います。

***********

そして、どうしても書かせていただきたいことが一つあります。

それはこの本に関わられた出版社の方々がとても良い方だと言う事。


「え?そんなの関係あるの?」
って思いますか?

実はHSPの方にはとても関係あるのです。

HSPの方は著者や本にかかわった方の「気」に影響されて、
文章が頭に入ってこないとか、
読むと頭が痛くなると言う方が多いのです。


だから、HSPにとっては出版社の方の「気」もとても重要なのです。

東京からわざわざ帯広の当店まで来てくださり、
(と、言っても長沼先生のところのついでですが (笑))
編集者の方々にお会いし、色々お話させていただきましたが、
本が出来上がる前から、
「この本は必ずいい本になるだろう」
と、思っていました。

企画をされた編集者の方がご自身もクヨクヨしてしまいがちな性格と言う事から、
同じように悩まれている方の為に、と、企画されたものなのです。

「こういう本なら売れそう」
とかいう現世利益的理由から企画されたものではないのです。

切実さと誠実さ。

そこから生まれた本なので、
本当にクヨクヨして困っている方のお役にたつ本だと思います。


文章もとても読みやすく編集されています。
編集協力者の方も私よりずっと年上なのに、
文学少女のような真っ直ぐさを持たれた素敵な方でした。

長沼先生の幅広い知識やご経験と、
出版社の方々の情熱から作られたこの本は
内容だけじゃなく、
その「気」の良さからも本当にお勧めできる本です。


是非ご一読いただくことをお勧めいたします。

Amazonでは予約購入もできるようです。
また、地元の本屋さんにご予約いただければ、
書店に置いていただくきっかけにもなるかもしれません。

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

「気にしすぎ人間へ」…の続きを読む
別窓 | | コメント:2
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |