「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSPが苦手な意外なもの―アロマセラピー、ナチュラルケア

Web女性誌Trinityの今週のわたもりの記事は、
先週の記事に引き続き、「サダコ的魑魅魍魎サイト」について。
今週は「見分け方」そして、Web雑誌であるTrinityは大丈夫か?という事について。

「【注意‼】Trinityに書いていいの?Trinityは大丈夫?―サダコ的「魑魅魍魎サイト」の見分け方」

編集部の方からは
「ここまでバッサリ書けるのはわたもりさんならでは」
と、言われたのですが、
う~ん、そんなバッサリ書いたつもりなかったんですけど(^^;)

**************
HSPが苦手なもの


以前、HSPが苦手な意外なものとして読書についてご紹介させていただいたときに
シリーズ化をにおわせて終わったのですが、
それから随分たってしまいました。

今回ご紹介するのは、
アロマセラピーやナチュラルケアです。

「え?それは良いものじゃないの?」

と、驚かれる方もいらっしゃるでしょう。

確かに化学物質などよりは良い、と、一般的には言われています。

が、それが大きな間違い。

「自然のものなら大丈夫」と言うのはとても危険な発想です。

安全=自然のもの、ナチュラルなものとは限りません。


何故なら、第一に、
そこに自分の感覚が入っていないから。
自分で感じるはずの感覚を捨ててしまっているからです。

知識優先、理屈優先というのは時に人を危険にさらします。


それが本当に安全かどうか、まずは自分の感覚で感じ取れることが大事です。

これはHSPの得意とするところでしょう。
HSPの私からすれば、
非HSPの方は、その感覚がなくて、どうやって生きていくのだろう?
と不思議に思う今日この頃です。

私たちは自然界の一部です。
それを忘れず、
更に、感じ取れる力を持っていることを忘れず、
生きていくことが大切です。

ですから、他の方が「これは大丈夫」というものがあっても、
人は千差万別なのですから、
自分はどうか?という感覚を大切にしていくことがとても大切です。

では、HSPは何故、
アロマセラピーやナチュラルケアが苦手かについて書いていきます。

************
HSPが苦手な理由

本当は、全ての人に当てはまりますが、
特に過敏なHSPはダイレクトに影響を受けやすいので、
特に「HSPが苦手」といたしました。

1、 作用するものがあるという事は、作用するだけの成分があるという事


アロマオイルも、ナチュラルケアに用いられる基剤、
例えばクレイや蜜蝋なども、
全く完全に安全と過信するのは禁物です。
そして、無害、というわけではありません。

何故なら、
それは不思議な力で作用するのではなく、
必ず、作用を起こさせる成分が存在するから、
その作用が起こるからなのです。


アロマオイルの成分の分析票を見たことがありますか?
ネットですぐ検索できますので、
「ラベンダー 成分」などで調べてみてください。

比較的安全な成分もあれば、使用に注意しなければならない成分もあります。
また、人によって大丈夫だったり、そうじゃなかったります。

天然のものだから安全だとか、作用が穏やかとか、
マイルドとかいうのは認識が間違っています。

あくまで、どのような成分が含まれ、
それがどんな作用をもたらすかという事が重要なのです。


最近はお手軽な講座が増えて、そのあたりの認識が甘いセラピストさんも増えています。
けれどそれは、ちょっと勉強すればわかることですので、
自分の身を守るために、自分で学んだ方がいいと思います。

蜜蝋でも、アレルギーを起こす人がいるってご存知ですか?
クレイはとても強力な作用があるので、
よく調べてから使ったほうが良いものだとご存知ですか?

「おしゃれなナチュラル雑貨」だと勘違いするのはとても危険です。
雑貨店の店頭で、劣化しているアロマオイルが多いというのも、よく聞く話です。

誰かの書いた不十分な情報をうのみにするのではなく、
出来ればご自分で調べる癖をつけるようにお勧めします。


調べるときには、
「良い事だけ書いている情報」
「悪い事だけ書いている情報」
はどちらも客観性を欠いているので、信用しないほうが良いと私は思っています。

また、天然成分も化学物質と一緒に体に入るとよくない作用をもたらすものもあります。
単体でならどのような作用があるかは研究されていても、
複合的に使うとどうなるかはよくわからないものが多いのです。

ですからなおさら、自分の感覚を大切にすることが重要になります。

2、 表示だけ「天然成分」「無添加」「ナチュラル」とうたっている物も多い

「天然アロマオイル使用」「無添加化粧品」
などとうたったものはたくさんあります。

でも、本当に安全かと言うと、そうじゃありません。

天然成分が入っていても、化学物質がたっぷり入っている物もあります。
無添加と書かれていても、
「何が」無添加なのかでずいぶん違ってきます。
防腐剤は入っていないけど、香料は入っているとか、
パッケージをよく読まないと、
騙されてしまいやすいものです。

まずは自分で情報の真偽を確かめる事。

そして、本当に大丈夫か確認しつつ使う事。
非HSPの方は平気でも、HSPは大丈夫じゃないのを、
大丈夫だと思い込んで使っている場合も多いです。

お香などで頭が痛くなっても
「お香だから(アロマだから、自然のものだから)大丈夫」
というよくわからない根拠で使い続けているとか。

心当たりはありませんか?

アロマ、ナチュラルという「言葉」に踊らされることがないように気を付けたいものです。

3、 HSPはどんなものにも過敏に反応する性質

最近は病院などでもアロマオイルを炊いているところがあります。
それで具合が悪くなったというHSPの方も実は多いです。

悪気がないのはわかるのです。
天然の良い成分で、体に良くて、抗ウイルス作用があって、
気分も落ち着いて・・・と、思うのでしょう。

でも、HSPには合わない場合もあります。

そういう時は速やかにその場から離れましょう。

HSPの感覚をすべての人にわかってもらうのは無理です。
それは、HSPが非HSPの感覚がわからないのと一緒です。


HSPに限らず、自分の安全、自分のちょうどいいを、
自分で感じ取り、自分で選んで生きていくことが大切だと私は思っています。

4、 その日によって体調の振れ幅が大きい人もいる

HSPはあらゆるものから影響を受けやすいのです。
だから、食べ物や、気候、音、におい、人の氣、感情などの影響を受けて、
以前は大丈夫だったものでも、大丈夫じゃない時もあります。

身体からの影響、
心、感情の影響、
魂的感覚(霊的問題、超感覚)の影響で、
その日によってずいぶん違います。
それらを忘れず自分の感覚を研ぎ澄ますことが大切です。



************
気にしないなら、気にしなくてもいい

ここまで読んで、
「HSPはそんなことしなきゃ、生きていけないの?」

と、思った方もいらっしゃるでしょう。

答えは、
「それはあなた次第です」

ご自分がどう生きていきたいかです。

細かいことを気にせず、
勢いで生きていけるならそれでいいでしょう。

ダメージを受けた時に仕事や学校を休んだり、
その都度対処していく方法もあるかもしれません。

それで成り立つなら、それに越したことはないのです。

ただ、中には何が原因かわからず不調を感じ、
原因不明で動けなくなる人もいるから、これをお伝えしています。


まずは知ること、伝える事が大切だと思っている私です。


う~ん、こういうことをまとめて書いた本を一日も早く出したいと願っているわたもりです。

例えば、本などには書かれていないかもしれませんが、
超感覚などがそれほどではなくても、
身体の感覚だけが特に過敏なHSPの方もいらっしゃいます。

これは研究者たちがあまり言っていないし、
その対処法も具体的なものが言われませんが、
Terraでは普通にお伝えしていることです。

世に出回ってるHSPの情報では不十分です。
それは毎日のようにHSPの方のご相談をお受けしていて感じることです。

だからこそ、こうしてできる限りの情報をお伝えしたいと思っています。

本が出せるようになるまでは、
TerraのHSPサポートをご利用いただければと思います。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

別窓 | HSPが苦手なこと | コメント:2
∧top | under∨

HSPが苦手な物事あれこれ①―読書

HSPは5人に1人存在すると言うあらゆるものごとに過敏な性質です。
私、わたもりもHSPです。

私はHSPの中でも特に過敏な「過激に過敏な人々=ASP」であり、
これは全人口の4%がそうだと言われています。

私はかなり過敏ではありますが、
現在は自分の特徴に合わせた生き方が出来ています。

その克服した経験をいかし、
Terraでは「HSPサポート」と言うサービスも行っています。

・・・と、初めてご覧いただく方向けのご説明をしてみました(^^;)

このブログ内にもHSPに関する情報がたくさんあります。
PCでご覧いただいている方は、右上の方に
「ブログ内検索」と言うのが付いていますので、
「HSP」で検索してみてください。

今回から過去記事で触れたことも含め、
HSPが苦手な「意外な」ことをシリーズであれこれ書いてみたいと思います。

HSPサポートの中でお伝えしていることですが、
文章で表現しておいた方が、ご案内しやすいので。
実際のHSPサポートでは、その方にあわせてサポートさせていただきます。
同じ症状でも、原因は様々だからです。

************
今回はまず、「読書」について

実は
「本が読めない」
「本を読んでも頭に入らない」
「興味を持って手にしても、本を開く気がしない」
と言うHSPの方が多いです。
(「気にしすぎ人間へ」参照)

これにより、難読症の症状と間違われ、
LD(学習障害)と診断される方もいらっしゃいます。


見分け方としては、
「時と場合によって読めるときと読めない時がある」
かどうかです。

*~*~*~*~*~*
何故本が読めないのか?

これは「気にしすぎ人間へ」と言う記事にも書きましたが、
著者(編集、発行した方を含む)の「気」に影響されるからです。

著者が次のような場合に拒絶反応が起こるようです。

・著者の言っていることと、実際の行動や考え方が異なる
・著者の心が汚い
・他者をコントロールしようとしている
・現世利益的な理由で発行された
・著者の「気」が汚い


他にも色々ありますが、
言葉では言い表せないような
「何か」を感じ取ってしまって身体と心と魂が
拒絶するために読めない場合が多いようです。

Terraでも時々本をお勧めするのですが、
「頭に入らなくて」
と、おっしゃるHSPの方が多いのです。

その時は、読めなくなる理由をご説明します。

著者がどのような「気」を持っていて、
どのような方か、あるいは、
書かれた時の心持などがどのように推測されるか?
等を説明し、
その上であえてその本をお勧めする理由をお伝えいたします。

すると、四苦八苦されながらも、
必要な部分だけでもお読みくださるようです。

**~~**~~**~~**
読めない時の対策

まず、無理に読む必要はないと思います。
自分の感覚を信じて大丈夫です。
私は「この著者とは『気』が合わない」と感じて読まない本も沢山あります。

「課題図書」などの為にどうしても読む必要があるとすれば、
自分の中で、次のような作業をしてみてください。

1、 何故その本を読まなければいけないかを再認識する
2、 その本を読んで自分がどう感じるかを言葉にしてみる

「書いていることと、本当に思っていることが違う」
「自分はこんなにすごいんだよ、と言いたいだけだから」
等、無意識の自分の感覚を言葉にして、
出来れば紙に書くなど視覚化してみてください。
3、 とりあえず、自分の感覚を肯定し、受け入れる
4、 その上で、読むかどうかを決める


自分の中で折り合いがつけられると、
意外と読めるようです。

*:::*:::*:::*:::*
どうしても読みたくない時の対策

私は帯広で行われている
「NEXTリーディング 読書会」と言う集まりに何度か参加したことがあり、
そこでの本の読み進め方が参考になると思います。
(小説などには不向き。実用書向きです。
実際の読書会よりかなり省略して記述します。)

1、 目次を読む
2、 目次の中から気になる項目を取り出し、
質問形式で付箋やノートに書く(ページ数も必ず記入)


先日の「気にしすぎ人間へ」の目次を例に挙げると

<目次に書かれている事>
「クヨクヨはどこからくるのか」27ページ
気にしすぎてクヨクヨは、自分の中から生まれる

<質問>
クヨクヨが自分の中から生まれるってどういうこと?27ページ

3、 その箇所だけ読む
4、 2の質問に答える形式で記入する


本の厚さによって質問数は異なると思います。

この形式で読み進めると、意外と本全体を把握できたような気になります。
と、言うか、本は無理に全部読む必要がないと言う事が判ります。
HSPなら一部を読んだだけでも、
著者の人となりが判るでしょう。

(読書会は提示された質問に答える形式でグループ内で発表します)

*==*==*==*==*
その他の理由として考えられること

HSPは本そのものだけではなく、
様々な要因からも読めなくなる場合があります。

・心の準備が出来ていない
色々なことが気になりエネルギーを消耗しやすいHSPは、
本を前にして「読むぞ!」と言うエネルギーが不足していると
読めないことがあります。

・他に気になることがある
空間の状態、部屋の状態、自分の体調、
家人の動向などが自分の精神状態にあっていないと読めません。

・精神状態が不安定
仕事や人間関係で気になることがあったり、
ストレスがたまっていると
精神状態が乱れて読めません。
(これは非HSPの人もそうかな?
でも、より強く影響されやすいと思います)

**********

もしかしたら、この記事は非HSPの方には
さっぱりわからない感覚かもしれません(^^;)

次回は
「自然素材だから大丈夫」
と、思われているものについて書きます。
掲載がいつになるかは・・・私にもわかりません(^^;)

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
HSPが苦手な物事あれこれ①―読書…の続きを読む
別窓 | HSPが苦手なこと | コメント:4
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |