「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

脂・油をデトックスする砂糖なしスイーツレシピ☆

今の時期、
風邪や腹痛、極度な疲れ、鬱やイライラなど、
体調が悪くありませんか?

それは、実は当たり前です。

何故なら、クリスマスから年末年始にかけて、
「ご馳走」をたくさん食べるからです。

現代の一般的なご馳走は
肉魚卵乳製品と甘い砂糖がほとんどで、
更に保存や発色、コストなどの為、
食品添加物が加えられていますから、
どれも身体に良くない食べ物となっています。


ケーキも大手の会社で作られたものは
人工甘味料やショートニングやマーガリンが使われています。

外食の機会も増え、チェーン店やファースト点では、
やはり添加物が多いようですので、
身体に負担がかかります。

なので、インフルエンザや風邪、腸炎などにかかって、
身体にたまった毒だしをする必要があるのです。
(「ホリスティック健康相談的インフルエンザ予防」参照)


内臓にも負担がかかっているので、
鬱、イライラ、不安感も増えるでしょう。

(東洋医学では胃腸は思い煩い、肝臓は怒り、
腎臓は恐怖(不安)の臓器と言われています
(「私の中の森の本棚」わたもりの書いた東洋医学ガイド参照)

たっぷり身体に良くない物を食べた方は、
たっぷり病気にかかってゆっくり休んでくださいね♪


あー、つまり、今の時期にかかるのは、
自業自得的な?症状なわけです(^^;)

私も年末年始、ケーキやお肉類をいつもより食べる機会が多かったのですが、
デトックス法を久恵先生から色々学んでいるので、
今年は風邪から逃げ切れるといいな~と思っています。
(本当は食べない方が良いのですよ。 はい、気をつけます('◇')ゞ)

今回はその中でも「良くない油」のデトックスにもなる、
砂糖なしで甘くておいしい、わたもりオリジナルレシピの
「ふわふわリンゴドーナツ」

のレシピをお伝えいたします。


************
悪い油脂をデトックスするには?


身体に悪い脂がたまっていませんか?

お腹、二の腕、背中・・・・。

それって、体重が減ってもなかなか落ちませんよね。
栄養学とか西洋医学的には「燃焼」すればいいとか言いますが、
そう簡単に燃焼しませんし、

これだけ「脂肪燃焼ダイエットサプリ・グッズ」が沢山売られているのは、
効果がないから次々試す人が多いからなのです。
(そこ、気が付いていますか?)


身体にたまった古い悪い脂をデトックスするには、
身体に良い油を入れてあげることです。


詳しく書くと難しくなるので簡単に書きますね。
詳しくお知りになりたい方はご自分でお調べください。

脂は水をはじきますが、油にはとけます。

身体にたまらない良い油=不飽和脂肪酸たっぷりの油を身体に取り入れてあげましょう。

スーパーで売られている油は体内で固まりやすい飽和脂肪酸ばかりの油がほとんどです。
薬剤抽出しているので、薬剤の害もあります。

たとえ、オリーブオイルだろうと、高い油だろうと、
どういう製法や材料か?が大事なので、
良く調べて良い油を購入しましょう。

健康に良いとされるオリーブオイルは、
オリーブオイルが採れる乾燥して温暖な地域の方には合いますが、
日本人には合いません。

日本人には日本でとれる菜種油が合います。

こういった考え方を「身土不二」と言います。
「その土地でとれるものはその土地に住む人に合う食べ物」
と言う事です。


************
「ふわふわリンゴドーナツ」レシピ

リンゴドーナツ2


<材料>
リンゴ     1個
絹ごし豆腐   1/2丁
小麦粉     100g
米粉      70g
玄米粉     50g
塩(海の精)  小さじ1/2
アルミニウムフリーベーキングパウダー 小さじ1
豆乳orライスミルク 200㏄
低温圧搾菜種油(揚げ油)  適宜

※あげ終わった菜種油は酸化しにくいので、
あげカスを取り除き直射日光を避けて保存しておけば何度かは使えますし、
炒め物にも使えます。

(応用アレンジ)
1、粉類を合計200gにして黄な粉20gと黒ゴマを煎れる
2、粉類を合計200gにしてココアパウダー20gと角切りバナナを入れる

<作り方>
1、 リンゴは皮をむき1㎝角くらいに切ります。
(有機リンゴなら皮ごとで大丈夫です)
2、 粉類を合わせておきます。
3、 ボールに絹ごし豆腐を入れ、泡だて器で滑らかになるまで混ぜます。
4、 3に粉類と豆乳を入れて混ぜます。
5、 4にリンゴを加えて混ぜます。
6、 菜種油を中温に暖め、油をつけたスプーン2本を使って、一口大のボール型に落としていきます。
7、 程よいきつね色になったらあげて出来上がり。

リンゴドーナツ1

さくっとした歯触りで一口噛むと、
中はふわふわで、
ふわっとリンゴの香りがします。

リンゴの香りと菜種油の甘味で砂糖なしでも甘く感じます。

このレシピは偶然できたものですが、
他のホットケーキなどにしても、全くおいしくありません(:_;)
ドーナツだからこそ美味しいレシピです。


私のお気に入りの菜種油は
私の住む帯広の隣町、音更町の
音更なたね油生産組合さんの
「とかちの畑の特選音更産なたね油」です。
音更菜種油

色々な菜種油を食べましたが、
これは香りが良く、甘みがあります。
香りがきつ過ぎたり、苦みがある菜種油もあります。

菜種油も農産物だから採れる地域や、
採れる年度によって味が変わります。
今販売されている「とかちの畑の特選音更産なたね油」は、
本当に美味しいです。

HPから買えるようなのでお取り寄せしてみてくださいね。

菜種油は茶碗洗いの時、
お湯だけで落ちます。
つまり、洗剤を使わなくても落ちる油と言う事。

エコリーナ瓶
↑メーカーは違いますが・・・(^^;)
菜種油のビンを熱いお湯で2回ゆすいだ状態です。
油が落ちてきれいになっています。


洗剤を使わないと落ちない油を身体に入れたら、
身体から排泄できなくて当たり前だと思いませんか?

この「洗剤なしで落ちる身体に良い油」を身体に入れるから、
身体にたまった古い脂も一緒に排泄されるのです。

私は外食後、必ず揚げ物を作って食べて、
悪い脂をデトックスするようにします。
すると次の日には体重が1キロほど減っています。
お肌にも良いのすべすべプリプリになりますよ。

是非作ってみてくださいね~♪

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 風土ヒーリングレシピ | コメント:2
∧top | under∨

たまにはレシピ♪―簡単混ぜ込みチラシ寿司

アボガドチラシ寿司 

ある日(5月22日満月)の夕食です。


・アボガドと薬味たっぷり梅酢チラシ寿司

・豆腐サラダ

バルサミコ醤油ドレッシング

・トマトスープ


全て久恵先生のフード(風土)ヒーリングの理論に合わせたレシピです。

私オリジナルのレシピが多いです。

(と、言うか、その日の冷蔵庫の中身で適当に作るのでオリジナルになります)


こんな風な記事をわたもりのFaceBook個人ページでは時々ご紹介しています。

主に健康・メンタルケア情報をUPしています。

友達申請していただける場合はメッセージを添えていただけると助かります。

FBは設定によっては勝手に友達申請を送ることもあるからです。


メンタルコンサルティングTerraのFBページもいいね!していただけると、

最新情報をご確認いただけます。


いつもは主に十勝ブログでレシピをUPしていますが、

たまにはいいかな?と思って、こちらに掲載いたします(*^-^*)


***********

食べるなら上限から満月の間に


何の事?って思うかもしれません。

フード(風土)ヒーリングの理論には月の満ち欠けも関係します。


何故なら人間は自然界の一部だからです。

暦の季節だけじゃなく、月の運行にも影響されるのです。


詳しくは久恵先生の食事相談の中で伝えられる内容です。

かなり高度なレベルなので、何回目かに教えていただけます。

これを理解していないと、せっかく食べても逆効果な場合もあるのです。


是非、久恵先生の食事相談(食事カウンセリング)をお受けください。


特に病気治しをしたい方、

人生を変えたい方、

心を揺れにくくしたい方、

アレルギー体質を治したい方、

女性らしくきれいに(男性はたくましく)痩せたい方、

若返りたい方

等にお勧めです。


私はひどいアナフィラキシーショックを起こすくらいだった乳製品アレルギーが治りました。


これはここだけの内緒の話、遠方の方用にスカイプ・お電話によるご相談もこっそり始めていらっしゃいます。(HP未掲載)

是非久恵先生にお問合せ下さいませ。


************

フード(風土)ヒーリングだとこんなに簡単レシピ


小学生のころ、同級生と

「チラシ寿司は具を混ぜるか?乗せてあるか?」で議論になったことがありました。

北海道は移民の土地なので、同じ地区に住んでいても、一軒ごとに色々違うのです。


私の実家は上に乗せてある派。


でも、このレシピは混ぜ込んじゃいます(笑)

皆さんのご家庭、地区はどうですか?


今回はアボガドがメインですが、アレンジも自在です♪


「混ぜ込みアボカドちらし寿司」


<材料>

ご飯(やや陰性)   1人1膳を人数分

梅酢(陽性)   1膳につき小さじ1/2~1(お好みで)


アボガド(陰性)  1人小サイズを1/2

ミョウガ(陰性)  1人1/2くらい

生姜(陰性)    お好みで

青紫蘇(陰性)   一人1~2枚

白ゴマ(陰性)    適宜


他の具として

1/4に切ったミニトマト・湯むきして種を取りさいの目にしたトマト・キュウリの薄切りを塩もみして水気を絞った物・一口大に切った茹でたブロッコリーやアスパラなど・食養キンピラ(久恵先生のレシピはこちら)・沢庵・浅漬け・ぬか漬け・ピクルス・ヒジキの煮物・雷コンニャクなど何でも「いけそうだな」と思ったら、混ぜちゃってください!


※ご飯は有機無農薬や自然農法の米が望ましいです。

写真は7分づき米に白系雑穀入り。

米3合に対し、自然海水塩小さじ1を入れて炊きます。

満月を過ぎたら小豆入り玄米ご飯がお勧めです。


※梅酢は梅干しを漬ける時、梅から出た超すっぱくてしょっぱい液体です。

自然海水塩と赤しそのみで昔からの製法で漬けられた梅干しの梅酢を使用してください。

市販の蜂蜜や人工甘味料、砂糖、その他添加物を入れた梅干しなら食べない方がましです。

砂糖類は砂糖中毒の原因になり、添加物は身体に毒となる食べ物です。


※陰性とは身体を冷やし、細胞を緩め、血液を薄くし、免疫力を下げる食べ物です。

陽性とは身体を暖め、細胞を引き締め、血液を濃くし、新陳代謝を活発にする食べ物です。

フード(風土)ヒーリングではこのバランスを取り、中庸に保つ食べ方をお伝えしています。

どちらが良い悪いではなく、バランスの問題です。


このほかに酸・アルカリについても考慮します。


※出来るだけオーガニックの食材が望ましいです。

私は手に入らない場合は無理しません。

ただ、農薬や化学肥料は人体に毒となるものだという認識は忘れません。


※この料理を白米と普通の寿司酢、市販の調味料で作ると、身体を冷やしまくり、弱らせる食べ物になりますのでご注意ください。



<作り方>


1、材料を切る

アボガドは一口大に、ミョウガ、生姜、青じそは千切りに


2、ゴマを煎る(省略可)

小鍋に入れて一粒パチン!とはじけたら火からおろし、キッチンペーパーをひいたまな板の上で粗熱を取ってから包丁で切って切りごまにいます


3、酢飯を作る

ご飯に梅酢を混ぜます


4、3に1,2、を混ぜ、皿に盛ります。


出来上がりです。


簡単でしょ?

私は手抜きをしたい時、忙しくて時間が足りない時に作ります(^_-)-☆


***********

これが梅酢です


2015年梅干し 

私が昨年久恵先生に教わって漬けた梅干しです。

有機無農薬完熟梅を使用したので、しょっぱい、けど、甘い(*^・^*)


梅酢には乳酸菌なども含まれるって、知っていました?

これで簡単に豆乳ヨーグルトが作れます。


こちらの十勝ブログの記事をご参照ください。

「超簡単豆乳ヨーグルトと梅干しの季節」


今年もまた梅干しを漬けようと思っています。

梅しょうを作ったり、お薬として食べようと思っています。


私が梅干しを漬ける日が来るなんて思ってもいなかったので感慨深いものがあります。

祖母と祖父が仲良く漬物小屋で梅干しを作っていたのを思い出します。


こんな時、久恵先生との出会いに本当に感謝しちゃいます(#^^#)


料理を作っている時も、

梅干しを漬けている時も、

少しずつ、丁寧に時間を重ねていくことが、

人として、女性として、豊かになっていくことだと感じるひと時です。








にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村
人気ブログランキングへ
別窓 | 風土ヒーリングレシピ | コメント:2
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |