「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

春よ、来い

お久しぶりです。
しばらく、うつ気味でした。
前にお約束した文章、UPします。

また、「私の中への旅」も書きだしました。
今はサイトを移動しようか考え中です。
----------------------
春よ、来い

それはNHK連続ドラマのテーマソングだった。
POPSには珍しい文語調の歌詞が素敵で、
ヒットチャートに上り、毎日のようにラジオから流れていた。
それでもその曲はほかのヒット曲とそう変わらない程度に好きなだけだった。

それが特別な曲になったのは16年前の2月だった。
その日の前日、私は8年住んだ札幌を離れ、
実家に戻った。
ただひたすらにかわいくて、愛おしい息子と、
まだ見ぬ、おなかの中から私を温め支えてくれる娘とともに。
私はもう何年も暗闇の中をさまよい続け、
その闇を見ないふりし続けていた。
これからどうなるのか、どうしたらいいのか全く分からず、
それでもそれ以上この暗闇にいることはできないということだけはわかっていた。
本能でここが暗闇の底だと知っていたような気がする。

毎日眠れずにいた。
実家へ帰ってもそれはかわらなかった。
その日も朝早くに目が覚め、
実家の台所から窓の外を見ていた。
いくら冬だとはいえ、
もう明るくなっていてもおかしくいない時間だった。
けれど、外は暗く、
1メートル先も見えない吹雪。
その時、その曲が流れてきた。
「春よ、遠き春よ」
窓ガラスに途方に暮れたような自分の顔がうつっていた。
本当に春は来るのだろうか?
あの頃の私には信じようにも、
何をどう信じたらいいのか見当もつかなかった。

あれから、何年もの月日が流れ、
その曲を年末の番組で聞いたとき、
あの頃の頼りない自分を遠くから見つめる私がいた。
その曲はその時の気持ちを思い出させて、
私の頬に涙が流れた。

あれから随分いろいろなことがあって、
それでも私は生きていて、
家族に囲まれている。
大変ということも言えるけれど、
もうここは暗闇ではない。

随分と遠くへ来た。

そう思った。

もし今暗闇にいる人がいたら、
大丈夫だよと伝えたい。
明るい未来が待っているなんてとても言えない。
あれから、これでもかというくらい大変なことがあった。
それでも、今、私は生きている。
体は細胞分裂を繰り返し、
心臓は休みなく体中に血液を送り続けている。
こんなにも一生謙命に私の体は生きようとしている。
弱り切った心を励ますように。

大変な時を乗り越えて、
今の私なら、春が来ないとしても、
この両足でガシガシと大地を踏みしめて前に突き進むだろう。
凍てつく大地の雪を漕いで、
氷を打ち砕いて。

そうして長い冬も、いつか終わり、
春は必ずやってくるのだということを知っている。

今の私は、ただ春を待つだけの私ではない。

生きる力は誰かからもらうものではない。
本来自分の中にあるものを見つければいい。
そうした時、初めて誰かの心にこたえられる。

小さな種は無限の力を秘めて、
「時」が来ると疑うことなく信じている。
だからこそ、芽吹くことができるのだ。
成長し、いつか枯れる時が来ても、
また新たな種となる。
芽吹いてから枯れるまでの間に、
日差しや、風や雨、踏みつける足、
手折る手、寄せる頬。
数限りない記憶を新たに加え続けながら。

そういう永遠を、私たちは本来持っているのだ。

春よ、来い。
早く、来い。

そう願ったあの時から、
春は、私の中にあった。
ずっと。
ずっと。
にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・心 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

忘れないために

この文章は自分の覚書として書いたものなので、
公開しない予定でしたが、
読み返してみるととても重要なものが含まれていると思い、
公開することにしました。
------
忘れないために

この私の森歩きを公開しようと決めたけれど、
きっとその思いに迷いが生じる日が来るだろう。

インターネットの世界は、この世と同じで、
良い面もあるけれど、悪い面もあると知っている。
現実の世界より、隠れている暗い面が現れやすいかもしれない。

この森歩きは、わからない人には、わからないだろうし、
感じる心をなくして(あるいはかくして)しまった人や、
何かを怖がっている人には耐え難いものだろうと思う。

けれど、私は恐れない。
迷わない。
それらの人たちも、
自分の中にどうしようもないものを抱えている人たちだと思うから。

そして、
今、私と同じような病で周りの理解を得られず、
一人、苦しむしかない人や、
不安でどうしようもない人や、
私と同じように森の中で迷子になってしまった人にとって、
もしかしたら、
暗闇にともる小さな小さな灯りになるかもしれないのだから。

かつて、
その光を求めて、一人、孤独で、不安で、
どうしたらいいかわからず、
自分の中の森を歩くことしかできなかった私のように。
それがたった一人でも、
この私の森歩きが、何かのきっかけになるのなら。

いつか、この思いを忘れないように、
この文章を記す。

2010、9、21

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・心 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

40

この文章を書いてから1年半程が経ちました。
夜明けの太陽はゆっくりとしか昇らぬものです。
それでもやはり「夜明けが来た」と言う実感があります。
参照 カテゴリ・心  暗闇
---------
40

40歳になって少し経った年の瀬に
私の頭に「夜明け」という言葉が浮かんだ。
そう、来年は夜明けの年になる。そう直感した。

たくさんの辛かったこと、
苦しかった、悲しかった、悔しかった出来事達。
私は小学校1年生の頃から
「私はなぜ、この星の、この国の、この両親の元に生まれて来たのだろう」
と思ってきたし、
このような痛みの多い体を持って生まれたのも
何か意味があると感じてきた。
だから「夜明け」とは
良い事ばかりが起こる俗に言う幸運期ではなく、
その意味が判る年なのではないかと考えている。

辛いことや苦しいことがあっても、
私は最終的には人を恨んだり、憎んだり、
ましてや復讐することを選ばないで来た。
もちろんその出来事の直後には私を苦しめる感情に
おぼれそうになったこともある。
「私の中にはオニがいる」
そう思った時期もあった。
けれどその中で私は自分と向かい合い
その出来事の意味や原因を自分の中に探してきた。
その内省性こそが私がHSPだとする根拠の一つらしいのだが、
自分がHSPだと知るずっと前、
小学生の頃から自分を見つめてきた気がする。

だからこそ夜明けとは幸運や名誉、金、
その他の私の「外」にあるものではなく、
私が何をどうして行くかという私の「中」にあるものが現れてくる年なのだと思う。

ずっと不思議に思ってきたのだが、
私の人生には幼い頃から
「私をどうしようもなく傷つけようとする人」が近くにいた。
その人と離れたと思ったら、また新しい人が現れる。
あるいは新しい人が現れたら、それまでの人がきれいさっぱりいなくなる。
どうしてこんな人にばかり会うのだろうと思い、
自分が良くない人間だからそう言う人たちに巡り合ってしまうのだと自分をせめた。
しかし今はそれらの人たちもつらかった出来事も、
私には必要なものだったのだと思えるようになった。

そのとき何よりも苦しかったのは、
怒りや憎しみ、悲しさ、苦しさ、嫉妬、後悔、猜疑心といった、
良くない感情を抱いてしまうことであった。
最近では多くの人がマイナスの感情を感じる自分を人知れず嫌悪するものだと知った。
また、そのような出来事に遭遇したのだから、
そう感じるのは当たり前のことだとわかるようになった。
大切なのは、そう感じた後、
自分の心にどう整理をつけ、何を得て、
どうなりたいのかを見極め、
どんな決意を持って前に進むかであると思う。

まあ、知るのと、思うのと、そのように生きるのは、それぞれ違うことだが。

「夜明け」には長く暗い夜が必要なのだと思う。

けれど私は長い夜にも美しく輝く月や、
励ますように瞬く無数の美しい星が、
その空にあったことを知っている。
私はそれらの「光」にとても、深く感謝している。

今は、夜明け前。
陰と陽の境目のどちらでもない静かな時間。

どうかこの「夜明け」の道をおごることなく着実に歩いていけますように。
いや、しっかりと歩いていこう。

祈るように私の中の私と約束をしよう。
2010、2、26
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・心 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

森の奥

暗闇に続く文章です。
暗闇から生還したあとも、
それは時折私を包みます。
なぜなら、それは私の中にあるからです。
---------
森の奥

それは、森の奥深く。
日の光もささないようなところに、
それらの木は生えている。
日もあたらないと言うのに、
どんどんと葉を茂らせ、実を落とし、静かに増えていく。

時折、私はその森の奥深くに入り込んでしまう。
それらの木は私にささやく。
「私は生きている資格がない」
「自分はだめな人間だ」
「失敗ばかり」
「すべて私が悪い」

もうずいぶん前に、
私はそのあたりで何年間も過ごしていたことがある。
そこから立ち去ることよりも、
その毎日を終わらせることばかり考えていた。
私につながれた二人の子どもの小さな手が、私の命をつなぎ、
そこから立ち去る勇気を与えてくれた。
そこから抜け出し、浴びた光は暖かく、
「こんな私でも生きていていいのだ」と感じさせてくれた。

それは自分に対する厳しさでだけではなく、
他者に対する厳しさ。
もっと言えば、自分を含めた総ての者に対する愛情の欠如。

私の未熟な魂は、
一番大切な「愛」を学ぶレッスンをたくさん用意し、
落第生の私はその度に傷つき、
森の奥へと逃げ込んでしまう。

そう、私は逃げ込んでいたのだ。

この森は私が作ったものなのだから。
だから、それらの木は、切り倒したように思っても、確実にそこにあるのだ。

湿ってひんやりとしたそこは寒く、心細い。
けれど、どこか心地よく、
座り込んだ私はそこから立ち上がらない理由を並べる。

「私だけが悪いのではない」
「忙しかったから」
「具合が悪かったから」
「あの人が悪いのだ」

今、森歩きを始めた私は、その奥深くをも見つめる。
何故その木が生え、私はそこへ入り込むのか。
何故、そこから抜け出せないのか。
自分はどこへ向かいたいのか?

それは、とてもつらい作業。
木は太く、切り倒すのには大変な労力を要する。

光の当たらないそこに、私は光を当てられるだろうか?
今度は自らの力で、そこから抜け出す勇気を持てるだろうか?
そしていつか、愛情と言う光をもって、そこを照らせるだろうか?
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

別窓 | 森歩き・心 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

実は先々週、人生二度目の心臓発作を起こしました。
その後、中々体調が回復せず、
そうなるとやはり、私は何故、
このような体と人生を選んで
生まれてきたのだろうと考えずにはいられません。
(カテゴリ・心「知ることの弊害」「I don't know」「問い」
(カテゴリ・アスペ「暴走する脳」
けれど、そう言う時こそ私が自分と向かい合う時です。
---------


これは私なりの瞑想の形。
普通の人は脳を何系統も使わないと知ってから、
それまで普通だと思っていた脳の暴走を意識してしまうようになり、
異常に疲れを感じるようになった。
私の脳をどう扱って良いのかわからず、
夜も眠れなくなった。
人生で初めて、
それまで拒んでいた睡眠導入剤を使うようになった。

たくさんのリラックス方を試したが脳の緊張は取れない。
瞑想をしようとしたが暴走する脳がそれを許さない。

その時私は他の方法でごまかすのではなく、
じぶんに向かい合う方法を選んだ。
これは私が私を知る手立て。
それは危険を伴う冒険。
時には勇気を持って、
自分の姿から目をそらしてはいけない。
そして自分を知りたいという好奇心にかられた探検。

そしてこの文章を人目にさらそうと思った理由を説明する時、
私は昔読んだ本のワンシーンを思い出す。
だが、その本がなんというタイトルだったか、
どうしても思い出せない。
それなのに、その1文はいつまでも私の心を離れない。

主人公の少女は暗闇の中を
たった一つだけ遠くに見える小さな光を目指して進んでいる。
その時少女は思うのである。
人間とは暗闇の中の小さな光を目指すように
誰かに何かを伝えずにはいられない生き物なのだと。

私は自分が作り出していた檻を抜け出し、
森へと足を踏み入れた。
それは、私にしか出来ない、
たった一人だけのもの。
本来なら私一人だけの中で消えて行ってもおかしくないものなのだ。
けれど、
遠くに見えるその光は、あまりにもまばゆい。

私は光を目指す。
そうしてその光の先には又、
他者と言う深い森が広がっていることを知っている。
その人もまたいつか森を抜けて、
光を目指すのだろう。
そうしてその光に出会ったときそれぞれの森はまた深くなるのだ。

私は冒険者であると同時に、
誰かの光になりたい。
願うなら、
あかるく暖かな光に。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・心 | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>