FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

発達障害の脳と油、カクテルパーティ効果、視覚過敏(HSP)とフラメンコ

カクテルパーティ効果とは
「周囲の環境のうち、自分に必要な事柄だけを選択して聞き取ったり、見たりする脳の働き。 カクテルパーティーの騒音の中で、会話をする相手の声だけを判別できるような選別能力をいう」
(「コトバンク」より)

携帯電話には周囲の雑音を消して、相手の声だけを聴きやすくするというノイズキャンセリング機能がありますが、それと同じ機能が人間の耳にもあります。

でも、稀にこの機能がついていない人もいます。
私もそうです。
Wikipediaのページにも「発達障害、特にASDがあると聴覚過敏で情報の収取選択が出来ない」とあります。

個人的にはHSPが関係するんじゃないかと思うのですが。

大勢の人がいる場では、相手の話がほとんど聞き取れないことがあります。
もんのすご~~~く集中して耳を傾けないと聞こえません。
なので、すごく疲れます。

この点でも、フラメンコを踊るうえでハンデが出てきます。
フラメンコは本来ギターや歌などは生演奏です。
練習の時も音楽などに合わせてしますが、
その音がサパテアート(足の音)などにかき消されて聞こえなくなってしまいます。

なので、音楽からどんどんずれて行きます。
と、言うか、どこを踊っているか判らなくなります。
(まあ、下手だからなのですが(^^;)

<対策>
これに関しては、とにかく練習して、身体が自然に動くようになって、
脳が音を聞き取る事に集中できるようにするしかないのかな?と思っています。

あと、聴覚過敏なので、音楽などは全く判らない癖に、
音の微妙な違いに脳が勝手に「なんか違う!」と反応してしまうので、
そういうアクシデントにも柔軟に対応できるくらい練習しなきゃ!と思います・・・。


*************
視覚過敏(HSP)

HSPと診断してくださった長沼医師から
「珍しいくらい過敏」と言われた私ですが、

「でも、目は普通でしょう」
と、思っていたのですが、

フラメンコを始めてから目も過敏だと言う事が分かりました。

人の視覚は自分の左右120度くらいらしいのですが、
その範囲を超えた部分まで見えている?感じ取っている?ようです。
多分、真横より、ちょっと後ろくらいの範囲に反応しちゃっています。

一緒に踊っている時に、他の人が少しでも違う動きをすると、
脳が自動的に
「あ!私、間違った?」となり、動きが止まったり、
意識する間も無く、勝手に身体が動きを変えてしまったりします。

回転の途中でも他の人の動きに気を取られてしまいます。
これも、練習して集中力を高めるしかないですね。


***********
発達障害の脳と油の関係

フラメンコをはじめて1年が過ぎた頃の事です。

セビジャーナスのアバニコ(扇)等のバリエーションも全部覚えて、
発表会や慰問公演なども数回経験し、
セビジャーナスなら、とりあえず踊れるようになっていた昨年6月、
ある団体のパーティで先輩たちと踊る機会がありました。

曲や趣向を凝らして先生が演出してくださるのですが、

それが全く覚えられない、と言う事が起こりました。
覚えたはずの振りも全くできなくなっていました。

家でどんなに練習しても、脳が理解できない。
考えようとしても、覚えようとしても、
脳からするりと逃げていく感じ。

脳に薄い絹がかかっていて、それが邪魔して理解できないような。

それは、発達障害が酷かった頃の症状そのものでした。
(わたもり個人HP「薄絹」参照)

パーティ当日もあれこれやらかし、
出来ると自信を持ち始めていたことが全く出来なかった事に激しく落ち込みました。
(その時書いたのが「落ち込んだ時の立ち直り方」という記事です)

もう何年もそこまで酷くなかった発達障害の症状がぶり返すなんてあるの?
と、驚きましたが、
すぐにホメオパシーセンターさんの相談会と、
久恵先生の食事相談(風土アドバイス)を受けました。

どちらも見解は一緒でした。

「良質な油不足」

それはすごく腑に落ちました。

私はその年の5月に3日断食をした後、
胃腸が食物を受け付けなくなり、
消化吸収能力が衰えたので、
油もの(とくに揚げ物など)を控えるようにしていました。

それまでも良質の低温圧搾油(菜種油)を毎日とり、
週に1回は揚げ物をして食べていたのを、
3日断食以降、1ヶ月以上やめていました。

脳は油で出来ている

と、言っても過言でないくらい、脳には良質な油が必要です。

そこで私は意識して良質の油をとるようにしました。
すると、その症状は1ヶ月くらいで改善されました。
(他にホメオパシーのレメディも取りました)

それ以降はフラメンコのレッスンの前や、
頭の働きが悪い時はスプーンにお塩を少しだけ入れた菜種油をなめるようにしています。
(根拠はないけどお呪い的に)

多分、発達障害があって脳が上手く働かず、
HSPの過敏さがあると、
その情報処理のために脳も疲れやすいのだと思います。


※スーパーで売っているサラダ油は良質な油と言えません。
また、オリーブオイルなどもスーパーで買える価格のものは品質に疑問を持った方が良いでしょう。


***********

フラメンコはこの他にも
舞台用にお化粧をする事で「自分を大切にする」と言う事を教えてくれました。

どんな物事からも、自分と向き合うことが出来ます。
ヒーリングやセラピー、カウンセリングを受けることだけが、
自分と向き合い、自分を知る事ではありません。

現実的に生きて行動し、体験することが大切です。

机上の空論は役に立ちません。
どんなに本を読み、講座を受けたって、
現実世界で生き抜いていかなければ意味がありません。



最後になりますが、
この記事を書いたことで気づいたことがあります。
それは、「言葉に囚われない」と言う事。

普段は意識せず「これが自分の普通」と思っていた事を、
文字にしたことで、何かあると、
「あ、これはHSPの症状で・・・」
等といちいち気にするようになり、
それが私の支障となりました。

なので、「言葉に囚われるな!」と自分に言い聞かせていました。

自分を知って理解し、対策をとる事は大切ですが、
それに囚われ過ぎて、足かせにしてしまっては本末転倒です。

どんな症状があっても、
自分次第で自由にも楽にもなれる
のですから。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | 発達・解離・HSPその他とフラメンコ | コメント:0
∧top | under∨

【対処法編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ

今回はフラメンコと言う新しい事をはじめた途端、
発達障害、HSP等からパニックやフリーズ、解離した私が、
どうやって症状を克服したか?について書きます。

前回はそれらの症状がどうして起こるか?と言う解説を書きました。
そして、乗り越える時の心構えも←ここ大事!

まだお読みでない方は前回の記事からお読みください。

【症状解説編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ


**************
まず、脳に言い聞かせる

フリーズ、パニック、解離しかけた時、
私がどうしたかと言うと、

「大丈夫!出来る!絶対!」
と、言葉にして言いました。

(人前では小声で)

脳は馬鹿だから、
ネガティブな言葉を口にして、
それを自分の耳が聞くと、
それが思い込みでも、
嘘でも、心配しているだけでも、
「本当だ」と勘違いして、
本当に出来なくなるからです。


「駄目だ、出来ない」と口にした途端、
身体が余計にきゅっと硬くなり、
更に動けなくなります。


これは以前記事でご紹介したかめおかゆみこさんに教えてもらった事の応用です。
人間関係がうまく行かないとか、気持ちの切り替えが下手な人に―かめわざのススメ

HSPが疲れやすい理由―ゆるびじょんワークのススメ

だから、上手くできなかったら、身体をほぐすようにします。
肩を上げ下げ、腰を回したり揺らしたり、深呼吸などをします。


**********
自分から逃げない

次に、心の中で自分に「逃げるな!」と言いました。

出来ないことを発達障害やHSP、トラウマのせいにしても、
何の解決にもならない
からです。

それは、自分に言い訳の余地を作り、
それに甘え、やろうとしなくなり、
自分の足を引っ張るだけ
だと判っていたからこそ、

私は今まで色々な事が出来なくても、
どんなに困っても、時間がかかっても
自分なりに解決方法を見つけて何とかしてきたからです。

発達障害やHSP、トラウマのせいじゃなく、
自分の心の問題=自分の弱さやずるさの問題だからです。

(未成年者は両親の問題です)

だから、先生にも先輩達にも、
発達障害やHSPなどの事は一切言っていません。

上手くできないことを説明する時も、
発達障害やHSPを口にする事は一切ありません。


***********
融けて行くトラウマ

フラメンコを始めたのは2016年5月。
自分を攻撃する人がほとんどいなくなり、
私を理解していなくても味方してくれる人が周囲にいるようになってからです。

更に
「自分がどうしたいか?が大事」だと、
自分の芯=センタリングを大事に出来るようになっていました。

最初は新しい人間関係にドキドキしすぎて、
・・・・恥ずかしい話ですが、
まともに先輩たちに挨拶をすることも出来ませんでした。

でも、段々と、皆さんが、本当にいい人達だと判ってきました。

気をつかうとか、労わるとかじゃなく、
本当に普通に、それでいて嫌味なく、
結果的に親切で優しい対応をしてくださったのです。

だから、
「ああ、ここは大丈夫だ。
私は新しい人間関係を得ても、
もう、前の様に嫌な人に出会わなくなってきているんだ」

と、判ってきました。
(フード(風土)ヒーリング&アチューメント&自分を大切にする、の効果)


*********
自分の特徴を理解して対策を立てる

今は初心者が次に習うファンダンゴと言う曲種を習っていますが、
見ただけで何とかマネできるようになっています。

繰り返し練習したことで、
目も、耳も、身体も、脳も、フラメンコに慣れてきた
からだと思います。

それでも、難しくなってくると全く判りません。
とくに、サパテアート(足を踏み鳴らす)は段々と難しくなります。

1カウントにいくつも音が入るようになります。

例:1カウントに4つの音
1/4で左ゴルペ(足裏全体で音を出す)
2/4で右タコン(かかとだけで音を出す)
3/4で右プランタ(つま先で音を出す)
4/4で右タコン(この時左足をあげる)


上級者クラスに混ぜて貰ってソレア・ポル・ブレリアを教えていただいていますが、
いや、もう、ほんとにサッパリ判らない。

最初の半年くらいは練習中に立ち尽くして動けなくなる事も何度もありました。
動画を取らせてもらっても、それでもサッパリ理解できない。

そこで、私は動きを全てバラバラに分解して、ノートに書くようにしました。

前回の【症状編】に書きましたが、
私は目からの情報なら理解しやすくなるからです。
(つまり、自分の特徴を理解していると言う事です)

でも、頭で理解できても、動けなきゃ意味がありませんから、
とにかく身体がその動きに慣れるまで何度も練習します。


**********
脳はバカ

頭で理解できても、ADD脳は直ぐにどうだったか忘れちゃいます。
なので、繰り返し反芻します。

最近は温泉に入っている時などにフラメンコの振りをイメージトレーニングしています。
「瞑想する暇があったら、フラメンコ」です。

更に、理解して覚えても、
身体はその通りに動きません。

目で見た情報を処理する部位、
耳で聞いた情報を処理する部位、
理解する、
覚える、
情報を取り出して、
神経伝達して、
身体の各部位に命令を出して、
実際に動かす脳の部位は、
どれも違うからです。

この神経伝達に障害があるのが発達障害だと、
十勝むつみのクリニックの長沼睦雄医師に教えていただきました。
(長沼睦雄医師は、元脳外科、神経内科の医師でした)

そうなる要素として
・神経を阻害する物質を身体に取り込む
・ストレス
・血流障害
・老化

等があるそうです。

長沼医師によると、
「『発達」がスムーズじゃないだけで、
ある日、何かのきっかけで急に出来るようになる事もある」

との事。

なので、自分の身体に何度も教え込みます。
出来るようになるまで。


**********
揺れない心、動ける身体

この時、出来ない自分や発達障害やHSP等に憤ったり、
心を揺らしていては、邪魔にしかなりませんから、
揺れない心を保つ必要があります。

これには自他の境界(センタリング、グラウディング、裁く心の解放)を身に着けます。


動ける身体になって無いと動けませんから、
身体を整えておきます。

これにはヨガやストレッチ、少しずつでも筋トレをします。
筋トレは骨盤回しや、かかとの上げ下げ、きちんとした姿勢で立つ、などです。


*********

私の好きな衣装屋さんです。




以前写真であげた衣装はイベリアから購入したものです。

衣装を着て踊ると、下手でも気分が上がり、楽しくなります。
楽しいって、ほんとう~~に大事です。

次回はカクテルパーティ効果や目の過敏さなどについて書きます。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | 発達・解離・HSPその他とフラメンコ | コメント:0
∧top | under∨

【症状解説編】発達障害、解離性障害、HSP、パニック、フリーズ、トラウマと脳とフラメンコ

発達障害のある方全てがそうとは限らないと思うのですが、
右・左が判らない方は多いようです。

私の場合は図などで見て「あっち、こっち」で判断することは出来ますが、

「みぎ」「ひだり」と言語化されて言われると、
途端にどちらか判らなくなります。


なので、道案内も、
車でのナビゲーションも苦手です。
「あっち、こっちでお願いします」
と、同行者には予め言っておきます。


2年前から始めたフラメンコでは、
まず、
この「右・左が苦手」と言う特徴が最初の壁となりました。

前回の記事ではフラメンコについての基本情報を書かせていただきました。
ここから書くフラメンコを通して気付いた発達障害やHSPの特徴と、
更に、フリーズ、パニック、解離、トラウマについての、
私なりの克服法について理解しやすいようにするためです。

まだお読みでない方はご一読されることをお勧めいたします。
「発達障害・HSPと脳とフラメンコ」

また、フラメンコのリズムについて書いたメンタルコンサルティングTerraのアメブロ記事もご参照ください。
「細胞に刻まれたリズム」


***********
フリーズ&パニック、解離一歩手前

前回の記事では、
初心者が最初に習うセビジャーナスの最初の6カウントのステップがさっぱりわからず、
出来るようになるまでかなり時間がかかったという話を書きました。

これが年齢のせいか、発達障害のせいかは、
う~ん、正直わかりません。
何故なら、2年経った今はスムーズに出来るからです。

セビジャーナスの場合、
最初はステップだけ(下半身の動かし方)を習い、
その後で腕(上半身)の動かし方を習い、
次に手首のまわし方を習います。
(私の習っている教室では)

後から入った新人の方達を見ていると、
動きがぎこちないながらも、1回目で、
とりあえず最初の6カウントとその逆バージョンの6カウントは出来ていました。
最初から足だけ1番全部出来る方も稀にいます。


勿論、必死に練習しました。
家でも、出来るまで何度も何度もやりました。

ただ、それも、
何がどうなっているか判って覚えたから出来るのであって、
理解していない事には練習しようがありません。


私はこの、「理解」の段階からさっぱり分かりませんでした。
「練習しておいてね」と言われても、
「え?え?え?」と、もうすでにパニック状態でした。

なので、
1カウント目は右足を後ろゴルペ(足全体で音を鳴らす)、
2カウント目左足前ゴルペ
3カウント目右足を左足後ろにプランタ(つま先だけ)
と、コマ送りで教えていただきました。

とは言え、習った筈の右・左もすぐにどっちがどっちか判らなくなり
家に帰ってから動画を見て必死にマネして、
何回も何回も繰り返して「身体に覚え込ませる」ようにしました。

それでも、間違えて覚えている私でした

そうなると、覚えた記憶を正しく書き換えることが出来ず、フリーズ&パニック。
(その前、見ているだけでもフリーズしてましたが)

うっかりすると頭がぼーっとしてきて解離しかけたりしていました。


************
解離性障害とは?

解離、とは、
その時の感情や刺激を心が受け止めきれず、
その感情を自分の中に出来た別人格に預けて感じないようにする症状
の事です。

症状が重くなると別人格が表に出て人格が入れ替わり解離性同一性障害(多重人格・DID)となります。
私はこのDID一歩手前の解離性障害の診断も受けています。

今はなくなりましたが、
昔は気が付いたら数時間たっていたとか、
運転していて気が付いたら別な場所にいたと言う事がありました。


**********
どうしてそうなるか?

フリーズ、パニック、解離にはいくつかの要素が関係します。

発達障害の症状
右左が苦手
動きを連動させるのが苦手
周囲を見て察知しマネするのが苦手

HSPの症状
環境の変化が苦手
新しい刺激が苦手
目、耳、超感覚過敏で情報を拾いすぎる

トラウマ
それまで自分を責め、馬鹿にする人にしか出会ってこなかった為、
どんな反応をされるだろうとビクビクしている
(直感で「この人たちは大丈夫」と判っても怖さが先に立つ)


これらをまとめ、解説すると・・・

新しい事が苦手なので緊張して身体がガチガチになり、

脳の血流も悪くなり

余計に過敏になって、拾った多すぎる情報

情報処理が遅い発達障害の脳が理解しきれずフリーズし、

トラウマから「早く何とかしなくちゃ!」と焦る気持ちが出てパニックになりかけ、

その状態に心が耐え切れず、解離しかける、と言う感じです。



************

多分、今の私しか知らない方には、
驚くような症状かもしれません。

昔は頻繁に起こっていた症状です。

私は今はこのような事はたぶん、

・・・多分、

感じさせないと思うからです。

・・・・多分。
(他者の感じることなので私にはわかりません)

時々サザエさん症状(ADD=うっかりミス)が出ますが。
(ご迷惑かけた方にはホント、ごめんなさいm(__)m)


↑フラメンコを踊る子ども達。
今の私にはこの曲種が何かも判りません(^^;)
不安になった時、自信が無くなった時
私はこう言った動画を見て、
「こんな風に楽しく踊りたい」と思います。
そうやって「自分がどうしたいか?」と言う
自分の芯=フラメンコにおける自分のセンタリングを思い出します。

出来るかどうかじゃない。
出来るようになりたいかどうか?

です。

次回は、
この症状をどうやって解決したか?
について書きます。


メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP

メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebookページ

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | 発達・解離・HSPその他とフラメンコ | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |