FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

何故、お尻が大きくなり、太ももが太くなるのか?

あなたはジーンズの試着でお尻が引っかかるタイプですか?
それとも太ももですか?

どうしてお尻が大きくなり、
太ももが太くなるか判りますか?

これ、実は、またまたフラメンコネタです。
レッスンの時に教えていただいたことなのです。

出来れば読みながら、実際に鏡の前で確認しながらお読みくださいませ。

身体のラインが出る服装(出来れば下着姿)で姿見の前に立ってください。


***********
基本の立ち方

まず両方の足をまっすぐ前に向けて揃えて立ってください。
膝や太ももを、出来るだけくっつけるイメージで。

足の内側に重心があるとイメージできると良いですね。

お尻も内側にきゅっと引き締め、
お腹も引っ込めて、背筋を伸ばし、
首もスッと伸ばし、
頭のてっぺんから糸で引っ張られているように立ちましょう。

イメージとしては、
見えない板で身体の前後からぎゅっと押されて平らにされているような感じ。

ぐっと胃を持ち上げるようにすると、
自然に背筋が伸び、お尻も引っ込みます。


その時の、腰や、骨盤のラインを良く確認してください。


**********
原因は内股です

次に、両方のつま先をくっつけたまま、
かかとを45度になるくらい離して内股になってみましょう。

そうすると、腰が微妙に外側に開きませんか?

判らない方は足をそろえたり、
内股にしたり、
繰り返して確認してみてください。

常に骨盤が外側に広がった状態が「内股」です。

広がった骨盤に合わせて、
その下の太ももも、
微妙に外側に広がります。

その状態で太ったら?
お肉(脂肪)はその状態でつきます。

だから、お尻が大きくなり、
太ももが太くなるのです。


***********
更に、お腹も出ます

内股の状態で、
身体の中心に重心を寄せるようにしてみてください。

上記にあるのをやってみましょう。

「お尻も内側にきゅっと引き締め、
お腹も引っ込めて、背筋を伸ばし、
首もスッと伸ばし、
頭のてっぺんから糸で引っ張られているように立ちましょう」

…出来ますか?
出来ないでしょう?
出来たとしても、両足をそろえた時ほどきれいには出来ないはずです。

変なところに力が入りませんか?
股関節とか、横隔膜のあたりとか、胸の上とか。
疲れるから、良い姿勢を保てなくなります。

内股になると、良い姿勢で立つのも難しいのです。

背中が丸まって、お腹も出ます。
お腹が出た状態だと、腹筋も弱くなります。
腹筋が弱いと、内臓も弱ります。


***********
今度は外股で立ってみましょう

フラメンコではかかとをくっつけ、つま先を外側に45度に開くと安定して立てると言います。
足を45度にしたまま、足を前後にすると、
足先をまっすぐにして前後させた時より、
横にぐらつきにくくなります。

また、足先を45度に開いた状態で立つと、
お尻を引き締め、
お腹をへこませて、
胃を持ち上げ(気持ちで)、
背筋を伸ばすというのが、
楽に出来る
と思います。

フラメンコのサパテアート(足を打ち鳴らす)は、
胃をぎゅっと持ち上げていないと出来ないのです。


********
実は風土ヒーリングにも関係します

私は無意識に足が内股になっているので、
今、フラメンコの為にこれを矯正しています。

レジやATMで並んでいる時、
何気なく、足を床についた時など、
気が付くと内股になっているので、
足先を開き気味にして姿勢よく立つようにしています。

長年の間についた筋肉や骨格はなかなか変わらないかもしれませんが、
それでも継続が大事と思ってやっています。


これって、たぶん、シェイプアップだけじゃなく、
内臓の働きに関係すると思うのですよ。

特に猫背になると肺や心臓、胃を圧迫するし、
腹筋が緩んで、腸も緩み、
背骨も前傾して、腰にも負担がかかり、
肩も前に出るからその状態で、
重たい頭を持ち上げようとして、首にも負担がかかります。


猫背を治すためには立ち方が大事なのです。

風土ヒーリングは食べ方だけじゃなくて、
生活習慣や生き方、身体の動かし方全般を見る食事法ですから、
姿勢も気を付けた方が良い
と思います。

筋肉が変な付き方をしていると思うので、
毎日少しずつ、気づいた時にやって、
筋肉をつけ直して行ってはいかがでしょうか。

美しさの為だけじゃなく、
健康の為にもやってみるようお勧めします。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | シェイプアップ・ダイエット | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |