「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

アスペルガー故に

最近、アスペルガーと診断されて、
周囲の理解が得られずに
苦しんでいる人に会う機会が数回ありました。
一見普通に見えるから、
性格の問題とされるんですよね。
どうしてもネガティブなとらえ方を
本人がしてしまうし。
私の経験から言えば、
普通に暮らせるし、
そんな風に暗くならなきゃいけないの?
と、思います。
「大丈夫だよ」
と、当事者から言ってもらえる経験て
なかなかないのかも。
確かに大変だったけど、
乗り越えて来れました。
私はたいした力はないけれど、
当事者として「大丈夫だよ」
と言ってあげることはできるかなと思う今日この頃です。
別窓 | 森歩き・アスペルガー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

世間話

アスペルガーの大きな特徴の一つ、
コミュニケーションについての文章です。
-----------
世間話

アスペルガー症候群の本には、
「世間話が出来ない」とか、
「返答もハイ、いいえだけで、それ以上の会話が無い」
などと書かれていることが多い。

私に関してもそれは当てはまる。
が、
「それをなんとも思わないように見える」
と書かれているが、それは違う。
おそらく、多くのアスペの人が、
何とか会話しようと、脳の中で必死にがんばっていると思う。

「良いお天気ですね。」
と、言われ、
「そうですね。」
と返事をしてもそれ以上の言葉が出てこない。
何とか気の効いた、いや、
そうじゃなくても何か言葉を言おうとするのだが、
池に石を投げ込んだときの魚のように、
言葉が逃げていってしまう。
普段から、こう言われたらこう返事をしたらいいのか、と、
考えていても、いざその場面になると言葉が出ない。
それでも相手に不快な思いをさせたくないと、
笑顔を作るが不自然なのだろう。
本には「ニヤニヤしていることが多い」と書かれている。
もしくはなんでもない風を装うとするが、本には、
「それ以上の会話が無くても平気そうに見える」と書かれている。

私に関しても、私の知るほかのアスペの人にしても、
かなり脳の中で必死に努力していると思う。
どうして自然に言葉が出るの?
何故そんな風に次々に会話が出来るの?
と、不思議でならなかった。

今では一見普通に会話しているアスペではない人々も、
会話に困ることがあるらしいと気がついた。
「お天気・健康・子どもの話」は親しくない人とでも共通の話題だ。
それらに気がついてからは、
昔よりはましになったと思う。
また、何か言われたら、
相手の言葉をイントネーションを換えて言うのもいいらしい。

それでもやっぱり私は
世間話や普通の会話と言ったものが苦手だと思う。
緊張したり、ストレスがあるとまったく言葉が出なくなったり、
逆にとにかく早口で話しまくったりしているが、
自分ではどうにも出来ないことが多い。

基本的に一人が好きだから、
沢山話をしたいわけではない。
相手に失礼のないようにと思うだけだ。
他の人から見ると判らないかもしれないが、
自分なりに努力し続ける日々である。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・アスペルガー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

アイコンタクト

アスペルガーの特徴の一つに、
目と目を合わせられない(アイコンタクトが出来ない)
と言うのがあります。
私自身がアスペだと気がついたのは、
38歳ころだったので、
(カテゴリ・アスペルガー「アスペルガー症候群」2011年5月11日参照)
それまでに沢山痛い思いをして、そうせざるを得なくて、
私が自力で克服した(と、思っている)物です。
----------
アイコンタクト

アスペルガーの特徴に、
目と目をあわせられないと言うのがある。
これは自分がアスペだと気がつく前、
中学生の頃より違和感があった。
本を読んで、やっぱりそうだったのかと思った頃には、
ほぼ、自力で克服できていたと思う。

中学時代に人と目を合わせると、
何かまずいものでもみたかのようにそらしてしまっていた。
まるで目と目が磁石の同じ極のように、
アイコンタクトを弾いてしまう。
つまり、それまでは自分が人の目を
まるで見ていないと言うことにすら気がついていなかったようだ。

「何故、目を合わせるのだろう?」
「何故、相手の人は平気そうなのだろう?」
「人の目を見てもいいのだろうか?」
他者と目が合うたび、体が緊張し、
とても気まずいような気持ちになった。
社会人になった頃から、
どうやら他の人は自然に目を合わせ、
それどころか話すときは相手の目を見ないのは失礼に当たるらしいと知り、
どうにか相手の目を見るように努力しだした。
しかし、「自然に」出来ない。
どのくらいの時間目を合わせていいのかわからず、
相手をじっと見すぎてしまい、
不愉快にさせてしまったこともある気がする。

それから更に15年くらいは努力し続けたと思う。
途中に様々な人生の壁にぶつかり、
自分を見つめなおし、
時には本を読んだり、カウンセリングを受けたりして、
自然にできるようになったと自分では思っているが、
本当に出来ているかはわからない。
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

別窓 | 森歩き・アスペルガー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

聴覚異常

これは数年前に気がつきました。
診療科目を問わず、医師に話すと、
皆さん一様に「うん、うん。」とうなずくので、
わりと良くある症状なのかもしれません。

台風の通り道の皆さん。大丈夫ですか?
どうかお気をつけて。
---------------------------------------------
聴覚異常

これはアスペルガー症候群に関する本を読んでいたとき、
その特徴の一つとして書かれていた事柄である。
けれど、たくさんの本を読みちらかしたので、
どの本に載っていたか定かではない。
すべての本に載っていたわけではないと思う。
だがしかし、とにかく、それらの本に載っていたのを見て初めて、
自分が子どものころから感じていた違和感が、
「聴覚異常」と言うものだと知った。

普通の人は大勢の人がガヤガヤと話をしている場所などでも、
今会話をしている人物の声に焦点を合わせて聞き取ると言う機能があるらしい。
今では携帯電話の機能の一つとしても加えられている。
しかし、私はそれが出来ない。
すべて同レベルの音量で聞こえてしまう。
当然相手の話も聞きとれない。
昔から良く聞こえずに聞き返すことが頻繁にあった。
会話の流れをストップさせてしまうので、
少々しらけさせてしまうようだと気がついたのは、
自分がアスペルガー症候群だと知ってからだ。
きっとそれまでも多くの人に嫌な思いをさせてきたのだろう。

中学校までは少人数の僻地校で過ごしていたので、
都市部の高校へ進学したときは、
教室の中が異常にうるさく感じられ、
教室や廊下にいるのが辛かった。
昼食はなるべく静かな場所を探して食べていたが、
先生に教室で食べるように注意されて、
教室にいるようにしたところ、
食欲自体をなくした。
食べていなければ他の場所に行ってもいいからだ。

それも、この聴覚異常が原因だったのかもしれない。
うるさい場所での会話は今でも困る。
内容がわからなくてボーっとしてしまうこともある。
それでも、自分にはそのような特徴があると知っているだけ、
以前よりは気が楽なような気がする。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村


別窓 | 森歩き・アスペルガー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

暴走する脳

これは私がアスペルガー故の症状と思っていることです。
ですが、アスペについて書かれた本には出てきません。
医師には、アスペだからだと言われました。

頭の中で起こっていることは、妄想?なのでしょうか?
それゆえにアスペは統合失調症と誤診されやすいのかも知れません。

このようなことが起こっていても、
私はずっと普通に生活してきて、
この状態が普通だと思ってきました。
---------------------------------------------------
暴走する脳

これは発達障害を専門とする医師に、
アスペルガー症候群の特徴だと言われた事柄である。
けれど、私は今でもそれは何かの間違いで、
ほとんどの人が私と同じように
脳を機能させているのではないかと考えている。
いや、思っている、のだ。
根拠は無い。
そう思う理由は、私には私の脳の働きを知ることしか出来ないからだ。
そして、それが私や他のアスペルガーの人たちだけに起こる、
特殊なことだとは思いたくないと言う気持ちもある。
なぜなら、私はずっとアスペルガー症候群だと気がつかずに、
普通に生活してきたからだ。
もちろん、脳が混乱することはあった。
しかし、それが異常だとは知らなかったので、
不自由だと思ったことは無い。

私は脳の中で、3つほどのことを同時に行っている。
あるいは、脳が勝手に働いている。
例えば、今現在目の前の人物と話をしているとしよう。
まず、私の脳はその人物と会話するために使われている。
それと同時に脳の中で、勝手に過去の会話を脈絡無くリフレインしたり、
架空の会話をしている場合もある。
そして更に同時に、
何の関係も無い言葉や音楽を勝手にエンドレスで流している。
もちろん何かを食べたり、
手仕事をしたりしながら会話している場合もあるから、
脳は更に多くの仕事をしているのだろう。

他の人たちは本当にそのように脳を使っていないのだろうか?
それとも、これはアスペルガーの特徴ではなく、
私だけに起こる現象なのだろうか?

頭の中が、空想の世界に引っ張られすぎることもある。
子ども時代はそうだったように思う。
けれど現在は、目の前のことに対処しつつ、
脳が勝手に動いて架空の会話をしていたりする。

医師にそう指摘されて、私は混乱した。
私は異常なのか?
普段から疲れやすいと思っていたのは、
それでなくてもエネルギーを大量消費する脳を、
そんな風に使っているからなのか?

そして、私は試みた。
脳を一つのことだけに使うように。
ためしにラジオを聴くことに集中してみた。
すると私の脳はラジオを聞くと同時に、
その内容をほんの少しだけずらして再生しだした。
頭の中ではエコーがかかっているように聞こえる。
私が記憶しようとしているわけでも、
再生しようとしているわけでもない。

それからもしばらくの間、
脳を一つのことだけに集中させようと試みた。
その結果私に訪れたのは、
疲労と心労、そして眠れない夜だった。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村

別窓 | 森歩き・アスペルガー | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>