「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

KEEP・読書

今日は私が自分自身を知って、自分を保つためにしていること、
「KEEP」の文章です。

今回は読書について。
難読症を克服してからは、
読書大好きになりました。
最近は実用書ばかり。あと、漫画。
ゆっくり小説を読みたいです。
------------------------------------
KEEP   読書

もともと難読症であった私だが、
現在読書はなかなか自由な時間の取れない私にとって、
娯楽であり、ストレス解消法の一つとなっている。

何かを調べるために実用書を読み漁るときもあるが、
それが続くと脳が疲れたと悲鳴を上げるので、
そういう時は小説、物語などを読んで、
脳の中を別世界へ連れて行く。
そうすると脳の中がリセットされて、
またうまく働くようになる。
かなり疲れているときは、
マンガを読む。

実用書はそのとき興味のある事柄について、
何冊も本を図書館から借りたり、
購入したりして読む。
小説などはほとんど図書館から借りる。
現代社会が舞台になっているものは、
身につまされることが多く、
世知辛い気持ちになるのであまり読まない。
ファンタジー小説や江戸時代の日本を舞台にしたものをよく読む。

本当は純文学作品がすきなのだが、
私は鬱になりやすい体質だと自覚しているので、
体調が悪いときや、忙しいとき、
気力が無いときは読まないようにしている。
心にずしーんと来る本を読むだけで、
落ち込んでしまうからである。

大抵はまとまった読書の時間が取れないので、
ほんの少しの時間を有効利用できるように、
ソファの横、枕元、車の中、かばんの中、机の上・・・、
と、それぞれおいておき、
数冊の本を平行して読んでいる。
時折何の前触れも無く難読症の症状が出ることがある。
そういう時はなるべくそこでやめずに、
字の意味が頭の中で理解できるまで、何度も何度も読み返して、
克服できてからやめるようにしている。

別窓 | 森歩き・KEEP | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨

記憶

今日はカテゴリ・スピリチュアルの文章デス。
普段は怪しい人だと思われるので、
決してスピリチュアルの「ス」も出さないようにしています。

先日法事があって、いとこ連中は皆スピリチュアルなので、
そういう話をたくさん出来て楽しかったです。

そうだ、ご意見はいらないけど(笑)
ご質問等ありましたら、
メールフォームからメールくださいね。
----------------------------------------------
記憶

私は畳の上にひかれた布団の上で横たわっている。
敷き布団は厚く上質のものだ。
その肌触りも覚えている。
畳はまだ緑色が美しいが、
それがたたみ独特のにおいで部屋を満たしていたかは判らない。
布団の右手には一面に障子があり、
障子紙が昼の光で白く明るく見える。
その向こうには庭があると知っている。

頭側と左手の壁には一面にふすまがあり、
その上部には欄間がある。
欄間には御簾がかかっている。
豪奢なものではなく、
とてもシンプルな、それでいて上質のものだ。

足元の壁には廊下へ続くふすまがあり、
今、その向こうへと、
木の手桶を持った着物を着た人が歩み去ろうとしている。
その人が女性か男性かはわからないが、
私はその人に何か声をかけようとした。
が、かけられないまま、私は息絶えた。

私は男性であったと思う。
また、その場所はなぜか神社に関係する場所だったと思っている。

それが、私の前世の記憶と思われるものである。

私は時々、ふと思い出しては、
あの時、私はなんと声をかけたかったのであろうかと思う。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ
にほんブログ村
別窓 | 森歩き・スピリチュアル | コメント:0 | トラックバック:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>