「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

メンタルへのホリスティック医療ケア 魂編 2

「メンタルへのホリスティック医療ケア 魂編 1」の続きです。
自分の体験をもとに書いています。
メンタルへのケアは「身体」「感情」「精神」「魂」の順にケアしていこうと提案しています。

前回は「魂の目的にあった生き方をしよう」と決めたところまで書きました。
けれど、「その目的とは何か?」を探さなければなりません。

「スピリチュアルなことを恐れない」

私が魂本来の生き方を選べなかったのには、理由があります。

一つは私の生い立ちに関係します。
それは精神レベルでインナーチャイルドの癒しをする中で解決しました。

もう一つはスピリチュアルな物事に対し、
心の深いところに恐れや罪悪感や戸惑いがあったからです。

それもはじめ、インナーチャイルドの問題だと思っていたのですが、
そうではなく、もっと深いところにあると次第に気が付きました。

思い当たるのは数年前に体験した記憶です。
ある神社の写真を見て「ごめんなさい」と言って泣きじゃくったことでした。
(「巫女ー前世の記憶」参照)

どうやら私はその神社の巫女で、何か特別な力を持って何かをしていたらしい。
その力を自分のために使ったことをいまだに後悔して、
その前世の世界(時代・記憶)の中で泣き続けている。

それが今のスピリチュアルを受け入れきれない原因ではないかと考えました。

私はそれから瞑想をして前世の私にアクセスを試みました。

「もう全て終わったよ」
「もう泣かなくていいよ」
「あなたは自分を許していいんだよ」
「もう怖がらないで」
「一緒に外の世界へ出よう」

話しかけるうち、別な映像も見えてきました。

クリスタルヒーラーさんが主催する瞑想会に参加した時には、
宇宙空間をどんどん進んでいく映像が見えました。
額の第三の目が我慢できなほど痛みクリスタルをお借りしてそこにあてました。
私の後ろにはたくさんの天使が続いています。

つぎには私が巨大化してゆっくりと回る地球を見ています。
とても穏やかな気持ちです。
まるで地球が私の子どもであるかのように穏やかな愛あふれる気持ちで見ています。
その地球は今より海の色が濃い色をしていました。

それは前世の巫女である私が閉じこもった世界で見ている映像だと私は思いました。
だから彼女に「一緒に行こう!」と引っ張り出して、
一緒に宇宙空間を飛びました。

どちらも私なので気がつけば私たちは一つになっていました。

それなのに瞑想が終われば彼女は再び自分の世界へとこもってしまいます。

「さすが私の前世だけあって頑固だ」と思い、←(笑)
彼女を説得するのは諦め、私は別な方法をとりました。

レイキの自己鍛練法に「念達法」と言うのがあります。
(土居 裕著「癒しの現代霊気法」参照)
頭に手を当ててレイキを送りつつ、潜在意識にメッセージを送ります。

「私はスピリチュアルな物事に対する恐れや罪悪感、戸惑いをすべて外しました」
(完了形でいうのがコツのようです)


・・・・・本当に、少し前の私なら「馬鹿じゃないの?」と思ったようなことを大真面目にやっています(笑)

けれど、それは効果があったようです。

数週間が過ぎたころ、
私はとてもとても重要なことを思い出すことになりました。


(次回へ続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

別窓 | スピリチュアル | コメント:0
∧top | under∨

メンタルへのホリスティック医療ケア 魂編 1

あなたはスピリチュアルなことに抵抗がある人でしょうか?
私は35歳くらいまで思いっきり「ある」人でした。
「医療ケア」なのにスピリチュアルって・・・・と、昔の私なら思ったかもしれません。
いえ、今でも頭のどこかでそう思います。

でも、今回のメンタルの回復にはスピリチュアルな物事が関係していました。
実際にそうだったのだから仕方ありません。

スピリチュアル系のヒーリングの本には魂レベルでの癒しが本当の癒しで、
それだけで根本解決になると書いているものも少なくありません。

それが根本解決なのだとしたら、確かに必要かもしれませんが、
だからと言って「身体」「心」の癒しをしなくていいことにはならないと思います。
この連載をここからお読みになるという方、
まずは「身体」「感情」「精神」の順にケアをしてくださいね。
(「メンタルへのホリスティック医療ケア 身体編」「同 感情編」「同 精神編」参照)


さて、今回の私のメンタルへのケアにはどうしても魂レベルの癒しが必要でした。
だからと言ってどこぞの霊媒師に「何とかしてもらう」ものではありませんよ。

何度も書いていますが、自分を癒せるのは自分だけです。
ヒーラーさんはツールの一つであって、
なんでも治してくれる魔法使いではないのです。

(もし、「救ってあげます」と言う「特別な力のありそうな人」がいたら、
心の弱った人はすがってしまうかもしれません。
けれど、それは疑った方が良いと私は考えますし、
自分の力で立ち上がったのではない人は、それから先もずっと、
自分で立っていられない人になると私は思います)

魂・スピリチュアルには今回3つのことが関係し、私は生き方を大幅に変えることになりました。

「魂の本来の生き方を選択する」

私はスピリチュアルな家系に生まれ、
アスペルガー症候群でHSPで、病気だらけで、おまけに薬剤過敏症で・・・・。

それなのに、どうしてこの人酪農家の嫁なんてやっているの?

と、思っていた方、いらっしゃるかもしれません

でも、私は大真面目にできると思っていたのです。
「人間、本気になれば何でもできる」と。

それは私にはまったく合わないものでした。
(「空を飛ぼうとした魚」参照)
この世に生まれた本当の目的があるのに、
それとは違う生き方をしていたのです。

A地点へ向かうはずなのに、無理やりB地点へ向かっているのです。

無駄にエネルギーは消耗するから必要以上に疲れるし、
無理やり楽しく思わなければならないと自分を縛っていたので心も疲れました。

更に、私の魂は何とかA地点へ向かわせようとして、
身体に色々なサインを病気という形で送ってきていました。
それすら無視して働き続けて倒れるまで、頑固な私は見ようとしませんでした。

自分の魂の目的はおろか、スピリチュアルな物事を本当の意味で認め、受け入れ、
頭で理解するだけでなく、A地点へ向かう人生を選択することができていませんでした。

そこでまず、「魂の目的にあった生き方をする」と決めました。

現実の生活を変えるとか、離婚や転職すると言うことではありません。
魂の目的地を認め、気持ちをそこへ向けるということです。
そしてそれを全力で選ぶ。
勇気と覚悟と愛を持って、楽しんで自由にそこへ向かうということです。
それが喜びとなる人生を送っていこうと決めたのです。

はじめは魂の目的がわかりませんでした。
けれど、これまでの人生ではないことだけは確かです。

そこから「その目的とは何か?これからどう生きるのか?」を探しました。

そのために私は瞑想・オーラソーマ・クリスタルヒーリング・スピリチュアルなカウンセリング
レイキによる自己ヒーリング・ホメオパシーなどの方法を利用しました。
その中でたくさんの出会いをえました。

それらは「あなたの目的は○○ですよ」と言うものではなく、
あくまでヒントをもたらし、最終的には私の魂が覚醒し、
自分でそれを知ることになりました。

今はその目的を知りました。
そして、その人生を選んでいこうと思います。

しかし、それには次のことを解決しなければなりませんでした。

(次回へ続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | スピリチュアル | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>