「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

裁く心を手放す―瞑想WSから

先日「瞑想ワークショップ始めました♪」をUPしました

これからは時々、WSの中で私がお伝えしたいことを少しずつ書いていこうと思います。

************
裁く心を手放す

瞑想WSは、はじめ簡単な自己紹介をしてから、
まずは30分ストレッチをします。

私は日ごろクライアント様をお迎えする前に身体、
特に肩甲骨周りをほぐします。

肩甲骨周りにはエネルギーのつまりが起きやすいのです。
そこが詰まっていると思うように力を発揮できません。
瞑想をする時には特に良くほぐしたほうが良いです。


はじめはただ
「身体を緩めたほうが瞑想に入りやすいから」
と言う軽い気持ちだったのですが、
その中に大切な学びがあることに気が付きました。

その一つが「裁く心を手放す」こと。

ストレッチや体ほぐしはたくさん曲がること・伸ばすことより、
筋肉を刺激することが大事です。

私も肩、腰、股関節、首、その他痛いところたくさんなので、
本当に毎日やっているの?と言うくらいうまくできません

それでも刺激してあげると、いつの間にか体がほぐれている自分に気が付きます。
身体はちゃんと答えてくれます

普段しなれていないと、どうしても

「上手にできたほうが良い」
「たくさんまがった方がいい」
「うまくできないからダメ」などと思いがち。

でも、「良い・悪い」って、どういう基準でしょう?
例えばスポーツ選手を基準にしたら普通の人なんて全員「悪い」になっちゃいます。

「良い・悪い」なんて、人により、国により、場合により、
時代などなど・・・により変わるあいまいなものなのです。


*:*:*:*:*:*

この「裁く心」
実は人を苦しめる元なのです


私はご相談の中で「ご自分と向き合ってください」
「ご自分をよく見つめてください」と言います。

この「自分を見つめる」作業、
やっているうちにはまりがちなのが、

自分の掘ったふか~~~~~い穴に落ちてしまうこと

私もそうでした(笑)

「自分てダメなやつ~~~~!」と自己嫌悪の嵐

「ダメ」つまり、「悪い」って裁く心があるから、そうなっちゃうのです。

でもね、それじゃ前に進めないのです。
見つめる意味がないのです。

「自分を知り、新しい、もしくは本来の自分になる」のが目的で
自分と向き合っているはずなのに、
自分を責めるばかりでは意味がありません。

*~*~*~*~*

そこで必要になるのが「裁く心を手放す」こと。

「良い・悪い」に分けて問題が解決するならいいのですが、
どちらかと言うと苦しくなるだけですから、
裁く心は持たない方がいいのです。


これは人間関係でも言えることです。

「良い・悪い」に分けてもそれは人それぞれの考えがあることですから、
はっきり、きっぱりなんて裁けるはずがありません。

よくいますよね。
味方を作ろうと相手の悪口を言う人。
そして、対立して・・・、「自分は悪くない」って言う人。
それで、勝ったとして(勝つって何?)幸せになれるのかなぁ?

それから誰かを責めるばかりの人。
人の失敗、間違いをあげつらったり。
口に出さなくても心の中で「悪い」って裁いてしまうから、
人間関係が難しくなる。
もしくは「悪い」って思う自分を責めて苦しくなる。

それよりは
「どうしてそうなったのか?」
「どうしてそれが起こっているのか?」
「自分はどうしたいのか?」
「これからどうしたら良いのか?」

って、客観的に考える癖をつけたほうが心が楽になります。


あ~、メンタルコンサルティングTerraを初めて3ヶ月。
この「裁く心を手放しましょう」って、何度言ったことか。

これで苦しんでいる人、結構多いです。

あなたはどうですか?

*=*=*=*=*

瞑想WSではストレッチをしながらこの「裁く心」を見つめ解放していきます。

これって本で読んだり、理屈で言われても、実は身につかないもの

心へアプローチするには身体からしてみると
すとん、と、腑に落ちるものですよ(*^^*)

とは言え、瞑想WSは出張で呼んでいただかない限り、
当店でしか受けられませんし、定員は4名。
(せまくてスイマセン
でも、厚さ10ミリのヨガマットを一人一枚ご用意しているので寝ながら瞑想も可能です)

それでもご自分でストレッチやヨガをしながら「裁く心を手放す」って出来ると思いますよ。
やってみてくださいね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | 瞑想 | コメント:2
∧top | under∨

健康になれる食事

昨日「健康になれる食べ物」をUPしましたが、
その続きです。

「健康になれる食べ物」って、何かわかりますか?

食べ物自体はどれも、
それが自然のものならば
身体に良いもののはずです。

全ての人が「自然食料品店」などの
体にいい食材を使えるとは限りません。


大事なのは食べ方、です。

じゃあ、どんな食べ方でしょう?

*~*~*~*~*

それは、毎日の普通の食事を体に負担のかからないものに変えること。


一日の食事で体に悪いものをとっていて、
それで体に負担がかかって健康のバランスを崩し、
それをなんとかするために更に何か食べたり、飲んだり、健康法を試すって、
効率悪いと思いませんか?

それよりは毎日の食事を体に良いものに変えるだけの方が簡単です。

実際、食事法を変えた私は今、身体が軽く、
甘いものや肉類など、
「中毒的に」無性に食べたいということがありません。

体重も昨年の今頃から比べたらマイナス10キロです(^^)

身体がバランスを崩していると、
足りないものを補うためにある特定のものを食べたがります。


身体が悪い方へ向かっていると、身体に悪いものを食べたくなります。
(健康状態を悪くしてあえて病気にして、体の中の不要なものを排泄させる、自然治癒力ゆえです)

身体に悪いものを排泄させるには、病気になるか、
身体に良いものを入れて自然に排泄させるかしかありません。


これからつくられる細胞の原材料が良いものか、悪いものか?

あなたはどちらを選びますか?

*=*=*=*=*

でも、具体的にどうしたら良いの?って、思いますよね。

私の食に対する基本的な考え方は
大正生まれの父方の祖母の教えです

「身体にいからって、一つのものだけ食べるのはダメだ。
全部体に良いものだから、少しずつたくさんの種類を食べるのがいい。
なんでも薬を飲むんじゃなくて食べ物で体を良くするんだ」


当時の私は「好き嫌い大魔王」で、
「食べること自体が大嫌い」でした

そんな私に祖母は繰り返しこの言葉を言い、
「これは血を作る食べ物」
「これは身体の毒を出してくれる食べ物」
と、教えてくれました。

最近やっと、その言葉の意味やすごさがわかってきました。

「食」って、本当に大事です。
「身体」だけじゃなく、「心」にも、「魂」にも影響します。


*-*-*-*-*

健康相談の中でも最近は「食」に関するお話をさせていただいています。
限られたお時間の中では上記のような基本的なお話だけになってしまいますが。

実は、一人ひとり食べたほうが良いものと、
食べない方がいいものが違うって知っていますか?


例えば「水」

たくさん飲んだほうが良い人と、
飲まない方がいい人がいるって知っていますか?

そういう一人一人の「食」に関するケアの必要性をすごおおおおおく、感じています。

・・・そこで、

・・・・そこで、←2回も言う?

「メンタルコンサルティングTerraの食事指導」

開始します!

アトピー性皮膚炎、アレルギー、精神疾患、不妊症、過敏性症候群、発達障害
病気を治したい人
などなど・・・・。

体質、今の状態、生活環境、好き嫌いなどに合わせた
オーダーメイドの食事指導を開始します。

いきなり健康に良い食事をしろって言っても無理なのは、
私も体験済み。←かなりのめんどくさがり

今の「食」をほんの「少し変えるだけ」から始める、
「ファーストステップつき」の食事指導です。


今は試運転期間。

本格的に始動したら、またここでお知らせします。

・・・てか、待っている余裕のないクライアント様、たくさんいます。
少しでも早くお知らせできるように頑張りますっ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>