「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSPが苦手な物事あれこれ①―読書

HSPは5人に1人存在すると言うあらゆるものごとに過敏な性質です。
私、わたもりもHSPです。

私はHSPの中でも特に過敏な「過激に過敏な人々=ASP」であり、
これは全人口の4%がそうだと言われています。

私はかなり過敏ではありますが、
現在は自分の特徴に合わせた生き方が出来ています。

その克服した経験をいかし、
Terraでは「HSPサポート」と言うサービスも行っています。

・・・と、初めてご覧いただく方向けのご説明をしてみました(^^;)

このブログ内にもHSPに関する情報がたくさんあります。
PCでご覧いただいている方は、右上の方に
「ブログ内検索」と言うのが付いていますので、
「HSP」で検索してみてください。

今回から過去記事で触れたことも含め、
HSPが苦手な「意外な」ことをシリーズであれこれ書いてみたいと思います。

HSPサポートの中でお伝えしていることですが、
文章で表現しておいた方が、ご案内しやすいので。
実際のHSPサポートでは、その方にあわせてサポートさせていただきます。
同じ症状でも、原因は様々だからです。

************
今回はまず、「読書」について

実は
「本が読めない」
「本を読んでも頭に入らない」
「興味を持って手にしても、本を開く気がしない」
と言うHSPの方が多いです。
(「気にしすぎ人間へ」参照)

これにより、難読症の症状と間違われ、
LD(学習障害)と診断される方もいらっしゃいます。


見分け方としては、
「時と場合によって読めるときと読めない時がある」
かどうかです。

*~*~*~*~*~*
何故本が読めないのか?

これは「気にしすぎ人間へ」と言う記事にも書きましたが、
著者(編集、発行した方を含む)の「気」に影響されるからです。

著者が次のような場合に拒絶反応が起こるようです。

・著者の言っていることと、実際の行動や考え方が異なる
・著者の心が汚い
・他者をコントロールしようとしている
・現世利益的な理由で発行された
・著者の「気」が汚い


他にも色々ありますが、
言葉では言い表せないような
「何か」を感じ取ってしまって身体と心と魂が
拒絶するために読めない場合が多いようです。

Terraでも時々本をお勧めするのですが、
「頭に入らなくて」
と、おっしゃるHSPの方が多いのです。

その時は、読めなくなる理由をご説明します。

著者がどのような「気」を持っていて、
どのような方か、あるいは、
書かれた時の心持などがどのように推測されるか?
等を説明し、
その上であえてその本をお勧めする理由をお伝えいたします。

すると、四苦八苦されながらも、
必要な部分だけでもお読みくださるようです。

**~~**~~**~~**
読めない時の対策

まず、無理に読む必要はないと思います。
自分の感覚を信じて大丈夫です。
私は「この著者とは『気』が合わない」と感じて読まない本も沢山あります。

「課題図書」などの為にどうしても読む必要があるとすれば、
自分の中で、次のような作業をしてみてください。

1、 何故その本を読まなければいけないかを再認識する
2、 その本を読んで自分がどう感じるかを言葉にしてみる

「書いていることと、本当に思っていることが違う」
「自分はこんなにすごいんだよ、と言いたいだけだから」
等、無意識の自分の感覚を言葉にして、
出来れば紙に書くなど視覚化してみてください。
3、 とりあえず、自分の感覚を肯定し、受け入れる
4、 その上で、読むかどうかを決める


自分の中で折り合いがつけられると、
意外と読めるようです。

*:::*:::*:::*:::*
どうしても読みたくない時の対策

私は帯広で行われている
「NEXTリーディング 読書会」と言う集まりに何度か参加したことがあり、
そこでの本の読み進め方が参考になると思います。
(小説などには不向き。実用書向きです。
実際の読書会よりかなり省略して記述します。)

1、 目次を読む
2、 目次の中から気になる項目を取り出し、
質問形式で付箋やノートに書く(ページ数も必ず記入)


先日の「気にしすぎ人間へ」の目次を例に挙げると

<目次に書かれている事>
「クヨクヨはどこからくるのか」27ページ
気にしすぎてクヨクヨは、自分の中から生まれる

<質問>
クヨクヨが自分の中から生まれるってどういうこと?27ページ

3、 その箇所だけ読む
4、 2の質問に答える形式で記入する


本の厚さによって質問数は異なると思います。

この形式で読み進めると、意外と本全体を把握できたような気になります。
と、言うか、本は無理に全部読む必要がないと言う事が判ります。
HSPなら一部を読んだだけでも、
著者の人となりが判るでしょう。

(読書会は提示された質問に答える形式でグループ内で発表します)

*==*==*==*==*
その他の理由として考えられること

HSPは本そのものだけではなく、
様々な要因からも読めなくなる場合があります。

・心の準備が出来ていない
色々なことが気になりエネルギーを消耗しやすいHSPは、
本を前にして「読むぞ!」と言うエネルギーが不足していると
読めないことがあります。

・他に気になることがある
空間の状態、部屋の状態、自分の体調、
家人の動向などが自分の精神状態にあっていないと読めません。

・精神状態が不安定
仕事や人間関係で気になることがあったり、
ストレスがたまっていると
精神状態が乱れて読めません。
(これは非HSPの人もそうかな?
でも、より強く影響されやすいと思います)

**********

もしかしたら、この記事は非HSPの方には
さっぱりわからない感覚かもしれません(^^;)

次回は
「自然素材だから大丈夫」
と、思われているものについて書きます。
掲載がいつになるかは・・・私にもわかりません(^^;)

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
HSPが苦手な物事あれこれ①―読書…の続きを読む
別窓 | HSPが苦手なこと | コメント:4
∧top | under∨

その後のソウル・ナビゲーション

ソウル・ナビゲーションをこちらでご紹介させていただいてから約半年。
その後は記事にすることもなくいたのですが、
地味~にご要望があります。

月に1~2回ほどだったのが、
ここへきて何故かご要望が多く、
週1ペースでさせていただいています。

遠方から受けに来てくださる方もいらっしゃいます。
時にはその日のうちに2回連続で受けられる方も。
短期間でリピートされる方もいらっしゃいます。

確かに他のご提供サービスでは解決できないことも多く、
開発して良かったな~と思います。

今回はソウル・ナビのその後についてご紹介させていただきます。

**************
簡単なソウルナビのご説明

ソウル・ナビゲーションは私と流輝先生の二人で行うヒーリング法です。

2人でエネルギーを送りつつ、
USPT(タッピング)と催眠誘導により、
クライアント様をご自分の潜在意識(あるいは無意識)の世界へ導き、
意識を失うことなくご自分で問題の答えを見つけていただきます。

見えない世界の良くないものの影響から守り、
自分の内側を見て行くものです。
そこには過去世なども含まれます。

私達が見えない世界に安全に守られた道を作り、
そこをご自分で歩いていただくようなイメージです。

見えたもの、感じたことを否定せず、
どんなことが見えたか起こったかをクライアント様に
お伝えいただきます。
そうして導き手である私たちと会話をしていきながら、
過去の記憶や過去世などの世界を進んでいただきます。

そう、ソウル・ナビでは過去世もご自分で見ていただくことが可能です。
但し、見る必要があれば、ですが。

それらはたいていの場合、
ご自分で見るのが怖い、
あるいは抵抗がある事柄でもありますので、
最初は本気で見ようと言う覚悟が必要になります。
恐怖故に、進めなくなってしまう方もいらっしゃいます。

まあ、それらはもう終わったことか、
今の自分に影響を与えていて、
解決した方が良い問題ばかりで、
ただのイメージですから怖がる必要はありません。

はじめに1時間ほど私と流輝先生の二人でお話をお伺いします。
そこでソウル・ナビの必要がないと判断した時は、
2人分のカウンセリング料をお支払いいただき、
ソウル・ナビをしない場合もあります。
(と、言うか、クライアント様の方から
話しを二人に聞いてもらえただけで満足とおっしゃる場合です)

私達がご自分で見えるように
各チャクラなどに必要なエネルギーを流しますので、
これだけで元気が回復される方もいらっしゃいます。
(時にはTerraの空間にいるだけで元気になられる方も)

ご自分の足で進んでいただくと言う感じなので、
興味本位や、自分で解決する気のない他力本願な方にはお勧めしません。


*~*~*~*~*~*~*
今までの解決事例

今までお受けいただき、解決した事例を、
ものすごく大雑把に書いて行きます。
ここに書かれたことだけではなく、
ソウル・ナビにはもっと広い可能性があると私たちは思っています。

・多重人格の人格統合と調整
・恐怖で思い出せない事件時の記憶を復元し、被害届を出せた
・どうしても治らない身体の痛みが、
数千年前の過去世に原因があったとわかった

・過去世でやり残した仕事があり、
それが現在思うように行動できない原因だとわかった

・間違って伝わっていた先祖についての真実が判った
・自殺させようとする憑依霊を取り除いた
・PTSDの原因となった相手との過去世での関係が判った
・消えないトラウマの解消
・亡くなったご家族と話しトラウマを解消
・繰り返す恋愛トラブルの原因が過去世にあったとわかった
・扱いきれない霊力の源を知った
・自分を攻撃したがる人物との因縁がわかった
・過去の恋愛への執着を取り除くことが出来た

今、パッと思いつくものだけでこれだけありますが、
他にもさまざまな事例があります。

ほとんどの方が多くても4~5回で
今まで解決できずに困り果てていた問題を解決できています。

*:::*:::*:::*:::*

毎回ソウル・ナビ後にたいていの方が、
「自分で色々見えるのが不思議な感じでした」
と、おっしゃいます。

私達もそう思います(笑)
そして、本当に面白いです。

人間と言うのは身体と心と魂に、
これだけの記憶や感情や痛み等を
時間を超えて抱えているものなのだなと思うからです。


ソウル・ナビをする時は今抱えている問題に焦点を当ててナビをしていくと、
現世のトラウマが出てくることもあれば、
過去世が出てきてびっくりと言う事もあります。
無理に過去世を見ているのではないのです。

クライアント様の魂や導き手たちが、
必要に応じて見せてくれている感じです。

私は過去世を無理に知る必要はないと思います。
知らなくても過去世でやり残したことを、
今世でやり直せるような出来事が起こるからです。
それを今度は投げ出さすに取り組むことが大事だと思います。


一人で難しい場合は、
私達でよろしければいくらでもお手伝いさせていただきます。
と、言っても「道案内」ですが。

自分の人生は自分で選び、掴み取って、作り上げて行くものです。

その上で私たちがソウル・ナビをするのは、
ソウル・ナビも特別なものではなく、
カウンセリングやそのほかの手段と何ら変わらない、
人生の扉をあけるカギの一つにすぎないと思っているからです。

その方の抱える問題に適した方法をご提供しているだけです。


過去世のことは私たちもソウル・ナビで知ったことが多くて、
深くて複雑で、
今、一般的に言われている過去世の情報だけでは不十分だと知りました。
過去世についてはいつか「Trinity」の記事にでも書こうかと思っています。

一つ言えることは、
過去世は自慢するようなことではなく、
自分がどこで生まれ、どんな生い立ちか?と同じような、
ただの情報にすぎません。

だから、むやみにうらやましがる必要も、
妬む必要もないと思います。

単純に「過去世を知りたい」と言う
物見遊山的理由でソウル・ナビをするのはお勧めしません。


これはあくまで現在抱えている
カウンセリングでも、
医療ケアでも解決できない問題を解決するためのものです。

**~~**~~**~~**

興味を持たれた方はTerraのHPや、
このブログのカテゴリ「ソウル・ナビ」にある記事をご覧ください。

さて、このソウル・ナビで必ず問題が解決するのかどうか?ですが・・・。

それはクライアント様次第です。
これは他のご提供サービスと同じです。

もちろん私たちが出来る限りのことをするのは当たり前なので、
言うまでもありません。

重要なのは自分に本気で問題を解決する気があるのかどうか?
病気を治したり、自分と折り合いをつける気があるのか?


何故なら、その人生はその人だけのものだから。
私達は道案内をするだけです。


それこそが、ソウル・ナビの本質であり、
人生の本質なのかもしれません。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
その後のソウル・ナビゲーション…の続きを読む
別窓 | ソウル・ナビ | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>