「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

自分を不幸にする行為―毒舌と悪口の違い

少し前に「悪口を言う人」について書きました。
悪口を言うという行為―不思議な「スピリチュアルな人あるある」と「スピリチュアル嫌いな人あるある」

前回の記事をUPしてから色々と反響があり、
結構お悩みの方がいるのだなと思いました。

いいね!は少ないのにね(笑)

前回の記事はスピリチュアルがらみでしたが、
今回は純粋に「悪口を言うという行為」について書きました。


**************
あなたはどう思いますか?


これから書くことはあくまで私が「悪口を言う人に対して感じるイメージ」です。
それについてはいろいろご意見もあると思いますが、

私の考えについてどうこうじゃなく、
ご自分だったらどう思うか、
ちょっと考えてみてくださいませ。

・悪口を言う人は目の前にいるときはいい顔をしていても、陰では悪口を言っていると思う

・悪口を言っている人と仲のいい人や、支持している人は、やっぱり悪口を言う人だと思う

・悪口を言っている人が勧めるイベントは同じような人が沢山いそうだから行く気にならない

・悪口を言う人と同類項に思われたくないので、出来るだけ付き合いたくない

・悪口を言う人がお店をお勧めしても嫌な人が経営していそうで行く気にならない

・悪口を言う人がどんな立派なことを言っても、人間性を伴わないから口先だけだと思う

・悪口を言う人は「きっと自分の悪口も言う」と思って、出来るだけ波風立てずにいい顔して接している人が多いと思う

・悪口を言う人はテレビタレントの言うような「毒舌」と同じだと勘違いしていると思う

・悪口を平気で言える人は常識がなので話し合いにもならないと思う

・悪口を言う人はあらさがしをするから一緒にいたくない

・悪口を言う人は初めは褒めていても、手のひら返しを平気ですると思う


人間には好き嫌いがあって当たり前だけど、
それと、
悪口を言うかどうかは別の話だと私は思います。


************
悪口と毒舌の違い


先日のTVでマツコ・デラックスさんと有吉弘行さんが
「SNSでやたらと批判したり悪口書いてくるやつがいて本当に嫌」と言う話をしていました。
「勝手にスレッド立てられて悪口言われちゃう」とも。

有吉さんたちの毒舌と、
素人の言っている悪口は違うと私は思います。

何が一番違うかと言うと、
感情的かどうかと言う事。



悪口言う人って、
感情的になっているだけなんですよね。


嫉妬、妬み、恨み、ひがみ、意地悪さ、攻撃的、怒り・・・
など、じとーーーっとしたネガティブな感情に振り回されています。

自分でそれに気が付いていないから、
感情的になっている自覚がありません。

だから理論的じゃない。
聞いていて、すっきりもしない。
自分に関係なくても、嫌な気持ちにしかならない。

日頃の不満を関係ない人にぶつけているだけ。
垂れ流しているだけ。
たぶん、誰にも相手してもらえないんだろうな。


有吉さんたちはよく聞いていると、
嫌なもの嫌って言ってるだけだったり、
おかしい事おかしいって言っているだけだったり。

自分の意見と違うからって怒る人もいるだろうけど、
それはそう思う人がわがままと言うか、
自他の境界がない人と言うだけ。

有吉さん達は実は他者に対してすごく思いやりがありますよね。
気を遣っている、じゃなくて、気遣っている。

悪口言ってるだけなのを毒舌って勘違いしている人や、
評論家気取りで批判している人もいますが、

それを言う事で
共感を呼び、留飲を下げ、笑わせ、
お金をいただける人と、

悪口垂れ流しているだけの人は天と地ほども違います。


************
悪口言う人の心理構造


よく小さな子が「バカ」とか汚い言葉を使いますが、

あれって、

「かまってよ!!」って事なんだそうです。

悪い言葉を使うと注目されるし、
叱ってもらえるし(笑)

悪口言う人は、そのまま成長しちゃったのですね。
おこちゃまなのね。

小さい子は悪口言っちゃったことで大人の顔色を窺っています。
平気なふりしていても、いつもびくびくしているという事です。

それは大人になっても同じようです。

だから、
相手がどういう態度に出るかすごく気にしているし、
すぐに感情的になるし、
攻撃されないうちに攻撃するのですね。


ブログなんかだと悪口書く人のは確実にアクセス数伸びます。
「なんだこいつ」って思われてるだけですけどね(笑)

中には「判ります」的にすり寄っていく人もいますし。

確かに注目されると思います。

人間性は疑われるだろうけど。

でも、悪口書くのは一番やっちゃいけないことです。
自分のために。(意味わかる?)
それを注目されるためにあえてやっている人もいますが(^^;;
U医師みたいに(笑)

中には自分だけは悪口を言われたくない、認めてほしいという事で、
悪口を言う人にワザワザ近づいていく人もいます。

自分を大切にできない人だったり、
地雷地帯に入るのが好きなHSS(好奇心旺盛タイプ)の人だったり。

本当は他の人(親とか先生とか)に認めてもらいたい代償行為なのですが。
悪口言う人に認めてもらう事で、
その欲求を代替的に満たそうとしているのですね。

私は昔々、この両方でした。
自分を大切にできないHSS(;´・ω・)
だから、悪口言う、性格悪い人を理解してあげようなんてして
近づいて行っていました。
それこそ、自他の境界がない大きなお世話行為だったと超反省しています。


***************
不快に思ったり、哀れに思ったり


私の身近にもそういう「口を開けば悪口」って人いたけど、
昔も今も幸せそうじゃないな~って思います。

そして、孤独だな、と。

人のために色々してあげたとしても、
その人の毒舌? 悪口? に辟易して、
周囲から人がどんどんいなくなっちゃう。

感謝はされても、尊敬されていないし、
信頼出来ても、心は許せない。

優しい事言っても、
親切にしても、
もっともらしい事言っても
いじけや嫉妬や不満やその他、
ドロドロした感情がダダ漏れだから、

哀れに思われちゃっている。

でも、どうにもしてあげられないの。
自分で人を遠ざけちゃっているから。

私も近寄りたくないし(笑)

たぶん、自分がどうしてそうなっているのかわからないんだろうな。

「自分で好きでやってるんだから口出さないでよっ!」って言うだろうし。

自分は口を出すのにね(笑)

だからね、思うの。

悪口言うのは、
自分を不幸にしかしない行為
だな~って。


*************

本当は十勝ブログに書いた記事の一部なのですが、
ちょっと全国版向けかな?って思ったの。


十勝ブログに描いた記事の一部です。

「おかしい事をおかしいと『思う事』と、

おかしい事をおかしいと『言う事』と、

おかしい事をしている人の悪口を言う事は全部別です。」


どう違うか判りますか?

答えは十勝ブログをお読みになって見てくださいね。

「悪口言う人を信用できますか?」

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | メンタルヘルス | コメント:2
∧top | under∨

魂の選択を前にした方へ

六花の森
中札内村「六花の森」


魂の選択を前に、
今、あなたは迷いや不安の中にいるかもしれません。

それとも、逃げ出したい気持ち?

確かに、その選択を受け入れたら、
困難な道があると魂は知っているから、
恐れも、不安も、迷いも、生じるでしょう。

魂は大胆な選択をする割に、
臆病ですから(笑)

ていうか、おバカさんなの。
あちらにいるときは、大丈夫なような気がしちゃってるから(笑)

人間の身体は不自由だし、
心は思い通りにならないし、
知恵は宇宙の英知を忘れてしまっているし、
人間はいくつになっても未熟で、
頼りない存在に思ってしまいますよね。

物質界に生きているから、
お金も必要になるし、
不自由な鎖がたくさん絡みついて、
とても前に進めないような気がして。

理屈も、心も、怖がっている魂に従って、
前に進まない理由を探し出すでしょう。

かつての私がそうだったように。


私が魂の選択を前にした時、

ちょうど3年前の今頃、

夜遅く眠っても、
朝早くに目が覚め、
疲れた身体は動かず、
意識だけの瞑想状態になりました。

その時に色々な映像を見せられました。

ある時、私は富士山の火口上空に浮かんでいました。
100mくらい下に、丸い火口となだらかに広がる雪をまとった富士山の山肌。

振り返ると、一つの街が赤い炎に包まれていました。
とても大きな街でした。

「あなたがそれを引き受けないと、こうなる」

それは、なかなか決心しない私への、
導き手達からの「脅し」?

(笑)

朦朧とした意識の中、
頭で考えたのではなく、
私の魂は瞬間的に答えていました。

「子どもたちに悲しい思いをさせるくらいなら、
街一つ燃えても私は構わない」

頭でも、心でもなく、
私の魂は、
それを引き受けたら、
子どもたちと離れ離れにならなければならないと、
知っていたのでしょう。

本当の自分を知って、
自分の生き方を模索した先に、
必要な出会いを得て、
楽に息が出来る人間関係を結び、
魂の望む思考に自分でOKサインを出しても、

私はどうしてもそれを選べなかったのです。

魂が血を流すように辛い事だったから。


ある日突然に魂の選択を引き受ける方へ押し出してくれたのは、
私の人生に必要な「悪役を引き受けてくれた人」でした。

放り出すように、突き放すように、
それまでの生活を断ち切ってくれました。

私の代わりに。

だから、私は思わず、
「ありがとう」と言っていたのです。
魂からの言葉として。

人間として沢山感謝もしている一方で恨むことは多くても、
この魂を持つものとして、
その人にはとても感謝しています。

もう二度と、道が交わることはないだろうけれど、
その人の魂が、今世の残りも、
来世以降も、どうか幸せでありますようにと願っています。



そこから更に逃げることもできたかもしれないけれど、
沢山の悲しみ、苦しみ、痛みの上に築き上げられた魂の選択の時を前にして、
今度こそ私はそれを受け入れたのです。

これをやらないなら、
何のための今までの人生だったんだ。


そう思いました。

本当に、この仕事をするために必要なことを、
沢山体験させてくれた人生でした。

メンタルコンサルティングTerraを開店してしばらくは、
次々起こる心の痛みも、経済的な不安もあり、
傷つけようとする人もいて、
その時々で大変だった気がしますが、

振り返ると、
「なんてことなかったな」と、思います。

魂の選択を受け入れたからこそ、
魂の仲間を得られました。
沢山、助けてもらえました。

見えない世界の導き手や天使たちや、神々も、
私達の味方をしてくれましたし、

見えない世界の仲間たちにもあちこちで出会えました。

私が魂の選択を引き受けたからこそ、
沢山の他の方たちの運命の扉が開きました。

たった3年ですが、
沢山のクライアント様や読者の方々とのご縁をいただき、
今までの人生の苦しみ悲しみを凌駕する、
沢山の幸せや嬉しさをいただきました。

不安や迷いを感じながら選んだ時には、
想像もしなかった幸せな感情を、
出来事を、出会いを、今、
体験できています。


だから、今、魂の選択を前に迷っている人がいたとしても、

「大丈夫だよ」

と、伝えたいのです。

それが本物の魂の選択なら、
きっと悪いようにはならないから。

それに、私達もいるから。
必要なときにはいつでも助けを求めてください。

あなたは一人で、その道を行くのではないから。



***********


2017.2.13、Web雑誌Trinityに、

「魂の選択を受け入れる―アロマを使った運命の恋の見分け方」

と言う私の記事が掲載されました。

運命の恋や、仕事など
魂の選択を前に、
迷っている方が私の周辺に何人かいらっしゃるので、
この記事を書きました。

そして、このブログの記事は、そこでは伝えきれなかったことを書きました。

記事中にもありますが、
沢山のいいね!なんて必要ない。

本当に必要な人に届けばいい。

最近、そういう思いが強く、明確になってきました。
(編集部はそれじゃ困るようですが (笑))

だって、私は誰かに認められるために存在しているわけじゃないから。

ただ、ここにいるだけで、私だから。


このブログを始めたころには、
今の仕事をしている自分なんて想像つかなかったし、
沢山の仲間を得られるなんて思わなかったし、
こんな心境を手に入れられるなんて思わなかったけれど。

それも、数少ないながらも、
ずっと私のこの「私の中の森」を一緒に旅してくれた、
読んでくださった方たちがいてくださったからだと、
今、改めて思えます。


たとえ、それが、一瞬だとしても。
その瞬間が、私の勇気になりました。

あなたがいてくれてありがとうございます。


今現在、魂の選択を前にしていない人の方が多いかもしれないけれど、
もし、そういう「決断の時」が来たら、
どうかこの記事を思い出してください。

この「私の中の森」に辿り着けたあなたは、
決して一人ではないから。


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
別窓 | スピリチュアル | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>