「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

何故断食は健康に良いとされるのか?

リンゴしぼり汁
↑断食中にお手当法の一つ「リンゴのしぼり汁」を作っているところ
茶こしを使うと一人分が簡単に作れます。
久恵先生のHPお手当法参照

前回は私の3日断食体験レポを書きました。
「勢いで、3日断食してみました」
今回は断食の効果や注意点について書きます。


*************
断食の効果とされるもの

甲田光雄著「奇跡が起こる半日断食」より
・体質を変える
・快感をもたらす
・エネルギー利用の仕方を変える
・宿便を排泄する
・環境毒素を排泄する
・自己融解(癒着箇所、血管内コレステロール、がん細胞等を溶かす)を起こす
・遺伝子を活性化する
・スタミナをつける
・免疫をあげる
・活性酸素を減らす

何故そのようなことが起こるのか?というと・・・

・飢餓状態のショックがスイッチとなって、
身体を守らなきゃ!と、免疫力、自然治癒力、排毒力が活発になり、
白血球などの免疫細胞などが増える

・「消化吸収分解」と言った重労働から内臓を休ませることで、
身体を健康にする方へエネルギーが使えるようになる
(現代人は栄養学と言う根拠がないとされる学問の影響で食べ過ぎだという説があります)

フード(風土)ヒーリング的に言うと断食をすると陽性になります。
陽性とは細胞を引き締め、温め、免疫力をあげるなどの特徴があります。
免疫力が上がるから、解毒が進み熱などの好転反応が出ます。
好転反応で解毒するから健康になるのです。

断食(ファスティング)=ダイエットと思っている人がいるかもしれませんが、
それは副産物にすぎません。
普段から太る食べ方をして断食で帳尻合わせようとすると痛い目を見ると思います。


*************
断食には好転反応があります

断食をして健康状態を回復する時は必ず好転反応が起こります。
これが断食(ファスティング)は指導もなく勝手にやってはいけないとされる所以です。

断食による好転反応としては・・・
(様々なネット記事を参照)
高熱、激しい下痢、頭痛、めまい、下血、咳、嘔吐等があるそうです。
また、過去の嫌な記憶、処理しきれていない感情などが次々沸き起こる方もいます。

何故それらの反応が起こるかというと・・・

まずは病気とは何か? からご説明します。

病気とは身体に入った不要なものを排泄する為に起こります。
喉や肺に入ったら咳として、鼻に入れば鼻水として、
お腹に入れば下痢や嘔吐、
身体中に散らばったら熱を出し一掃する。

西洋医学の治療は薬でそれを抑える働きの治療ですが、
それ以外の伝統療法は基本的には自然治癒力の働きを助け、
身体に不要なものを排泄させることで、健康を回復します。

例えるなら・・・
お部屋を汚したらきれいに片づけ、ごみを捨て、
掃除をして汚れを取り除くのが自然治癒力や伝統療法。

汚れを上から何かでかくして見えないようにするのが西洋医学の治療です。
もしくは全面改修する場合もありますね(=手術)。

私はどちらが良い悪いじゃなく、
時と場合により賢く使い分けることが大切だと思っています。


汚い部屋に住む人=肉魚卵乳製品食べ放題、甘いもの食べ放題、添加物取り放題など、
日頃から身体に悪いものを取り放題の人が断食をしたら、
それらの害が一気に排泄されることになります。

断食によって危険な状態になる人もいるというのは、
免疫力が活性化し、
その人がそれまでにためた毒が高熱や激しい下痢等の症状で出て、
更にその症状を間違った方法でケアするからのようです。

私は日ごろから毒出し出来る食事=フード(風土)ヒーリングをしていますし、
毒出し歴が10年以上なので激しい毒出し=好転反応が起こらずに済んだのでしょう。
(今までにインフルエンザなどで高熱を出す、腸炎、原因不明の咳が1ヶ月半、
軟便が1年近く続くなどの好転反応が1年に1回くらいずつありました)

もし、「それほどひどい好転反応がなかったよ」という方がいたとしたら、
免疫力、自然治癒力が弱り切っていて一度の断食では正常に好転反応を起こせなかったと考えられます。

勿論それは良い事ではなく、
掃除しきれない汚い部屋に住み続けるのと同じことですが、

…それを良しとするかどうかは本人次第だと思います。

それ以外の断食の危険性として
復食がとても難しいとされます。
「ドカ食いして事故が起こる」と、本では表現されています。
断食期間中、内臓は消化分解吸収という作業を休んでいるからです。

実際私も復食をまじめにやり過ぎて内臓(特に脾臓)を壊し久恵先生の食事相談を受けました。
私は基本的に食べなくてもいい人なのに、食べようとしたことが負担になったようです。

一見症状が出ないとしても、知らないうちに肝臓や腎臓を傷めてしまっているという事もあるのです。
人それぞれ体質が違うので、復食についてもセオリー通りにやればいいという訳ではなさそうですよ。

とにかくネットのなんちゃって情報をうのみにして、
独断的にダイエット目的で断食をするのはお勧めしません。
日ごろから食に対する意識が低く、
食事療法などをされていない方はかなりの覚悟が必要
でしょう。

断食したところで、生き方や食生活が不健康なものならまた元通りになるだけだと思います。


**************
断食(ファスティング)もどき?

最近は「酵素ドリンクダイエット」と言うのがあり、
ファスティングや断食をネット検索するとそればかり出てきます。

酵素ドリンク以外にも断食の時「これを飲食すれば苦しくない!」という
商品がいろいろ出てきます。

「甘い酵素ドリンクを飲みながら楽ちんファスティング♪」と言うのは
断食と言うより
「一食置き換えダイエット」と何ら変わらないと思います。

本来は痩せるためじゃなく、上記のように身心の毒を出し、
免疫力や自然治癒力を正常にするためのものです。
だから、解毒作用=好転反応が出て当たり前なのに、
「苦しくなくて、辛くない」のは可笑しいのです。

それ程好転反応が出ずに痩せただけなのは、
単純に「食事を減らしたから痩せただけ」であって、
断食ではないと思います。

ちなみに私の知る「一食置き換えダイエット」をした方々は、
皆さん「大大大リバウンド」していますよ。


*************

今回の3日断食体験をして、
本当につくづく思ったのが、

「久恵先生はすごいな~」という事。
身体で起こっている好転反応などが手に取るように判るようで、
そのアドバイスの的確な事ったらすごいです!

やはり食の道20年以上は違います。

そこで、久恵先生にお願いしました。

「断食指導もメニューに加えてください」と。

と、言っても日ごろ食事療法をしていない方がいきなりするのは危険なので、
フード(風土)ヒーリング実践者の方々限定で。

現在商品化をしていただいています。

料金は10日間くらいのご指導になるので、
それなりの料金になると思います。

ただ、様々な断食道場の価格を見ると、
それよりははるかに安いと思うのですが。

気になる方は久恵先生に直接お問い合わせくださいませ。

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | | コメント:2
∧top | under∨

勢いで、3日断食してみました

断食復食
↑断食復食3日目の食事
野菜スープの野菜が多すぎ(^^;)
食べるのにかなり苦労しました。



今年のG.W.はあまりにバタバタしていて、
いつ何を何処でどれだけ食べたか忘れるくらいで、
「そうか!食べる暇ないなら食べなきゃいいんだ!」
というノリで3日断食しました。

私の3日断食の体験記とともに、
断食の方法や効果、何故健康になるのか?などについて書かせていただきます。


**********
私の3日断食体験

2017年5月5日金曜日の夜午後9時、
確かその日は疲れすぎて食事を作る気力もなく外食したと思います。

もう10日くらいそういう状態が続いていて、
そうなると精神状態が不安定になり、
普段は食べないのにコンビニで唐揚げとビールを買い家で食べていた時、
「そうか!食べなきゃいいんだ!」とその瞬間から断食を始めました。

食べるって、内臓に重労働させることですから、
内臓を休ませるだけでも疲れには効果があるのですよ。

感想から言うと、私の場合は全く平気でした。
お腹が空いて辛くてと言う事はありませんでした。

今回、次回と2つの記事を通して、
安全で効果的な断食についてお伝えしたいと思います。

断食で大切なのは方法じゃなく、何故?という理論の部分です。
それを知らずに表面的な事だけ真似するのは非常に危険ですのでおやめください。


*************
私の断食スケジュール

5月5日(金)午後9時 断食決意
6日(土)~8日(月) 断食
9日(火)腸内洗浄&復食開始 液体のみ
10日(水)液体のみ
11日(木) 復食期間終了
12日(金)~14日(日) フード(風土)ヒーリング基本食期間
15日(月)通常食(1日1食生活に戻る)

私は腸の働き改善のため、久恵先生の指導を受けて腸内洗浄をしました。
(通常の断食に腸内洗浄は含まれません)

なので、復食期間1~2日は液体のみです。
(1日目、2日目でとる液体の種類が違います。
これにもきちんとした理論があります)
3日目からお粥を少しずつ。

本当は断食の前に1~3日間の準備期間が必要です。
私は普段から1~1.5食(半断食)で、
フード(風土)ヒーリング歴約3年なのでいきなり出来ただけなので、
良い子は絶対にマネしてはいけません。

3日断食に関しては久恵先生の以下の記事を参考にするとともに、
腸内洗浄や断食期間中の好転反応=毒出し症状のお手当について久恵先生のご指導を受けました。
(勿論料金を支払ってですよ)

ファスティングナウ~!メニュー公開(準備期間)
スープ断食3日間(断食期間)
汁物断食後の復食と効果(復食期間)

また、半日断食の記事「半日断食1年目」でご紹介した2冊の本も参考にしました。
船瀬俊介著「3日食べなきゃ7割治る!」三五館社
甲田光雄著「奇跡が起こる半日断食」マキノ出版社

私は基本的に水、お茶、お手当法のスープやジュース類をとるのみ。
野菜スープは復食期間に利用しました。
(野菜スープは久恵先生のレシピとは違います。
だって、後から気がついたんだもの (^^;))


**************
断食中の反応

・微熱・悪寒・頭痛
・排尿の色が濃く、薬のような匂い

(体脂肪などに蓄積された薬や農薬・化学薬品の毒が解け出ると言われています)

これらは断食をすれば当然出て当たり前の反応です。
詳しくは次回書きます。

それらを久恵先生のHPにあるお手当法や、
以前久恵先生から2015年に受けた「お手当法講座」の資料を基にお手当をして乗り切りました。

西洋医学薬はこの解毒作用を「抑える」働きなので私は使いません。
また、HSPの私は副作用が出るので元々西洋医学薬による治療は受けられません。

とはいえ、むやみにマネすればいいというものではありませんよ。

私はフード(風土)ヒーリング以前からもホメオパシーでの毒出しを含めると、
約10年間不要なものを排泄してきたのでこの程度の反応で済みました。

日頃、身体の事を考えない食事や生き方をしている方は、
もっと激しい反応が出ると思った方がいい
です。

断食は指導者のもとで行う事
断食で命を落とす人もいる


というのは脅しでもなんでもなく、それが出て当たり前の反応だからです。
これも詳しくは後日書きます。


**************
大変だったこと

私の場合は断食よりも復食の方が大変でした。

復食とは3日間食べ物の消化をしていなかった内臓が、
再び働けるように、ゆっくり少しずつ働きを取り戻せるようにする、
いわばリハビリのようなものです。

上手にしないとここで健康状態を壊す方もいますので注意が必要です。

食べると内臓がズーンと重い。
そして陽性になりすぎているので食事をとるたびに頭痛や悪寒がありました。
基本に従って3食食べようとしたのが、辛かったです。

いっそのこと不食にしようかな?と思うくらい。
でも、食べないのは辛くないけど、料理が出来ないのは辛いので断念。
(料理と食べることは数少ない趣味の一つなのです(^^; )

そして、食べた途端、断食中はなかった肩や首の痛みが復活。
「これって、内臓から来ている痛みなんだ!」と発見しました。


*************
その他

健康状態的には腸の働きが改善したと思います。
(以前は陰性過多で腸が緩んだが故の便秘体質)
「心の安定、病気治し、疲労感改善、頭の働き、ダイエットなど全てに必要なこと」記事参照

痩せる目的で断食したわけじゃありませんが、
断食前は旅行と外食続きでベスト体重より3~4キロオーバーだったのが、
断食1日目でベスト体重に。
(流輝先生と久恵先生が「それくらいが丁度いい」と言う体重。
呪いのように半日断食を1年以上していてもこれよりは絶対に落ちない (-_-;))

その後は0.5キロ程度減。
復食により0.5~1キロ増。

ただ痩せただけじゃなく、スタイルが良くなりました。
胸とおしりは上がり、肌も引き締まりました。

背中やお腹の脂肪(いわゆる中年太り的な脂肪)がかなり減りました。
二の腕の脂肪も減ったと思います。

瞼が重く垂れさがった感じがしていたのが、
ぱっちり開きました。


・・・と、これを読んで
「え?痩せるの?やってみよう!」
と思った方、

ちょっとお待ちください!!

この記事やインターネット上の情報を読んでやるのは非常に危険です。
次回の記事に、

・断食で何故健康状態が回復するのか?
・断食の注意点
・断食もどきについて


等について書きますので、それを読んでからお考えくださいませ。

断食中も断食後もインターネット上の断食やファスティングに関する記事を色々読みましたが、
どれも不十分な記事ばかりで、
「これをうのみにしてやるには危険すぎる」
と感じました。

なので、次回の記事(5月24日掲載予定)まで少々お待ちください。


にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 | NEXT>>