FC2ブログ

「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

自分と向き合う時

増毛町商家
↑北海道の日本海側、増毛町の商家です。
(増毛町は帯広市から230㎞)
古い建物が集中して保存されている地区の一角にあります。
この時は時間が無くて見れませんでしたが、次に行った時はじっくりたっぷり見たいと思います。
増毛町はミニ小樽という感じですが、外国人観光客でびっしりの小樽より私は好きです。

実は建築物が好きです。
建築の勉強をしていたというのもありますが、古い時代の丁寧に作られた建物が好き。
そこ此処に、人間の創意工夫が感じられるし、丁寧に扱った方達の人生が垣間見えるから。

自然も好きだけど、全く手の入っていないものより、ガーデンとか、人間の手の感じられるものが好きです。
全体的に、私は人間が好きなんだなと思います。


***********
服を選ぶとき

今日の私は何を着たい?
身に着けたいのは何色?

濃い色?薄い色?
寒色系?暖色系?

素材は、ハリのあるもの?テロテロ系?

イメージは可愛い系?かっこいい系?

今日一日をどんな風に過ごしたいの?

―そんな風に自分と対話する朝。

まず、自分の気持ちを確認する時間があって、
気温や、その日の行動予定を加味する。

今の私は夏なのに、赤や黒が着たい。
きっと、人生の変わり目で、基盤をしっかりさせたいのかな?
(黒、赤は尾てい骨のチャクラの色)


*********
食べ物を選ぶ時

今の私は何を食べたい?

ご飯系?麺類?フワフワ系(パンなど)?

味は?洋風?和風?

どんな食材?海のもの?山のもの?
沢山食べたい?
少しで良いの?

簡単にササっと作りたい?
丁寧に時間をかけて料理したい?

暖かいもの?
冷たいもの?

食べたいものが、今の私の心と身体と魂の状態を教えてくれる。
自分や人生を変えたかったら、食べるものを変えると良い。


*************
漫画、本、映画、TV番組を選ぶ時

今の私は何がみたいの?

どんな情報を私の中に入れたいの?

ドキドキ?ときめくもの?
心にグッとくるもの?
お手軽に、気楽に見れるもの?

それとも、音も情報も必要ない?
何も自分の中に入れたくない?


**********
住む場所

私はどこにいたいの?

生まれた町?
知らない町?
にぎやかなところ?
空気のきれいなところ?
空の大きなところ?
人もビルも沢山あるエネルギッシュなところ?

好きな人達のいるところ?
仕方なくいなければいけないところ?
それとも、一人になりたい?


**********

「自分と向き合う」と言うと、
カウンセリングとか、
何か難しい事のように思うかもしれないけれど、

実は、

自分と向き合う時間は毎日の中に沢山あります。

以前の私は
「○○しなければいけない」
「~~だから××するべき」
「**に見られるように」
と言う、自分軸とは違うものの見方で選んでいました。

今でも時々、
「動けるように」
「きちんとしなくちゃ」
とか、
そう言う理屈が入ると、
めっちゃ迷います。




この原稿を書いている時点の私は、

「去年の夏は明るい色が着たくて、
ふわふわ可愛い系か、
スッキリお嬢様系な服が着たかったのに」

今年は黒、赤とか、アースカラーとか、
かっこいい系とかが着たくて、

そういう自分に追いつけなくて、

「え?今年の私は何がしたいの?」
と、戸惑っています。


私の中にある私のイメージは、「今までの私」

でも、身体も心も魂も、
本当にリアルな今の私、
もしくは、
もう少し先の私を「目指して」生きている。

それを怖いと思っても、不安でも、
理屈で押さえつけずに、
身体と心と魂の声を聴いて、

自分自身と相談して毎日を作っていく。


自分と向き合うって、そういう事なのです。


私の場合、理屈で選んでも、後々苦しくなるって知っているから、
なるべく心に従おうとするのですが、

どうしても、大人ぶっている理屈優先の自分も出てきます。

だから自分に言うのです。
「今の私は大丈夫。
もう、悪いものは選ばない。
血も、エネルギーも、心も浄化され整頓されているから、
良いものを選べるようになっているよ」

安心して「私」を生きて良い。

状況や環境は関係なく、
こんな風に自分を信頼して選んで行けることが「自由」と言う事
かなと思います。




メンタルコンサルティングTerraの基本情報
メンタルコンサルティングTerraのHP
メンタルコンサルティングTerraの最新情報
メンタルコンサルティングTerraのFacebook

にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
別窓 | 生き方 | コメント:0
∧top | under∨
| 「私の中の森」 |