「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

アスペな私の母娘関係

最近ホリスティック医療ものばかり書いて、
ついつい忘れがちですが、
アスペルガー症候群な私です。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「森歩き」→「アスペルガー症候群」参照)

昨日はご近所の同業奥さん達と飲み会でした
「夏休み&二番牧草刈お疲れ会」です。
楽しかった~!

アスペな私ですが、
気を許した人とはちゃんと話せます。
ん~、そうなるまでに何年かかったかな~。
皆さんの寛大さと、私のいまひとつな努力のたまものです

外で頑張っている分、
家では手抜きしがちです。
何って、コミュニケーションを。


子どもの頃はアスペだとは知りませんでしたが、
自分が人と話すのが苦手と言う自覚はありました。
何がどう苦手なのかもわからず、
工夫しようにも今一つだったと思います。

その割に面白い人と言う評価を受けがちですが。

家では祖父母とは話すけれど、
両親は家にいないことも多く(農家なの)
うまく会話できなかったです。

今でこそ大人になったので
かなり柔軟になりましたが、
「こうでなければならない」
と言う思い込みも強く、
(アスペの特徴)
会話しても物別れになることも多かったです。

母はもっと普通の娘と、
普通の会話をしたかっただろうなぁ。

今は遠く離れたので、
たまに実家に行ったときに
母の話を聞くことも多いのですが、
うまくコメントできないのですよね~(溜息)

基本的に
「興味のない話は出来ない」のが
アスペです。

返事も
「へぇ~・・・」
「そうなんだぁ・・・」
くらいになってしまいます。

幸い近くに母の実家があり、
そこの娘(母の兄の娘 私のいとこ)と仲が良く、
楽しそうにやっているようです。
私の不足なところを
フォローしてくれているようで
ありがたいなと思っております。
本人たちはそんな気はないのでしょうが。

きっと、これが母の望む母娘関係なのだろうなと
母といとこの様子を見ていると思います。


実は高校生になった長女との会話も、
「へぇ」「ふうん」「そうなんだ」ばかりになります。

頑張って会話しようとすると
アドバイスのつもりの説教になってしまう、
「まじめすぎのアスペ」な私。

長女は赤ん坊のころ
立つより先に喋ったというくらいのおしゃべりで、
とにかくよくしゃべります。

2時間を超えるころには
「もう勘弁してください」
と、お願いしてしまいます。
だから基本、一人が好きなのよ。
家なんだから、気を抜いてもいいじゃないって思っちゃうのです。

きっと、娘も私との会話には、
不満足なんでしょうね~・・・。

許して、母、娘。

自分がダメなのはよくわかっております

でも、昔はちゃんと聞いているからいいだろうって感じで、
うなずくことさえしていなかった私。
少しは進歩しているのよ、これでも。

幸い娘と私の母は楽しそうに会話しています。

私の不足分を補いあってくださいっ!

・・・と、努力放棄して思ってしまう
アスペな私なのです。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ アスペルガー症候群へ
にほんブログ村
にほんブログ村 健康ブログ ホリスティック医療へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村


関連記事

別窓 | アスペルガー | コメント:0
∧top | under∨
<<「ぱぴっ!」って? | 「私の中の森」 | 不登校の原因は心の問題だけではないかもしれません 5>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |