「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

ホリスティックな恋愛バナシ☆

この季節になるとイモやカボチャが無性に食べたくなり、
ああ、私もオバサン化してるな~と思う今日この頃、
みなさんいかがお過ごしですか?

うちには高校生の娘がいて、
毎日のように周辺であった「恋バナ」をしています。

いいね~♪青春

きいていて、ええ
と、驚くのは
仲のいい子には割と気軽に
「自分はレズ(またはゲイ、バイ)だよ」と、
カミングアウトしてしまう点。

後はだいたい、
付き合った、別れた、モテない、三角関係だ、
浮気した、飽きた、あきらめないなど、
昔とほとんど変わりません。

高校生でももうすでに恋愛グセってあるみたいです。

そこで思いついた新コーナー!

ホリスティックな視点から恋愛についてのあれこれを書いてみようと思いました。

評判が良くても悪くても、
不定期に書いていきますのでよろしくね~

今回は失恋をきっかけに病気になってしまう人。
お酒、たばこ、過食or拒食、など自分で自分を壊してしまう人です。

ホメオパシーのレメディは症状によって細かく分かれています。
レメディによって精神的特徴、
身体的特徴など面白いくらいにぴったりと当てはまるものがあります。

上記の状態には「イグネシア」が合います。
私は「悲しみのイグネシア」と呼んでいます。

失恋の「屈辱」からいつまでも立ち直れない人です。
急性の悲しみがいつまでも続きます。
失恋の他にも死別(配偶者や家族、ペット、友人)、
離婚、失望による悲しみなどにもあいます。

悲しみをきっかけに病気を発症してしまいます。
吐くと楽になる頭痛、不眠、下痢、月経困難、無月経、
脱毛、痙攣、麻痺、のどの違和感など。

心理的には繊細で傷つきやすく、ヒステリック。
理想家で完璧主義。ロマンティック。
感情をため込みやすく時々爆発させるなどの特徴があります。

また、東洋医学では悲しみが多すぎると、
肺を痛めると言います。
「肺は悲しみの臓器」です。
そのため病気の前兆がないのに突発的な咳が出ます。

私も大切な人を亡くした時、
一ヶ月以上肺から振り絞るような咳が出て止まりませんでした。

ホメオの咳のレメディをいろいろとってもダメでしたが、
「イグネシア」をとると咳が楽になり、
今度は大量の鼻水が滝のように出ました。
「慢性の悲しみ」と言う意味のあるレメディ
「ネイチュミュア」を取ると2~3日で鼻水が止まり、
咳も止まるころには思い出すたびに号泣していた悲しみは癒えていました。

悲しみを癒すにはホメオパシーのほか、
アロマセラピーやフラワーエッセンスがあります。

アロマはラベンダーが一番手に入りやすく
万能なので持っていると便利です。
抑うつに効果があります。

他には「ローズウッド」「マンダリン」
「クラリセージ」「ゼラニウム」「イランイラン」など。
甘い香りが苦手なら「ベルガモット」がお勧めです。

フラワーエッセンスは各社で悲しみにあうエッセンスを
調合したものを発売しています。
それらが一番手軽でしょう。

これらはセルフケアで単品を購入して使えます。
けれどその場合は必ずセルフケアの本を一冊購入して、
ある程度お勉強してから使ってください。
だから用量、用法はここには記入しません。
悲しみが内臓まで傷つけてしまった場合は、
ホメオパシーの専門家に相談することをお勧めします。

そしてもう一つ、悲しいときのケアには、
泣くのが一番です。
たくさん泣きましょう。
だってあなたの心が傷ついたのですもの、
身体も付き合って涙をたくさん流してくれるのですから。
以前も書きましたが、
心にも自然治癒力があると私は思います。
(HP「私の中の森」TOP→「森歩き」→「春よ、来い」参照)

そしてある程度落ち着いたら、
女性は新しい口紅と下着を買って、
男性は新しい靴を買って理髪店や美容院でさっぱりして、
新しい恋をしましょう。
その前に、おいしいご飯を食べるのを忘れずにね。

大丈夫、一つ経験値が増えたのだから、
以前より素敵になっています。

ため込まないで吐き出しましょう。
・・・と、これは心理カウンセリングの手法ですね。


新コーナー、
こんな感じでどうでしょう?
次回も書きますのでよろしくね。
拍手してくれるとうれしいです。
いや、なくても書くけどね~
(このブログ、拍手が少ないので開き直ってきました)

↓クリックしてくれるとうれしいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 恋愛バナシ | コメント:0
∧top | under∨
<<メニエール病のめまいにフラワーエッセンス | 「私の中の森」 | スピリチュアルなつぶやき>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |