「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

代替療法は効果があるのか、無いのか?

資料として手元に欲しい本があったので、
Amazonで本を検索していたら代替療法系の本が目に留まり、
いくつかレビューを読んでいたのですが、
いや~、面白くって(笑)

必ずと言っていいほど、
「代替療法 賛成派 vs 反対派」のやり取りになっていて、
レビュー数もめちゃ多い。
発行部数、どのくらいなんでしょう?

「参考になりましたか? はい いいえ」も
総数3ケタ行っているものも多く、
人気アーティストのCDとかより多いです。

例えば代替療法「反対派」のレビューに
「はい」の人は総数の1/2から1/3と言ったところ。
きっと代替療法の支持率(?)ってこんなもんなんでしょうね。

代替療法を科学的に検証する本のレビューに、
「科学的」とする人もいれば
「これで納得する人は科学初心者」と言う人もいて、
色々に分かれているようです。

「自演レビューに注意!」なんてトピックもあって、
自演レビュアー(自分のレビューに自分で何回も投票している人)を
サイトに通報し、その後の動きも検索かけて追いかけ、
逐一報告している人とかもいます。

と、こういうことを眺めて分析している私って、
暇ですね~
なんか村上春樹氏のエッセイにありそうな内容ですね。
(ノーベル文学賞残念

日本の法律でそうきめられているがために、
医療=西洋医学と思われがちですが、
世界中では代替療法と呼ばれるものが、
第一医療となっている国もあります。
代替療法をインチキっていうのは
それらの国に対して失礼だと個人的には思います。


私個人は「代替療法って効果ある?」と聞かれたら、
「その両方」と答えます。

その理由は
すべての代替療法を試したわけではないというのもありますが、
「すべての療法には得手・不得手があり、
すべての療法に『人』がかかわるから」

と、答えます。


西洋医学も得手・不得手があります。

例えば私が少し前になった肩の肉離れ(?)。
最初に行った病院では診断名「脱臼」でした。
レントゲンでは筋肉は写らないから
どうなっているかわからないそうです。
対処療法として痛みどめや湿布を出すのが普通ですが、
私は薬剤過敏症で治療が受けられません。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」">HP「私の中の森」TOP→「森歩き」→「薬剤過敏症」参照)

ちなみにずっと前ですが、
「薬で治るわけではないから無理して飲まなくていいよ」
(By 整形外科医 薬剤過敏症判明前)
「老い先短い年寄りには薬いっぱい出すんだけどね~、
若い人には無理して出さないの。体に悪いから」
(By 循環器内科医 同上)
と、言われたことあります

まあ、つまり「病気を特定できない」
「原因がわからない」「わかっても根本治療はできない」
「いくら治療しても治らない」
「副作用が出る人には治療できない」などの病気は、
日本で第一医療としている西洋医療でもあり、
その他の療法でもそれは同じなのです。

上記の肩の痛みは整体と鍼灸とホメオパシーとヨガで治りました。


大事なのはどの療法を「支持」するかではなく、
「その症状にはどの療法があっているか?」だと思います。

それぞれの得意なところを組み合わせて治療して、
人は初めて治るのだと私は思います。

それにはある程度自分の病気や治療法について学ぶ事をお勧めします。
そして何より、自分の心と体をよく観察することです。

自分の健康を人任せにしてはダメだと私は思います。
だって同じ病気でも一人ひとり体質や生活環境など違うのですから。

あなたの体と心の主はあなたなのです。

どんな名医がいたって、
良い薬があったって、
本人に治す気がなければ治らないとは、
西洋医療の医師含め、
すべての治療師さんが言うことです。


そして、「人がかかわるから」と言うのは・・・・、
長くなりましたので続きはまた次回。

あなたは代替療法、効果あると思いますか?

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | ホリスティック医療 | コメント:0
∧top | under∨
<<代替療法は効果があるのか?無いのか? 2 | 「私の中の森」 | 女性のイライラ対策 2>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |