「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

落ち込んでいます。少し元気になったけど

お久しぶりです~
だいぶ元気になりました。
脳貧血(?)のほうは、
心電図検査もそのあとで回された総合診療科の
レントゲンや血液の検査も異常なしでした。

とは言え、倒れたのが11月14日。
心電図が26日でレントゲンや血液検査は12月5日で、
こんなんで本当にわかるの?と言う感じですが、
その間もホメオパシーや鍼灸の治療を受けていましたので、
どうにか回復したという感じです。

ホメオパシーの相談会のレメディは
風邪がひどかった期間1週間ほどサボっていたら、
(咳のレメディを取るのに忙しかったのです
やはりまた血が下がるような感じがあって、
あわてて飲んだらまた元気になってきました。

いや~でも正直心臓とかに効果あるの?と
半信半疑でしたが、あるんですね~

打撲やぎっくり腰に取っていたレメディも
とるのをやめたらまた痛くなるし、
やっぱり効果あるんだな~と再認識しました。

でも今日はお歳暮でもらったハムを切りつつ、
味見をしたら具合が悪くなり、
パッケージを見たら乳製品が使われていました。
そういう訳で今はアナフィラキシーで少々具合が悪いです。

ホント、嫌になっちゃいます・・・

実は一昨日ある人にホメオパシーをやっていることで、
非難されてしまい、昨日はかなり落ち込んでいました。

「ホメオパシーやっていたって病気になるじゃないか」と。

それはどんな医療方法を利用していても、
誰だって病気になるのですが、
その人は元々ホメオパシーを快く思っていない人なので、
私が具合悪くなることばかりが目につくようです。
(ほかの人はもっと頻繁に病気になったりしているのですが)

この間も書きましたが、
このところずっと健康になってきて、
いろんな症状が消えて調子が良かったのに、
今回の体調不良で落ち込んでいたところに、
まあ、泣きっ面に蜂状態。

それでも冷静にホメオパシーがなければ
アナフィラキシーになった時、
危険な状態だったかもしれないことや、
過去の病気の数々が消えて行っていることや、
そもそも薬剤過敏症で病院の治療が受けられないから
私には選びようがないこと。
薬を「ためしに飲んでみる」はとても怖くてできないこと。
等々を話し、次のように言いました。

「自分は毎日健康になるために本当に努力している。
それでも元々の身体の状態をいきなり健康にはできない。
誰よりも私が一番悔しいと思っている。
本当に健康になりたい。
それならばどんな方法でもいい。
私には西洋医療もホメオパシーも、
その他の治療方法もすべて同じ医療方法の一つに過ぎない。
私はちょっとの事でも病気にならないような体になりたいと心から思っている。
仕事もたくさんしたい。
子どもたちのためにも色々できる親になりたい。

仕事をしないで、やすみたいんじゃない。
もっと動きたい。

努力して少しずつ無理をしていけば
いつか体力がついて今よりは少し健康になれるかもしれないと思っていたけれど、
なれなくて本当に悔しい。

ホメオパシーが気に入らなくてダメだと言うなら、
どうしたら良いのか教えてほしい。
どんな方法でもいいから本当に健康になりたい。
助けてほしい」

そうしたらその人は長い沈黙の末、
「自分には何もできない」と言いました。

久しぶりに私の身体の丈夫でないことを再認識したところに、
それを「迷惑かけている」と非難され、
それを克服するために努力していることを馬鹿にされ、
本当に傷つきました。

今も思い出すと悲しくて涙が出ます。
昨日は誰とも話したくないし、
食欲もなくて・・・。

でも、鍼灸治療に行って治療するとともに、
治療師さんとの何気ないおしゃべりと、
お気に入りのレストランの食事とで癒され、
少し元気になりました。
(鍼灸師さん、いつもありがとう

あ~あ、元気になったと思ったからブログ書けると思ったのに、
思い出して悲しみをぶり返してたらダメですね。

今日はこれから年末のあれこれを頑張ってやります。
年末年始の準備は、我が家、た~くさん!あって大変なのです。
少しずつ仕事をして、
少しずつ色々できる自分を自分でほめたら、
もう少し元気になるかな。

頑張りますね

にほんブログ村 その他生活ブログ ちょっといい話へ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 雑記 | コメント:0
∧top | under∨
<<クリスマスの「ちょっといい話」 | 「私の中の森」 | 今度はひどい風邪をひきました>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |