「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

我が家の七草粥

今日は七草。
お正月のごちそうでつかれた胃を休めるために、
七草(せり・なずな・ごぎょう・はこべら
・ほとけのざ・すずな・すずしろ)を
刻んでいれた粥を食べる日です。

我が家も七草粥を作りました。

しかし、北海道はこの時期、
一面の雪野原。
七草なんて昔は手に入りませんでした。

と、言うことでなのかどうかはわかりませんが、
我が家の七草はとにかく、
家にある野菜を刻んで入れます。

今日入れたのは、
大根・人参・ごぼう・じゃがいも・
ほうれん草・白菜・高野豆腐です。

え?高野豆腐?
それはやさいじゃないだろー!
と言うつっこみがきこえる・・・

私も嫁に来た当初は思いましたが、
この高野豆腐だけは毎年定番で必ず入れるものです。

まあ、蛋白源だし、
栄養のバランスが取れるから?
と、解釈しています。

これらの野菜はとにかく、
細かく刻みます。
みじん切りです。粉のように切ります。

嫁に来たばかりのころは要領が悪く、
とにかく時間がかかりましたが、
今は粉のように切る極意を手に入れ、
今日は30分ほどで切り終えました。

粉のように切る極意。
それはとにかく丁寧に切ること。

丁寧に薄切り。
丁寧に千切り。
丁寧にみじん切り。
更に大き目なのを刻みます。

これは「物事は丁寧にマメにしろよ」
というご先祖様の教えかもしれません。

ちなみにこの野菜の中で一番切るのが大変なのは何でしょう?

正解は高野豆腐です。
(だから野菜じゃないって!)
やわらかくてふわふわしていて逃げていくので切るのが大変なのです。

でも、人間、そんな風であることも大事ね!
などと思いました(笑)

これを3合の米に混ぜ合わせ、
水を8合分いれて炊きました。

炊き上がると野菜はほとんど舌にも触れないくらいです。
野菜の出汁が効いていておいしいです。

「え?先日の書き込みで7日までは餅を食べるって、書いてなかった?」
と、お思いのそこのあなた。
そう、それです。
そこなのです。

餅、おかゆに入れて食べるのです

焼いてからお粥にしばらく沈めておくと、
いい感じに溶けて食べやすくなります。

胃を休めるんじゃなかったの?
と、またまた突っ込みたくなりますが、
これは力仕事をしてからわかるようになりました。
やっぱりお粥だけじゃ力が入りません。
餅もたくさん食べます。
前菜に餅。メインに餅。デザートに餅。
いくら食べても太りませんよ~
それだけ動くので。

牛屋の嫁になってから、
以前の2倍は食べるようになったのですが、
体重は全く変わりません。
むしろ少し減り気味です。

人間は食べて、消化吸収して、
排泄して生きてます。

と、言うことはきちんと食べないと、
きちんと消化吸収できなくなるし、
排泄もできなくなってしまうのです。

つまり、代謝の悪い体になってしまうということです。
今太らなくなったのは、
きちんと食べる様になったからかな~、
と、思っています。

少し話がそれましたが、

(いや、健康情報ブログと言う名目なんだから、
むしろそっちがメインなんじゃ・・・・・ま、いっか)

そんな感じで北海道ならではの
知恵が詰まった我が家の七草粥です。

うーん、今日は忙しかったので、
写真撮らなかったんですよねー。
私の力作、見ていただきたかったです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 雑記 | コメント:0
∧top | under∨
<<アナフィラキシーな雑記 | 「私の中の森」 | 我が家のお正月>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |