「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

インフルエンザになった娘へのホリスティックケアをご参考までに 基本情報編

昨日は「娘がインフルエンザになりホメオで治療しました」と、書きました。
今日はインフルの治療に使った療法のうちホメオパシーに関して
基本情報をお伝えします。
ホメオパシー使っていますよ~と書いていても、
そのあたりは書いていなかったので。

ちなみに今日の娘は鼻づまりも取れ、咳もなく、
体力を回復するべく少しずつ活動させるようにしています。
黙っているとずーーーーっとTV見てるんですもの。

あ、治ったとたんに学級閉鎖になったのです
子どもはラッキー親は・・・・。


「理論」
超簡単に書くとホメオパシーは
「体の中の不健全な状態(病気、心の不調、添加物や放射能他環境からのもの)を
取り除く治療法」です。

病気になるのは本来は健全である体の中に不要なものがたまり
それを体の外に排泄させるためになると考えます。

これはホメオだけではなく、西洋医学でも同じです。

例えば肺に不要なものがたまると咳として、
鼻にたまると鼻水、体中に散っていると熱として。
病原菌などをきっかけとして症状があらわれます。

西洋医学は出た症状を薬により「抑え込む」
もしくは外科手術などにより「取り除く」治療法。
ホメオパシーは免疫力を刺激して排泄させる治療法です。

「レメディについて」
レメディと呼ばれる薬を使います。
形状は砂糖玉とアルコールに溶かしたものがあります。
一般的には砂糖玉のを使います。

レメディには他のレメディと一緒になると効き目を
「打ち消しあう(相殺」ものと「助け合う(補間)」ものがあります。

レメディには副作用は全くありません。
が、症状に合わないレメディを取ると全く効きません。
効くレメディを取ると私の場合は眠くなります。

そのまま舌下で溶かす方法と、
ペットボトルの水に数種類いっぺんに入れて溶かして、
何度かに分けて飲む方法があります。

とるのはいつでも何度でもよく、
食事ができない場合や吐いてしまう場合などにも便利です。

「ご参考までに」と書きましたが、
私の使い方は「手当たり次第」なので、
あまり参考にならないかも

「流派」
ホメオにはいくつか流派があり、
主なものは「クラシカル」と「プラクティカル」

「クラシカル」はレメディを1種類だけ使い、
「プラクティカル」は数種類使います。

私が利用しているのは「プラクティカル」です。

最初は「クラシカル」の本を読んで始めたのですが、挫折。

何千種とあるレメディの中から一つだけを選び、
それの効くのが1日後でも1週間後でも
1か月後でも治ると信じて待つ。

はっきり言って具合の悪いときに、
本を読み込み、選ぶなんて素人には無理
「これだから宗教かインチキかって言われるんだー」と実感しました。

現代人は薬品や化学物質、環境汚染等により症状が複雑になっているので
ホメオパス(ホメオの専門家・医師)でも1種類選ぶのは難しい場合があるようです。

「私の使っているレメディ」
私は「ホメオパシージャパン」社の商品を使っています。
種類が豊富で補充もしやすいからです。

「ホメオパシージャパン社とバッシング」
ホメオパシージャパン社は東日本震災以降、
スピリチュアル的、あるいは宗教的発言が多く、
私は正直辟易しています。

数年前にバッシングを受けたのも主にこの会社でした。
バッシングの記事は事実と異なることがほとんどのようですが、
誤解されかねない発言や表現をし続けていた責任はあるのでは?と
私は感じています。

が、正直、私はその辺はどうでもいい。
だって、私には選びようがありませんから。
薬剤過敏症なのでレメディしか使えないのです。

「私の参考にした本」
「疾患・症状別ホメオパシー辞典」実用222疾患の処方ガイド 渡辺順二著
「実用ホメオパシー」Dr.David Gemmell著
「ホメオパシー的予防」由井寅子著
「キッズトラウマ」由井寅子著
「ファタックのマテリア・メディカ」S.R.ファタック著


詳しい理論を知りたかったら本やネットにたくさん情報があります。
自分で利用しようと思う方は、
必ず、その病気と治療法について納得いくまで調べて学んでください。
自分の(あるいは家族の)健康を人任せにしてはいけないと私は考えています。

ホメオパシーをバッシングしまくっている情報もあれば、
褒めまくっている、あるいは宗教のように心酔している情報もあります。
インチキだとするのも、インチキだというのがインチキだというのや、
とにかく攻撃しあっていて、正直私はかかわりたくありません。

私は情報を得るときに「良いことだけ書いている」ものも、
「悪口だけ書いている」ものも信用しないことにしています。

実感として私は効果があると思っています。
子どもたちはホメオで治療するようになってからほぼ皆勤賞です。
始めたばかりのころに私もインフルになりホメオで治療しましたが、
丸一日熱を出しただけで治りました。

前置きが長くなりました。
次回は「予防」について書きます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | インフルエンザ治療 | コメント:0
∧top | under∨
<<インフルエンザになった娘へのホリスティック医療ケアをご参考までに 予防編1 | 「私の中の森」 | インフルエンザになった娘へのホリスティック医療ケアをご参考までに>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |