「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア 7

次々と困難に襲われた2009年はたくさんの出会いをもたらしてくれました。
「突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア」1~6参照

(最終文章です)

あのころには気づけませんでしたが、
私たちはとても良い医師に出会っていたのだと思います。

私の周囲では検査の結果、
異常なしで原因がわからないのに
効くかどうかわからない薬を飲まされ続けている人が沢山います。
まだ子供なのに精神的なものとされ、
安定剤などを飲まされている子もいます。

私の知り合いには突発性難聴になり、
原因不明にもかかわらず手術をされ、
結局のところ片耳が聞こえなくなった人がいます。

出会いが悪ければ長女もそうなっていたかもしれません。
振り返れば2009年は困難と幸運な出会いで作られた複雑なパズルのようでした。

恥ずかしい話ですがあのころの私は逃げ出すことばかり考えていました。
つらくて、苦しくて、
この体もすべてを捨ててしまいたいと。

子どもたちを思い、何もできない自分にふがいなさを感じ、
ダメな母親である自分を責め、
どうしてこんなに苦しまなければならないのだろうと思っていました。

暗闇にいるときには周りにだれがいてもわからないし、
自分の姿さえ見えないものです。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="(HP「私の中の森」→「">(HP「私の中の森」→「私の中の森」→「暗闇」参照)

けれど、今になって見ればわかります。
夫も夫の両親も黙々と働き、
淡々と何事もなかったように毎日を過ごすことで
私たちを支えてくれていたのだと。

大騒ぎせず、原因を探すこともせず、
「普通に」していてくれることが、
どんなに私たちを助けてくれていたことか。

私は本当に幸せの中にいたのです。
今、光の中に出られたからこそ、
それに気づけました。

自分ばかりが苦しんでいるような気がしていましたが
夫にも、夫の両親にも、
今は感謝することができます。


あのころの私の世界には西洋医療しかありませんでした。
その西洋医療で治療できない病気ばかりを抱え、
子どもたちも治すことができず、
死ぬほどの病気ではないとはいえ、「絶望」していました。
その「西洋医療しかない」と言う発想こそが暗闇を作っていたのです。

私は病気や症状、
起きる出来事にはすべて意味があり、
必要なものだと思っています。
ここにも時々そう書きます。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="(HP「私の中の森">(HP「私の中の森」→「私の中の森」→「重なり」参照)

きっと読む人によっては
「それほどつらい思いをしていないからだ」と
受け取れられるかもしれません。

確かにもっとつらい思いをされている方は大勢いると思います。
だから、そう思えるのかもしれません。

今言えるのはあのつらかった2009年が
現在の私に、そして家族につながっているということです。

あの年がなかったら私は今も原因不明の症状を抱え、
薬の副作用にも気が付かず、
立ち上がるのもやっとの体で、
思うように働けないジレンマを抱えていたかもしれません。

家族との関係も、今とは違ったものになっていたでしょう。

あれほどの困難にあわなければ、
ホメオパシーに出会ったとしても、
それを選ばなかったかもしれません。

今私が書いているこのブログもなかったと思います。
出口のない暗闇の中、病気で苦しんでいる人に、
今選んでいる医療方法とは違う方法を示し、
「可能性」と言う灯りをともしたいと思う私はいなかったでしょう。

このブログはリアルタイムで読まれると思って書いているものではありません。

これから先、私たちのかかった病気、
発症した症状と同じ症状に苦しんでいる人たちが、
ネットに答えを求めた時に、
何らかの参考になればいいと思って書いています。

なぜならその闇の暗さは私たちも良く知っているからです。


ここへたどり着かれたあなたが、
もし暗闇にいるのなら、
どうか現在の医療方法とは違う方法で病気や症状を見てください。
別の医療方法で治療できるかもしれないという可能性をすぐに否定するのではなく、
頭の片隅にでもおいてくださったら、
・・・・灯りを消さずにいてくださったら、
今とは何かが変わるかもしれません。

どうかあなたの闇に灯りがともりますように。

私はできる限り灯りをともし続けようと思っています。

最終文章です。
長くなりました。
お読みくださりありがとうございます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 突発性難聴 | コメント:0
∧top | under∨
<<後記と予定と近況報告 | 「私の中の森」 | 突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア 6>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |