「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

追悼3.11「春よ、来い」

「突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア」の連載中ですが、
今日はいったんお休みして、
3.11追悼メッセージを書きます。

連載のほうは順調に書きあがっておりますのでどうかご安心を

HSPの私は2年前の3.11の映像をいまだにまともに見ることができません。
忘れてはいません。
忘れられるわけがありません。
いまだ復興が進んでいないことにも心を痛めております。
福島の原発問題もいまだ解決していません。

何が正解で、何が取り越し苦労で、
何が不要なものなのかわからずに、
この国はそれぞれの思惑が先に立って、
いまだ手を結んで前に進むというスローガンだけが
独り歩きしています。

その中で被災した方々は立ち上がろうとしていらっしゃいます。

本当に頭が下がります。
見るたび胸が熱くなります。

私はこの国を動かすのは政治家ではないと思っています。
人がいるから国がある。
国のために人がいるわけではありません。
だから人を大切にしない国は滅びます。
ましてや企業の利益やその他の思惑は、
結局のところ、国のためになりません。

人のため、とは人々がただ食べていければいいというわけではありません。
だからお金をばらまけばいいというわけではないと思います。
ただし、国がやるべきことをやらなけらばならないとは、
言うまでもないことですが。

自分の足で立って(比喩的な意味で)、
自分はそこにいていいのだと思える。
それが生きている喜びだと思います。

昔、小さな村の老人ホームへボランティアに行ったとき、
車いすに乗った80歳を超えたおばあさんが
「私も何かできることがあれば世の中のお役にたつことをしたい」
とおっしゃっていました。
その時私は「今の時代は心の寂しい人が増えているから、
笑顔で挨拶をするだけで世の中の役に立つと思う」とこたえたところ、
「じゃあ、早速やってみる」とおっしゃっていました。
実際にそうなさったかどうかはわかりませんが、
それは重要ではありません。
そう思えることが生きているということなのだと思います。

寝たきりでも動けなくても何かができる。
誰かにつながっている。
自分は誰かの隣にいる必要な誰かだ。
すべての人がそう思える国になるためには、
誰かに何かしてもらうだけでは、おそらくダメなのでしょう。


国が復興するということは経済が発展し、
科学技術が発展し、
美しい街ができるということではありません。

それには私たち国民が主役にならなければ。

それぞれの立場でできることをしていきましょう。


被災した方でなくても3.11がトラウマになって、
パニック症候群などになり、
外に出られなくなった方もいらっしゃるそうです。

そして被災した方々の心の痛みは私には想像もできません。

もし、そこから立ち上がれないのだとしても、
どうか自分の心が弱いせいだと思わないでください。

私は心の病は本当は体の病だと思っています。
身体が健康なら、心は自然治癒力を発揮して、
時間はかかるかもしれないけれど、
ゆっくりでも確実に回復して行くと思います。

被災したすべての方が嘆き悲しみ続けているわけではないことが
何よりの証明です。

それでも、どうしても立ち上がれないのだとしたら、
心の治療には私はホメオパシーが一番向いていると思います。
心と体両面から自然治癒力を回復させていくからです。

ここでちょっとしたホリスティック医療情報を。

ホメオパシージャパン社では3.11後に、
「ショック状態」「心身の衝撃」「不安」
に対応するレメディを発売しました。

「サポートAAA」です。
30粒入り920円 100粒入り1970円
ホメオパシージャパン社のHPをご覧ください。
悲しみにはイグネシアと言うレメディもあっています。

深い悲しみには相談会をお勧めします。
心のケアにはクラシカルホメオパシーも向いています。



実は私のHPには3.11を意識して書いた文章があります。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」→「">HP「私の中の森」→「私の中の森」→「春よ、来い」

人には(比喩的な意味で)自分の足で立ち上がる力があるのです。

どうかその力を信じてください。

私もそう信じてこの国の民として
自分のできることをしていこうと思います。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


別窓 | 追悼3.11 | コメント:0
∧top | under∨
<<突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア 6 | 「私の中の森」 | 突発性難聴・視神経症のホリスティック医療ケア 5>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |