「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

泣き止まない乳幼児へのホリスティック医療ケア 3

4人の子のうち、4番目だけはとにかくよく泣きました。
抱っこしっぱなしでくたくただった私を助けてくれたのはホリスティック医療ケアでした。
(「泣きやまない乳幼児へのホリスティック医療ケア」2013.4.12参照)

三女は2歳から保育所へ行っていました。
というか、やっと入ってくれたという感じでした。
泣いてぐずる度に抱っこしたりなだめたり、とにかくノイローゼ寸前でした。

でも、保育所の先生、ごめんなさい!って本当に思います。
毎日のように先生方が私の顔を見ると、
「大丈夫ですよぉ。お母さん、大丈夫!」
「ユニークなお子さんですね~。こういう子が一人くらいいてもいいものですよ」と言っていました。

・・・・・きっと、すごく大変だったんだと思います。
どうしてそう思うかと言うと、
ホメオパシーのケアで泣かなくなってからは、
「穏やかになって」「怒らなくなって」「泣かなくなって」と、
以前はいかに大変だったかを教えてくださったからです。

私はほとんどリアルでホメオパシーのことを話しませんので、
先生方は三女の変化の理由を知りません。
ただ先生方の言葉から、
ホメオパシーを知らない人から見ても変化があったんだということがわかりました。


「ホメオパシー

長女の突発性難聴をきっかけにホメオパシーを初めて、
(「突発性難聴・視神経症へのホリスティック医療ケア」2013.3.1参照)
4ヶ月が過ぎるころにはホメオパシーへの信頼はかなり大きなものになっていました。
三女にホメオパシーによるケアを始めたのはそのころです。

レメディについて書かれている本(マテリアメディカ)を読んでいると、
一つ一つに身近な人物の特徴がそのまま書かれているようなものがあります。

「カモミラ」と言うレメディは三女の特徴そのものでした。
「カモミラ」はカモミールからつくられたレメディです。

短気、激怒、喧嘩っ早い、非常にイライラし敏感、何をしても満足しない
気難しい、いつも構ってもらいたい、抱っこをせがむ、頭が熱く汗をかく、
午後9時から悪化、癇癪や怒りで抱いても揺らしてもダメ

症状の出やすい場所や特徴
小児、女性、精神、神経、感情、消化器官粘膜、左側、肝臓

肝鬱の記事、覚えていますか?怒りは肝臓から来るのです
「イライラ・怒りっぽさのホリスティック医療ケア」2013.3.19参照)

(「ホメオパシーin Japan」由井寅子著ホメオパシー出版より
この本はホメオパシーや西洋医学に偏見を生じやすいと思うので私はお勧めしません)

そして、大きな特徴は「痛みから来る怒り」「乳児の下痢、疝痛」

まるで三女の特徴をどこかで見ていて書かれたような記述です。

「どうしてこのような癇癪玉の子どもが生まれるかと言うと、
親が神経をいらだたせる刺激物ばかりとっていると、それらの中毒になって生まれるから」
というようなことが書かれています。

刺激物といえば、コーヒーなどカフェインの入ったもの、香辛料、アロマオイル・・・

そう、アロマオイルです。
アロマオイルは自然のものだから安全と言う記述を色々なところでよく見かけますが、
実は違います。
医薬品と同じできちんとした知識を持って、
厳密に取り扱わなければなりません。

三女の妊娠中、それは十分わかっていました。
けれど、三女の妊娠中は本当に腰をはじめとして全身に激痛があり、
立つことも、座ることも、寝ることもすべてが激痛のためつらかったのです。
だからと言って鎮痛剤を飲むわけにいきません。
眠ることもできないので睡眠不足から妊娠中毒症になりました。

そこで私は痛みどめとしてアロマオイルを使いました。
オイルで希釈して痛い場所に塗っていました。
ローマンカモミールは刺激の少ないオイルとして赤ん坊にもつかえるし、
痛みどめとしても使えるので多用していました。

これが、三女が「カモミラ」体質として生まれた原因のようです。
(遺伝的要因もあります。下痢体質も癇癪も夫側の系統です)

「母乳や食べ物への不耐があり、消化のたびに疝痛がおこる」とも書かれています。
やはり下痢も泣く原因だったようです。

治療は簡単ですが、大変でした。

まず、カモミラ30C 一瓶30粒入りを毎日朝晩舌下に入れて溶かします。

それと同じころ、
ホメオパスによる相談会で姉たちが液体状のレメディを飲んでいるのを
うらやましがった三女に予防接種の毒出しの液体レメディを取らせました。
(予防接種にはアルミニウム、水銀他沢山の有害物質が含まれています)
毎日10滴を数回に分けて薄めて飲ませました。

すると・・・・、液体レメディをとらせて2週間で、
ひどい下痢をして入院しました。
下痢をしだしてから半日後に病院へ行ったのですが、
血液の値が医師曰く「考えられない」くらい悪くなっていたのです。

胃腸炎と言う診断名が付きましたし、
当時はホメオを始めたばかりで訳が分かりませんでしたが、
これは好転反応だと思います。
治癒の過程で体の中の悪いものを排泄させるものです。

何故そう思うかと言うと、
この入院の後、3年近く続いた下痢を全くしなくなったからです。
便秘ではありませんが毎日健康な排便をするようになりました。

この時点ではまだホメオに詳しくなかったですし、
初めての好転反応で不安を感じました。
正直ホメオを続けるかどうか迷いました。
しかし、冷静に観察すると医師の言う言葉とは裏腹に、
入院している三女は下痢をしている以外はとても元気でした。
目も輝いていました。
ホメオをやめると言う判断をするには至りませんでした。
あの時点でやめていたら今の健康な体を取り戻しつつある私はいなかったかもしれません。
ひどい下痢をしながらも頑張ってくれた三女にとても感謝しています。
下痢が治ったとたん、医師曰く、
「考えられない」くらい元気になっていました。

予防接種の毒出しとカモミラがなくなるころには、
三女はあまり泣かず、癇癪もおこさず、
はじけるように元気だけれど、明るくユーモアがあり、
しっかりした女の子になっていました。


予防接種の毒出しで下痢が治ったということは、
下痢の原因は予防接種にあったようです。
予防接種の毒は腸管につくと考えられています。

長男も大学1年の時に予防接種の毒出しの治療を受けたらやはり下痢で入院しました。
長男は胃腸が弱く中学・高校・大学と休みがちで単位がぎりぎりでしたが、
やはりそれ以降腹痛を起こさなくなりました。
長男が胃腸が弱く休みがちなことは私にも悩みの種でしたが、
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="(HP「私の中の森」→「">(HP「私の中の森」→「私の中の森」→「息子」参照)
今では心配しなくてよくなりました。
いつも太宰治的な難しい顔をしていたのですが、とても明るくなりました。


三女の泣いて怒る体質と慢性下痢は「カモミラ」と予防接種の毒出しでで改善されました。

これらを他の治療法でケアできるのかどうか、
私にはわかりません。

けれど、もし、どの方法でもダメでお困りなら、
ご自分でよく調べてよく検討されてから試してみるのもいいかもしれません。

ホメオパシーには他にも良く泣く子のレメディがあります。
「泣いて抱っこをせがむ」
「泣いて触られるのを拒否する」等々。

予防接種の毒出しはホメオパスのアドバイスがなければ売ってもらえませんし、
レメディ選びはとても難しいので専門家に相談した方が良いと思います。


ホメオパシーに限らず私の経験談でご紹介している治療方法に興味を持たれた方は
必ず、書籍・医療専門機関・インターネットなどでよく調べてからご利用くださいませ。
自分と家族の健康を人任せにしてはいけません。

私は調べる場合には「良いことだけ言うもの」「悪口だけいうもの」は信用しないことにしています。
どちらも自分に都合の悪い情報は隠していると思うからです。


私の(地獄のような)経験が何かのお役に立てばいいのですが。
あなたにとってよき出会いがありますように願っています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 乳幼児 | コメント:0
∧top | under∨
<<薬膳を学んで思った人間の不思議さ | 「私の中の森」 | 泣き止まない乳幼児へのホリスティック医療ケア 2>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |