「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

薬膳を学んで思った人間の不思議さ

薬膳お勉強中の私。
と言ってもなかなか進まな~い・・・・

ちなみに私が今お勉強に使っているのがこちらの本。
薬膳の基本薬膳の基本
(2008/04/04)
辰巳 洋

商品詳細を見る


薬膳と言うと、中薬や生薬を使っていて、
「こういう症状の時はこれを食べましょう」みたいなただのレシピ本がほとんどですが、
これは違います。

東洋医学の基本をかじったことのない人にはちんぷんかんぷんな内容だと思います。
レシピは勿論載っていますが、理論がばっちり載っています。

この季節はこの臓器に変調がおきやすく、同時にこの臓器を補い、
こういう治療にはこの食材を用い・・・・みたいな感じです。
「美肌」「老化」「ガン」「脳血管疾患」など「治療」のための本です。

そして、すごくわかりやすい。

舌診や脈診の方法まで紹介されていてすごおおおく面白い


この本とその他にも買ったいくつかの本を参考に薬膳をちょっとずつ実践しています。

といっても、中薬は手に入らないし、使ったとしても家族はきっと食べないと思うので、
その時の家族の体調に合わせ、普段使いの食材を使って料理しています。

先日も書きましたよね。
(「薬膳を学んで気が付いたこと」2013.3.29参照)


今回タイトルにある不思議とは・・・・?

人はその時の体調にあった食べ物を食べたくなる。
と言う事実。

うちの家族だけ?

春になったら「から揚げ(鶏肉)たべた~い」(春は肝が活発になり鶏肉がよい)
テストの前の日は「豚肉食べた~い」(腎にエネルギーを蓄える)
のぼせ気味な人は「トマト食べたい」(肝の熱をとる)
脾の状態が悪い人は「ごはんたくさん食べたい」等々・・・。

そして、もっと不思議なのは、
身体が悪い状態に向かっているときは、体に悪いものを食べたがるということ

関節が痛くて悪化に向かっているときは甘いものを食べたくなります。
甘いものを食べると「湿」がたまり関節が痛くなると東洋医学では考えます。

身体が冷えて風邪をひきそうな人はさらに体を冷やしそうなものを食べたがります。
キュウリとか豆腐とか。

腎臓が弱ってむくみが出ているときは、脾臓を強めるものを食べたがります。
脾臓が強くなりすぎると腎臓が弱ります。
ジャガイモとかコーンとか。


何のこと書いているか判らないかもしれないけど、
とにかく体が向かっている方向にあっているものを食べたがるということ。


・・・と、言うことは病気になる時はなるってこと?
そういえばホメオパシーでは体の「掃除」のために病気になるって考えます。
たまった不要なものを出すのだと。

そういう事なのかなぁ?


そんな感じで薬膳のお勉強が面白くてしょうがない私なのでした

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

別窓 | 薬膳治療 | コメント:2
∧top | under∨
<<「ホリスティック医療ガイド」始めます | 「私の中の森」 | 泣き止まない乳幼児へのホリスティック医療ケア 3>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013-04-20 Sat 04:51 | | #[ 内容変更] | top↑
こちらこそよろしくお願いいたします(^^)
HP「私の中の森」にも色々とありますので、
よろしければご覧くださいネ。
http://wata-mori.jimdo.com/
2013-04-20 Sat 10:42 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |