「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

各医療方法の治療範囲を知っていますか?

「うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア」で私が自己分析力を獲得していく過程を
UPしますよ~と予告したばかりですが、
「ホリスティック医療ガイド」関連の文章があと一つのせるときりが良いので
もう一つだけUPします。

http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」→「">HP「私の中の森」→「ホリスティック医療ガイド」掲載用の文章です。

今日はそれぞれの医療方法の治療範囲について書きました。

あなたはそれぞれの医療方法、
とくになじみの深い「西洋医療」の治療範囲について知っていましたか?
---------------------------
「各医療方法の治療範囲を知っていますか?」

医療方法には治療できるものとできないものがあると知っていますか?

一つの医療方法にこだわり本来は治療に適さない医療方法を選んでいるために、
いつまでも改善が見られずに苦しんでいる方を多く見受けられます。

一つの医療方法で「病気ではない」と言われたばかりに、
自覚症状が強いにも関わらず治療されずにおられる方もいます。

この世に医療方法は一つではありません。
それらの治療範囲を把握しないことは「医療ネグレクト」につながります。

ぜひ各医療方法の特徴と治療範囲を把握して
適切な治療法を選んでください。


これらはすべての人が西洋医療の検査を受けた場合のデータです
(東洋医学系の書籍に多く見られる記述です)

①全体の2割=「病気」
自覚症状のあるなしにかかわらず、検査数値に異常がみられるか
医師の診察で「病気」と診断された

②全体の6割 =東洋医学でいう「未病」
自覚症状があるけれど、検査数値に異常が見られないために 病気ではないと診断される

③全体の2割=「健康」
自覚症状がなく、検査数値にも異常がない



これらを踏まえ各医療方法の治療範囲は以下の通りになります。


西洋医療 → ①「病気」のみ
東洋医療 → ①「病気」②「未病」③「健康」すべて
ホメオパシー → ①「病気」② 「未病」
メディカルアロマセラピー → ①「病気」②「未病」③「健康」


※③「健康」な人の治療とは「予防」を意味します


西洋医療で治療対象外の症状(②「未病」)を無理に治療してもらおうとすると、
症状を止めるだけで根本治療にならない「対処療法」をされるか、
「精神的な病気」と言うことにされます。

これらは根本的な治療ではないために
症状が進みいつか西洋医療の治療対象=病気となる可能性があります。

病気になったとしても「原因不明で治療できない」
「原因がわかっていても治療方法が確立されていない」と言う病気は無数にあり、
治療できるとされているのは100種類程度だそうです。

つまり西洋医療の治療範囲に入っても治療できるとは限りません。
出来る限り「未病」のうちに治療した方がいいと私は思います。
「未病」を適切な方法で治療しないことは
「医療ネグレクト」に当たると私は思います。

「病気」となる前に他の医療方法で治療できる可能性があります。
少なくとも苦しい症状をそのままにしておく必要はどこにもないのです。

今一度あなたの症状に適した医療方法はどれかご検討下さい。

また、医療で治療さえ受ければそれで何とかなると考えるのは大きな間違いです。
治療には「検査」「治療」「学習」「体質改善」「生活改善」
の5つが必要だと私は考えます。

「病気治療の5段階」をご参照ください。 (後日UP予定)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | ホリスティック医療ガイド | コメント:0
∧top | under∨
<<HP更新情報&「夏・「心」の季節 | 「私の中の森」 | うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |