「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア 私の中への旅 写真家・長倉洋海氏との出会い 2

私が精神疾患から立ち直ったきっかけとなった様々な出来事について書いています。
今回のは特に私の人生においてとても重要な出会いです。
その中で私はセルフカウンセリングをする時に重要なポイントとなる「何か」を得ます。
「うつ病・恐怖症へのホリスティック医療ケア 私の中への旅・写真家 長倉洋海氏との出会い 1」の続きです。 

HSPの私はボロボロ泣きながら書きました。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「私の中の森」→「HSP」他、「HSPについて」参照)
過去の記憶からの影響も受けやすいのです。

「うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア」2013.4.26参照
として書き始めて半月以上が過ぎました。

お読みいただいている皆様、本当にありがとうございます。
でも、ここで終わりじゃないんだな~(^^;)

私がHPに「暗闇」としている状態は実はその後何度も現れます。
けれど、そのたびに私は立ち上がってきました。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「私の中の森」→「暗闇」「森の奥」参照)
そうなれたのは奇跡的な出会いの中で自己分析力を身に着けたおかげです。

どうか、皆様にもよき出会いがありますようにと願っています。
長倉洋海氏HP http://www.h-nagakura.net/index.html
------------
「私の中への旅 写真家・長倉洋海氏との出会い 2」

(1からの続き)
中に一枚、花に囲まれて眠っているように見える赤ん坊の写真があった。

その赤ちゃんは紛争地で食糧不足から栄養失調となり、
肺炎を起こし亡くなったのだ。
母親が子供の顔を忘れないように長倉さんに写真を撮ってくれと頼んだそうだ。

私はその写真の前から動けなくなった。

私は当然のことながらその母親を知らない。
言葉も住む場所も神への祈り方も違う。
けれど、子供を亡くすと言う、母親にとって一番つらいその気持ちを思うと、
涙があふれて止まらなかった。
何万キロもの彼方にいるその母親の悲しみを思った時、
どこにいて、何をして、何を信じているかなんて、
何も関係ないのだと思った。
その赤ちゃんも可哀そうでたまらなかったけれど、
それ以上にその母親の痛みを自分の痛みのように感じていた。

気が付けば閉館時間になっていた。
係の方に声をかけられ私は会場を後にした。

ああ、生きよう。
生きなければ。
一歩歩くごとにその思いが強くなった。

ずっと暗闇の中にいて、そこから逃げ出すことばかり考えていた私は、
しっかりと立ってそこから出ることを決心した。

帰りの車の中で体の中から今まで感じたことのない
得体のしれないエネルギーがあふれ出てくるのをずっと感じていた。

何かをしよう。
何か、が、何かわからないけれど、
起きて寝て働いて食べてばかりではない、
今までとは違う生き方をしようと思った。


自宅に戻ったその日、
私はすぐに長倉さんに手紙を書いた。
長倉さんの写真から生きる力をもらって、
息を吹き返したことへのお礼を書かずにはいられなかった。
まだ頭が混乱していたころに書いた手紙だから、
きっとまともな文章は書けていなかっただろう。
読んでもらうのが申し訳ないようなものだったのではないかと思っている。

けれど、すぐに長倉さんは返事をくれた。
その写真展の打ち上げとして関係者だけを招いて、
スライドを使ったトークショーをやるから見に来ないかと誘ってくれた。
実をいうと私はほとんど一人で旅行したことがなかった。
釧路へも試験だから仕方なしに行ったのだ。
その日程では1泊しなければいけない。
子どもたちもいる。

突然開けた未知の世界に私は戸惑っていた。

そこで私は馴染みの言い訳を引っ張り出した。
「子供たちを置いて泊りがけで行くなんて」
「あったこともない人からの誘いに乗るなんて」
「釧路は遠いじゃない」
「遊びのために一人で出かけるなんて」

行かない言い訳はたくさん思いついた。

けれど、その時、たぶん初めて、
嫌、そうじゃないにしてもとても重要な言葉が心に浮かんだ。

「私はどうしたいの?」

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


追記(近況報告)
北海道十勝地方、昨日いきなり最高気温20度。
桜は一気に咲き始めました。
レンギョウ、ツツジ、モクレン、タンポポ等々。
北海道の春は全速力です。

春の畑作り作業終了♪
きれに整えられた畑の向こうに残雪の日高山脈がそびえるのを見ると、
「十勝に来てよかったな~」といつも思います。
関連記事
別窓 | うつ病・精神疾患 | コメント:0
∧top | under∨
<<うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア 私の中への旅 雨の朝の光 1 | 「私の中の森」 | うつ病・恐怖症へのホリスティック医療ケア 私の中への旅 写真家・長倉洋海氏との出会い 1>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |