「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

身体からの癒し、心からの癒し

昨日の運動会は暑すぎず、寒すぎず、
お弁当を食べた後でちょっとだけ雨が降りましたが、
無事最後までできました。
娘たちの通っている小学校は個性は大事にしつつも全体的にきちんとしていて、
行事を見るたびにすがすがしい気持ちになります

前回は新しい自分を作り出すための「さなぎの時」だから、
心がかたくなに固まるように、体も固まっていくという話を書きました。
(「固まっていく身体と心 さなぎの時」2013.6.1参照)

少し前になりますが、
身体が固まり始めた時、
痛くて痛くて整体治療に行こうと思ったのですが、
いつもの整体治療院はお休み。

ヨガをする気力はないし、
整体がダメなら鍼灸治療を選ぶのですが、
身体が固まりすぎて鍼も刺さらないんじゃないかってくらい。

で、新しいところをお試ししてきました
今回は、タイ古式マッサージへ行ってきました~

タイ古式マッサージって、知っていますか?
その名の通りタイ伝統のマッサージで、
「二人でするヨガ」と言われているそうです。


皆さんなら、心も体もガチガチの時、
どんなケアを選びますか?

大きく分けて、
「身体からの癒し」と「心からの癒し」

昔は私、「心からの癒し」派でした。
アロマセラピー、お香、ヒーリングミュージック・・・。

でも、体の状態が悪すぎて心からの癒しは届きませんでした。

自分が見えていないのは、体の状態についてもそうだったんですね。
(「うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア 私の中への旅 暗闇からの旅立ち1~2」参照)

それに当時はきちんとお勉強もしませんでした。
自分の状態にどんなオイルが合うのかとか。

まあ、そういう経験があったので、今では
身体の状態を改善するには「身体からの癒し」を選ぶのです。


それが、ですね、
タイ古式マッサージの感想なのですが、
すごおおおおく、良かったです。

本当に体がほぐれていくのがわかりました。

ゆったりしたタイパンツに履き替え、
足を洗ってもらい、
最初はゆっくり、
段々とハードにもむ&伸ばす。
気がついたらマッサージをしてくれている女性が
折り曲げた足の上に乗っていたりしてちょっとびっくりしました

60分コースだったのですが途中で
「もうお腹いっぱい」状態。
きくと本当は120分が標準コースらしいです。

終了後は梅こぶ茶とお菓子をごちそうになり、
本当にリラックス。
帰りは体の力が抜けてふにゃふにゃでした
仕事が休みの日でよかった~。

で、気が付くと、私、
ずーっと難しい顔をしていて
「笑顔になれない」と言う自覚があったのですが、
自然に笑顔になっていました。

どうしても変えられないと思っていた「思い癖」も
「変えてみてもいいかも」と考えていました。

びーーーーっくりです。

心と体はつながっている。
だから心の状態が体に影響して病気になる。

は、誰でも知っていることだと思いますが、

身体がほぐれると心もほぐれる

って、ありだったんですね

でも、そういえば鍼灸や整体の帰りにご機嫌になっていたこと、
あったあった。
そういえばあった

今回は「何をやってもダメ」くらいのひどい状態だったから、
効果も実感しやすかったのかも。

あと、体の状態もホリスティック医療で良くなってきたから、
効果がわかったのかなと思います。


で、今回得た教訓。

1、どの癒しを選ぶかは、まず体と心の状態をよく確認してから

あきらかに体の状態が悪いのに心からの癒しを選んでもダメかも。
(昔の私のように明らかに「病気」状態の時にはダメかも)

2、いくら考えてもどうにもならない状態なら、身体からほぐしていくのも良いかも

理屈で「こういう風に考えちゃダメ」って思っても
心を変えられないことってありますよね。
そういう時は体からのアプローチ(マッサージやヨガ)も効果があるかもです。
いつもの私のように「真正面から向き合う」ばかりじゃなくて、です。

でも、体からのアプローチをいくらやってもダメなときは、
心からの癒しが必要なのでは?と思いますが。


と、いう訳で、前回の記事と合わせると・・・、

「身体からのアプローチもしつつ、自分とも向かい合う」

と言う感じで、「さなぎの時」を過ごそうかな?と、思っています。

まあ、体も心も私なのだから両方から見るのは当たり前なのかもしれませんけどね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | ホリスティック医療 | コメント:0
∧top | under∨
<<慢性疲労症候群のホリスティック医療ケア 1 | 「私の中の森」 | 固まっていく身体と心 さなぎの時>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |