「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

ホリスティック医療ガイド 病気治療の5段階

病気だらけの私は薬剤過敏症で西洋医学の治療が受けられず、
色々な代替療法で治療をして少しずつ楽な体を取り戻しています。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「私の中の森」→「西洋医学」「薬剤過敏症」参照)
その過程で感じたことがあります。


それは、医療方法だけでは健康にはなれないということ


ホリスティック医療情報ブログ&サイト「私の中の森」では、
病気を治すために必要だと思うことを
「病気治療の5段階」として提案したいと思います。

今日から5回に分けてUPします。
------------------------
病気治療の5段階 1

ホリスティック医療情報サイト「私の中の森」では様々な医療方法を利用する際に、
「検査」「治療」「勉強」「根本体質改善」「生活改善」の
5段階の手順を踏んで治療することを提案いたします。

病気になるにはなるなりの理由があります。

自分の健康を人任せにせず、
この5段階の手順でご自分の健康を取り戻してください。


1、検査

初めに現在の状態が西洋医学の治療範囲に入るのかどうか検査する必要があります。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド」→「各医療方法の治療範囲」参照)
西洋医学はさまざまな機器を利用しての検査機関としてとても優れています。

しかし完全ではありません。

西洋医学の検査は平均値を出し、その平均値からはみ出したものを異常とします。
個人差はあまり勘案されないようです。

自覚症状があるにも関わらず「異常なし」とされる場合も多くあります。


その時は次に東洋医学の検査をすすめます。
東洋医学の医師(一般的には鍼灸医・漢方医など)の診察を受けましょう。


東洋医学では望診、聞診、問診、切診の
「四診」という独自の検査方法から詳しく患者を調べます。
特に「切診」の脈診ではその脈からどの臓器に不調があるか、
データでは測りきれない細かなものでも察知してくれます。

ただしすべての鍼灸医・漢方医がこれらの検査をできるとは限りません。
東洋医学にもさまざまな流派があり、脈を診ない人も多くいます。

また「鍼灸医」の看板だけ出して実際は「整体」や「指圧」をしている人も多いので
「四診」を見てもらえるか問い合わせてから行きましょう。

鍼灸や漢方薬になじみのない人ははじめは行きにくいかも。
症状をみてもらうだけでもできないか問い合わせてみましょう。

鍼灸院や漢方薬局で、
「四診」だけを見るサービスをしてくれたら、
もっと東洋医学の敷居が低くなるのになぁと感じます。

病院で漢方薬を出してもらう場合でも、
東洋医学での体質を見極めてもらう必要があります。

西洋医学の医師はたとえ研修を受けていたとしても、
基本的には東洋医学には素人だと思った方が良いようです。



さらに第3の検査として私はホメオパシーセンターで使用している
「QX-SCIO」(通称スキオ)での測定があることをお知らせしたいと思います。

スキオではその人の発する波動を測定することにより、
その人の問題のある部位、感情、潜在意識、
体に必要な栄養素や元素などを知ることが出来るそうです。

(「波動」は量子力学で扱われる現象で、存在が認められています。)

電話などでの音声でも測定可能です。
話せない状態の方、赤ちゃんや動物の測定も可能で無害です。
必要なレメディも教えてくれます。

ホメオパシーセンターでは特にスキオの検査というサービスをしていませんが
相談会を受けるときに、こちらから尋ねれば参考として教えてもらえます。


心の病気の場合も体調不良が関係している場合がありますので、
まずは上記3つの検査を受けてみた方が良いと私は思います。



現在の医療方法でなかなか治らない場合は、一つの医療方法にこだわらず、
とりあえず検査だけでも受けてみてはどうでしょうか。

(「ホリスティック医療ガイド 病気治療の5段階 2」へ続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

別窓 | ホリスティック医療ガイド | コメント:0
∧top | under∨
<<ブログでご紹介いただきました♪ | 「私の中の森」 | KEEP・自分との付き合い方>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |