「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

暑さ対策ハーブティー2種

今年の北海道十勝地方は暑すぎず、とても過ごしやすいです。
気温が高くなっても風は涼しい~~

とは言え、全国的に高温による熱中症患者が大勢出ていることから、
子どもたちの通う小学校では水筒と暑さ対策グッズを持ってくるよう指示されました。

水筒に氷たっぷり、水またはお茶。
裏ワザとして塩を少し入れると、化学反応で氷が溶けにくく、
「つめた~~~い!」状態がキープされます。
塩味が気にならない方はお試しくださいネ。
(最近の水筒は高機能だから塩を入れなくても大丈夫かな?)


皆さんは夏場に何を飲みますか?

今日は我が家で飲んでいるハーブティーを2種類ご紹介します。


ルイボスティー

これは一年中飲んでいます。
もう、10年以上前からになるでしょうか。

花粉症の長男が
「これを飲むと花粉症が楽になる」
と、言うので飲み続けていました。

茶葉だけが入った大袋を購入し、
自分でお茶パックに入れて利用しています。
(我が家ではちびさんたちのお仕事)

本当は煮出したほうが良いらしいのですが、
わたしは面倒なので(面倒なことは続かないという方針)
ボイラーの一番熱いお湯をポットに入れティーパックを入れ、
冷めるまで待ってから冷蔵庫へ。

これがなぜ暑さに良いかと言うと、
ミネラル分が多く含まれているからです。

汗をかくと一緒にミネラル分も排泄されてしまいます。

水分補給、と、言いますが、
ミネラルの補給も大事。
最近の清涼飲料水は「塩入り」がブームですが、
塩だけではダメかも。
塩分の接種を控えている方もいると思いますし。

ルイボスティーならノンカフェインで子どもやお年寄りにも安心です。
抗酸化作用もあり(これがアレルギーに良いとされる理由です)
他にも体に良いそうです。

色々調べた中ではこちらのページがわかりやすかったので、
良かったら参考にしてみてくださいネ。

RTea room様

ルイボスティーNAVI様


ミントティー

時々無性にハーブティが飲みたくなります。
きっと体に必要なんでしょうね。

我が家には「ミントティー」「カモミールティー」
「フルーツティー(ハイビスカス)」が常備されています。

牧草刈のさなか、妙に暑い日が続き、
(いや、ありがたいんですよ。とっても)
牛舎では昨年お伝えしたように炭酸入りミネラルウォーターを飲んでいたのですが、
ふと思いついて「ミントティー」を持っていったら、
これが結構よかったのです

飲むと一瞬スーッとして、
体の余計な熱をとってくれるような気がしました。

それもそのはず、ミントには
「余計な熱は取り、足りない熱は補う」と言う働きがあるのです。

自然界のものは色々な成分が含まれていて、
薬のように一方的な働きをするだけではないのです。

私は500mlの水筒にティーパックとお湯を入れ、
10分くらい蒸らしてから注ぎ分けて飲みます。
(匂いがうつるので気になる方は注意!)

熱をとる作用は温かいお茶でもあります(経験談)

ただし、私の場合は続けて飲むと心臓の調子が悪くなるので、
気を付けるようにしています。

子どもたちも一回目は「おいし~~」と、言うのですが、
続けては飲みたがりません。

子どもは本能で体に必要ないものは口にしないことがあるので、
刺激が強すぎるのかもしれません。


ちなみにルイボスティーにミントティーを加えてお茶を作ってもおいしいです。


皆さんお住まいの地方は暑いのでしょうか?
よろしければ、お試しくださいませ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
追記(近況報告)

「うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア」で登場した長倉さんからお葉書をいただきました
連載時にどうしてもお礼が言いたくてお手紙を出したので、そのお返事です。
嬉し~~

実はかなりばて気味で、
昨日は仕事(牛舎&家事)がおわってからは寝て過ごしていたのです。
7月に入ってから牧草刈、札幌旅行、法事で実家へ、長女のフォロー、
牧草を倉庫へ運ぶ作業で人手がとられるので、
牛舎も忙しく・・・・。
へとへとでした。

それに加え、どうしても冷たいもの(メロン&スイカ、ビール)を
とってしまうので、体が冷えてだる~くなるのです

長倉さんのお葉書でメンタル面がちょっと復活!
ちゃんとケアして、体、いたわって元気になろうと思います
関連記事
別窓 | 暑さ対策 | コメント:0
∧top | under∨
<<スピリチュアルな一言 | 「私の中の森」 | 骨折のホリスティック医療ケア 3>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |