「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

「心身の極度の疲労」で寝込んでいました 2

昨日久々に更新しました。
今日はその続きです。

今日は2週間ぶりに車を運転し、買い物へ行きました。
途中少々立ちくらみがしましたし、
頭も重くなってきましたが、なんとか帰って来れました。


昨日の続きを書きます。
私がここまで回復するのに必要だったものです。


少しずつ体の方は回復してきたのですが、
気力はほとんど回復してきませんでした。

ずっと体は限界に来ていたのに、
気力で引っ張り続け、心身ともにボロボロだったのだと思います。
その私を打ちのめす出来事があったのも気力が回復しない要因だったとおもいます。

魂が何処かへ行ってしまったようでした。


実は今年の春くらいから、
人生の変化の時が来ているのを感じていました。
それは漠然としたもので、はっきりとは言葉にできないようなものでした。

「新しい自分を生み出すとき」
もしくは
「本当の自分になる時」
と、言う感じですが、どうしたらいいのかわからず、
忙しさにかまけて自分をごまかし続けていたのです。

今回心療内科への受信をすすめられ、
いつもなら「すぐに精神的な問題にするなんて!」と腹を立てるところですが、
今回はこれをきっかけに自分を見つめ直すべきだと思い、
カウンセリングを受けるためにこちらからお願いして紹介状を書いていただきました。


私は「何か」を感じた時は帯広神社へお参りすることにしています。
帯広神社はとても清涼な気の流れる行くだけで身を清めてくれるような神社です。

お参り後、必ずおみくじを引くのですが、そこに書かれたメッセージは、
今まで私を励まし、導いてくださっていました。

今回書かれていた言葉は
「改めかえて良い運勢」

「改めかえる」・・・・・・・?

私はこのブログに自分の体験談やホリスティック医療に対する考え方を書くことで、
病気が治らなくて困っている方のお役に、ほんの少しでもいいからたてたらと考えています。

それをやめろということなのか・・・・?

それは受け入れ難く、自分から目を背けていた一因にもなりました。
けれど「改めかえる」が何なのかずっと気になって考え続けていました。


体が回復してくると気力の無さや、無力感がはっきりと感じられ、
意識を失うように眠っていた時期が過ぎると、
今度は余計なことを考えてばかりの眠れない夜がやってきました。

子供たちが親戚の家に泊まりに行ってしまい、一人になった夜、
私はいつしかヨガでいつもやるような深い呼吸をし始めました。

突然それまで忘れていたアメジストの握り石の存在を思い出し、
手に取り、再び呼吸をしました。

それは「瞑想」と言ってもいいものかもしれません。


心に浮かんがのは
「私はアスペルガーやHSP、薬剤過敏症や、
根本的にとても弱い体質を理解してくれる人が欲しい、
ホリスティック医療について話し合える人が欲しい、
スピリチュアルなものごとについても当たり前のように話せる相手が欲しい」
と、いうことでした。

全くいないというわけではありませんが、もっと多くの理解者を私は必要としていたし、
そういう考えが少しでも世に広まってくれたらと感じました。

けれどそこで私は気がついたのです。
実は自分がそれらの物事すべてを完全に肯定しているわけではな方ことに。

私はホリスティック医療と言い、
スピリチュアルな物事を受け入れ肯定しながらも、
スピリチュアルな物事の絡むセラピーを完全には受け入れられずにいた事に気がつきました。
私自身そういうった治療を受けたことがないために、
「否定はしないけど自分には必要ない」と思っていたし、
読んだ方に「なんとなく怪しい感じ」と受け取られるのも恐れていたのだと思います。

また、なんでも心の問題にして体の痛みや病気を見つめようとしない人々に反発するあまり、
治療において心からのアプローチを後回しにしがちだったことにも気がつきました。


「人は心と体と魂からできている」

知識として知っていた言葉を本当の意味で認め、
受け入れきれずにいたのだとおもいます。

今まで体からの治療中心の文章ばかり書いていたような気がします。

けれど「心」と「魂」の治療を私が心から認めなければ、
本当の意味でのホリスティック医療にはならないのだと思いました。

「改めかえる」とはしている物事をかえるのではなく、
それを行おうとする私の心を改めなさいということなのだとはっきりわかったのです。


そう気がついたとたん、
どこかへ行っていた魂がすとんと身のうちに収まったように、
気力が体のうちから湧き出し、
明かりをつけていない部屋の中が明るくなったように感じました。

そう認めてはじめて私は「新しい私」を作っていけるのだと思いました。

だから、私はこれからとことんカウンセリングを受け、
スピリチュアルなセラピーも受けようと思っています。



そう思えたのはこれをお読みくださっている皆さんのおかげでもあるとおもっています。

このブログを通して出会えた方々のブログを拝読させていただいて、
それが特にスピリチュアルやメンタルな内容ではないにしても、
おそらく本人が何気なく書いた一行だったとしても、
皆さんの書いた文章が私の中に入り、
私の細胞の一部となって、
私にそれらの物事を肯定させてくれたのだと思います。

そしてこのブログを訪れてくださる方々の存在も、
私に変化を受け入れる勇気を与えてくれたのだと思います。


だから、これをお読みくださっていて、
私に出会ってくださった皆さんに、
本当に、
心から、
ありがとうございます。

あなたがそこにいてくださって良かった。
本当にありがとうございます。


これをどうしても書きたくてブログを再開したのに、
やっと今日書けました。

書けるくらい元気になって良かった


明日もまた2時間かけて整体治療に行ってきます。
気力がもどると
自分が本当に体と自律神経をひどく痛めつけてしまったことがわかります。
こちらの回復にはしばらくかかりそうです。

でも大丈夫。
私にはホリスティック医療があります。

これからまたこに治療についても細々と書いていこうと思います。
これからもよろしくお願いいたします。

お読みくださってありがとう
では、また。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
追記(近況報告)

子供たちは今日も親戚の家にお泊り。
年の近いはとこがいるので大騒ぎらしいです。
明日は海に行くって言っていたから晴れるといいな~

オホーツク海の海水はとても冷たいのですが、
昔は海水浴場が有り、泳げたのですよ~。
多分本州方面の方には想像もできないと思いますが。
今は護岸工事の関係で泳げなくなってしまいました。


治療へは海とサロマ湖沿いの道をずーーーーーっと行くのです。
「オホーツクライン」と名付けられているようです。

途中、サロマの道の駅で売っている「牡蠣の唐揚げ」がおいし~~い
ぜひ観光においでの際はレンタカーでドライブをおすすめしたいルートです。
関連記事
別窓 | 病気 | コメント:4
∧top | under∨
<<治療経過と「闇の中の光」 | 「私の中の森」 | 「心身の極度の疲労」で寝込んでいました>>

この記事のコメント:

あなたは病気が治れば、ホームヘルパーになれる。
2013-08-14 Wed 04:18 | URL | ロモラオ #-[ 内容変更] | top↑
ロモラオ様

コメントありがとうございました。

> あなたは病気が治れば、ホームヘルパーになれる。
せっかく頂いたアドバイスなのに、
申し訳ありません。
私の理解力が足りないのか今ひとつ意味がわかりません。
今の仕事や私がやろうとしていることを変えたほうがいいということなのでしょうか?
2013-08-15 Thu 06:06 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
今の仕事や私がやろうとしていることを変えたほうがいいということなのでしょうか?  ←YES。
2013-08-15 Thu 21:32 | URL | ロモラオ #-[ 内容変更] | top↑
ロモラオ様

ご返答ありがとうございます。
また、アドバイスも。
参考にさせていただきます。
2013-08-16 Fri 17:06 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |