「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

アスペでHSPだとカウンセリングを断られるらしい

先月の精神科の受診で
アスペルガー症候群&「超」が付くほどのHSP(過敏性症候群)
と診断されたわたもりです。
(「空を飛ぼうとした魚」参照)

まあ、そこまでは知っていたからいいのですが、
問題はその先。

今回は長年の精神的な疲れがたまりにたまっている上に、
倒れてからも精神的なダメージが多かったので、
カウンセリングを受けたくて精神科を受診したのです。

私は精神的な治療は西洋医学はむいていないと考えているので、
そうでもなければ精神科へは多分行きません。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド」→「西洋医学」参照)

その病院へ行ったのは、
発達障害やHSPの専門と言っていい医師がいたからです。
私はその医師を恩人だと思い、とても信頼し、尊敬しています。

発達障害者の良き理解者だと思います。

だからその医師に、
「病院のカウンセリングは発達障害等は一般的に想定していないし、
ましてやHSPなんてほとんどの人が知らない。
普通の『心理学』ベースのカウンセリングはあなたは受けられない」
と、言われた時は、ちょっとショックでしたが、
すぐに納得もできました。

おまけに薬剤過敏症でスピリチュアルな体質だし。
(その医師はそれにも理解が深いです)

体質が普通じゃないと普通のカウンセリングも受けられないって、
皆さん知っていました~

私、知らなかった~

で、民間で探すことになったのですが、
この田舎の十勝地方にも結構、
民間のカウンセリングって色々あるんです。

でも、調べているとカウンセリングにも専門分野があるらしいということがわかってきます。

産業カウンセラーの資格を持つ人は、
仕事の上での悩み相談的な感じ(?)

心理カウンセラーでも
「自律神経失調症専門」「教育関係専門」とか、
「DV被害者専門」「夫婦関係専門」とか・・・・。

で、特に専門分野の記載がないところで、
女性のカウンセラーを3件ほど選んで問い合わせてみました。

↓このような感じで

「私はアスペルガー症候群、HSP、薬剤過敏症でスピリチュアルな体質故に、
病院での薬剤治療も一般的なカウンセリングも受けられないため、
民間でのカウンセリングを精神科病院の医師から勧められました。
そちらでは私のカウンセリングを引き受けていただけるでしょうか?」

すると、3件中2件に断られてしまいました

私って・・・、薬だけじゃなく、
カウンセリングまで受けられなかったりするんだ・・・・。
と、ちょっとショック。

でも、一件引き受けてもらえた~
それが6日金曜日の予約。

そこは普通のカウンセリングもあり、フラワーエッセンスあり、
アロマあり、スピリチュアルありなど色々ありのカウンセラーさんです。

カウンセリングは20年近く前に
アダルトチルドレンのカウンセリングを電話で受けて以来。
(当時の北海道にはそこしかなかったのです)
(「うつ病・恐怖症のホリスティック医療ケア 私の中への旅・分解と再構築 1」参照)

ちょっとドキドキ



他にも調べてみるとオーラソーマ(カラーセラピー)とかならいけるかも?
なんて思いつつ、向こうから飛び込んできた情報をもとに電話してみたら、
昨日、予約が取れて行ってきました~
その結果は、「治療体験記」として後日書きたいと思っています

そして、今日はタイ古式マッサージのお店で夜に瞑想会があるので、
行ってくることにしました。
前の私だったら「子どものことや仕事が・・・」とやめていたのですが、
思い切って行くことにしました。


段々と元々の知的好奇心が顔を出し始めました。
すこ~し回復しているのかな?

それとも元の私が顔を出して
「元気にならなきゃ」病になっているのかな?


ああ~、それにしても文章を書くと落ち着く~
頭もすっきりして、体もシャキッとします。
皆様、私の「癒し」にお付き合いくださってありがとうございます。

本当、暗闇って小さな光がすごくまぶしく見えます。

ありがとう

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
追記(北海道観光情報)

実家から治療院へ行く途中毎回立ち寄った
「道の駅 サロマ湖」のある佐呂間町には、
とても素敵なイベントがあります。

タイトルは「シンデレラ夢」
今年は9月7日土曜日開催

メインは魔法使いに変身させられてかぼちゃの馬車で舞踏会に向かったシンデレラにちなみ、
仮装パレード&パフォーマンスコンテスト。
結構皆さん、力入っています

他に「オバケかぼちゃ」(巨大なオレンジ色のかぼちゃ)の大きさコンテスト。
このために町役場は春にオバケかぼちゃの種を配るのです。

街中には民家などの前に、町民が工夫を凝らして作った
オバケかぼちゃをくりぬいて作ったランタンが飾られ
夜には明かりがともってとっても幻想的です。

そのイベントを始めたきっかけを主催者の方にきいたことがあります。

佐呂間町も過疎化が進む町。
若者はどんどん都会へ出ていきます。
それは仕方ないとその方も思ったそうです。
でも、都会へ行った子どもたちが
「あなたの生まれた町はどんなところ?」と聞かれた時に、
特産品の「ホタテ・かぼちゃ」しか答えられないようだったら
かわいそうだなと思ったそうです。
だから、いつか旅立っていく若者に
夢を持たせようとこのイベントを企画したそうです。

それを聞かせてくださった方は私の地域づくりの大先輩。
とてもとても素敵で、大好きだった方です。(今でも)

その方は数年前に亡くなってしまいましたが、
その遺志は今も素敵な「夢」として受け継がれています。
関連記事
別窓 | メンタルヘルス | コメント:2
∧top | under∨
<<スピリチュアルな一言 | 「私の中の森」 | 心身医療と夢のメッセージ 2>>

この記事のコメント:

私もHSPですが、この感覚を理解してくださる医師や心理師はほとんどいないと感じています。
認知行動療法などは考え方を変えるアプローチですが、考え方っていうより感じ方の問題なんですよね。
ちなみに私も薬剤過敏でなかなかお薬も飲めず困っています。
HSPの専門医って、長沼医師でしょうか?先生の著書を読みましたが、本当に素晴らしい先生ですね!
私も遠方でなければ診ていただきたいくらいです。
これからもブログ楽しみにしていますね(^-^)
2013-09-10 Tue 07:05 | URL | さくら #-[ 内容変更] | top↑
さくら様

コメントありがとうございます。
うれしいです(^^)

> 私もHSPですが、この感覚を理解してくださる医師や心理師はほとんどいないと感じています。
そうみたいですね。
私は門前払いがほとんどですので、あまり今の医師以外の方にお会いしたことがないのですが。

> 認知行動療法などは考え方を変えるアプローチですが、考え方っていうより感じ方の問題なんですよね。
> ちなみに私も薬剤過敏でなかなかお薬も飲めず困っています。
私が一番困っているのは「理解されない」と言うことです。
薬がダメって言うと、わがままを言っていると取られることもあります。
自衛するしかないので、薬剤過敏症の方にはホメオパシーをはじめ、
ホリスティック医療の考え方を強烈にお勧めします。
(ホメオパシーはとても難しいですが、副作用は全くないです)

> HSPの専門医って、長沼医師でしょうか?先生の著書を読みましたが、本当に素晴らしい先生ですね!
> 私も遠方でなければ診ていただきたいくらいです。
そうです。あたりです(^^)いつもピンクのポロシャツを着ている長沼先生です。
予約は3ヶ月待ちのようです。
HSPだけではなくインディゴやスピリチュアルも理解してくれます。
本当に勉強熱心で柔軟な方です。
私は本当にラッキーだったと思っています。

> これからもブログ楽しみにしていますね(^-^)
ありがとうございます。
今は体調が悪く更新がなかなかできませんが、
マイペースでやっていきたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。
HPにもHSPの記事がありますのでよかったらそちらもお読みくださいネ。
2013-09-10 Tue 18:38 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |