「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 3

ホメオパシーについて解説しています。
「ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 2」の続きです。

今回は良くわからないために誤解されている点について書いています。

様々な医療方法の治療師さんから聞いた話ですが、
「お金さえ出せば病気や症状が治る」と思っている方が多いようです。
日常のケアや注意する点について言うと、
「お金払っているんだから治すのが仕事でしょ」とか、
「そんな面倒なことするくらいならお金払ってまでこんなとこ来ない」とか

まるで自動販売機にお金を入れれば健康になれるとでもいうように。

「ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 1」にも書いたように
健康の基本を大切にしない方は無理に健康になろうとしない方が良と思います。

健康で一生を過ごすのも、
不健康で一生を過ごすのもその人次第。
選ぶのはその人本人だけです。
周囲がいくら言ってもダメなのです。

あなたはどうしたいですか?
------------------------
誤解されやすい点についての解説 1


ホメオパシーで治療するとしても検査は受けましょう
西洋医学以外の治療法を選ばれる方の中には
西洋医学を毛嫌いしていて全く病院へ行かない方がいるのですが、
「病気治療の5段階」にも書いたように、まずは検査を受けましょう。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド」→「病気治療の5段階」参照)

西洋医学は検査機器による検査が得意です。
そこで受けた放射能やバリウム、麻酔の害があってもホメオパシーで取り除くことができます。

そして更に東洋医学の見立てもレメディ選択の参考になります。
ホメオパシーはまずどのような症状か理解することが必要です。

病院へ行くまでのつなぎとしてレメディをとっていると、
行く前に治ってしまうというのもよくあることですが、
どの医療方法を選ぶにしてもますは「検査」を受けてください。


急性症状と慢性症状
かかったばかりの風邪や下痢、腹痛、口内炎など
症状が出てすぐのものを「急性症状」と言い、セルフケア出来ます。

急性症状以外の「慢性症状」の病気は素人にはケアできません。
プロのホメオパスの治療を受けましょう。

また、治癒にはその状態になるまでにかかった日数分だけかかると考えたほうが良いようです。

何年も出ている湿疹、何年も痛い身体、遺伝的病気、
何年も悩んでいる偏頭痛などは簡単に治るとは考えない方が良いようです。
それまでにとった薬や予防接種の量も治りの速さに関係します。

ただし、根本治療できるので「病気や痛みで悩み続ける」
「年々、病気が増え、体調が悪くなる」状態はなくなると経験上思います。


症状にあわないレメディをとっても効果はない
ホメオパシーはとても効果の高いケア方法だと私は経験上思います。
ただし、症状にあわないレメディをとっても全く変化はありません。
初めに選んだレメディが合わないようなので
レメディを変えるとそれまでの症状が嘘のように改善することが多々あります。
このことから「ホメオパシーはプラセボ効果だ」とする意見は間違いであると実感しています。


一番大事なのは観察力・分析力
適切なレメディを選ぶときに大切なのは
症状を発している人の状態を良く観察し、
日頃の生活習慣(寝不足・疲れ・栄養不足・心理的状態など)を
分析することだと私は経験上思います。

例えば同じ「咳」と言う症状でも「痰が出るのか?」「空咳なのか?」
「痰の色は?」「その前にあった症状は?」「いつ出るのか?」
「どういう時に悪化(もしくは好転)するのか?」「何時ころ出るのか?」
など細かく観察しなければ適切なレメディを選ぶことはできません。
「咳だから○○のレメディね」と言う感覚ではだめなようです。

※本来は西洋医学薬もこれと同じことが言えますので
ご自分で薬を選ぶときは専門家のアドバイスを受けましょう。


病気や症状は「その人の状態をあらわすもの」と考える
西洋医学ベースの考え方だと悪者扱いされる病気や症状ですが、
ホメオパシーはあくまでその人の状態をあらわすものとして考えます。

「のどの痛み」「鼻水」「鬱」「不眠」など
その人の心と体が症状を表に出して教えてくれているのです。

それが出てこなければその人は病気のままで、
ある日命がなくなるまで気が付かないでしょう。

症状があるから治療できるのです。
症状はありがたいのです。


ミネラルを十分に補給しましょう
ホメオパシーで治療を始めると、体の中の悪いものが排泄され、
血液や細胞などが新しく作り替えられることから、
身体がミネラル分を必要とします。(あると便利なもの「ミネラルセット」参照 後日UP予定)

出来ればサプリメントではなく自然の食品から補給しましょう。

私は上白糖ではなく三温糖や黒糖・オリゴ糖などミネラル分を含む砂糖に変えたり、
天然塩を使ったり、野菜を多くとるようにしたり、
ミネラル分の多いミネラルウォーターを選んで日ごろからたくさんとるようにしています。


自然治癒力と治癒の方向性について
病気や症状は「健康で完璧であるその人本来の状態」に入り込んだ
「その人本来ではないもの(病気・痛み・心の状態など)」を
外へ押し出そうとするためにあらわれます。

肺に良くないものが入り込んだら咳として、
鼻だったら鼻水として、
良くない考え方だったら「鬱」などの精神症状として。

熱は体中に病原菌などが入り込んだとき
体温をあげてそれをやっつけようとする働きです。

痛みは負傷した細胞を治すために血流が増えるので痛みます。

西洋医学薬はこれらの働きを止めるものですが、
ホメオパシーは他の各国に伝わる伝統療法と同じ
「自然治癒力を助けて病気を早く治す」と言う治療法です。


(次回「ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 4」に続く)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | ホリスティック医療ガイド | コメント:0
∧top | under∨
<<ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 4 | 「私の中の森」 | ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 2>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |