「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 4

今日一番読んでいただきたいのは、「バッシングについて」と言う項目です。

ホメオパシーの入門用ガイド、今回で最終です。
本日http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」">HP「私の中の森」の方にもUPします。

ホメオパシーは一般的に広まっている西洋医学ベースの考え方とは違うことから
誤解されやすかったり、
理解されなかったりしますが、
この記事がホメオパシーが普及する一助になってくれればと思います。

もしわからない点があれば、
私のわかる範囲であればお答えしますので
コメント欄、もしくはメールフォームからお申し込みください。

4年間ホメオパシーで治療した結果一番思うのは、
心も体も生きるのが楽になったということです。
日常的な病気はほとんどしなくなりました。
治らないだろうと思われた慢性病も一つずつ減っています。
日曜日でもレメディでケアできるので気が楽です。
----------------------
誤解されやすい点についての解説 2

好転反応について(吹き出しと呼ぶこともある)
身体が自然治癒力を働かせて症状を外へ押し出そうとするとき、
一時的に症状が悪化したように見えることがあります。

「咳」がひどくなったり、「湿疹」が増えたり・・・。

症状を押し出すのが自然治癒力の力なのです。
押し出さないことには治りません。

ホメオパシー他、様々な療法でこの好転反応が出ます。
それまでため込んでいた「怒り」「悲しみ」などの感情が噴出してくることもあります。

プラクティカルホメオパシーではこの好転反応で出た症状に対してもケアを行えます。

経験上、好転反応で下痢が激しい場合は迷わず病院へ行った方が良いようです。
下痢は体中の悪いものを出そうとするので血液の状態が悪くなりますし、
脱水症状になりやすいので注意しましょう。

でも、できった後はそれまで悩んでいた症状が
すっきり無くなったという経験をたくさんしています。

ちなみに我が家の例で言うと、2年間続いた3女の下痢も
数年間続いた長男の腹痛も激しい下痢で入院した後、ぴたりと無くなりました。


好転反応が激しく出ないようにするコツ
身体にたまった悪いものを押し出すのが好転反応なら、
「普段から悪いものをためない」ように気を付けましょう。

症状があらわれたらそれを「止めず」押し出すケアをする
日頃から身体に悪い食べ物などをとらない
生活習慣に気を付け(寝不足・過労・運動不足など)自然治癒力を正常に保てるようにする
自然に湧き出てくる「感情」を否定し抑え込まず、その意味を考え、ケアする
インナーチャイルドの癒しをする
等々・・・


バッシングについて
世界中でホメオパシーに対するバッシングが行われた歴史があります。
その内容はホメオパシーをある程度勉強した人ならあきれるような事実無根のものや、
事実のようでいて、悪意を持って歪曲させたものです。

しかし、バッシングを受けているものはホメオパシーだけではありません。

「EM」「自然農法」「産業用大麻」「スピリチュアル」などいずれも定期的に攻撃を受けています。

共通点は「現在の考え方を180度ひっくり返すようなものであること」
「全く新しい考え方でなじみがないためにバッシングの内容が本当かどうかわからないもの」
「それが広まれば全人類のためになるものであること」
「ある程度の人数で組織的に動いていること」


そして、「攻撃の仕方がマスコミを使って人心操作の形態をとること」です。

これからバッシングされているものを見つけたら、
単純に「正否」の判断をせず、良く観察してみてください。


遺伝的体質の治療について
他の医療方法では遺伝的体質は治療できないとされていますが、
ホメオパシーには「マヤズム治療」と言う遺伝的体質の治療があります。

ホメオパスのケアが必要です。

「リュウマチ」「糖尿病」「癌」などの治療もできるとされています。


クラシカルとプラクティカル(用語解説参照)
クラシカルホメオパシーは「その人にあうレメディは根本的に一つだけ」としています。
東洋医学でも「その人を治すツボは一つだけ」とする流派があるので間違いではないのかもしれません。

ですが現代日本人は諸外国よりかなり多い西洋医療薬を体内に入れています。
(先進諸国の7倍の抗生物質を使用しているというデータがあります)

予防接種なども自然治癒力を弱めゆがませていると言う説があります。
http://wata-mori.jimdo.com/" target="_blank" title="HP「私の中の森」TOP">HP「私の中の森」TOP→「ホリスティック医療ガイド 西洋医学」 誤解されがちな点についての解説参照)

根本の体質の外側に何重にも不自然な症状があり、
それらを一つずつ癒し、はがしていくために
複数のレメディを使用する必要があるとプラクティカルホメオパシーでは主張しています。

私個人の経験上は素人には根本体質のレメディを選び出すのは難しく、
もしあっていたとしても、それが治るのが1週間先でも半年先でも
それをとり続けるというのはとてもしんどいのでプラクティカルホメオパシーを選んでいます。

発達障害その他の病気だらけの体質からみてもプラクティカルの方があっているようです。


必要なレメディは体が教えてくれる
本を読んでいると自分にあいそうなレメディがいくつかあります。

どれをとるか迷うところですが、風邪などの症状が出た時にレメディを選ぶうち、
自分に合いそうだと思っていたレメディであることに気が付きます。

その人に「今」必要なレメディは身体が教えてくれます。



以上「ホリスティック医療ガイド ホメオパシー」最終UPです。
本日からHP「私の中の森」に「ホリスティック医療ガイド ホメオパシー」掲載しています。
ブログではUPしなかったページも公開していますので、よろしければご覧くださいませ。

ありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | ホリスティック医療ガイド | コメント:2
∧top | under∨
<<アスペルガーなつぶやき | 「私の中の森」 | ホリスティック医療ガイド ホメオパシー 3>>

この記事のコメント:

わたもりさん、こんにちは♪

今まで、自分の手で安価に簡単に…健康を取り戻せる…素晴らしい方法が今まで「様々な手」により闇に葬られてきたという事実がありますよね

ホメオパシーは…まだ、生き残れたほうかもしれません。
ホメオパシーを伝えるために、多くの人が力を尽くしたためでしょう。

そういったものが…また、蘇り伝わる時代になってきているように思います♪

わたもりさんも伝えるお役目を持たれていらっしゃるお1人なんですよね。
ありがとうございます^^
2013-11-17 Sun 13:49 | URL | fairyterrace #-[ 内容変更] | top↑
コメントありがとうございます。

> 今まで、自分の手で安価に簡単に…健康を取り戻せる…素晴らしい方法が今まで「様々な手」により闇に葬られてきたという事実がありますよね

マスコミだけを見ていると多くの人が扇動されているように思いますが、
実はそうではなく世界中で気づきはじめている人がたくさんいるようです。
マスコミで人を動かせる時代はもう終わったとまだ気が付かない人もいるようですが。

> わたもりさんも伝えるお役目を持たれていらっしゃるお1人なんですよね。
> ありがとうございます^^

そうだと良いのですが(汗)
今は「愚かでいとおしい」人間のために、この世界のために、
出来るだけのことをしたいと、微力ながら思っています。
2013-11-18 Mon 14:41 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |