「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

膀胱炎のホリスティック医療ケア 1

尿道炎、それが悪化して膀胱炎、さらに腎盂腎炎・・・。
これらは西洋医学は免疫力が落ち、雑菌が繁殖してかかる病気とされています。
たいていは抗生物質(抗菌剤)や利尿剤が処方され、
とにかく水分をたくさんとり、
尿とともに菌を排泄させるように指示されます。

私も恥ずかしながらこの病気に時々かかっていました(*--*)

辛いんですよね~。
とにかく痛い。
で、抗生物質をとってもすぐには変化がない。
私は薬剤過敏症でしたが、
当時は知らなかったため西洋医学薬を飲んでいました。
これが効きが悪い。

で、症状が悪化する。
で、さらに副作用(胃痛)で具合が悪くなる、
と言う状態でした。

今回はこの膀胱炎についてホリスティックな視点から、
膀胱炎の原因や考え方と、
その対処法について数回に分けてお伝えします。

*************************
医療法別考え方や原因と対処法

1、心身医療

「膀胱のトラブル」でみると・・・
膀胱は尿=水を排泄させる器官
心身医療では「水=感情体」と考えます。
それを排泄させる膀胱(あるいは尿道)は
欲求を実現させるときに必要な
「待つ」と言う能力に問題あると考えるそうです。

「排尿できない=欲求を抑えこみすぎて表現できない」
「尿漏れ=自分をコントロールできない」
「周囲に期待しすぎているので、
がっかりすることが多く、
それを表現しないので
怒りをため込んでいて焼けるような思いをしている」

また、次のようにも考えられます
フランス語では「水を待っている=現金を待っている」とすることから、
「経済的に成功しないのではないか?」と不安に思っていると考えられます。
「水=お金」を自由にできないから。


対処法
膀胱炎に関する体からのメッセージを受け取ってください

「自分の生き方・感情に責任を持ちましょう。
感情面でも経済面でもあなたを幸福にするのは周囲の人ではなく、
自分なのだと知ってください。
周囲に見返りを期待せずに他者を愛してください。
そうすれば感情的になることもなく心穏やかに過ごせます」

わたもりの感想
た、たしかに、経済的に不安がある時になっているような気がします・・・・(^^;)
不安があっても強がってそれを言わないし。
あ~、耳が痛い・・・・



次回は「東洋医学」「ホメオパシー」についてお伝えします

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 膀胱炎 | コメント:0
∧top | under∨
<<膀胱炎のホリスティック医療ケア 2 | 「私の中の森」 | スピリチュアルな一言>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |