「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

不登校・引き込もり・ニートとHSP

「過敏性症候群HSPサポート」
メンタルコンサルティングTerraで一番需要があるご提供サービスかもしれません。

チラシなどをお配りして一番反応があるのは
「アロマリーディング」なのですが、
他の内容でいらした方も
HSPチェックテストをやっていただくと
質問に「YES」が8割以上と
悩んだりお困りの原因がHSPにある場合も多いです。

中でも「不登校」「ひきこもり」「ニート」の原因のおひとつが
「過敏性症候群(HSP)」であるというのが多いです。


*:*::***::*******:::::**

もちろん、他にも家族関係や人間関係、
西洋医療の範疇に入らない身体面の不調なども関係します。
「不登校は心の問題だけが原因ではないかもしれません」参照)

Terraにいらっしゃるクライアント様は
他でもカウンセリングなどを
受けられた経験のある方が多いようですが、
何度も通いながら問題が解決しないままと言う方も多いようです。

もちろんカウンセリングが「ダメ」と言うことではなく、
「HSPである」ことに対する理解がない、
つまり原因の根本が判らないと
状況は変わらないということなのかもしれません。


普通のカウンセリングではHSPは扱わないようです。

病院の医師にもHSPの人は受けられないと言われましたし、
実際私は民間の心理学ベースのカウンセリングを何件も断られています。

**************

もし、今、不登校、引きこもり、ニートなどでお困りのご本人、
もしくはそのご家族の方がいらっしゃれば、
HSPチェックテストをなさってみてください。

ご家族の方がするのと、
ご本人様がするのとではかなり違うと思いますので、
必ずご本人さまにしていただいてください。

ただし、HSPであるという診断は医師しかできません。
「おそらくそうだろう」と言う目安になります。

HSPの診断ができる医師は日本には数えるほどしかいません。
精神科の医師でも知らない人がほとんどです。

私は北海道音更町の道立緑ヶ丘病院の長沼医師にしていただきました。
新患予約は2~3ヶ月待ちの方です。

もしチェックテストで「HSPかもしれない」とお思いになったら、
Terraでは診断があってもなくても
「そういう状態で困っている」と言うことでご相談をお受けしています。

これは長沼医師もおっしゃっていることですが、
HSPはスピリチュアルな能力を併せ持つ方も多く、
その方面での理解も必要になります。


その点でもTerraではサポートいたします。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

*~*~*~*~*~*~*~*

「過敏性症候群HSPサポート」は30分2,000円
メール・お電話でのサポートも受け付けています。
詳しくはTerraのHPをご覧ください。
「過敏性症候群サポート」

お話をお伺いするだけで満足していただいて、
繰り返しご来店される方が多いです。

普段、理解されない体質なので、
お話しできるだけで良いというお気持ちは私もわかります

その他「衣・食・住」など日常での私なりの工夫や、
応急処置などについてもお話しさせていただきます。

大切なのは不登校の方が学校に行くことではなく、
ひきこもりの方が家から出られるようになることではなく、
ニートの方が働くことではなく、
その方の心が楽になることです。


表面に出ている状態が変化すれば良いということではないし、
世間一般の「普通は」に合わせることではないと私は考えています。

不登校・ニート・引き込もりの方も、
何もしていないように見えるかもしれませんが、
違います。


すごく苦しんでいて、頑張っているんです。

もし、そういう方のお近くにいらっしゃる方がこれをお読みだったら、
どうか、責めることだけはなさらないでください。

表面の状態だけを変えようとすることは責めるのと同じです。

必ずしもTerraにクライアント様として来て下さらなくても結構です。

どうか、その方に寄り添ってください。
逆の立場だったらどうだろうかと考えてみてください。

苦しい心をこれ以上苦しめないでください。

*==*==*==*==*==*

また、周囲の方のお悩みもお聞きします。

私でよろしければどうかお気持ちに寄り添わせてください。
お話をお聞かせください。

自分が暗闇で苦しんだ経験があるからこそ始めた仕事です。

一緒に光を見つけられたら、と、思っています。

メンタルコンサルティングTerraHP
↑参考になさってみてくださいね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | HSP | コメント:3
∧top | under∨
<<祈りのパワーストーンブレスレット | 「私の中の森」 | HSPと食べ物>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015-05-29 Fri 02:39 | | #[ 内容変更] | top↑
内緒さま

私だけにメッセージを下さりありがとうございます。
メアドがなく、返信のしようがないので、こちらに書くことをお許しください。

「HSP・過敏性症候群」の名称についてお問い合わせがありました。

「過敏性症候群」は私が勝手につけた名前ではなく、
5年ほど前に北海道立緑ヶ丘病院の精神科医師、長沼睦雄氏から受けた診断名です。
その時、精神科学会の資料もいただき「過敏性症候群」と記載されていたような気がします。
(現在書類が手元にないので確認できず申し訳ありません)

当店にいらっしゃる方も「過敏性症候群」と言う診断名がついています。
病院や精神科医師に申し上げたほうが良いと思います。
2015-05-29 Fri 13:29 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
内緒様 追記

前回の返信を書いてから、診断してくださった医師に確認しました。
私は確かに「過敏性症候群」と言われたと思っていたのですが、
私の間違いでした。
申し訳ありません。
HSPの正式な診断名は無いようです。

現在は様々な表記があるようですが、
HSPは神経だけの問題ではなく、
身体、心、魂全てに関係します。

ウィキペディアの「症候群」の説明にあるように、
1.根本となる一つの原因から生じる一連の身体症状、精神症状を指す言葉。病気の項目の中の疾患・疾病・病気と「症候群」を参照。
2.1から派生して、ある社会的原因から生じる病的な傾向を示す一連の人々、及びその社会現象を指す言葉。
3.2からさらに派生して、困った社会現象や流行を病気になぞらえて呼ぶ接尾語。例:「RAS症候群」

の、2から考えて、やはり過敏性症候群が適当と私は考えます。

症候群は病名だけに着けらるものではありません。
ので、やはり私はこれからも過敏性症候群と表記します。
2015-06-06 Sat 13:19 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |