「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

発達障害な私の勉強法

アスペルガー症候群は発達障害の一つで、
私が医師にアスペだと言われたのは5年位前でした。
その後の検査でアスペのほかに、
ADD、HSP、エンパス、マインズアイなどの症状があることがわかりました。

それまでは訳も分からず壁にぶつかりまくっていました。
ですが、それなりにいろいろ工夫して生きていました。

今日はその一つ、頭が混乱しやすい私の当時の勉強法について書きます。

*******

まずは私の特徴から。
同じ発達障害でも、アスペでも一人ひとり特徴が違います。

・脳が混乱しやすい
・順序立ててものを考えられない
・耳で聞いて理解するということが出来ない
・携帯でいうノイズキャンセラ機能がないためざわついた場所では音が聞き取れない
・難読症なので文章を読むのにすごく時間がかかる
・HSPなので大勢がいる教室にいること自体が苦痛


知能指数はそこそこ高かったので、成績は普通だったのですが、
授業を受けるのは苦痛でした。
教室に座っていても先生の話が理解できない(--;)
HP「私の中の森」TOP→「私の中の森」→「薄絹」参照)

*:*:*:*:*:*

以上の特徴から私がとった方法は、

授業中は勉強せず、自宅学習を頑張る

でした。

とは言え、考えてそうしたわけではなく、
当時は自然にそうしていました。

だって、授業聴いていてもわからないし、聞こえないし、
ひどい時はHSPの特徴である「感覚遮断」が起きます。

感覚遮断とは刺激が多すぎるとすべての感覚を遮断してしまい、
意識がバツンと閉じてしまい、眠ってしまうことです。

そこで自宅学習ですが、自宅学習にも工夫が必要でした。
何しろ難読症なので教科書読むのにもすごく時間がかかるし、
どれが必要で必要じゃないのか収取選択できないからです。

*-*-*-*-*

そこで選んだのが「問題集」です。

参考書ではなく「問題集」

参考書を読むこともできないからです。

問題集は
テストに出そうなところだけ書いてあります。

だから必要最低限な情報だけを読めばいいのです。

更に、
「極力薄いものを選ぶ」

何故なら読むのに時間もかかるし、
脳が混乱しやすいからです。

100点は取れませんが、赤点は取らずに済み、
この勉強法にしてからは成績もある程度は上がりました。

*+*+*+*+*

アスペの方の中には天才的な脳の持ち主の方も多いので、
こんな方法は必要ないと思います。

ですが、上記の私の特徴のうちどれかが当てはまっていて勉強が苦痛と言う方にはお勧めします。

*=*=*=*=*

ちなみに私は「これをやりたい!」と思えばノリノリでやるタイプ。

高校を卒業し、設計の専門学校に行ってからは勉強が楽しくなりました。

2級建築士の資格もとりました。
他にも「簿記」「建設経理」などの資格を持っています。

「やる気がないだけでしょ?」って思います?


・・・・・う~ん、どうなんだろう。

でも、人間楽しいこと、幸せなことを選んでいいと思います。

そう!
「やる気が起きるものを選ぶ」
これも大事です(*^^*)

そうできない学生のうちは上記のような工夫が必要かも。

勉強が苦手だとしたら、ご自分の特徴をわかっていないからかもしれませんよ。
まずはご自分を良く知ってくださいね。


*:::*:::*:::*

私のお店「メンタルコンサルティングTerra」では特徴をとらえたり、
私の発達障害当事者としての経験からご相談をお受けします。

よろしければメールフォームからご連絡くださいね。

基本的には対面ですが、お電話、メールによるご相談もお受けしています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | アスペルガー | コメント:0
∧top | under∨
<<沈めの力 | 「私の中の森」 | 変容する力>>

この記事のコメント:

∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |