「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

裁く心を手放す―瞑想WSから

先日「瞑想ワークショップ始めました♪」をUPしました

これからは時々、WSの中で私がお伝えしたいことを少しずつ書いていこうと思います。

************
裁く心を手放す

瞑想WSは、はじめ簡単な自己紹介をしてから、
まずは30分ストレッチをします。

私は日ごろクライアント様をお迎えする前に身体、
特に肩甲骨周りをほぐします。

肩甲骨周りにはエネルギーのつまりが起きやすいのです。
そこが詰まっていると思うように力を発揮できません。
瞑想をする時には特に良くほぐしたほうが良いです。


はじめはただ
「身体を緩めたほうが瞑想に入りやすいから」
と言う軽い気持ちだったのですが、
その中に大切な学びがあることに気が付きました。

その一つが「裁く心を手放す」こと。

ストレッチや体ほぐしはたくさん曲がること・伸ばすことより、
筋肉を刺激することが大事です。

私も肩、腰、股関節、首、その他痛いところたくさんなので、
本当に毎日やっているの?と言うくらいうまくできません

それでも刺激してあげると、いつの間にか体がほぐれている自分に気が付きます。
身体はちゃんと答えてくれます

普段しなれていないと、どうしても

「上手にできたほうが良い」
「たくさんまがった方がいい」
「うまくできないからダメ」などと思いがち。

でも、「良い・悪い」って、どういう基準でしょう?
例えばスポーツ選手を基準にしたら普通の人なんて全員「悪い」になっちゃいます。

「良い・悪い」なんて、人により、国により、場合により、
時代などなど・・・により変わるあいまいなものなのです。


*:*:*:*:*:*

この「裁く心」
実は人を苦しめる元なのです


私はご相談の中で「ご自分と向き合ってください」
「ご自分をよく見つめてください」と言います。

この「自分を見つめる」作業、
やっているうちにはまりがちなのが、

自分の掘ったふか~~~~~い穴に落ちてしまうこと

私もそうでした(笑)

「自分てダメなやつ~~~~!」と自己嫌悪の嵐

「ダメ」つまり、「悪い」って裁く心があるから、そうなっちゃうのです。

でもね、それじゃ前に進めないのです。
見つめる意味がないのです。

「自分を知り、新しい、もしくは本来の自分になる」のが目的で
自分と向き合っているはずなのに、
自分を責めるばかりでは意味がありません。

*~*~*~*~*

そこで必要になるのが「裁く心を手放す」こと。

「良い・悪い」に分けて問題が解決するならいいのですが、
どちらかと言うと苦しくなるだけですから、
裁く心は持たない方がいいのです。


これは人間関係でも言えることです。

「良い・悪い」に分けてもそれは人それぞれの考えがあることですから、
はっきり、きっぱりなんて裁けるはずがありません。

よくいますよね。
味方を作ろうと相手の悪口を言う人。
そして、対立して・・・、「自分は悪くない」って言う人。
それで、勝ったとして(勝つって何?)幸せになれるのかなぁ?

それから誰かを責めるばかりの人。
人の失敗、間違いをあげつらったり。
口に出さなくても心の中で「悪い」って裁いてしまうから、
人間関係が難しくなる。
もしくは「悪い」って思う自分を責めて苦しくなる。

それよりは
「どうしてそうなったのか?」
「どうしてそれが起こっているのか?」
「自分はどうしたいのか?」
「これからどうしたら良いのか?」

って、客観的に考える癖をつけたほうが心が楽になります。


あ~、メンタルコンサルティングTerraを初めて3ヶ月。
この「裁く心を手放しましょう」って、何度言ったことか。

これで苦しんでいる人、結構多いです。

あなたはどうですか?

*=*=*=*=*

瞑想WSではストレッチをしながらこの「裁く心」を見つめ解放していきます。

これって本で読んだり、理屈で言われても、実は身につかないもの

心へアプローチするには身体からしてみると
すとん、と、腑に落ちるものですよ(*^^*)

とは言え、瞑想WSは出張で呼んでいただかない限り、
当店でしか受けられませんし、定員は4名。
(せまくてスイマセン
でも、厚さ10ミリのヨガマットを一人一枚ご用意しているので寝ながら瞑想も可能です)

それでもご自分でストレッチやヨガをしながら「裁く心を手放す」って出来ると思いますよ。
やってみてくださいね

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | 瞑想 | コメント:2
∧top | under∨
<<ある池の神様の話 | 「私の中の森」 | 健康になれる食事>>

この記事のコメント:

こんにちは。mariです。
カウンセリングで、しきりに「裁く心の解放」と言われたので、確か昔blogを紹介されたようなと調べてたら、
ここがヒットしました。
ストレッチやヨガで、解放できるものなのですか?
心の問題なのに?
教えて下さい。よろしくお願いします。
(今、深みにはまってます。。。)
2015-05-25 Mon 22:57 | URL | mari #-[ 内容変更] | top↑
mari様

ご質問ありがとうございました。

裁く心の解放とはものごとを良い悪いに分けず、ただの現象としてとらえることです。
ヨガの3大教義の一つと言われています。
(他は呼吸と内観)
それだけ難しいということです。

Terraの瞑想WSの中では瞑想前のストレッチの時に体感を通して学ぶことの一つです。

例えば前屈をしても体が硬くて曲がらないとします。
隣の人はやわらかくて膝におでこがぺたんとついています。
反対隣りの人は、自分より体が硬いみたい。
「ああ、自分はダメだな。他の人に勝ちたいな。
でも、この人よりはましだな」
とか考えがちですが、そんなことで競っても、優劣をつけても、
「良い・悪い」と思っても意味がないのです。

どれもただの現象。
今曲がらないなら、それが今の自分の状態。
隣の人の状態。
ただそれだけ。
それがどんなふうに変化していくのか?
またそう感じている自分の心を観察すること(内観)が大切。

良い悪いと言わず、ただ自分を観察or分析する。
それが裁く心の解放をストレッチを通して学ぶということです。

これは難しいのですが、ホメオパシーをしている方は理解しやすいです。
どんな病気も痛みも、現象も全てレメディを選ぶための情報に過ぎないととらえるのがホメオだからです。
人を刺したい衝動も、ひとまえでわいせつ行為をしたい欲求も、
麻薬を使いたいとか、一般的にはとんでもないと言われることも、
ホメオでは対応するレメディがあり、その人をあらわしているだけだと考えるからです。

2015-05-26 Tue 17:55 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |