「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

ある池の神様の話

少し前になりますが、ある方の同行としてある池を訪れた時の話です。

そのあたり一帯は観光地としても有名です。
そこへ至るまで観光客をのせたバスに何度も会いました。

その池は本来なら地元の人しか知らないようなひっそりとした池でしたが、
TVなどで紹介されたことから有名になってしまいました。

とはいえ、そこへ至る道は砂利道で狭く、駐車場も整備されてはいましたが、
土が均された程度でした。

私と師匠がTerraからその池を見た時、
その池の神様が男性で、ずいぶんと弱っていることがわかりました。
(私も師匠も同じものが見えました)
「穢れ」のせいでしょうか、姿かたちは「きたないおっさん」になってしまっています。

ある方に同行を約束はしましたが、
もう私たちが行っても何もしてあげられない状態にまでなっていることがわかり、
行くのが心苦しいと思っていました。

**********

到着すると山深い場所にも関わらず、
数台の車がとまり観光客がある程度の人数いました。

確かに美しい池なので写真をとっている人も多かったです。

私は過去に1~2度行ったことがありますが、
もう、その時とはずいぶんと違いました。
「清浄さ」が失われています。

まるで死に向かうばかりの重病人を見ているようで、
心が痛みます。

池の神様は私と師匠にすぐに気が付き話しかけてきます。
「お前たちは誰だ」

師匠は池を眺めながらも足を止めず、
真直ぐにそのわきにある小川にむかいます。

その小川はその池に湧き出ている水と同じものが流れています。
その小川は清浄さを保っています。

「こんなに近いのにどうしてですか?」
と、師匠に尋ねると、
「ここの神様は違う人だから」という答え。

私はその小川の神様の「気」を探ります。
すると、その上流、森の奥深くにいらっしゃるのがわかります。
(・・・・女性?)
と、心の中で思っていると、師匠がうなずき、
「かわいらしい娘さんや」
とおっしゃいます。

「恥ずかしがり屋なのと、あの池には近づけんのとで、
こっちには来れないみたいやな」

私は小川の神様にご挨拶して石を浄化させてもらうために水に沈めました。
浄化する間小川の神様に話しかけると、ためらいがちに時折返事をしてくださいます。
ですが、いつもそうなのですが、神様とどんな話をしたか覚えていません。

小川だけではなく、そのあたり一帯の森は何人もの女性性の神様が守っているようです。

同行した方の用事も終わったようなので、石を水から引き揚げ、
池の方へ戻りました。

*::*::*::*::*

師匠は火の力を持つ方なので「穢れ」をお炊きあげのように焼き払うこともできますが、
もうその池はどうしようもない状態でした。

エネルギーの強い清浄な水が湧き出てはいますが、
そこを訪れる人間の「気」によって穢れてしまっているのです。

最近は「パワースポット」が流行のようで、
そこもその力を求める人が多く訪れていました。
「求める」とはつまり「欲」。
「エゴ」です。

以前このブログに「スピリチャルなことは普通ですよ」と書きましたが、
現代の人は「特別視」してはいても、
「畏れ敬う気持ち」は持ち合わせていないようです。

神社でさえも何かをもらうための場所と思っている人が多いようです。

昔の日本人はわからなくても自然のあらゆるものに畏れを感じ、
そばに寄らせてもらうことに感謝の気持ちをささげていました。
その気持ちが神様のエネルギーとなり、力を得た神様は人々を守り、
守られた人々は、また感謝をささげ・・・・と、そういうエネルギーの流れがありましたが、
今ではそれが途絶え、神様は奪われるばかりです。

また、祈りをささげる人がいたとしても、
現代人は食品添加物や西洋医学薬など「人工的な毒」により波動が乱されています。
人工的な毒は人間にしか取り除くことができません。

例えば洗剤を飲んだらどうなるか想像できますよね?
神様たちはそういう状態にさらされているのです。

本来なら人間の体に備わっているはずの「解毒」の力も「食」の影響で弱っています。
悪気がなくてもその波動で祈りを送ると神様たちは苦しいようです。

その池がそんなに弱ってしまったのもそんな理由からのようです。


その池の神様は今は眠っていらっしゃいます。
それでこれからの観光シーズンを少しは乗り切れるかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

関連記事

別窓 | スピリチュアル | コメント:5
∧top | under∨
<<HSPが存在する理由 | 「私の中の森」 | 裁く心を手放す―瞑想WSから>>

この記事のコメント:

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-07-01 Tue 14:44 | | #[ 内容変更] | top↑
なにか検索していてこちらのブログにたどり着きました。
私は発達障害の特徴もいろいろ持っていてアロマテラピーもするし霊的なことも信じているし神社も好きなのでとても興味深く記事を読ませてもらっています。
わたもりさんは龍神と縁が深いんですね。
美輪明宏さんみたいな龍神系なのかなと思いました。
わたしは服部みれいさんにハマっているのでホ・オポノポノしながら過去の記事もどんどん読ませてもらいます。では
2014-07-06 Sun 15:31 | URL | みちる #DL0dExLA[ 内容変更] | top↑
みちるさま

コメントありがとうございました(^^)お読みいただきありがとうございます。
服部みれいさんの名前を初めて知り(無知でスイマセン^^;)ブログを探して少しだけ読んでみました。
本当に文章を書く才能のある方だな~と思いました。自然体で書いていますね。
そのうち本も読んでみようと思います。

スピな話は多くなりすぎないように時々書いています。
よろしければこれからもご覧くださいませ(*^^*)
2014-07-07 Mon 16:27 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
こんにちは。いつも興味深いお話をありがとうございます。
東京のある場所の井戸も、私は吐き気しかしなかったですが
同行した男性は気持ちよかったそうです。
スピ散歩といエッセイマンガに偶然紹介されていて、なるほどと思いました。
私の大好きな場所は海が見える小さな見晴し台。サーファーさんがいっぱいなのですが、
いつも女神さまのような気を感じていました。
震災のとき、海が目の前なのにその場所は無事で、まわりがすべて海水なのにそこだけ孤島のように大丈夫で20人くらいの
男性が一晩を明かし無事だったそうです。
いまも訪れるといらっしゃいます。感謝です。
目に見えないけれどわたしたちはさまざまな存在に守られているんだなあと思います。
2014-07-08 Tue 16:16 | URL | なごみねこ #zC2.WDUU[ 内容変更] | top↑
なごみねこ様

コメントありがとうございまし(*^^*)

人によって見えるもの感じ方が違うようですね。
それはキャッチする周波数の違いのようです。
どちらが「良い、悪い」とは一概には言えないような気がします。
また、「知識」「頭」で先入観を持つとそう感じた気になってしまう場合もあります。
まじめな人、素直な人ほど「そう感じないとダメ」と思ってしまうとか。

> 私の大好きな場所は海が見える小さな見晴し台。サーファーさんがいっぱいなのですが、
> いつも女神さまのような気を感じていました。
> 震災のとき、海が目の前なのにその場所は無事で、まわりがすべて海水なのにそこだけ孤島のように大丈夫で20人くらいの
> 男性が一晩を明かし無事だったそうです。

やっぱ女神様も男性の方が良いんですね(笑)
私はとある峠の女神様にさんざんに冷たくされた経験があります(^^;)
「おなごなんぞと口はきかん!」って。

> いまも訪れるといらっしゃいます。感謝です。
> 目に見えないけれどわたしたちはさまざまな存在に守られているんだなあと思います。

守ってくれるのも神様ですが、命を奪うのもまた神さまです。
人間と同じように良い部分もそうではない部分もあります。

色々な神様とお話ししますが、良い人ばかりではないですよ。
怒っている神様、疲れている神様、力不足の神様、あきらめている神様等々。

人も神も同じ。
誠実に接する人には誠実に返してくれます。
・・・・そうじゃない神様もいるのでそうとも言いきれないけど(--;)

これからもぼちぼち書いていきますのでよろしくお願いいたします♪
2014-07-08 Tue 23:28 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |