「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSPが存在する理由

最近当店(メンタルコンサルティングTerra)にいらっしゃるクライアント様に
お伝えすることが多いのが

「過敏性症候群(HSP)は何故存在するのか?」

と言うことです。

相変わらずHSPに関する情報は少なく、
診断できるお医者様も少ないようです。

少ないというか、知らないとか、「気の持ちよう」だとするお医者様も多いようです


この、「何故?」に関しては私の場合、
私がHSPだと初めてお医者様に言われた時に説明していただいたので
皆さん知っていることかと思ったのですが、
意外と知られていないようです。

***********

ありとあらゆる刺激に過敏なHSPは全人口の2割存在すると言われています。

その理由は

「『種』を守るため」
です。

どんな動物にもHSPが存在するそうです。

*~*~*~*~*

HSPは「群れ」に危険が迫ると一番最初に気がついて

「危険だよ!」

と、知らせる役目です。


いち早く気が付くために他の個体より刺激に敏感なのです。

そういう役割のものが全体の2割いればその「種族」は守られると言われているそうです。

*:*:*:*:*:*

更にHSPのチェックテストの質問事項に

「良心的である」

と言う、日本人には答えにくい質問があるのはどうしてかわかりますか?

ちなみにこの質問に対して、
うちのクライアント様の8割が「わからない」、

残りは「いいえ」と答えました

ね、良心的でしょ?(笑)


その理由は

「『危険だ』と言う情報を悪用しないため」
と、言う研究者がいます。

確かにその「危険だ」と言う情報を自分のためだけに利用したら
「種族」は死に絶えるかもしれません。

*=*=*=*=*

文明の発達した人間にHSPはいらないんじゃないの?

って、思うかもしれません。
命の危険にさらされることは少ないからと。

確かにその力を生かすより、振り回されている人の方が多いと思います。

でも、一見危険が少ないように見える現代ですが、
日常の中にも危険は多くあります。

その一つが食べ物

以前、、「HSPと食べ物」と言う記事をUPしました。

HSPは食べ物から影響を受け、具合が悪くなります

じゃあ、HSPじゃない人は大丈夫なのか?と、言うと・・・・。


大丈夫だと思いますか?

感じないから大丈夫って?

そんなわけないと思いませんか?
判らないだけで、毎日少しずつ毒を体に入れているようなものです。


そう考えるとHSPは生きるための誰よりも強い力を持っていると言えるかもしれません。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ




関連記事

別窓 | HSP | コメント:2
∧top | under∨
<<ひたすらに「癒す」ちから | 「私の中の森」 | ある池の神様の話>>

この記事のコメント:

HSPを検索している中でこちらへたどり着きました。
HSP能力を有するPYと申します。
私自身、幼少から心が痛いと小児科を受診したり、グループワークでうまく話せずもじもじしてしまったり、色んな人の感情がすぐに伝わって来るような事がありました。
気の使い過ぎや小心者だと自分でも思っていて落ち込んだり、憂鬱になってしまったりする事がありました。
22歳の時、どうしようもない理由で当時の彼女と別れてしまい、まるでそれがきっかけだったようにパニック障害にかかってしまいました。
薬と休養、家族の支えで立ち直りかけました。
しかし、先月あたりから、底知れぬ不安感を常に感じるようになり気でも狂ってしまうのではないか、一生続くのだろうかと焦りと悲しみを感じてしまいました。
そんな中、HSPの存在をしり、もしやと思う自分がいました。
私は病気や気が弱いのではなく、HSP能力を有しているのかと考えました。
そうすると、だったらこの能力をうまく使っていけばいいじゃないかと考えました。
そんな折り、こちらのブログを拝見させて頂き、何故かすっきりしました。
これからもHSP能力者の種の保存、前向きな能力の使い方など発展していけると素晴らしいですえ。
陰ながら応援させて頂きます。
2014-07-10 Thu 13:37 | URL | Y.Y #x7SNgv4U[ 内容変更] | top↑
Y.Yさま

コメントありがとうございました(^^)

HSPはうまく付き合えるようになるまでは難しいですね。
色々なおつらいことがあったのだから、
HSPではなくともバランスを崩しても無理ないことと思います。

当店でHSPサポートをさせていただく中で感じるのは、
HSPと言う特性があっても問題なく生きていける人とそうではない人がいて、
そうではない場合はHSPの特性がわかる人からサポートを受けて
メンタルケアをしていく必要があるということです。
パニック障害も不安も根は同じものであり、
HSPの特性も関係します。

もし、あまりにおつらいようでしたら私でよければお話をお伺いしますので、
お気軽にご連絡くださいませ。

>陰ながら応援させて頂きます。

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。
2014-07-10 Thu 18:16 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |