「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

HSP・発達障害の仲間たちへ

今日は、多分、
普通じゃないことに対するコンプレックスを一度は感じたことがあるであろう
HSPや発達障害の方たちへ、
過去の時間の私からのメッセージをお伝えします


数日前からメニエール病のめまいが再発。

理由はいくつか考えられる。
・低気圧の影響
・骨格のゆがみ
・寒さで腎臓の働きが弱った

でも、最近は「心身医療」の解析=心の問題が一番影響しているとわかっています。
だから、治療をしても何度でも再発します

心や潜在意識が「良くない方へ傾いているよ~」と、身体の症状として教えてくれるのです。
思い癖ってなかなか治らないよね~

・・・・ところで、メニエール病(眩暈)の心身医療的解析ってなんだっけ?
と、思って読み返したノートの「過去の自分」が書いた文章に勇気づけられました。

だから、HSPや発達障害を抱えた人たちへおすそ分け。
もちろん全員には当てはまらないかもしれないけど。
発達障害やHSPじゃない方にも、もちろん、お伝えしたいです。

ちなみに眩暈の解析は

「実際には不安定でうまくいっていないのに
『安定した普通の人生を送っている』と思い込んでいる。
それは『安定』『普通』じゃないことを非難された経験から
『普通じゃないことはダメ』と無意識に思い込んでいるため」


そして、その改善方法として以下の文章を書いたのです

**************

「普通」の人生にこだわるのをやめましょう

普通なんて思い込みです
どこにもありません

普通じゃないとダメって無意識のうちに思い込んでいる自分に気が付きましょう

それは本当の望みじゃありません

親や周囲の批判から逃げるために
「そうじゃないと愛されない」と思い込んだだけ

自分で自分を愛して
自分が望む生き方をするのを普通にしましょう

例え誰かを傷つけたとしても、嫌な思いをさせたとしてもそれは「その人」に必要なこと
その人の分の人生です

自分の人生を生きられない人に他者の人生を引き受けられるはずがありません

自分の望みをはっきりさせ自分の人生を作り上げましょう

自分のしたいことをしていいのです


*~*~*~*~*~*

自分では「普通じゃなくていい」って思っていたはずだったのですが(笑)
身体は そうじゃないよ、普通にこだわっているよと、病気を通して教えてくれました。

これを書いた過去の私、ありがとう。

多分自分で書いたことも忘れていたのは、認めるのが辛いことだから。
また記憶から消してしまうかもしれないけど

きっと、身体はその度に症状となって私にメッセージをくれるから。
何度でも読み返します


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
関連記事

別窓 | HSP | コメント:10
∧top | under∨
<<HSPにしか判らないかもしれない感覚―自分の感覚を信じて | 「私の中の森」 | 病人・障害者に寄生する人>>

この記事のコメント:

こんばんは、ここでは初めまして
長沼先生の勉強会でいつも右側前方のソファーに座ってるものです。

お陰様ですっかり気分が楽になりました。自分でも恐ろしいくらい楽です。

発達障害って普通にこだわったらダメなんですよね。
この点非常に同意です。
でも普通になりたい気持ちって、なかなか取れませんよね。
自分も認めるのが辛いことだと思います。

でも最近はそんな「認められない自分」を許すことができました。
普通にこだわってはいけないけど、こだわってしまう自分を笑って許す(笑)
自分は笑いながら時間かけて治していければいいと思ってます。
2014-11-15 Sat 19:23 | URL | T #-[ 内容変更] | top↑
Tさま

コメントありがとうございました。
私は最近勉強会に参加していないので、お会いできていませんがお元気ですか?

> お陰様ですっかり気分が楽になりました。自分でも恐ろしいくらい楽です。
> 発達障害って普通にこだわったらダメなんですよね。
> この点非常に同意です。
> でも普通になりたい気持ちって、なかなか取れませんよね。
> 自分も認めるのが辛いことだと思います。
そうですね。
「普通じゃないこと」で非難された経験が少なからずあると思うので、その心の傷の分、認めにくいのだと思います。

> でも最近はそんな「認められない自分」を許すことができました。
> 普通にこだわってはいけないけど、こだわってしまう自分を笑って許す(笑)
> 自分は笑いながら時間かけて治していければいいと思ってます。
素晴らしい気付きですね。
長沼先生の言う「パラダイムシフト」ですね(^o^)
治すというか、自分との付き合い方を覚えるという感じでしょうか?
私の場合は壁にぶつかりまくってその度に少しずつ自分を変えていきました。
アイコンタクトとか、世間話をするとか。
ぶつかった経験は「辛い」だけではなく、自分を変えるきっかけになったものだと思っています。

お互いに少しでも楽に生きられるようになっていけると良いですね♪
2014-11-16 Sun 11:39 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
僕は怠け者扱いをされて、普通に働くことができません。苦しいです

発達障害だとかHPSだとか認められたら、楽になるんでしょうか?

わたもりさんは障害者手帳はお持ちですか?
2014-12-03 Wed 15:48 | URL | natu #-[ 内容変更] | top↑
natuさま

コメントありがとうございます(^^)

> 僕は怠け者扱いをされて、普通に働くことができません。苦しいです

詳しい状況が判らないのですが、おつらいのですね。
働けない理由は人それぞれ色々あり、
「働けない」状況だけをあれこれ言っても仕方無いのにそういう方は多いですね。
「何故働けないのか?」を見ないと問題は解決しないですよね。

> 発達障害だとかHPSだとか認められたら、楽になるんでしょうか?

残念ながら楽にはなりません。
その症状はそのままだからです。
楽に、と言うのであれば自分を知り、自分との付き合い方を見つけていくしかありません。
言い訳にはできるかもしれませんが、natuさんはずっと言い訳をし続ける人生を選びたいですか?

当店にも訳のわからない生きにくさを抱えてご来店される方がたくさんいらっしゃいますが、
中には発達障害やHSPが原因の方もいらっしゃいます。
診断を受ける・受けないの判断は「障害者手帳をもらうかどうか?」で分かれます。

また、生きにくさの原因が抱えている障害よりご家族にある場合もあります。
その場合は診断を受けても障害者認定されても生きにくさは変わりません。

> わたもりさんは障害者手帳はお持ちですか?

診断はされていますが、手帳は持っていません。
今はホメオパシーで治療し、生きるのがかなり楽になりました。
私は障害だけではなく、身体の方にもかなりの病気などを抱えていましたが、
一日中働きづめの生活を送っていました。

治療や自分との付き合い方を見つける間は「人生の休暇」をとる必要があり、
その間だけ障害者認定を受け生活保護をもらう方もいらっしゃいます。

natuさんには、まず、「何故普通に働けないのか?」を知ることが先決かと思います。
HSPであれば食べ物の影響で体が重くだるくなり動けなくなる方もいます。
その上で自分との付き合い方や、治療法を模索して行けると良いですね。

私でよければいつでもお話をお伺いします。
営業ではなく、自分が辛かったからこそ、お手伝いしたいと思うのです。

お仕事をされていないとのことで金銭的な心配があるかもしれませんが、
例えばメール相談3往復分の5,000円で何ができ、買えるか?
それはいつまで使えるか?役に立つか?
考えてみてください。
それが人生を変えることにつながるかもしれないと考えてみてください。

いつでもご連絡お待ちしています(*^^*)
2014-12-03 Wed 17:00 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
僕はお礼もすぐ言えないくらい思ったように動けません。障害者認定されたいけれどそれも怖いです。

わたもりさんは治ったって言うけど、それは自分が思っているだけでお医者さんが認めたことなんでしょうか? 

認めてもいいけど、解決もしないのにレッテルを貼られるの怖いです。それに何だかんだ言って、「障害を治療して直した」って、HSpだとか人と違ってていいわけじゃなくて、「普通」に近づかなきゃいけないし、障害は治さなきゃいけないものなんですよね? 
2014-12-05 Fri 00:41 | URL | natu #-[ 内容変更] | top↑
natuさま

> 僕はお礼もすぐ言えないくらい思ったように動けません。障害者認定されたいけれどそれも怖いです。

当店には発達障害の方もたくさんいらっしゃいますが、ほとんどの方が発達障害より、親御さんとの関係や影響によって苦しまれています。

発達障害があっても理解のある親御さんによって普通に生活できている方もたくさんいらっしゃいます。

今の苦しさの原因が本当に発達障害にあるのか、今一度良く考えてみることをお勧めします。

> わたもりさんは治ったって言うけど、それは自分が思っているだけでお医者さんが認めたことなんでしょうか? 

医師は治ったという診断はしないと思いますが、診断してくださった長沼医師とは今も良くお会いしていますが(診察ではなく勉強会などで)特に何も言われません。

元々発達障害の診断はチェック項目に自分で記入した内容と心理検査などをもとに診断されます。
下記URLに治療前後の私の症状の変化が書かれています。
http://wata-mori.jimdo.com/発達障害の治療/治療結果2/

そこにも書きましたが、「どう診断されるか?」「障害者認定されるか?」より、
その人自身が楽に生きられるかどうかの方が大事だと思います。

> 認めてもいいけど、解決もしないのにレッテルを貼られるの怖いです。それに何だかんだ言って、「障害を治療して直した」って、HSpだとか人と違ってていいわけじゃなくて、「普通」に近づかなきゃいけないし、障害は治さなきゃいけないものなんですよね? 

あくまで「ご自分が生きにくさを抱えている」ならどうにかした方が良いと思います。
風邪をひいたらゆっくり休んで寝たり、薬を飲んだり、怪我をしたら手当てをしますよね。
でもそれは放っておく人もいたりします。
あくまで自分が困るか?困らないか?ではないですか?

問題は
>HSpだとか人と違ってていいわけじゃなくて、「普通」に近づかなきゃいけないし

と、言うnatuさまの思い込みがご自分を苦しくしているように思います。

とりあえず世の中で困らない程度にコミュニケーションをとったり、仕事をしたいならホメオパシーと言う治療法で治療できます。
でも、定型発達(いわゆる普通の人)が困ることがないかと言うとそうではありませんよね?
障害のあるなしに関係なく、多くの人が自分の思い込みなどによって苦しんでいらっしゃいます。

治療を選ぶ選ばないはご本人の自由です。
そして、その苦しさをそのままにしておくのかどうかも。

でも、今のnatuさんにお勧めするのは、
「ホメオパシーで治療すること」と、「ご自分が何故苦しいのか?」を知ることだと思います。

たぶん、その苦しさの原因は発達障害やHSPにあるのではないと私は思います。
「普通」よりは大変ですが、「普通」の人も生きにくさを抱えていらっしゃる方はたくさんいらっしゃいますよ。

うちの定型発達の娘が良く言っていました。
「発達障害のある人はずるい。色々できない言い訳を発達障害のせいにできるから。
私だっていろいろできなくて困ることや悩むことはいっぱいあるのに」って。
私も娘の言うとおりだと思います。
まあ、後からわかったのは娘も私と同程度のASP(HSPより過敏)なのですが(笑)
2014-12-05 Fri 12:23 | URL | わたもり #-[ 内容変更] | top↑
>HSpだとか人と違ってていいわけじゃなくて、「普通」に近づかなきゃいけないし

僕が言ったんじゃなくて、記事見たら結局なんか使って治療して普通に近づかなきゃいけないって主張してるの、わたもりさんと指摘したつもりでした。

お医者さんでも外で会って「あなたまだ治ってません」なんて言うわけないし。治ったって結局自称ですよね。

全然意図を読み取ってくれないで自分が言いたいこと言ってるだけで、全然治ってるように見えません…。相談するなら別の所に行くと思います。
2014-12-05 Fri 23:02 | URL | natu #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは。mariです。
コメント欄見たら、随分長くnatuさんとやり取りしている
ので、気になってみてみました。
私は、natuさんのわがままと、日本語の下手さがこの
結果になったと思ってます。
精神障害者手帳を持って、いいことは、施設で割引に
なること、障害年金を受けやすくなることだけです。
受付に見せたら、「かかわらないようにしよう」という
眼で見られますよ!
レッテルが怖いなら取得しないことですね。
2014-12-06 Sat 02:05 | URL | mari #-[ 内容変更] | top↑
natuさま

言葉のやり取りとは本当に難しいものだなと感じました。
この度は私の至らなさからご不快な思いをさせてしまい、申し訳ありませんでした。

> >HSpだとか人と違ってていいわけじゃなくて、「普通」に近づかなきゃいけないし
>
> 僕が言ったんじゃなくて、記事見たら結局なんか使って治療して普通に近づかなきゃいけないって主張してるの、わたもりさんと指摘したつもりでした。

私は「生きにくさを改善できる」「楽に生きられるようになる」と書いているつもりでした。
「それまでより楽に生きられる=普通になる」と誤解させるような記述があったとしたら、本当に申し訳ありません。

> お医者さんでも外で会って「あなたまだ治ってません」なんて言うわけないし。治ったって結局自称ですよね。

そのとおりです。
前回のレスにも書かせていただきましたが、診断自体が本人の自覚症状の申告によるものであるので、
「治った、改善した」も自覚症状でしかありません。
この辺りを科学的な脳の変化や、数値で表すすべは現在はないようです。
(研究者はいますが)
私は治療により生きるのが自覚症状としてかなり楽になりました。
ただ、「普通か?」と言われると、正直わかりません。

> 全然意図を読み取ってくれないで自分が言いたいこと言ってるだけで、全然治ってるように見えません…。相談するなら別の所に行くと思います。

ご指摘いただいた点に関し、汲み取っているつもりでしたが、言葉足らずで伝えきれず申し訳ありません。
また、感じていることすべてを表現する訳ではないので誤解させてしまうこともあったと思います。
今回のことは発達障害云々より、私の人間としての資質や、
この仕事をするものとしての力量不足が原因だと思います。
本当に申し訳ありませんでした。

良き方とのご縁を得て、natuさんが今より少しでも楽に生きられるようになられることを願っております。
2014-12-06 Sat 10:56 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
mariさま

フォローありがとうございます。
私の至らなさからmariさんにお手数をおかけしてしまいました。
申し訳ありません。
暖かいお心に感謝いたします。

コメントありがとうございました。
2014-12-06 Sat 10:58 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |