「私の中の森」

北海道十勝帯広市で「心 からだ 健康相談」をやっている「メンタルコンサルティングTerra」の公式ブログです

幕が上がったら 1―発達障害・HSPその他でひどい状態だった高校時代

Web女性誌Trinityに書いた最新のわたもりの記事は

「夢のメッセージを受け取ろう―夢はスピリチュアルなメッセージ②」

私の夢を解析して記事にしました。
まだ夢解析未体験の方に、夢解析がどんなものかを知っていただきたいと思ったのです。
初夢を見られなかった方でも大丈夫。
今年を夢で知る方法についてもお伝えしています。

記事ページへのいいね!応援お願いいたします。

*********
「幕が上がる」

遅ればせながら昨年2015年に上映された「幕が上がる」という映画をDVDで見ました。

主演のももいろクローバーZの方たちって、
本当は地味で華もないのに、
努力とプロ根性であんなに一生懸命人気アイドルやっているんだなと改めて感心しました
最近はプロな方が少ないので本当にすごいと思います。

実は高校時代に演劇をやっていた私。
当時の知人たちがSNSに感想などを書いていたけど、
リアルタイムでは見られなかったのです。
心理的に。
(SNSの感想も読めなかった

私の心のとてもデリケートな部分に触れるので(笑)
とても人前では見られなさそうな気がしたのです。

神経発達症(発達障害)で、HSPで、愛着障害で、
小中学校でいじめを体験して、という、
大変こじれた状態の私が、
多分、一番ひどかった時代。
悪い部分だけが出ちゃっていた時代。

とても迷惑をかけたと思います。
(黒歴史ですね)

当時の一緒にいてくれた友達には本当にとても感謝しています。
沢山迷惑をかけてごめんね。
でも、自分でもどうしようもなかったの。
いっぱいゴメンね。
本当に本当にありがとう。

「幕が上がる」を見ていたら、その当時のことを思い出して、
学生時代の私のことを書いてみようと思いました。

*~~*~~*~~*~~*
高校時代の私

中学校までは同級生は私を入れて8人という僻地校。
そこから網走市にある進学校へ進み、
大勢の中に迷い込んだようだった当時の私。

私の持つ特性について、
当時はまだ一般的に知られていなかった頃なので、
当然、自分がアスペルガーだとも、難読症だとも、ADDだとも、
HSPだとも、アダルトチルドレンだとも、
その他諸々だとも知りませんでした。

教室にいるのが辛かった。

一斉に押し寄せる音、におい、感情などに圧倒されて、
頻繁にかい離(自分から意識が離れてしまう状態)していました。
(当然、当時は自覚がなかった)

カクテルパーティ効果と言う、
携帯でいえばノイズキャンセラーが付いていないという
障害のあることも当時はわかりませんでした。
どういう状態かというと、すべての音が同レベルで聞こえるので、
音の洪水の中に常にいる感じ。
目の前の人が話している言葉を聞き取れないのです。

あまりに辛いから、
意識遮断と言って気を失うように眠ってしまうことがほとんどでした。
それか、別のもの(本や空想など)に意識を向けて、
そこにいるけど、別世界に行っていました。

教室でお弁当を食べるのが辛くて、
その時間だけでもどこかへ脱出しようとしたら、
先生に教室で食べなさいと言われて、
もう、何を食べているかわからない状態。

自分が何をどんな風に辛いのか、
自分でもさっぱり判っていませんでした。

クラスメイトと仲良くしろと言われても、
何をどうしたら良いのかわからない。

「普通に」ができない。
気を許せる友達はともかく、全員と明るく仲良くなんて無理。
学校祭とかは苦痛でしかなかった。

今から思えば「ああ、あれって、そういうことだったんだ」と判るのですけどね。

そういうのを小さな学校から大きな学校へ行き、
いじめられた経験があるから感じるんだ、と、思っていました。
HP「私の中の森」→「いじめ①~③」参照)


耳から聞いて理解するのが苦手な私は授業がほとんどわからない(神経発達症)
教科書も読むのに時間がかかる(神経発達症&HSP)
先生の連絡事項も聞き取れない(神経発達症)
周囲から状況を知ることができない(神経発達症)
身だしなみに気を使えない(神経発達症)
忘れ物をしないように気を付けても忘れものばかり(神経発達症)
その他書ききれないくらいの不自由さ。

授業中は眠るか別なことをしていないと気が狂いそうになりました。

当時の友人たちには
「あんたの頭を割って、中を見てみたい」とよく言われました。

それくらい、変わっていたんだと思います。

セルフカウンセリングで書いた文章群「私の中の森」に、これに関した文章があります。
良かったらお読みください。


今ご相談を受けていて、同じような体験をしているお子さんがいらして、
親御さんも悩んでいるけど、
親御さんは感覚としてはわからないから親子で迷子になってしまっている方を見ると、
当時の自分を思い出します。

だから今、この仕事を通して、
不登校や、同じような辛い感覚を感じている方の
理解者に少しでもなれたらと思っています。

また、クライアント様のうちの何人かが、
ご自分の体験を活かした子どもさんへの支援をお仕事にされているのを
とても誇らしく思っています。


私がそんな状態でも不登校にならずに済んだのは、

自分が全く見えていなかったので、
辛いということすらわからなかったのと、

不登校が当時はまれなものだったということと、

それと、もう一つ、
演劇部があったからです。


演劇部では、なおさらひどかった(苦笑)

でも、最近、高校演劇での体験がとても重要だったなと思うのです。
生きるって、こういうことだなって。

次回は神経発達症その他と、演劇にまつわることを書こうと思います。

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
関連記事

別窓 | アスペルガー | コメント:4
∧top | under∨
<<表面的表現と本質―メンタルケアで重要なこと | 「私の中の森」 | 人生でうまくいかないとき、動きが取れないときは>>

この記事のコメント:

こんにちは(*^^*)
今週は雪で自宅に缶詰めになっています。。。
ようやく幹線道路なら出られるようになりました(´`:)

北海道も荒れてそうですが、大丈夫でしょうか。

学生時代の事を書いていらっしゃるので、
ちょっとコメントを・・・

私もHSP他色々ありますが、
学生時代はさほど辛くなかったのです。
むしろ、中~高校時代は楽しかったくらいです。
たぶん、通っていた学校の校風が良かったんだと思う。

中学時代は、教師達があまり口うるさくないタイプで、
高校時代は「こうしなければ」「これはダメ」
とか言わない自由な学校に通っていたのです。
(制服も校則もないような所)

だから、授業中の居眠りや内職(読書とか)で
怒られた記憶はないし、授業をサボっても怒られない、
友達いなくても普通に過ごせる学校でした。
珍しく、イジメも存在しない学校なのですよ。
「みんな違ってみんな良い」を地でいっている学校です。
それでいて、県下トップクラスの進学校なので
「スゲー」って言われる。
(不登校等で留年しても気にされない。
除名されるギリギリまで留年する人もいます。
一度退学して、戻ってくる人も)

・・・私はかなり恵まれた環境にいたんですね。

早めに親が気づいていれば、
子供に合った学校を選べますもんね。
一度入って駄目でも、やり直しはできるし。
学区や学校を変えることもできますもんね。

人生はいくらでも巻き返しできる!
ですよね~わたもりさん(^^)
まあ、悩んでる渦中だとそんな余裕はないでしょうが(^_^;)





2016-01-20 Wed 13:44 | URL | さとりん #-[ 内容変更] | top↑
こんにちは。mariです。

今の知識や経験が豊富で、実力のあるわたもりさんからは、
想像できないくらい大変な学生時代だったのですね。読んで
いて、苦しくなりました。
その後、今のわたもりさんに到達するには、かなりの努力を
されたのではないでしょうか?
よく頑張られましたね!自分を思い切り褒めていいと思いますよ!

それと、夢解析の方も読みました。
「新宿の一等地」をアルファベットに置き換えるという発想が
まだ私にはありませんでした。多分、一等地だから、「1」か
と思っていたと思います。
わたもりさんでも、2年かけてここまで解析できるようになられた
のだから、私はまだまだで当たり前ですね!
ボチボチやっていこうと思います。

わたもりさん、これからも頑張って!
今のわたもりさんには、仲間がいっぱいいるから大丈夫ですよ。
2016-01-20 Wed 16:14 | URL | mari #-[ 内容変更] | top↑
さとりんさま

帯広は思ったほどでもありませんでした。
駐車場の除雪は大家さんがやってっくださるので、すぐにきれいになりました。

そちらは大変だったんですね。
お疲れ様です。

私のいた学校も校則があってないような高校でした。
「はい、校則違反しているやつ、手をあげて!
よし、いないな!」って(笑)
進学校はたいてい緩いと思います。

誰かのせいで苦しんでいたというのではなくて、
本当に、自分がわからなかったことが一番の原因だったと思います。
苦しいのがわからない。
大変なのがわからない。

特殊な環境(僻地校)で育ったので、大きい学校だから大変なんだと思っていました。
僻地校では先生自慢の優等生でしたもの。
人が少ないから、負担が少なかったのですね。
いじめられていたのも、一人でいたほうが楽な私にはよかったのかも。
心はかなりボロボロでしたが。


> 早めに親が気づいていれば、
> 子供に合った学校を選べますもんね。
> 一度入って駄目でも、やり直しはできるし。
> 学区や学校を変えることもできますもんね。

いえいえ、わかっても「専門家」が何とかしてくれると思っている親御さんが多いです。
あと、「自分は悪くない」理由探しをしたがる方も。

誰が良くても悪くても、どうでもいいんです。
本人が自分らしく生きられることが大事ですから。

> 人生はいくらでも巻き返しできる!
> ですよね~わたもりさん(^^)
> まあ、悩んでる渦中だとそんな余裕はないでしょうが(^_^;)

そうそう、悩めるって幸せなことですよ。
本当の自分へたどり着く近道です。
余裕がなければないほど、苦しければ苦しいほど、
何とかしたいと思って、そこから早く出られると私は思います。
後は、早くいい道案内に出会う事ですね。
2016-01-21 Thu 22:10 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
mariさま

そう、昔の私に、大変だったね、と、
よく頑張ったね、と言ってあげたい。

って、これ、本当ははじめは1本の記事で、
長すぎるし、前後で意味合いが違ってくるので二つに分けたから、
ちゃんと後半部分で自分をほめてます。
安心してくださいませ(笑)

> 今の知識や経験が豊富で、実力のあるわたもりさんからは、
> 想像できないくらい大変な学生時代だったのですね。読んで
> いて、苦しくなりました。
> その後、今のわたもりさんに到達するには、かなりの努力を
> されたのではないでしょうか?
> よく頑張られましたね!自分を思い切り褒めていいと思いますよ!

苦しかったからこそ頑張れたと思います。
頑張ったというか、そうするしかなかったというか。
大げさかもしれないけれど、生きるか死ぬかの分かれ道です。

> それと、夢解析の方も読みました。
> 「新宿の一等地」をアルファベットに置き換えるという発想が
> まだ私にはありませんでした。多分、一等地だから、「1」か
> と思っていたと思います。
> わたもりさんでも、2年かけてここまで解析できるようになられた
> のだから、私はまだまだで当たり前ですね!
> ボチボチやっていこうと思います。

ありがとうございます。
それはシンボルに「アルファベット」とあり、そこに書かれています。
アルファベットに数字を当てはめて計算するというのは数秘術の技です。
カウンセリングも、夢も、すべて表面的なものの奥にあるメッセージを読み取る作業です。
難しいですが、お互い頑張りましょう♪

> わたもりさん、これからも頑張って!
> 今のわたもりさんには、仲間がいっぱいいるから大丈夫ですよ。

はい、ありがとうございます(*^^*)
2016-01-21 Thu 22:16 | URL | わたもり #9GWVC0v.[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

| 「私の中の森」 |